マックス・ルドルフ/シンシナティ響の86番、91番、57番

いつも当ブログの所有盤リストにないアルバムを貸していただく湖国JHさんから届いたアルバムから、Haydn Houseの非常に珍しい演奏。

MaxRudolf86.jpg

マックス・ルドルフ(Max Rudolf)指揮のシンシナティ交響楽団(Cincinnati Symphony Orchestra)の演奏で、ハイドンの交響曲86番、91番、57番の3曲を収めたアルバム。収録は1960年代、オハイオ州シンシナティのシンシナティ音楽ホールでのセッション録音。レーベルはHaydn Houseですが、もとはDECCAのLPのようです。

マックス・ルドルフは1902年、ドイツのフランクフルトに生まれた指揮者。フランクフルトのホーホ音楽院でチェロ、ピアノ、オルガン、トランペット等を学び、1922年からフライブルク市立歌劇場のコレペティトールを皮切りに、ダルムシュタット州立劇場、プラハのドイツオペラ、スウェーデンのイェーテボリ交響楽団などで指揮台に立ち、1940年に渡米、1946年からメトロポリタン歌劇場でも指揮をとるようになりました。1958年からはこのアルバムのオケであるシンシナティ交響楽団の音楽監督に就任し、66年には同オケと来日しているとのこと。1969年からはフィラデルフィアのカーティス音楽院で教えるようになりました。亡くなったのは1995年フィラデルフィアにて。

1966年に来日しているということから年配の方の記憶に残っているかもしれませんが、現在、マックス・ルドルフを知る人はそれほどいないのではないでしょうか。私も今回初めて聴く人。Haydn Houseが取りあげているということで、気になる存在ではあります。このアルバムには冒頭に好きな86番が収められているということで、耳をダンボにして聴き始めました。

Hob.I:86 / Symphony No.86 [D] (1786)
1960年代の録音と言うのが信じられない瑞々しい響き。端正な響きがホールに広がります。これ、本当にLP起こしなんでしょうか。シンシナティ交響楽団といってもあまり印象はありませんが、オケはかなりきっちりした演奏です。まさに正統派の演奏。徐々に盛り上がってくる力感も申し分ありません。タイプとしては以前聴いたヒュー・ウルフの演奏に近いでしょうか。端正なのにタイトでダイナミック、そしてキレのいい演奏。86番はこういう演奏で聴くのが一番聴き応えがあります。
2楽章のラルゴは、鮮烈さはかわらず、彫りの深い表情を見せますが、しっとり感はほどほど。今少しの流麗さと、自然な表情を期待したい所ですが、若干の固さを感じさせてしまうのが正直な所。
メヌエットは予想通り、かなりの迫力。リズムの刻みは一貫して、頑なところはちょっとクナのような気配を感じさせなくはありません。音が良いので聴き応え十分。
フィナーレは迫力十分。沸き上がるようなオケは見事。ちょっとリズムが固いところが逆に素直に感じられて、フィナーレの構造がよくわかるオーソドックスな良さも感じさせます。マックス・ルドルフの生真面目なコントロールが好印象。音量を上げて聴くと素晴しい迫力。この曲のリズムの面白さを堪能できます。

Hob.I:91 / Symphony No.91 [E flat] (1788)
先日、ヨッフム/バイエルン放送響の1958年の素晴しい演奏を聴いた事を鮮明に思い出す曲。録音の良さは変わらず、86番に比べて曲のストーリー性に変化がある曲故、少し演奏にメリハリがついて聴こえます。マックス・ルドルフの素直な解釈によって、曲が構築物のように立体的にそびえ立つ感じがうまく表現されています。ちょっとギクシャクしたような印象があるのが、この曲の特徴的な音階のイメージと合っていて悪くありません。ちょっと表情の固い楷書のような印象。ただし力感の表現がすぐれているので、妙に迫力がある感じと言えばいいでしょうか。
続くアンダンテは素朴な表情でこの曲の諧謔性が際立つ感じ。ちょっと一本調子の演奏ですが、そこにこだわった味わいがあります。オーボエでしょうか、途中でドキッとするほどクッキリ浮かびあがり、響きの面白さが際立ちます。
やはりメヌエットは迫力の表現が秀逸。リズムのキレと迫力で正攻法に攻めて来ます。そしてフィナーレは少しテンポを落とし気味に入り、じっくり曲の面白さを語るよう。少し表現に余裕ができて、結果オーライ。

Hob.I:57 / Symphony No.57 [D] (1774)
曲がすすむにつれて、表情が柔らかくなってくるように感じます。このアルバムで一番充実した表現。表情のしなやかさが加わり、持ち前のダイナミックさが引き立ちます。やはり抑えた部分をきっちり抑えることで、迫力が引き立ちます。ハイドンのツボにようやく命中。迸るエネルギーと躍動感! これでもかと畳み掛けるハイドンらしい音楽にノリノリ。
アダージョは前2曲のちょっと一本調子な印象がウソのようにデリケートなコントロール。静寂の中からピチカートがそっと浮かび上がり、フレーズ毎の表現の変化もきっちりつけて見事な表現。弱音部と強奏の印象的な対比が素晴しいですね。指揮者もオケもノリが一段違います。
2楽章が非常に落ち着いていたので、メヌエットの大胆なリズムと覇気が引き立ちます。ザクザクと溜めを効かせたフレージングが効果的。最後の一音の響かせ方が実に上手い。
フィナーレはハイドンの機知をきっちりふまえて、オケの音量を巧みなアクセルワークで自在にコントロール。この曲でのマックス・ルドルフは前2曲とは別人のように巧みな指揮振り。表情の変化の幅も大きく、要所でオケの迫力を活かした理想的な演奏。これはかなりのレベルの演奏です。

マックス・ルドルフという今は忘れられた指揮者がアメリカの片田舎のシンシナティ交響楽団を振ったハイドンの交響曲集。オケの迫力の表現は秀逸ながら、ちょっと単調なところもある演奏でした。ただし、3曲目の57番は素晴しい演奏。録音のタイミングが、はたまた得意としていた曲だからかは、今となっては定かではありませんが、明らかに2ランクくらい出来がいいです。1960年代の録音というのが信じられないような素晴しい録音。このあたりは流石Haydn Houseと言うべきでしょう。評価は57番が[+++++]、他2曲は[++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

ピアノソナタXVI:48マーラー東京芸術劇場ミューザ川崎チェロ協奏曲東京文化会館交響曲102番ロンドン軍隊古楽器時計フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op,20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀ひばり弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:468人のへぼ仕立屋に違いないピアノソナタXVI:37バードアレグリタリスパレストリーナモンテヴェルディ東京オペラシティ天地創造すみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ライヴ録音ストラヴィンスキーアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6交響曲1番告別交響曲97番ヒストリカルピアノソナタXVI:39美人奏者四季交響曲12番迂闊者交響曲70番太鼓連打ピアノ協奏曲XVIII:3アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲SACDスコットランド歌曲ディヴェルティメントヴェルナーガスマンモーツァルトシューベルトベートーヴェンLPピアノソナタXVI:38交響曲80番哲学者交響曲67番ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲51番交響曲35番協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲DVDピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナード皇帝ピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:36ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1リヒャルト・シュトラウス弦楽四重奏曲Op.74騎士弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:27ピアノソナタXVI:1シベリウス武満徹交響曲4番無人島交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲86番交響曲87番フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:29驚愕ピアノソナタXVI:10リュートピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲81番交響曲79番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードオフェトリウムモテットカノンドイツ国歌スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルクラヴィコードアダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35交響曲84番パリセットベルクブーレーズ交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲オーボエ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲18番交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタXVI:47bis音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番シェーンベルクリストピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:8ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番変わらぬまこと交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ