ミッシャ・マイスキー/N響のチェロ協奏曲1番ライヴ(ハイドン)

仕事が忙しかったり、飲みが忙しかったりでちょっとご無沙汰しておりました。今日は最近リリースされて気になっていたアルバム。

MaiskyNHK.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

ミッシャ・マイスキー(Mischa Maisky)のチェロ、NHK交響楽団の演奏で、フェルディナント・ライトナー(Ferdinand Leitner)指揮のハイドンのチェロ協奏曲1番、オトマール・スイトナー指揮のドヴォルザークのチェロ協奏曲、アンコールとしてバッハの無伴奏チェロ組曲5番からサラバンドの3曲を収めたアルバム。ハイドンの収録は1986年5月14日、東京渋谷のNHKホールでのライヴです。レーベルはキング・インターナショナルのNHK CDというシリーズ。

ミッシャ・マイスキーは1948年、バルト三国のひつラトヴィアの首都リガで生まれたチェリスト。クレーメルと同郷でクレーメルが1年先輩との事。8歳からチェロをはじめて、地元のリガ音楽院、1962年にはレニングラード音楽院付属音楽学校に入りました。1965年に全ソヴィエト連邦音楽コンクールで優勝し、その年にレニングラードフィルとの演奏会にデビュー、翌1966年にチャイコフスキー国際コンクールで6位に入賞。その時の審査員だったロストロポーヴィチに才能を認められ指導を受けるようになりました。1972年旧ソ連から出国、渡米し、1973年にイスラエルに移住。世界中に知られるようになったのは1984年から85年にかけてDGに録音されてたバッハの無伴奏チェロ組曲が発売されてから。その後は皆さんご存知の通りの活躍です。

マイスキーは今日取りあげたアルバムと同じ年の1986年にヨーロッパ室内管とハイドンのチェロ協奏曲2曲などを録音していますが、ロマンティックかつ流麗な演奏。ヨーロッパ室内管のキビキビとした魅力もあり、なかなか良い演奏なんですが、個人的にはもう一歩のツッコミを期待したいところ。その他におそらく1983年頃録音されたと思われるロンドンシンフォニエッタとのアルバムもあり、こちらの方はかなり踏み込んだ名演。ただし、激マイナー盤故入手は難しいでしょう。今日取り上げるアルバムはN響との共演の記録ということで、ライヴの少ないマイスキーの貴重な演奏の記録。この時マイスキーは初来日とと言う事だそうです。

Hob.VIIb:1 / Cello Concerto No.1 [C] (1765-7)
フェルディナント・ライトナーのコントロールするオケはゆったり優雅。キビキビした入りの多いなか、このゆったり感はユニーク。N響も最初からかなりおおらか。少し重さを感じるほどですが、これはこれで悪くありません。マイスキーはゆったりしたオケに合わせるように、力を抜いて最初から美音を轟かせます。高音域の柔らかくて伸び伸びとした美しい響きが絶品。1720年製のモンタニアーナというかなり痛んだ楽器を使っていたそうですが、この美音は素晴しい。曲本来のきびきびとした姿とは別に、この日の演奏はチェロの美しい響きを堪能すべき演奏でしょう。カデンツァは短いながらマイスキーが全身全霊で放出する響きに圧倒されるよう。これほど美しいチェロの音は滅多に聴けません。
予想通り、アダージョはこの曲の白眉。1楽章以上にゆったりと入るオケに乗って、マイスキーは美音を駆使してゆったりと自在にメロディーを置いていきます。極度に抑え気味のオケのデリカシーが最高。マイスキーはチェロの最も美しい響きを選んで、すすり泣くように歌っていきます。会場も静寂に包まれます。完全にマイスキーのチェロに呑まれているよう。
フィナーレはようやく普通のテンポにもどり、快活なこの曲本来の姿が見えてきました。オケは1楽章の重さが解釈に寄るものだったとわかるほどに快活。オケもマイスキーも非常に軽いタッチでそよか風のごとき爽やかさ。この対比は見事。速いパッセージでもマイスキーの美音は健在。一音一音響きが深くまさに神がかったような響き。推進力も素晴しくライヴらしい高揚感に満ちたフィナーレ。最後は盛大に盛り上げてフィニッシュ。NHKホールの観客から万来の拍手が降り注ぎます。この日の観客はマイスキーのチェロに圧倒されたことでしょう。

このあとのスイトナーとのドボルザークもマイスキー節炸裂。アンコールで弾かれたサラバンドは孤高の境地。マイスキーの絶頂期の素晴しいチェロの演奏の記録として、まさに素晴しいアルバムです。

マイスキーのチェロ協奏曲は、一般的にはDGのヨーロッパ室内管との演奏なんでしょうが、まとまりと完成度は高いものの、先にふれたように今ひとつ踏み込みが欲しいと思わせる演奏なので、一押しとはしておりません。今日取りあげたN響とのライヴはフェルディナント・ライトナーの穏やかなサポートとマイスキー渾身の美音の共演として、ライヴとしては協奏曲の本質的な醍醐味を味わえる素晴しいもの。ハイドンのチェロ協奏曲の演奏としてはロマンティックに極度に偏った演奏ながら、マイスキーのチェロの美音はやはり流石と思わせるものがあります。評価は踏み込んで[+++++]をつけたいと思います。入手しやすいうちにどうぞ!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : チェロ協奏曲 ライヴ録音

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

古楽器ラメンタチオーネアレルヤ交響曲3番交響曲79番チェロ協奏曲1番オックスフォード驚愕交響曲88番交響曲19番交響曲58番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲80番交響曲全集交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲12番交響曲11番交響曲10番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4バードタリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ