【新着】ハリー・クリストファーズ/ヘンデル&ハイドン・ソサエティの朝、熊など(ハイドン)

今日は久々の新着アルバム。

HarryChristophers.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

ハリー・クリストファーズ(Harry Christophers)指揮のヘンデル&ハイドン・ソサエティ(Handel and Haydn Society)の演奏で、ハイドンの交響曲6番「朝」、ヴァイオリン協奏曲(Hob.VIIa:4)、交響曲82番「熊」の3曲を収めたアルバム。ヴァイオリン協奏曲のソロはアイスリン・ノスキー(Aisslinn Nosky)。収録は2013年2月22日、24日、ボストンシンフォニーホールでのセッション録音。レーベルはCOROというところ。

ハリー・クリストファーズのアルバムははじめて聴きます。

ハリー・クリストファーズは1953年、ロンドンの南東約50kmのところにあるグードハースト(Goudhurst)生まれの指揮者。ザ・シックスティーンという合唱と古楽器オケの創設者として知られている人。

Handel and Haydn Society

ヘンデル&ハイドン・ソサエティはなんと1815年設立のアメリカ最古のオーケストラ。2年後には創立200年を迎えます。ボストンを本拠地とする古楽器オケです。文字通りヘンデルやハイドンの時代の音楽を得意としてるのはもちろん、ヘンデルのメサイアのアメリカ初演(1818年)をはじめとして、ハイドンの天地創造(1819年)、ヴェルディのレクイエム(1878年)、バッハのマタイ受難曲(1879年)など有名曲のアメリカ初演をこなしてきた名門オケ。ハリー・クリストファーズは2008年からヘンデル&ハイドン・ソサエティの音楽監督となっています。それに先立ち、2006年9月にはアイゼンシュタットのエステルハージ宮殿でヘンデル&ハイドン・ソサエティとのコンサートを成功させているとのこと。日本ではハイドンの演奏が広く知られているわけではなさそうですが名門に間違いありませんね。

クリストファーズ体制になった新生ヘンデル&ハイドン・ソサエティの実力はいかばかりのものか、当ブログで取りあげない訳には参りません。

Hob.I:6 / Symphony No.6 "Le matin" 「朝」 [D] (1761?)
出だしの朝。通例朝、昼、晩と組み合わせて録音されることが多いので、このアルバムの組み合わせは珍しいですね。冒頭からまとまりの良い古楽器の響き。特にアクセントをしっかりつけて力強さをきっちり表現していきます。音量を絞って聴くと少し凡庸な演奏に聴こえなくはないのですが、ヴォリュームを上げててみると、なかなかの迫力。クレッシェンドに勢いがあり、なかなか痛快。ホルンのはじけっぷりを聴きたいところですが、なぜかホルンがすこし控えめの演奏。奏者一人一人のキレっぷりはほどほどですが、アンサンブルのコントロールで聴かせるという感じでしょうか。
アダージョはしなやかと言うより軽快さがポイントの演奏。古楽器本来の音色の魅力を活かしたものでヴァイオリンソロは次のヴァイオリン協奏曲でソロを務めるコンサートマスターのアイスリン・ノスキーでしょうか。渋めの音色で淡々と弾いていくタイプ。割と好きなタイプのソロです。適度なリアリティと適度な残響でボストンシンフォニーホールの響きを活かした録音。
続くメヌエットでもくすんだ古楽器ならでは音色を活かした素朴な演奏。自然な印象からまるでライヴを聴いているよう。セッション録音らしい磨かれた演奏ではなく、一発録りのような印象。コントラバスの唸りがかなりヴォリューム感で録られていて妙にリアル。
ちょっと雑に聴こえるような素朴なフィナーレ。すこし重さを感じるオケの反応。ここはすっきりキレてほしいところですが、妙に生々しい印象もあり、不思議な感触。ザラッとした感触は往時のブリュッヘンと18世紀オーケストラに近い印象もありますが、ブリュッヘンのようなガッチリとした迫力ではなく、音楽の流れが多少たどたどしいく武骨な感じがします。それはそれで独特な印象。不思議な存在感を感じる演奏です。

Hob.VIIa:4 / Violin Concerto [G] (c.1765/70)
この曲、少し前に取りあげた、マルク・デストリュベの素晴しい演奏がまだ耳に残っていますが、その演奏に非常に響きが近いですね。前曲で感じた素朴な古楽器オケの響きのよさをそのままの響きから入り、ソロのアイスリン・ノスキーの少し線の細いヴァイオリンが華麗に応じます。デストリュベのキレキレの演奏とは少し差があるものの、なかなか良い線行ってます。この曲のオーソドックスな秀演と聴きました。線の細さを逆に活かして、すっきりとしたカデンツァは悪くありません。
アダージョに入るとノスキーのヴァイオリンが活き活きとしてきます。一段ギアが上がった感じで、音楽にも生気が漲ってきました。この曲のしなやかさがよく表現できています。
フィナーレは前曲とは異なり、しっかりキレて来ます。キレる所でキレるのは大事です(笑)

Hob.I:82 / Symphony No.82 "L'Ours" 「熊」 [C] (1786)
そして、期待の熊。残響の印象がちょっと変わります。冒頭から鬼のような迫力。力入ってます! なりふり構わずはじけるような演奏。まるでライヴのよう。アンサンブルの精度はほどほどながら、やはり音楽は迫力だと言わんばかりの力の入り方。この演奏を生で聴いたら、迫力にのまれそう。熊の1楽章は構築感やメロディーの美しさの表現で聴かせる演奏も多いなか、ここまで力感で押してくるとは思いませんでした。
ここでアレグレットをすこし引いてくると思いきや、音量はともかくテンションが下がりきりません。フレーズ事の変化も大きくなく、せっかく1楽章でびしっと迫力を印象づけたのに、入りからちょっと単調な印象を残してしまいます。この辺にもうすこし対比がつくと深みが出そうです。この楽章も中間部の迫力はかなりのもの。終盤意外にもテンポを結構動かしてきます。
楽章毎に印象が少し変わり、メヌエットはなかなか。力感も適度な範囲で、ブリュッヘンのようなおどろおどろしい迫力を感じさせます。音楽がコントロールされています。フィナーレにもいい流れが続いて、音楽が弾み、ハイドンの書いたフィナーレのメロディーの絡み合いとダイナミクスが実にうまく表現されていきます。終盤の畳み掛けるような迫力も見事。1楽章冒頭同様の鬼のような迫力が戻ってきました。最後はものすごい迫力でフィニッシュします。

ボストンの名門、ヘンデル&ハイドン・ソサエティのハイドン名曲集。アンサンブルの精度はほどほどなものの、ハイドンに対するリスペクトがエネルギーとして結集したような演奏でした。朝とヴァイオリン協奏曲は古楽器の素朴なまとまりのよい演奏。熊は弩迫力の演奏でした。ちょっと先入観が強かったのか、熊の2楽章に違和感を感じてしまいましたが、この曲の演奏としてはかなり迫力重視。もしこのアルバムがライヴであったら、即興性も加わり、違った印象になったかもしれませんね。演奏者の視点で聴くと興味深い演奏かもしれません。評価は3曲とも[++++]としておきましょう。

ハリー・クリストファーズ指揮のヘンデル&ハイドン・ソサエティにはもう一枚ハイドンの交響曲85番「王妃」を入れたアルバムがあり、こちらも注文中。もう一枚くらい聴いてみないと、彼らの音楽をつかみきれない感じです。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ヴァイオリン協奏曲 古楽器

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ブルックナーマーラーサントリーホールヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉LP交響曲97番告別交響曲90番交響曲18番アレルヤ交響曲99番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番交響曲86番ラメンタチオーネモーツァルトヴァイオリン協奏曲ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:32ベートーヴェン驚愕哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹SACDライヴ録音チェロ協奏曲交響曲80番交響曲81番交響曲19番交響曲全集古楽器交響曲21番マリア・テレジアピアノソナタXVI:20クラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲10番交響曲12番交響曲9番交響曲11番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:4天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:7ドニぜッティライヒャオーボエ協奏曲ロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ストラヴィンスキーミューザ川崎シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26タリスモンテヴェルディアレグリバードパレストリーナすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:39美人奏者四季迂闊者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番協奏交響曲DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノ三重奏曲日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードカノンドイツ国歌モテットオフェトリウムスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番変わらぬまこと交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
9位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ