【番外】母親の喜寿に伊豆旅行-5

(番外続きでスミマセン、これで最後です)

東府やの懐石茶や水音での夕食は素晴しいものでした。しかし、今回の旅の目的は母親の喜寿祝い。これで終わるわけには参りません。事前に宿にはお祝いのケーキを発注しておいたんです。もちろん母親には内緒ということで、いわゆる「サプライズ」です。

仲居さんには、事前にタイミングを言ってありましたので、懐石コースのアイスクリームが出てしばらくした絶妙のタイミングで、ケーキが出てきました。

IMG_5789.jpg

そして用意してあった、プレゼントなどもそのタイミングでもってきてもらって、今回の旅の最重要ミッションを遂行することが出来ました。父が亡くなってからは、何回か旅行に出かけることができ、こうやって楽しんでもらえています。体力があるうちに、もうすこしいろいろ連れていきたいですね。

仲居さんをはじめ宿のスタッフの方にはいろいろ気遣いをいただき感謝です。なかなかいい喜寿祝いができました。



さてさて、ケーキは小振りなものの、この時点でケーキが入る別腹はありません。やむなく箱にもどしてもらって、温泉で一汗流して部屋でいただこうということに。

IMG_5791.jpg

そこここに灯りをともした中庭を通って向かいの部屋に戻ります。お腹も満ちたので、いざ温泉です。この宿、源泉は吉奈温泉の共同源泉でどの温泉も同じ源泉のようです。部屋には半露天のかけ流し温泉、露天は離れたところに2つ。そして大浴場、くわえて貸し切り風呂などがあります。

さきほど、私だけ部屋の半露天風呂に入りましたが、今度は露天風呂にいってみようということに。この時間露天風呂は交代制。男性は玄関棟の横の「行基の湯」。翌朝女性向けに変わります。

IMG_5795.jpg

行基の湯へは玄関棟から一度外に出て、庭木を縫って石段をのぼったところ。なんとなく外湯に行った気にさせるアプローチ。

IMG_5793.jpg

幸いどなたもいらっしゃらなかったので、お風呂をパチリ。温泉はアルカリ性単純線。源泉は47度くらいあるそうですが、露天風呂は41、2度でしょうか。無色透明で、ほんのり温泉臭が漂うもの。入っているときはツルツルというより少しきしきしする感触ですが、あがったあとお肌がしっとりすべすべになる不思議なお湯。なるほど昔から有名な理由がわかりました。真横を流れる吉奈川のせせらぎと温泉が注がれる音を聞きながら、夜の温泉にのんびりと浸かってリラックスさせてもらいました。

IMG_5797.jpg

この宿、暗くなって気づきましたが、照明にスポットライトを多用して、非常にメリハリのあるライティング設計ですね。赤倉観光ホテルもそうでしたが、こういったところの上手さもいい雰囲気づくりには重要です。

IMG_5801.jpg

部屋に帰って、先程のケーキをいただく事に。ケーキやらお皿やらナイフまでちゃんとそろえてくれていましたので、温泉に入って出来た別腹にケーキがおさまります。

ドラマ好きな母親は、テレビで玉木宏主演の救命医療医のドラマに集中(笑) 喜寿祝いの夜は更けていきました。



翌朝は5時から露天風呂などがやっています。朝風呂の習慣がある母親は、朝から部屋の半露天風呂に入ってました(笑)

それではということで、5時をすぎたので私は大浴場に行ってみる事に。

IMG_5802.jpg

大浴場は普通の大きさで安心できます(笑) そして湯の注ぎ口は大きな石をくりぬいたもの。まるでイサムノグチの彫刻のような存在感。

IMG_5803.jpg

ここでもスポットライトが効果的。お湯は変わらず上がったあとのすべすべ感がいいですね。温泉につかって昨夜の酔いの余韻もスッキリ抜けました。やはり温泉はいいですね。

IMG_5805.jpg

温泉から上がって、部屋に帰って、デッキの椅子に座って涼みます。生憎今日は雨。朝食前に旅館内を散策しようかと思っていましたがそれはあきらめて、のんびりすることにしました。
しばし川の流れをぼぉっと眺めます。

ほどなく朝食の時間。

IMG_5806.jpg

昨夜と同じ、懐石茶や水音が朝食の場所。部屋の真向かいですが、雨に濡れるので廊下をぐるっと廻って向かいます。

IMG_5807.jpg

場所は同じですが、席が昨夜とは異なり中庭側の席。朝食もヘルシーでバランスの良いもの。海が近いところの朝食の定番、みそ汁に生海苔の香りが乗って風情があります。

IMG_5810.jpg

デザートとコーヒー。淡い色のデザートに赤いクコの実でしょうか。いつも色彩感を意識しているようでいいですね。昨夜ケーキまで行ったのにぺろっと美味しくいただけました。

IMG_5811.jpg

この懐石茶や水音、良く見てみると古い民家の骨組みだけ利用して、新たに建てられたようです。改築だったとしたら相当手を入れているはずですね。旅館の建物は雰囲気は上手く作ってあってもコストの面から建築的には興味深いものは少ないんですが、ここは木材をふんだんにつかって、なかなか唸らせる造り。

食事をいただいた席のまわりは、日本建築の軒の下にいる心地よさ。程よい間隔に配された垂木のリズム、そして程よい高さがもたらす落ち着いた雰囲気。

IMG_5814.jpg

中央部は茅葺き屋根。裏側の小屋組をちゃんと見せるように綺麗に仕上げてあり、豊かな空間になっています。

IMG_5813.jpg

バーカウンターも良い木をふんだんに使ったもの。表面だけではなくきっちり造っているのは流石です。メリハリのある照明とあわせて、実に居心地のよい空間になっています。こうゆう手抜きのない緻密さには最近なかなかお目にかかれなせん。食事も雰囲気もあらためて満喫。雨だったのでかえってのんびりできた気がします。

IMG_5816.jpg

外にでると緑がしっとりと雨に濡れて、いい雰囲気。

IMG_5820.jpg

食事のあとは最後に、入ってない方の露天風呂に行ってみます。こちらは「河鹿の湯」。部屋のある本館から西館にわたって抜けた先にあり、結構な距離があります。露天風呂までの動線も変化に富んでいてなかなかいい雰囲気。

IMG_5821.jpg

河鹿の湯は露天ながら屋根があるので、雨でも問題ありません。御簾がまわりに張り巡らされ、半透明のスクリーンのようになっており、光がさざめく感じが面白い効果。

IMG_5822.jpg

ここでも面白い造形がスポットライトで浮かび上がる心憎い仕掛けが。お湯は同じですが、空間構成に変化があり、いろいろな温泉に入る楽しみを演出しています。やはり空間構成は見事。ちなみにお風呂に置いてあるシャンプー等はローズマリーの香りのするもので、赤倉観光ホテルと同じ物のようです。

IMG_5824.jpg

この宿最後の一風呂を浴び。帰りの廊下の脇の池の横で涼しい風を楽しみます。いやいや、とても癒されました。



部屋に帰ってのんびりしながら荷物をまとめてます。ここは12時チェックアウトなので、かなりのんびりできます。ゆっくり玄関棟に向かいチェックアウト。お土産を買ったり、お土産用に宿が用意してくれた野菜等をいただき宿を後にしました。

夏に泊まった赤倉観光ホテルも良かったですが、こちらはさらに上。宿全体にリラックスできるホスピタリティが満ちていました。母親も楽しんでくれたようでなにより。良い喜寿祝いとなりました。たまには贅沢してみるものですね。想い出に残る旅行となりました。東府やのスタッフの皆さん、ありがとうございました。



本当は広い宿の中を散策したかったのですが、雨が結構強く、あきらめて帰途に。

帰りは天城峠をこえて、河津に出て、伊豆東海岸経由ということにしました。天城峠までかなりの雨脚でしたが、トンネルを抜けて河津側に出ると、道は濡れておらず、雨は降っていません。宿のひとも天城峠で天気が変わるといってましたが、まさにがらっと変わります。

宿を出たのがお昼近くでしたので、走り続けて途中で昼食の場所を探します。食べログを伊豆で検索して、評価の高い所を探していると、高級なイタリアンがヒット。母親はパスタ好きですので、「パスタは?」と聞くと、ニッコリ(笑)。まだまだ戦闘意欲ありそうですので、ここに決めます。到着が1時半くらいになりそうなので、お店に電話を入れてみると、大丈夫なようです。

IMG_5832.jpg

お店はこちら。伊東の南、川奈にあるイタリアン。カーナビにセットして、食べログの高評価のみをたよりにやってきましたが、駐車場に入るなり、激クラシカルな洋館にビックリ。隣は名門川奈ホテルのゴルフコースです。

食べログ:ラ・ヴィータ・エ・ベッラ

入ると、すぐに受け付けですが、前はステンドグラスの装飾品がごっちゃり。違うお店に入ってしまったかと受付の人にたずねると、レストランは1階下の地下一階。1階の入口は伊豆高原ステンドグラス美術館でした。それにしても、洗練を極めた宿に泊まったあとだっただけに、ごちゃごちゃとステンドグラスがひしめく入口にはビックリしました。

この建物自体が石造りの洋館でかなりクラシカル。一体何の建物だったのでしょうか。レストランとして建てられたとはとても思えません。

IMG_5847.jpg

レストランの入口まえもご覧のような感じ。おそらく結婚式やパーティーニーズにあわせたものなのでしょうが、かなりごてごてした感じです。レストランに入ると、月曜日の1時半過ぎなせいか、先客は3組ほどで空いていました。メニューを見ると、パスタランチと本格ランチコースがありますが、もちろん今日は軽めにパスタランチ。ゴージャスな店の雰囲気とは異なり、値段はリーズナブルです。

IMG_5836.jpg

女性諸氏はそれぞれ赤ワインと白ワインをグラスで。まだまだ戦闘意欲十分です(笑)
私はもちろんノンアルコールのスパークリングワイン。こうゆうものがあるのは本当に助かります。アクア・ミネラーレをいただくのとはやはりちょっとちがいます。

IMG_5838.jpg

パスタランチには小さな前菜がついています。今日の前菜はデザートでよくだされるパンナコッタを塩味でつくった、塩パンナコッタにトマトソース。これが実に繊細な味。インテリアのくどい感じとは全く異なり、実に旨い。食べログの評価に偽りなしです。

IMG_5840.jpg

パスタは、私は魚介類のスパゲッティサルソマッジョーレ風。サルソマッジョーレ風とは何だかわからなかったので頼んでみましたが、見た目は魚介の普通のスバゲティです。ムール貝とアサリですが、ムール貝の出汁がよくパスタに染み込んで、旨味満点。しかもオイルっぽさがまったくなくあっさりいただけます。あとで調べてみるとサルソマッジョーレとはイタリアの生ハムで有名なパルマの少し西にある街。予想に反して海沿いではありません。この街で良く造られるという意味でしょうか。あんまりよくわかりませんが、美味しかったのでオッケー。

IMG_5841.jpg

嫁さんはウズラとクルミのラグー タリアテッレほうれん草のクレーマ。こちらもウズラの肉の旨味がタリアテッレにしみこんでグー。こちらもくどさはなく、旨味のハーモニーが心地よい味。

IMG_5842.jpg

そして、母親はカボチャのニョッキ グアンチャーレとトマトのソース パルミジャーノがけ。ニョッキの食感が気に入ったようで、美味しいと連発。舌鼓連打です。ちょっともらいましたが、こちらも繊細な味わいで、なかなかの味。パスタはどれも非常に美味しかったですね。

これにパンとコーヒーがつきますが、パンも焼きたてで美味しかったです。食べログの高評価が頷けるいいお店でした。食事を終えて前庭に出ると、曇りながら太平洋と、ゴルフコースが目の前に。

IMG_5846.jpg

ガーデンウエディングにも対応できそうな庭。庭だけ見るとイタリアの様な気がしなくもありません。パラディオの居館の庭野用に思えなくもありません。

IMG_5851.jpg

ところどころにストレチアが咲いていて、華やいだ気分になります。月曜日の昼下がりにのんびりとランチを楽しむ事ができました。建物と入口のごてごて感にちょっとビックリしましたが、味は行く甲斐のあるお店です。お近くに行った際には試してみてください。



さて、あとは無事東京にかえるだけ。伊東から熱海、小田原と海沿いを走りますが、最後に母親から注文が。「かまぼこパラダイス(笑)に寄ってちょうだい」 

IMG_5859.jpg

我々がかまぼこパラダイスと呼んでいるのは、もちろん、先日箱根に行ったさいに立ち寄った風祭にある、鈴廣かまぼこ本店です。広くて綺麗な店内に、箱根のお土産と蒲鉾などがいろいろあり、最後のお土産調達にもってこいです。

IMG_5856.jpg

お目当ては干物。ここの干物は新鮮で美味しいということが前回わかりましたので、かます!、えぼ鯛、アジをゲット。いや、脳内には香ばしく焼いたかますで一杯やるイメージが充満。過呼吸になりそうです(笑)

他にもイナゴの佃煮、神奈川の日本酒、かまぼこなどを仕入れて、この旅のミッションはすべて終了。ここから自宅へは、すぐわきのインターから小田原厚木道路、東名高速経由であっという間にかえれます。幸い渋滞もまったくなくスイスイ。無事に帰宅する事ができました。

IMG_5860.jpg

ちなみに、かえった後の夕食はさっぱりとそうめんに、先程ゲットしたかます!、イナゴ!、塩辛!
カマスの香ばしい香りでいただく日本酒。いやいや幸せです(笑)



たかが1泊2日の旅行に5記事も使ってダラダラと旅行記を書かせていただきましたが、最近は旅行のあとにこうやって書いておくと、あとで自分で確認できて、いろいろと便利なんですね。母親も知り合いにこのブログを見せたりしてまんざらでもなさそう。昔は旅の想い出は心の中と数枚の写真がすべてでしたが、こうして書いておくと風化することもありません。

ハイドンのレビューのブログなので、そろそろ本題にもどりませんと、少ないコアな読者の信頼を損ねてしまいますので、、、

詰まらん記事におつきあいいただきました皆様ありがとうございました。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

tag : 温泉

コメントの投稿

非公開コメント

喜寿のお喜びを申し上げます

改めまして(^^)
お母様の喜寿おめでとうございます!
細やかなお祝いのご様子、お母様もさぞお喜びでしょうね(^^)

翻ってこちらはそんなに丁寧に母に接してないなぁと、、、(笑)

お勧め頂いていたピアノ・ソナタのCDが取り寄せ期間オーバーでキャンセルになりました、、(>_<)長い道のりです~

Re: 喜寿のお喜びを申し上げます

sifareさん、いつもいつもありがとうございます。
まあ、喜寿祝いにかこつけて、自分たちが楽しんでいるという側面もありますので、割り引いてみてください(笑)。
アルバムとの出会いは運や巡り合わせもありますね。気長に探すと巡り会うものです。

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ブルックナーマーラーサントリーホールヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉LP交響曲97番告別交響曲90番交響曲18番アレルヤ交響曲99番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番交響曲86番ラメンタチオーネモーツァルトヴァイオリン協奏曲ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:32ベートーヴェン驚愕哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹SACDライヴ録音チェロ協奏曲交響曲80番交響曲81番交響曲19番交響曲全集古楽器交響曲21番マリア・テレジアピアノソナタXVI:20クラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲10番交響曲12番交響曲9番交響曲11番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:4天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:7ドニぜッティライヒャオーボエ協奏曲ロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ストラヴィンスキーミューザ川崎シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26タリスモンテヴェルディアレグリバードパレストリーナすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:39美人奏者四季迂闊者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番協奏交響曲DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノ三重奏曲日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードカノンドイツ国歌モテットオフェトリウムスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番変わらぬまこと交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
9位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ