エドワード・ヒギンボトムの天地創造(ハイドン)

実に久しぶりの天地創造。これまでいろいろレビューしていますが、久しぶりに取りあげたいアルバムに出会いました。

Higginbottom.jpg
HMV ONLINEicon / TOWER RECORDS

エドワード・ヒギンボトム(Edward Higginbottom)指揮のオックスフォード・ニュー・カレッジ合唱団(Choir of New Collage Oxford)、オックスフォード・フィロムジカ(Oxford Philomusica)の演奏による、ハイドンのオラトリオ「天地創造」。収録は2008年4月14日から17日にかけて、ロンドン郊外の聖ユダ・オン・ザ・ヒル教会(St Jude-on-the-Hill)でのセッション録音。レーベルはオケの自主制作レーベルでしょうか、op(Oxford Philomusica Records)というもの。

ソロは下記のとおり。
ガブリエル/エヴァ:ムハイリ・ローソン(Mhairi Lawson)
ウリエル:ルフス・ミュラー(Lufus Müller)
ラファエル/アダム:デイヴィッド・ストウト(David Stout)

このアルバム、先日銀座山野楽器店頭で見かけて手に入れたもの。天地創造などオラトリオのアルバムは、見かけるものはほとんど手中にあるため、店頭では滅多に新たなアルバムに出会わないのですが、やはり未知のアルバムはまだあるものですね。演奏者もレーベもはじめてのものですが、CDプレイヤーにかけてみると、私の好きな自然な響きの引き締まった演奏が聴こえてくるではありませんか。意外に素晴しい演奏にすっかり聴きほれてしまいました。特に合唱の精妙なコントロールが素晴しいく、ソロも粒ぞろいなんですね。合唱は少年と男性による合唱団のようです。

エドワード・ヒギンボトムは調べてみると、ホグウッドの天地創造のCDとDVDの演奏で、オックスフォード・ニュー・カレッジ合唱団の合唱指揮を担当していた人。ホグウッド盤ではエンシェント室内合唱団も加わっており、こちらの合唱指揮はサイモン・ハルセイでした。

ヒギンボトムはイギリスでも著名な合唱指揮者。ケンブリッジでオルガンを学んでいた時に指揮を学ぶ機会があり、その後のキャリアが開かれました。1976年からこのアルバムの合唱を担当するオックスフォード・ニュー・カレッジ合唱団の音楽監督を務めており、近年はエンシェント室内管やこのアルバムの演奏を担当するオックスフォード・フィロムジカなどの器楽オケの指揮もするようになったとのこと。このアルバムを聴く限りかなり堅実な手腕の持ち主。オケのオックスフォード・フィロムジカはオックスフォード大学のレジデントオケ。

Hob.XXI:2 / "Die Schöpfung" 「天地創造」 (1796-1798)
最新の録音らしく、じつに自然な音響。適度な残響の教会にゆったり轟くオーケストラの響き。迫力もかなりあり、分厚いながらも自然さを失わず、劇的な入りの曲を、特に大きな誇張もなく堅実に演奏していきます。歌は英語。ラファエルのストウトは余裕たっぷりの艶やかな歌唱。何より素晴しいのが少年合唱による女性パートを含むコーラス。清透ながらしっとりとした歌いぶりは流石。ウリエルのミュラーもストウトと声のタイプが近く、非常に艶やか。ソロは有名どころではないようですが、レベルは高いですね。適度な迫力に適度な緊張感。しなやかに曲を進めるようすは以前聴いたペーター・シュライアー盤に近い自然な良さをもったもの。ガブリエルのローソンも悪くありません。ソロも合唱もヒギンボトムの好みとコントロールが行き届いているのでしょう、非常に安定感がありますね。純粋に曲を楽しむのにうってつけ、メロディーラインの美しさが沁みてきます。全編癒しを感じる柔らかな感触に満ちてます。第一部の聴き所、ガブリエルのアリアは、ローソンのコケティッシュな魅力で聴かせるもの。時折抜けるような高音の美しい上昇がアクセントになってます。第一部の終結へ向けたクライマックスの表現は流石に一流オケとは迫力で差がつきますが、機敏さを保って緩む所はないのはかなりの実力とみました。

美しいメロディー連発の第二部はこのアルバムの聴き所。ヒギンボトム、しなやかに合唱とオケを歌わせるところは素晴しいコントロール。迫力や構成で聴かせる演奏が多い中、実に良く歌う演奏です。各奏者が非常に活き活きと演奏しているのが印象的。おそらく奏者どうしのつながりも深いものと想像できます。通例CDが2枚目に変わる第二部の前半の終結部、しなやかに盛り上がって、実に清々しい。終わると思ったら次に続きます。このアルバムでは第二部は終わりまでがCD1におさまってます。第二部後半のラファエル、ウリエルそれぞれのアリアは歌が沸き上がってくるような素晴らしい高揚感。単に自然な演奏というレベルではなく、しなやかさの限りを尽くした非常に美しい演奏というのが正しい認識でしょう。第二部はまさに歌が溢れ出てくる素晴しさ。

ようやくCDを変えて第三部。入りのウリエルのレチタティーヴォからとろけます。聴き所の2つのアダムとエヴァのデュエットは期待通り天上のセッションのような清らかさ。少年の声を活かしたコーラスも素朴な美しさも華を添えます。最後まで一気に聴いてしまう素晴しいメロディーの連鎖。終曲の何と神々しい事。ぐっさり刺さる演奏でした。

ここ数日何度か聴き直してのレビューですが、このアルバム、実に深い演奏。歌の美しさの限りを尽くした名演奏といっていいでしょう。正直期待した演奏を遥かに超える素晴しさ。天地創造がこれほどまでに美しいメロディーに満ちた「歌の曲」であると気づかされたというのが正直な所。久々に天地創造に打ちのめされました。評価はもちろん[+++++]を進呈です。このアルバム、歌曲好きな方には絶対のオススメ盤です。だまされたと思って手に入れるべし!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 天地創造

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは
「天地創造」は昔、日本語版の演奏を放送で聴いたことがあります。小澤征爾氏指揮でしたが、ハイドンの音楽の見事さに、直にわかる言語が重なってとても感動的でした。訳詞は苦心したものと思いますが文語調で格調を保っていたと思います。

Re: No title

michaelさん、こんにちは。
天地創造の日本語版ですか。やはり言葉の意味がわかってこそという点では日本語訳も貴重な物ですね。前にブログでも書いたアーノンクールのサントリーホールの来日公演では、大きな電光掲示板に訳語が流れ、意味はわかるようになっていました。そういった点では字幕のある日本語版の映像などは貴重なものでしょう。ただし、素晴しい映像ではあっても海外版しかリリースされないものも多いので、貴重さにかわりありませんね。
michaelさんのブログ、既にLPブログとなっていますね! いつも楽しく読ませていただいています。遅ればせながら、当ブログも紹介いただきありがとうございます。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ベートーヴェン紀尾井ホールショスタコーヴィチストラヴィンスキードビュッシーラヴェルピアノ三重奏曲ミューザ川崎オーボエ協奏曲LP協奏交響曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:39マーラーブルックナーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉告別交響曲90番交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡アレルヤひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネ交響曲86番モーツァルトヴァイオリン協奏曲驚愕哲学者ニコライミサミサブレヴィス小オルガンミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹ライヴ録音SACDチェロ協奏曲交響曲19番交響曲81番古楽器交響曲80番交響曲全集交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲9番交響曲11番交響曲10番交響曲12番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲2番交響曲4番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31パレストリーナタリスモンテヴェルディアレグリバードすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードオフェトリウムドイツ国歌カノンモテット弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
104位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ