アンセルメ/スイス・ロマンド管の哲学者、90番(ハイドン)

今日は懐かしさ満点の演奏。

Ansermet22.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

エルネスト・アンセルメ(Ernest Ansermet)指揮のスイス・ロマンド管弦楽団(L'Orchestre de la Suisse Romande)の演奏で、ハイドンの交響曲22番「哲学者」、交響曲90番、トランペット協奏曲、フンメルのトランペット協奏曲を収めたアルバム。収録は、交響曲が1965年10月、トランペット協奏曲が1957年11月、スイス・ロマンド管の本拠地、ジュネーブのヴィクトリア・ホールでのセッション録音。豪DECCAのELOQUENCEシリーズ。

今日はこのアルバムから交響曲の2曲を取りあげます。

アンセルメはハイドンを振る指揮者というイメージはあまりないのですが、交響曲ではパリ交響曲集など何枚か録音しています。これまでに一度レビューに取りあげています。

2010/10/28 : ハイドン–交響曲 : アンセルメの交響曲85番「王妃」

以前レビューした演奏は、今日取り上げる交響曲の1年前の1964年のBBC響との録音ですが、今日は手兵スイス・ロマンドとの録音。前記事でも書きましたが、アンセルメと言えばファリャの三角帽子の身の毛もよだつような素晴しい迫力の演奏が耳に残っています。数学者でもあったアンセルメとハイドンの相性は良さそうな気もしますが、以前の演奏では今一本領を発揮しきれていませんでした。このアルバムでは哲学者という独特の詩情をもつ曲をアンセルメがどう料理しているかが聴き所でしょう。

Hob.I:22 / Symphony No.22 "Philosopher" 「哲学者」 [E flat] (1764)
なにやらアンセルメのちょっと武骨さもある直裁なリズムにのって、聴き慣れた哲学者のメロディーが聴こえてきます。録音はDECCAらしいガッチリしたオケの骨格の実体感を見事にあらわしたもの。ヴィクトリア・ホールでのスイス・ロマンドの録音には名録音が多く手慣れた感じです。弦楽器はすこしザクザクした感触を残しながら、美しい響きをよくとらえています。木管楽器の饐えた感じの音色もこの頃のスイス・ロマンド独特のもの。淡々としたメロディーの繰り返しを聴いているうちにトランス状態になりそう。やはりこの哲学者はアンセルメの芸風に合っています。1楽章は淡々とした演奏から沸き上がる情感。この曲の真髄に触れる演奏です。
2楽章のプレストは、かなり構えが大きく、テンポを落としてがっしり感を感じさせるもの。やはりアンセルメらしくテンポは揺らさず、滔々と音楽を流します。おおらかというか、大げさな印象もある独特の表情付け。聴いているうちに曲の面白さにハッとさせられます。オケは大きなマスはそろっているのですが、適度に粗く、木炭デッサンでヴォリュームの表現は的確なのに細部には印象的な粗さがあるような風情。細かい事は気にせず、大きく音楽を描く一貫したスタイルは流石アンセルメというところ。
そのスタイルはメヌエットに入ると一層堅固になります。独特の筆の勢いは衰えず、個性的な筆致に圧倒されます。音量を上げて聴くと素晴しい迫力。オケのメンバーも微動だにしないアンセルメの指示に忠実に従い、音を置いていきます。ホルンのまろやかな音色と木管の味わい深い響きにうっとり。
フィナーレも風格十分。意外にオケの各奏者の演奏がきっちりしているのにあらためて感心します。ホルンと木管の見事なメロディーのリレー。ハイドンの素朴な音楽から諧謔性にスポットライトを当てて、独特の覇気で味付けしているよう。あまりに堂々とした演奏に圧倒されます。ん~、見事。

Hob.I:90 / Symphony No.90 [C] (1788)
アンセルメの選曲は流石。哲学者に90番を合わせてくるとは、ハイドンの交響曲をすべて把握して、自身の芸術性に最も合った曲を2曲選んでいるに違いありません。やはり遅めのテンポの堂々とした演奏。素朴な曲なのに、巨大な構築物のような迫力。小細工は一切無し。図太い筆で、マスをガッチリとらえた見事なデッサン。流麗ではなく武骨なんですが、力加減のバランスがよく、全体を非常によく見通したコントロール。巨大な蒸気機関車が煙を吐きながら莫大なトルクで坂を上っていくような迫力。ハイドンのこの交響曲に潜むエネルギーを見事に表現しています。三角帽子のあの素晴しい高揚感を彷彿とさせます。ちょっとハマってます(笑)
アンダンテはすこし手綱をゆるめて、流し気味。アンセルメの一貫してがっしりとしたコントロールは健在ですが、蒸気圧が少し落ちて落ち着きを取り戻します。一貫したリズムの刻みに乗ったフルートのメロディーの素朴な感触と、分厚い弦楽器によるアクセントの繰り返しが素朴ながら、規律を重んじるアンセルメらしさを感じさせます。朗らか一辺倒ではないアンダンテ。
この曲でもメヌエットの風格ある迫力は健在。筋骨隆々、疾風怒濤。清々しさもほんのりと乗った覇気溢れる演奏。中間部の木管の演奏はスイス・ロマンドとすぐにわかる音色。
この曲はラトルが、終わりそうで終わらないというパフォーマンスを好んで取りあげる曲。アンセルメは予想通り骨格のしっかりしたフォーマルな構築感を前面に出した演奏ですが、繰り返しが残っていることを意識させない終わらせ方はやはりハイドンのウィットを理解していました。派手な演出ではありませんが、ちょっと微笑んでしまうフィナーレでした。

このあとのトランペット協奏曲はちょっとさかのぼって1957年の録音。録音はかなりクォリティーが下がってしまうのと、あからさまにトランペットが古風な演奏ゆえ、ちょっとお薦めしにくいものでした。そのあとのフンメルは1968年と録音は良いのですが、こちらは予想に反して、結構快速テンポ。なかなか一筋縄ではいきませんね。

今日のレビューの対象とした哲学者と90番は流石アンセルメという演奏でした。このがっちりとした構築感と迫力、武骨さもある独特の雰囲気はアンセルメの演奏に親しんだ世代の方なら、懐かしさを感じていただけるでしょう。総マホガニー張りのヴィクトリア・ホールに轟くスイス・ロマンド管の音色にノックアウトです。アンセルメがこの2曲を選んで録音したということに、ハイドンへの深い理解が感じられます。この演奏もハイドンの本質的な魅力の一面をしっかりとつかんだものといえるでしょう。評価は両曲とも[+++++]とします。

さて、次の記事はアニヴァーサリーなんです。なんでしょう??

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 哲学者 交響曲90番 ヒストリカル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ベートーヴェン紀尾井ホールショスタコーヴィチストラヴィンスキードビュッシーラヴェルピアノ三重奏曲ミューザ川崎オーボエ協奏曲LP協奏交響曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:39マーラーブルックナーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉告別交響曲90番交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡アレルヤひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネ交響曲86番モーツァルトヴァイオリン協奏曲驚愕哲学者ニコライミサミサブレヴィス小オルガンミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹ライヴ録音SACDチェロ協奏曲交響曲19番交響曲81番古楽器交響曲80番交響曲全集交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲9番交響曲11番交響曲10番交響曲12番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲2番交響曲4番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31パレストリーナタリスモンテヴェルディアレグリバードすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードオフェトリウムドイツ国歌カノンモテット弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
12位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ