【新着】アンチェル/コンセルトヘボウの「オックスフォード」ライヴ(ハイドン)

皆様、1000記事への祝福、激励、叱咤、強力pushありがとうございます!

しばらく、皆さんからいただいたコメントの嬉しい余韻に浸りたい嬉しい気分ではありますが、地道にレビューを続けることこそ当ブログの使命と思い、普段通りレビューに戻りたいと思います。

1001記事目は、皆様に聴いていただきたい絶品のアルバム。しかも入手しやすい国内盤です。昨夜仕事帰りにTOWER RECORDS新宿店に立ち寄り、ゲットしたもの。

AncelOxford.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

カレル・アンチェル(Karel Ančerl)指揮のアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の演奏でハイドンの交響曲92番「オックスフォード」とフランクの交響曲の2曲を収めたアルバム。収録は1970年1月21日、アムステルダム・コンセルトヘボウでのライヴ。レーベルはtahraですが、日本のキングレコードがtahraのディスクを国内向けにパッケージした国内盤。ディスク自体はtahraのものです。

このアルバム、「カレル・アンチェル没後40年記念企画」と題されたシリーズ。標題のとおり、アンチェルの没後40年を記念してtahraのからリリースされていたアンチェルのディスクのうち、現在入手困難になっている6枚をキングレコードからのプッシュで再生産されたもの。素晴しいのは上で触れたとおり、CD自体がtahraのものである点。輸入盤を盲目的に崇拝する教義はありませんが、音の雰囲気や物としての雰囲気はやはり輸入盤の方がいいことが多いのが正直なところ。

以前アンチェルのアルバムは何れもtahra盤を2回取りあげています。

2013/02/13 : ハイドン–交響曲 : カレル・アンチェル/オランダ放送フィルの「ロンドン」ライヴ
2010/06/13 : ハイドン–交響曲 : 剛演、アンチェルの93番

93番の記事を読んでいただければわかるとおり、アンチェルのハイドンは、文字通り剛演。この93番を初めて聴いた時には本当に腰をぬかさんばかりにのけぞりました。93番にハイドンが込めたエネルギーをアンチェルは見逃しませんでした。まさに戦慄の演奏。

今日取り上げるオックスフォードはもともとtahraから1995年にリリースされていたものですが、ながらく廃盤となっており、私も入手できていなかったもの。これがまさに復刻されたと言う事で、期待大です。調べてみると発売日は10月23日ということで、リリースされたてのホヤホヤ! アンチェルの規律正しい、しかも鋼を打ち出すような迫真の演奏でオックスフォードを聴くことができるということで、CDのビニールカバーを開けるところから既に過呼吸気味(笑)

アンチェルの略歴などはオランダ放送フィルのロンドンの記事で触れておりますので、そちらをご覧ください。

Hob.I:92 / Symphony No.92 "Oxford" 「オックスフォード」 [G] (1789)
流石アムステルダム・コンセルトヘボウという広い空間にゆったりと心地よく広がる序奏の響き。序奏からのびのびとした非常に自然なライヴ録音。主題に入るとあの93番の素晴しい鋼のような響きまではいきませんが、クッキリと規律正しいメロディーが流れます。非常に清潔感のある響き。93番の極端にヴァイオリンのキレを強調した演奏からすると、逆に非常に整ったバランス。ヴァイオリンの正確無比な刻みが印象的。触ると直ちに切れそうな日本刀の名刀のような凛としたキレ味。低音弦群が畳み掛けるように被さり、1楽章のクライマックスに向けて盛り上がります。キレ味、迫力満点ながらアポロン的均衡も保った素晴しい演奏。1楽章から圧倒的。
アダージョもこれ以上ないほど正統的、オーソドックスな演奏。ゆったりの流れる分厚い弦楽器群のメロディーをオーボエ等が暈取ってくっきりとした表情。それにしてもオケの響きの柔らかくて美しいこと。アムステルダム・コンセルトヘボウ管の面目躍如。中間部の力感と再び柔らかい弦の癒しに満ちた響きにやられます。
メヌエットはテンポを予想より落として、構築感をじっくりと表現。フレーズを丁寧に丁寧に描いていくので、ゆったりしているのに非常に緻密な音楽に聴こえます。彫り込みの深い彫刻を眺めるような快感。
期待のフィナーレ冒頭は、弾むというよりそよ風のような入り。主題でいきなり突風に変わり、オケもすぐにギアチェンジ。朗らかな曲想のメロディーですがオケがフルスロットルで爆走。粗い感じは微塵も感じさせず、ハイドンの秩序の中での巧みなアクセルワーク。素晴しい吹き上がりとブレーキのコントロール。神がかったような自然なバランスと嵐のような力感の制御。めくるめく絡み合っていくメロディー。最後までコンセルトヘボウ管の素晴しい演奏が健在。最後はやはり嵐のような拍手に迎えられます。

93番の名演の印象からか、もう少しグロテスクさのある演奏かと思っていたんですが、これは一流、洗練、古典の均衡の中での最上級の演奏というのが正しいでしょう。ハイドンの交響曲をこれほどまでに高貴で規律溢れたフォルムに仕立てるあたり、やはりアンチェルの手腕は素晴しいものでした。これだけオーソドックスなフォルムを描きながら、キレと迫力も尋常ではなく、これは希有な名演と言うべきでしょう。ハイドンのあとに置かれた、同日に演奏されたフランクの交響曲も冒頭から緊張感が漲る素晴しい演奏。ハイドンの評価はもちろん[+++++]です。

このアルバムの復刻に携わったキングレコードのスタッフの方に感謝ですね。1500円とリーズナブルな値段で国内盤として流通され、多くの人にハイドンの魅力をつたえる伝道師となるべきアルバムです。

追伸)オックスフォードの所有盤に占めるレビュー盤の比率が高いとの緻密な分析をいただいておりますが、偏りを是正つもりはあるものの、素晴らしい演奏は素晴しいということで、あえてオックスフォードを採用致しました(笑)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : オックスフォード

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

古楽器ラメンタチオーネアレルヤ交響曲3番交響曲79番チェロ協奏曲1番オックスフォード驚愕交響曲88番交響曲19番交響曲58番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲80番交響曲全集交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲12番交響曲11番交響曲10番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4バードタリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ