ジョヴァンヌ・クァルテット・イタリアーノの弦楽四重奏曲Op.76(ハイドン)

秋の夜はしんみり弦楽四重奏曲を楽しみます。湖国JHさんから送り込まれた刺客。

GiovaneQI.jpg
amazon

ジョヴァンヌ・クァルテット・イタリアーノ(Giovane Quartetto Italiano)の演奏で、ハイドンの弦楽四重奏曲Op.76の6曲を収めた2枚組のアルバム。収録は1990年、ミラノでのセッション録音。録音会場についての記載はありません。レーベルはスイスのclaves。

ジョヴァンヌ・クァルテット・イタリアーノという団体、ジョヴァンヌを抜かすと名クァルテットの名前になります(笑)
クァルテットの名前で検索しても、アルバムとして表示されるのはこの1枚のみ。しかも現役盤ではないということで、クァルテット自体も現在存在しないかもしれません。非常に珍しいアルバムということでしょう。ライナーノーツによるとこのクァルテット、1982クレモナで設立されたクァルテット。1985年にはニューヨークのリンカーン・センターで開催されたイタリア・オン・ステージという音楽祭に招かれたとのこと。その後リヒテルに招かれ、1988年にモスクワツアーを行いモスクワ音楽院のホールで演奏し、ボロディン四重奏団と八重奏を行ったこともあるそう。日本にも来ているとの記載があるので、もしかしたら聴かれた方もいるのではないかと思います。記載によるとハイドン以外にもいろいろと録音がリリースされていたようですが、現在は流通していないということでしょう。メンバーは下記のとおり。

第1ヴァイオリン:アレッサンドロ・シモンチーニ(Alessandro Simoncini)
第2ヴァイオリン:ルイジ・マッツォ(Luigi Mazza)
ヴィオラ:デメトリオ・コムッツィ(Demetrio Comuzzi)
チェロ:ルカ・シモンチーニ(Luca Simoncini)

今や幻のクァルテットという存在になってしまったようですが、このアルバムはamazonではまだ手に入ります。今日はOp.76から、なぜかこれまで一度もレビューに取りあげていないNo.6を取りあげます。

Hob.III:80 / String Quartet Op.76 No.6 [E flat] (1797)
冒頭からイタリアのクァルテットらしい、伸びのある弦楽器が印象的。4人の奏者がそれぞれ自身の担当するパートの線を太めの筆でしっかり描いて行くような演奏。パートそれぞれのフレージングは、かなりメリハリがしっかりしており、なるほど、その演奏はイタリアのクァルテットの伝統を踏まえたもの。ハイドンの曲をイタリア風にしっかり料理して、流石のプレゼンス。
素晴しかったのがつづくアダージョ。1楽章も良かったのですが、ヴィブラートがしっかりかかった各パートの音色とフレージングがピタリとそろってクッキリとハイドンのアダージョの旋律を描いて行きます。メロディーの彫りが深く、かっちりと表情をつくっていくあたり、ミケランジェロの彫像のような、デフォルメされた彫りの深さが醸し出すアーティスティックな表情がたまりません。禁欲的ですらある高みに至ったアンサンブル。有無をもいわせぬ説得力があります。録音は各楽器の音像をオンマイクでしっかり捉えたもの。もしかしたらイタリア四重奏団よりもイタリアっぽいかもしれません。鳥肌が立つような緊張感。
メヌエットは第1ヴァイオリンのアレッサンドロ・シモンチーニの美音が耳に刺さるよう。楽器の記載はありませんが、さぞ良い楽器を使っていそう。途中からソロの演奏に惹き付けられるチェロも素晴しく艶やかな音色。流石クレモナのクァルテットと唸るばかりです。ヴァイオリンの音色がスピーカーから刺さるように飛んできます。テンポ設定が目立つことはなく、中庸な設定ですが、弦楽器の弦を擦る音の魅力を思い知らされるような、鋭く艶やかな音色に圧倒されます。
フィナーレも同様、畳み掛けるフレーズの連続、アンサンブルの鋭いキレはカミソリのよう。眼前にせまるアンサンブルに圧倒されます。部屋の中のまさに目の前にクァルテットが来ているようなリアリティ。美音の連続に痺れます。これは実際に聴いていただかなくてはわからないでしょう。まさに圧倒的なフィナーレ。あまりに見事な演奏に呆然とするばかり。ブラヴォー。

いやいや、びっくらこきました。あまりのリアリティとキレ味にこちらがキレそう。イタリアのクァルテットの素晴らしさがすべて詰まったような見事な演奏。リアルに定位する素晴しい録音と相俟って、ハイドンの弦楽四重奏曲がイタリア人の手にかかって、これほどまでに研ぎすまされた響きを得るとは思ってもみませんでした。冒頭に触れたように、このクァルテットの録音はこのアルバム以外には、中古でも流通していなようですが、これは素晴らしい。もちろん評価は[+++++]とします。あまりの素晴らしさに、腰を抜かしそうです。他の5曲もむらなく素晴らしい仕上がり。このアルバム、弦楽四重奏好きの皆さんは、是非手に入れるべきでしょう。絶対のオススメ盤です!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.76

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつもお世話になっております。iTunes Music Storeで試聴してみました。すごく良さそうですね。まだ手に入るとはいえちょっと高いので,ダウンロード購入しようかと思っています。

ところで,この四重奏団ですが,Nuovo Quartetto Italianoという名前に変わっているのではないでしょうか。

Re: No title

T.S.さん、おはようございます。
確かに名前は1996年に、Nuovo Quartetto Italianoに変わっていますね。イタリア語を調べてみると、Giovaneとは若いと言う意味のようで、「若手イタリア四重奏団」から「新イタリア四重奏団」ということで、メンバーの年齢などを考えてのことでしょう。「イタリア四重奏団」の歴史上の存在の大きさを考えると、単にイタリア四重奏団とはつけにくいのは理解できます。レビューに書いた通り腕は素晴しい四重奏団ですが、名前が過去の名クァルテットとダブっているのがマーケティング上はマイナスかもしれませんね。いっその事第1ヴァイオリンの名前をとって「シモンチーニ四重奏団」などとした方が良いのかもしれません。

No title

録音も素晴らしかったので私のブログでも取り上げさせていただきました。有り難うございました。四重奏団の名称に関しては,名前負けしない実力があるにしても,独自の名前を付けたら良いのに,とは思いますね。

Nuovo Quartetto Italiano

残業を終えて帰宅すると、届いていました。一番だけ聴いたところです。素晴らしいですね。こんな四重奏団があった、それを知らずにいたとはなんてことでしょう。それから、もうご存じかもしれませんが、イタリア四重奏団って結成当初はNuovo Quartetto Italiano って名乗っていたらしいです。ますます紛らわしいですね。

Re: Nuovo Quartetto Italiano

戎棋夷説さん、おはようございます。
むむむ。Wikipediaなどみてみたら、おっしゃる通りですね。かなりイタリア四重奏団を意識していたのか、はたまた許しを得て名前を継いだのか、もう少し調べてみる必要がありますね。ただ、名前で損しているような気もします。これだけ素晴しい演奏をするのですから堂々と新しい名前を付けた方がプレゼンスも上がった事だろうとそうぞうしてます。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:39サントリーホールブルックナーマーラーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉LP交響曲97番告別交響曲90番交響曲18番アレルヤ奇跡交響曲99番弦楽四重奏曲Op.64ひばりフルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネ交響曲86番モーツァルトヴァイオリン協奏曲ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ベートーヴェン驚愕哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹SACDライヴ録音チェロ協奏曲古楽器交響曲19番交響曲81番交響曲全集交響曲80番マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードピアノソナタXVI:20豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティチェロ協奏曲1番交響曲9番交響曲10番交響曲11番交響曲12番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲2番交響曲4番交響曲37番交響曲1番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメント東京芸術劇場リヒャルト・シュトラウス交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:35ロッシーニドニぜッティライヒャオーボエ協奏曲ピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ミューザ川崎ストラヴィンスキーシェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31タリスバードモンテヴェルディパレストリーナアレグリすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲46番交響曲51番協奏交響曲DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士弦楽四重奏曲Op.74交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードカノンオフェトリウムモテットドイツ国歌スタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番変わらぬまこと交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ