【新着】タチアナ・ヴァシリエヴァのチェロ協奏曲集(ハイドン)

今日は久しぶりに新着アルバム。

Vassiljeva.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

タチアナ・ヴァシリエヴァ(Tatjana Vassiljeva)のチェロ、オーギュスタン・デュメイ(Augustin Dumay)指揮のワロニー王立室内管弦楽団(Orchestre Royal de Chambre de Wallonie)の演奏で、ハイドンのチェロ協奏曲1番、2番、モーツァルトの交響曲29番の3曲を収めたアルバム。収録は2012年11月10日から12日にかけて、パリの南側、オーギュスト・ブランキ通りに面したサレ・コロンヌ(Salle Colonne)でのセッション録音。レーベルは仏MIRARE。

ジャケットには歌のお姉さん然としたショートカットのヴァリシエヴァの笑顔の写真が大きく乗せられ、ちょっと気になるアルバムでした。

Tatjana Vassiljeva: Official Website of Russian Cellist

タチアナ・ヴァリシエヴァは1977年、ロシアのノヴォシビルスク生まれのチェリスト。ノヴォシビルスクといってピンと来る方、相当の地理B通です(笑)。ノヴォシビルスクとはロシア語で「新しいシベリアの街」。シベリアの西の奥、カザフスタンの北にあたり、オビ川(なつかしい!)添いにあるシベリア最大の街とのこと。6歳でチェロを習い始め、ノヴォシビルスク音楽院、モスクワ音楽院、その後ミュンヘン音楽大学などで学びますが、気になるのは1998年からベルリンのハンス・アイスラー音楽大学で、あのダヴィド・ゲリンガスのマスタークラスに所属していた事。コンクールの受賞歴もいろいろあり、1994年にミュンヘンで開催されたARDコンクールで2等に輝いた他、日本への演奏旅行時には文化村オーチャードホール・アワードを受賞しているとのこと。また2001年にはパリで開催されたロストロポーヴィチ・チェロ・コンクールでロシア人としてはじめて優勝するなど経歴は申し分ありません。レパートリーは古典から現代ものまで幅広く、上に紹介したオフィシャルサイトのディスコグラフィーには10枚近いアルバムが紹介されており、既に広く活躍しているようですし、日本にも何度か来ているようですのでご存知の方も多いでしょう。

一方指揮者のオーギュスタン・デュメイはヴァイオリニストとして有名な人。1949年パリ生まれ。パリ音楽院等で学び、アルテュール・グリュミオーに4年間師事したことによりグリュミオーを受け継ぐフランコ・ベルギー派の正統な後継者と看做されています。名声を得たのは、カラヤンに見いだされ1979年パリのコンサートで共演してからとのこと。現在はこのアルバムで指揮しているワロニー王立室内管弦楽団の指揮者としても活躍しているそうです。

タチアナ・ヴァシリエヴァは私ははじめて聴く人ゆえ、虚心坦懐にこのアルバムを楽しもうと思います。

Hob.VIIb:1 / Cello Concerto No.1 [C] (1765-7)
最新の録音らしく、かなり鮮明で残響は少なめ。デュメイのコントロールするオケはからっと明るく、アクセントはカッチリ、陰りはほとんどないあっけらかんとしたもの。非常にクッキリとわかりやすい序奏。ほどなくヴァシリエヴァのチェロが入りますが、同様にチェロも屈託がないというより、ちょっと単調に感じなくもないリズムに乗って入ります。1番はハ長調ゆえ、明るく晴朗な曲調ですが、現代楽器によるこの曲の演奏の伝統とはかなり異なる、明るくわかりやすすぎるような演奏。慣れるまでちょっと違和感がありますが、これはこれでユニークなスタイル。チェロはほとんど溜めることなく、リズム通り、高音の音色は艶があって悪くありません。テンポは行進曲のようにほとんど揺らさないので、曲の構造が平板な印象になってしまっているのが惜しい所。この印象、デュメイのコントロールに起因するのでしょうか。1楽章のカデンツァで現代音楽もこなすヴァシリエヴァのアーティスティックな側面が垣間見えました。
アダージョも、これまでの演奏とはかなり異なる印象です。あえてさっぱりした雰囲気を出そうと意図しているようです。チェロという持続音が得意な楽器に対して、そればかりがチェロでないとでも言いたそうなデュメイの演出。ヴァシリエヴァは、それに素直に従いながらも、徐々に歌うようになってきますが、深入りしません。古楽器の爽快な演奏ともまた違う独特の感興。アダージョも中盤に至ってようやく、演奏がしっとり落ち着いて、こちらもスタイルになじんできたというのが正直なところ。アダージョの後半はヴァリシエヴァのチェロが自然な弓さばきで、流石といわせる音楽。
この曲で最もしっくりいっているのがこのフィナーレ。クッキリと明るい表情に、程よい推進力。チェロとオケの音楽が溶け合って、両者とも創意を凝らしあって掛け合いの妙が楽しめます。ここに来て、テンポがぐっと上がりヴァリシエヴァの見事な弓さばきが素晴しい効果。尻上がりに調子が出てきたよう。最後はスリリングに盛り上がり完全燃焼。1楽章からのさっぱりしたスタイルからかなり変化して、若干勢いに乗り過ぎな印象も残します。

Hob.VIIb:2 / Cello Concerto No.2 [D] (1783)
1番の1楽章にはちょっと違和感がありましたが、2番の方は穏やかな曲調の分、自然に聴こえます。リズムを強調した独特のオケのコントロールは変わりませんが、音楽の起伏がハッキリしている分、平板な印象はありません。オケは音色が美しく、イタリアっぽい弦楽器の伸びやかさもあり、音色に関してはなかなか良い線いってます。ヴァシリエヴァのチェロは、フレーズひとつひとつのメリハリを前曲より明確に描いているため、こちらは悪くありません。オケも色彩感の豊かさが印象に残ります。音楽のしなやかさと大きな視点でのまとまりがあるとさらに良いのでしょう。やはり何となく伴奏の問題のような気もします。
アダージョは、ディテールは音色の美しさで聴かせますが、大きな音楽のつくりがもうすこしあればという印象を残してしまいます。フィナーレも同様。良く聴くとテンポを落とす所、表情を抑える所の踏み込みが足りないので平板な印象が残ってしまうのではないでしょうか。チェロもオケも音色の美しさはかなりのものだけに、惜しい所です。

このところ超名演盤がつづいていたので、ちょっとこちらの期待も高くなっていたのは正直なところですが、美人チェリスト、タチアナ・ヴァシリエヴァとオーギュスタン・デュメイのコンビによるハイドンのチェロ協奏曲集、これまで数多の演奏と比べて、独特なユニークな演奏ではあるものの、過去の名演を揺るがすほどの説得力には欠けていたというのが正直なところでしょう。どちらかというとデュメイのオケのコントロールに課題があるように感じられます。評価は両曲とも[+++]とします。

ちなみに、最後に収められたモーツァルトの29番は、ハイドンの曲とは完成度が異なり、かなり良い演奏。デュメイも得意としているそうです。こちらは爽やかな名演と言っていいでしょう。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : チェロ協奏曲

コメントの投稿

非公開コメント

買わなくてよかった(笑)気になってたので。。

Daisyさんの好きなチェロ協奏曲はやはりゲリンガスですか?

Re: タイトルなし

トトラさんおはようございます。
ゲリンガスもいいですね。チェロ協奏曲はいろいろ名盤があります。ルーディン、デュプレなどもいいですね。基本的に所有盤リストでのHaydn Disk of the Monthに選定したアルバムは気に入りの演奏です。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

交響曲93番交響曲98番交響曲97番交響曲95番驚愕奇跡ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36フルート三重奏曲LP古楽器オーボエ協奏曲ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:48ディヴェルティメント弦楽三重奏曲皇帝ひばりピアノソナタXVI:20ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルクミューザ川崎ストラヴィンスキーマーラー東京芸術劇場チェロ協奏曲東京文化会館交響曲102番軍隊ロンドン時計フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:328人のへぼ仕立屋に違いないファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31バードタリスアレグリパレストリーナ東京オペラシティモンテヴェルディ天地創造すみだトリフォニーホールライヴ録音ピアノ協奏曲XVIII:11アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ヒストリカル告別交響曲1番美人奏者ピアノソナタXVI:39四季迂闊者交響曲12番交響曲70番太鼓連打ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンバリトン三重奏曲SACDスコットランド歌曲ヴェルナーガスマンベートーヴェンシューベルトモーツァルトピアノソナタXVI:38ラメンタチオーネ交響曲80番交響曲67番哲学者ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:40アリエッタと12の変奏XVII:3サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50ラルゴ五度ピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33リヒャルト・シュトラウス騎士弦楽四重奏曲Op.74交響曲17番ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲42番無人島交響曲4番ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54交響曲87番交響曲86番王妃トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:10リュートピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲78番交響曲79番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードオフェトリウムモテットドイツ国歌カノンスタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルクブーレーズ交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲18番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲107番交響曲62番交響曲108番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲2番交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
108位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
8位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ