スカールホルト四重奏団の十字架上のキリストの最後の七つの言葉(ハイドン)

今日は弦楽四重奏曲の最新のアルバム。非常に珍しいアイスランドのレーベルのもの。

SkalholtQ.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

スカールホルト四重奏団(The Skálholt Quartet)の演奏による、ハイドンの弦楽四重奏曲版「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」を収めたアルバム。収録は2003年8月4日から7日、アイスランドの首都、レイキャビクから東に約50Kmほど内陸に入ったスカールホルト(Skálholt)カテドラルでのセッション録音。レーベルはアイスランドのSmekkleysaというレーベル。

クァルテットの名前でもあり、録音された教会のある街の名前でもあるスカールホルトについて調べてみたところ、中世アイスランドの文化的、政治的中心地であり、当時はアイスランド最大の街だったとのこと。現在はこのカテドラルと数軒の家しかない静かな街。

このスカールホルト・カテドラルでは毎年夏に音楽祭が開かれ、クァルテットのメンバーはその音楽祭のコンサートの常連で、メンバーは下記のとおりです。

第1ヴァイオリン:ヤープ・シュレーダー(Jaap Schröder)
第2ヴァイオリン:読めません!(Rut Ingólfsdóttir)
ヴィオラ:読めません!(Svava Berhardðdóttir)
チェロ:読めません!(Sigurður Halldórsson)

ヤープ・シュレーダーはホグウッドとのモーツァルトの交響曲全集で有名な人ですのでご存知の方も多いでしょう。当ブログでもシュレーダーが第1ヴァイオリンを務めるクァルテットのアルバムを2度ほど取りあげています。

2013/09/09 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : クァルテット・エステルハージのOp.20
2011/06/10 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : スミソン弦楽四重奏団のOp.54

シュレーダー以外のメンバーはアイスランドの人でしょうか。一東洋人たる私にはポーランド語もまったく発音が想像がつきませんが、このアイスランド語らしき文字も皆目読めません。クァルテットとして活動を開始したのは1996年からで、アイスランドはもとよりフランスなどでコンサートを開き、またアイゼンシュタットのエステルージ宮殿で毎年開かれているハイドンフェスティバルにも招待され、この十字架上のキリストの最後の七つの言葉を披露したとのことで、彼らにとってハイドンは重要なレパートリーとなっているようです。

Hob.III:50-56 / String Quartet Op.51 No.1-7 "Musica instrumentare sopra le 7 ultime parole del nostro Redentore in croce" 「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」 (1787)
序章
アルバムに古楽器との表記はないのですが、古楽器然とした鋭い弦の音色。かなり残響の多いカテドラルに鋭い音色の響きがこだまします。非常に個性的な録音。スカールホルトカテドラルの響きをそのまま収めるという意図でしょう。かなり濃いめにフレーズしっかり奏で、エキセントリックというか緊迫感のある演奏スタイル。切々と劇画タッチでメロディーを描いていきます。ヤープ・シュレーダーのこれまでの演奏スタイルとはちょっと異なるスタイル。徐々に個性的な録音にも慣れてきて、意外にじっくり語るこのスタイルの魅力がわかるようになってきました。
第1ソナタ
第1ソナタはメロディーをクッキリ浮かび上がらせるスタイルが続き、第1ヴァイオリン以外は陰に寄り添うようについていきます。間をたっぷりとるので幽玄な感じも漂います。古楽器にしては異例のメリハリ。
第2ソナタ
色濃い表情が徐々に透明感を帯びてきたように感じます。若干表情のメリハリが枯れてきたのがそのような印象につながっているのでしょうか。意図したコントロールだとしたら見事です。
第3ソナタ
曲調にしたがって、本当に穏やかさが増してきているようで、まさに透明感を感じる展開。すべての楽器の表情が研ぎすまされてきて、凪の水面のような心境になってきました。序章からここまで、演奏スタイルを穏やかにへんかさせてくるあたりの大局を見据えたコントロールはただものではありませんね。終盤はアンサンブルのクリアさよりも心情の吐露のような乱れも生じて一瞬劇的な展開に。
第4ソナタ
前ソナタの乱れの余韻を継いで、これまでの恍惚としたような表情が、少し純朴な方向に振れて、良い意味で心に刺さるようになります。音楽のエッセンスの微妙な変化を楽しみます。
第5ソナタ
ピチカートに乗ったヴァイオリンの美しいフレーズが有名な曲。ピチカートをかなり抑え気味にして、ヴァイオリンはちょっとざらついた鋭い音でえぐるように名旋律を奏で、曲が進むにつれて、各楽器がグイグイ攻めこんできて、ぐぐっと心に迫ってきます。決して磨かれた音ではなくむしろ荒々しさを感じる弦楽器の響きが迫力につながっています。
第6ソナタ
序奏で強音を象徴的に響かせたあと、穏やかなメロディーに入り対比を鮮明に描きます。少し疲れたのか音程の安定度が少し揺らぐ場面があります。終盤にかけてもかなり踏み込んで強音を響かせ、慟哭のような効果を生みます。
第7ソナタ
最後のソナタ。ここまでソナタ毎に演奏スタイルを微妙に変化させて、曲の背景に潜む気配のようなものを丹念に描いてきました。最後のソナタでは、枯れ行く木々の葉が落ちる侘しさのようなものを実に上手く描いて、枯淡の境地に浸ります。フレージングのメリハリが妙に心に残る印象的なもの。最後は消え入るように。
地震
再び序奏の衝撃のようなものが蘇ります。ゆったりとしながらもエキセントリックな響き。音量での迫力ではなく、デフォルメされたメロディラインの迫力が襲いかかります。

この演奏は立場的にヤープ・シュレーダーが主導権をとっているものと思いますが、この演奏の荒々しくも恍惚とした迫力は、もしかするとスカーホルト・カテドラルそのものに宿る伝統、歴史のようなもののイコンが乗り移っているのかもしれません。広々としたカテドラルの豊かな残響のなかに浮かび上がるざらついた弦楽器の響きによって浮かび上がるハイドンの傑作ソナタ。弦楽四重奏曲としてバランスの良い演奏とは言えないものの、ここで聴かれる音楽は、まさにハイドンの手になる名曲「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」の本質をえぐるものであることは間違いありません。私は非常に気に入りました。ちょっと粗い面もあり、一般の方へのおすすめ度合いを考慮して評価は[++++]としておきます。いろいろなクァルテットの世界を楽しみたいベテランの方にはもちろん、激オススメです!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 十字架上のキリストの最後の七つの言葉

コメントの投稿

非公開コメント

さっきアマゾンに行ってきました。

この曲で、ヤープ・シュレーダーで、「在庫一点」とか見たら、そりゃあ注文してしまいますよ。
「ひばり」「皇帝」に比べたら知名度の低い曲ですけど、工夫を凝らしたCDが多いですよね。昨年は、女性歌手と弦楽四重奏による演奏、というのを買いました。

Re: さっきアマゾンに行ってきました。

戎棋夷説さん、コメントありがとうございます。今年もよろしくお願いします。
十字架上のキリストの最後の七つの言葉はハイドン自身もその出来に納得していたという意味ではひばりや皇帝以上の傑作だと思っています。聴くたびに厳かな気持ちになる名曲ですね。ヤープ・シュレーダーの十字架、お楽しみください。

届きました!聴きました!

私も、「豊かな残響のなかに浮かび上がるざらついた弦楽器の響き」、これが素晴らしいと思いました。「本質をえぐる」も同感です。
ところで、ぜんぜん違う話になりますが、けさ作品33の5をヴェラーで聴いて、音盤倉庫の評価が気になって調べたところ、所有盤にありませんでした。これは、あまり好みではないとか、事情があるのでしょうか。

Re: 届きました!聴きました!

戎棋夷説さん、いつもコメントありがとうございます。
ヴェラーの件、特段理由があるわけではなく、単に持ち合わせていないというだけです。あえて言うなら、ヴェラーのロシア四重奏曲は皆さん評価してらっしゃるのと、主に流通していたのが国内盤だったので食指が動きにくかったとというところでしょうか。個人的な嗜好は、やはり未知の名演の発掘こそが至福の喜びな訳です(笑)
どうも人が良いと言っている演奏をそれと知って聴くのは、今一つ素直に聴けなくて、やはり虚心坦懐に、先入観なく聴きたい訳ですね。
この機会に、探してみます!
追伸)スカールホルト、お気に入りいただいたようで何よりです!

なるほど。

「未知の名演の発掘こそが」。そういうことですね。私は、以前はなんか物足りなかったヴェラーを、ひさしぶりに試したらとても良かったもので、気になったのでした。

Re: なるほど。

>以前はなんか物足りなかったヴェラーを、ひさしぶりに試したらとても良かったもので、気になったのでした。

そう言われると聴きたくなりますねぇ。(笑)
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

古楽器ラメンタチオーネアレルヤ交響曲3番交響曲79番チェロ協奏曲1番オックスフォード驚愕交響曲88番交響曲19番交響曲58番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲80番交響曲全集交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲12番交響曲11番交響曲10番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4バードタリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ