ヴォデニチャロフ、フェルナンデス、ツィパーリングのピアノ三重奏曲集(ハイドン)

今週は正月明けにもかかわらず、仕事がだいぶ忙しく、間があいてしまいました。土曜になってようやく書きかけの記事を仕上げられます。

Vodenicharov.jpg
TOWER RECORDS

ボヤン・ヴォデニチャロフ(Boyan Vodenitcharov)のフォルテピアノ、フランソワ・フェルナンデス(François Fernandez)のヴァイオリン、ライナー・ツィパーリング(Rainer Zipperling)のチェロによるハイドンのピアノ三重奏曲4曲(XV:18、XV:23、XV:21、XV:10)を収めたアルバム。収録は2005年12月17日から20日にかけて、ベルギーのブラ・シュル・リエンヌ(Bra sur Lienne)でのセッション録音。レーベルはベルギーのFLORA。

Floraのアルバムは手元に何枚かあって、以前に、フェルナンデスとツィパーリングが奏者として参加しているスコットランド歌曲とバリトントリオを組み合わせたアルバムを取りあげました。

2010/07/23 : ハイドン–声楽曲 : スコットランド歌曲集、マリーの夢

また、バリトントリオはこのアルバムのメンバーの生演奏をラ・フォルジュネ・オ・ジャポンでモーツァルトを特集した年、東京国際フォーラムのなかの相田みつお美術館でも聴いています。生の印象は古楽器独特の非常に精緻かつきっちり堅実な印象でした。

今日取り上げるアルバムではじめて聴くのはフォルテピアノのヴォデニチャロフ。1960年、ブルガリア生まれのピアニストで作曲家。ソフィア国立音楽院で学び、1982年ブルガリア国内の作曲コンクールで優勝。ブゾーニコンクールやクィーンエリザベスコンクールで3位となるなどの成績を残し、以後演奏家として国際的に活躍しています。1991年からはベルギーに住み、ブリュッセル王立音楽院で教職の立場にあるそうです。ネットで調べてみるとアルバムもちょこちょこリリースされており、ソロでモーツァルトのピアノソナタを録音していたり、寺神戸亮と組んだアルバムなどもあり、そこそこ活動している人のようです。

今日とりあげるアルバムは古楽器によるハイドンのピアノトリオの演奏なんですが、先日取りあげた同じく古楽器による、ヴァン・スヴィーテン三重奏団のものに比べて、なんとも華やかというか、花の香りがするような典雅な雰囲気がして、ドイツとベルギーの違いが、はたまたレーベルの違いかわかりませんが、古楽器の演奏でも微妙な違いが音楽の印象に大きな違いを生んでいるのが興味深いところ。以前聴いたバリトントリオのコンサートでも、そういえばそこはかとない華やかさがあったと思い出した次第です。

Hob.XV:18 / Piano Trio (Nr.32/op.70-1) [A] (before 1794)
テンポは普通の速さなんですが、妙にゆったり感のある典雅さがあります。古楽器それぞれがキレよりもしっとり感をかんじさせる演奏なのでそう感じるのでしょうか。録音は美しい古楽器の音を鮮明に捉えたもの。残響は少なくはないんですが抑え気味で眼前に3台の楽器がクッキリ定位するもの。スタジオ録音に近いのですが、雰囲気はあり、なかなか良いです。フォルテピアノが完全に主導権をとる演奏も多いですが、この演奏は録音のバランス上も対等で、アンサンブルの呼吸もぴったり。自然な雰囲気のなかに音楽が活き活きと踊ります。ところどころでテンポをかなり落として静寂を感じさせるのもいいですね。
素晴しいのがアンダンテ。まさに花が咲いたような華やかさ。花の香りが届いているような気分になります。ここでも自然なテンポで、非常にリラックスした演奏。美しいハイドンのメロディーに浸ります。
フィナーレは少し遅めのテンポで、爽快感よりもしなやかな音楽の流れを印象づけるもの。典雅の極みとはこのこと。3人が笑顔で演奏を楽しんでいるようすが伝わるようです。

Hob.XV:23 / Piano Trio (Nr.37/op.71-3) [d] (before 1795)
続いて短調の曲をもってきました。極上のコンサートのような選曲のセンス。やはり典雅な演奏で、華やかというか、艶やかな短調の調べにうっとり。古楽器のしっとりした音色が沁みます。徐々に力感が増してきますが一貫して落ち着いた演奏。つぼみが花開く様子を見ているよう。ピアノトリオはクライマックスでかなり力む演奏が多いなか、この癒し系の落ち着いた力強い演奏は貴重でしょう。
つづくアダージョはフェルナンデスのヴァイオリンの中音域の実に美しいメロディーとフォルテピアノの静かな掛け合いが見事。水面に波が広がるような余韻の美しさにとろけそう。
やはりフィナーレはしっとりとまとめてきます。フォルテピアノが他の奏者を待つような落ち着いたスタンスがこのリラックス感を生んでいるのでしょうね。

Hob.XV:21 / Piano Trio (Nr.35/op.71-1) [C] (before 1795)
しなやかな序奏から明るい快活なメロディーに入ります。ここでも前曲からの曲調の変化の面白さを意識した曲の配置が粋。本当のコンサートを聴いているような楽しみが味わえます。良く聴くとヴァイオリンの弓さばきから生まれる一音一音のメリハリの面白さが素晴らしいことに気づきます。チェロも音量は控えめながら穏やかな表情のサポート。
このアルバム、緩徐楽章の典雅さはどの曲も素晴しいですね。何気ない表情で淡々と弾き進めていくのですが、実に表情豊か。音色の美しさと、奏者のゆったりと心境が沁みるよう。これは至福の時間。
フィナーレはリズムとメロディーが躍動。たった3台の楽器の演奏での、これだけの躍動感は貴重ですね。力感ではなく躍動感のエッセンスで聴かせる見事な演奏。

Hob.XV:10 / Piano Trio (Nr.23/op.40-3) [E flat] (1785)
最後は2楽章の曲。これまでの3曲より10年ほど前の作曲で、曲自体も精緻な構成感よりはメロディ−の新鮮さを聴くべき曲。最後にこの曲をもってきたセンスも見事。フォルテピアノがキラ星のごとき美しい輝きを帯びて、それに乗ってヴァイオリンとチェロが遊ぶよう。ピアノトリオの面白さの原点のような曲の構成。フォルテピアノのヴォデニチャロフはかなり抑えててヴァイオリンとチェロを目立たせる役回り。最後のプレストは何気ない美しさに満ちた曲。軽いタッチで演奏していくだけで、華やかな気分に。このアルバムを象徴するような華やかさで締めます。

このアルバム、オススメです。ハイドンのピアノトリオは多くの曲が晩年の作曲で、良く聴くと素晴しい筆致。音楽を楽しむエッセンスが詰まった名曲揃い。弦楽四重奏曲の陰にかくれて、人気は今ひとつなんでしょうが、この素晴らしさは室内楽ファンにはわかるでしょう。その傑作を古楽器の名手があつまって、しかも実にリラックスして演奏を楽しんでいるようすを収めた録音。何度も書いて恐縮ですが、この華やかな雰囲気は最高です。曲の配置も実にいいセンス。一杯呑みながらのんびりと音楽を楽しむのに絶好のアルバムです。もちろん評価は全曲[+++++]です。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノ三重奏曲 古楽器

コメントの投稿

非公開コメント

店頭で見掛けて、確かここで取り上げられていたと思い、今更ながら購入して聴いてみました。
寛いでいるのに不思議と華やかな雰囲気のある演奏ですね。
良くも悪くも、ピアノが余り主導権を握らないスタイルが面白い!

Re: タイトルなし

小鳥遊さん、コメントありがとうございます。

私も久々に取り出して聴き直してみました。最近ピアノトリオのアルバムをいろいろ聴いているので、このアルバムの印象が薄れかけていました。確かに華やかさを感じる演奏で、リズムは少し重めなところがありますが、逆に音楽の歩みがしっとりとしていて、これもまたいいものですね。珍しくヴァイオリンがかなりの存在感で、リードしている演奏になってます。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールドビュッシーラヴェルストラヴィンスキーピアノ三重奏曲ミューザ川崎協奏交響曲LPオーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:39ブルックナーマーラーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉告別交響曲90番交響曲97番奇跡アレルヤ交響曲99番交響曲18番弦楽四重奏曲Op.64ひばりフルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネモーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者驚愕小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲19番古楽器交響曲全集交響曲81番交響曲80番マリア・テレジア交響曲21番豚の去勢にゃ8人がかりクラヴィコード騎士オルランド無人島Blu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲10番交響曲9番交響曲12番交響曲11番ロンドン太鼓連打交響曲4番交響曲2番交響曲15番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ライヒャドニぜッティロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4タリスモンテヴェルディパレストリーナバードアレグリすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードモテットドイツ国歌オフェトリウムカノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
159位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
12位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ