【番外】冬の長野諏訪紀行-1

先週末の3連休の中日12日は、早起きして温泉でも行ってみようということに。3連休で渋滞も予想されたので、朝の交通情報次第で行き先は適当に決めるという、いつもながらゆるい計画です。

朝5時に起きて早速ネットで渋滞情報を見ると、関越方面はすでに渋滞がはじまっていました。スキー目当てでしょうか。国土交通省のホームページで国道の積雪情報を確認すると群馬の草津や長野あたりも冬タイヤでなくても大丈夫そうです。

ということで、伊豆、千葉、群馬、長野などのなかから、やはり長野方面にしてみようと言う流れになり、正月ということでうことで母親に「善光寺でも行ってみるか?」と声を掛けると、「行く(笑)」とまんざらではなさそう。ということで、行き先は長野方面に決定。諏訪や志賀高原などは最近遊びにいっていますが、善光寺はどうやら行った事がなかったようで、企画がヒットした模様です。



家を出たのが朝6時半くらい。いつも通りコンビニでおにぎりを買い込み、調布インターから中央高速に乗ります。関越の渋滞とは異なり、中央高速は渋滞もなくスイスイスムーズに流れました。途中、小仏トンネルを超えてしばらくすると、真っ白に雪化粧した富士山が見え始めます。青空に富士の白嶺は映えますね。近くで見る富士山の存在感は圧倒的です。母親もなぜか富士山を見ると霊験あらたかな心境になるよう。

IMG_6599.jpg

勝沼を越えて甲府のすぐ手前、境川パーキングエリアで休憩します。ここまでは道が空いていたので1時間ほど。

IMG_6600.jpg

車を降りると朝早いせいか、流石に寒い。寒さに凍える嫁さんではなく、後ろの空と山に露出を合わせた一枚(笑)
人もまばらなパーキングエリアでしばしのんびりします。

ちょっぴりリラックスして、コーヒーなどを買い込んで、出発。甲府盆地に入ると今度は富士山ではなく南アルプスが遠くに輝くようになります。昔登った北岳、鳳凰三山などがクッキリ青空に浮かびます。甲府盆地を横切りしばらくすると、今度は正面に雪を頂いた八ヶ岳の美しいシルエットがが見えるようになります。冬の晴天の中央高速は山岳パノラマを楽しむようで気分がいいですね。

八ヶ岳の麓まで来ると高速の路肩まで雪が溜まっているにが目立つようになります。数日前に降ったものでしょうか。今日は長野をめざしますので、諏訪の温泉に行く時にいつも降りる諏訪南インターを通過して、中央道から離れ、長野自動車道を北上しますが、諏訪から長野はまだ100km近くあるんですね。ここまで来て、長野の遠さを実感、ただし善光寺参りと宣言しておりますので、気合いでハンドルを握ります(笑)

松本を超えてしばらく北上すると、途中で天気が変わりもやが立ち込めます。雪なら引き返えさらざるを得ませんが、幸いいくつ目かのトンネルを抜けると青空が戻りました。

約3時間のドライブで長野インターに到着し、コンビニで情報収集。まずは長野の地元ガイド、ガイドのとらを探しますが、ガイドのとらシリーズのみた事のない特集本がありましたので早速ゲット。

IMG_6685.jpg

地元紙なので情報は信頼していますが、これがこの日の昼食に役立ちました。

コンビニを出て、善光寺を目指します。インターから15分くらいでしょうか、カーナビの指示どうりに進むと善光寺に到着。時間は10時少し前ということで、善光寺の駐車場もまだ満車にはなってませんでした。

本堂の裏の第1駐車場に車を停め、正面に出ようとすると横から見ても巨大な本堂の迫力が伝わります。以前にも何回か来たことがありますが、かなり昔のことで記憶もあいまい。正面からのアプローチとは違ったスケール感が新鮮です。

IMG_6606.jpg

正面にまわって本堂の威容をパチリ。

IMG_6605.jpg

少し寄ってパチリ。大屋根のパースペクティヴが強調されて、凄い迫力。

IMG_6604.jpg

ちょっと上に振って、空と屋根の見事なコントラストをパチリ。

IMG_6607.jpg

そして正面の唐破風と入母屋破風の重なりの妙をパチリ。この巨大な屋根の優美な曲線による造形だけでも善光寺の存在感が際立ちますね。

さて、人の流れに沿って本堂に入ると流石に広い。まだ並ぶほどではありませんでしたが、すぐに「びんずる尊者」なる、皆に触られてツルツルになった像が目に入ります。調べてみると、釈迦の弟子、十六羅漢の一人で、撫で仏といわれて、病人が自らの患部と同じところを触れることでその神通力にあやかり治していただくという信仰があるそう。実家に引っ越してから酒量が増えたので、肝臓をなでてくるべきでしたか、、、

混み合っていたのでお賽銭を投げ、家族の健康などを祈って、本堂をあとにします。

帰って調べてみると、善光寺は創建644年、絶対秘仏の一光三尊阿弥陀如来を本尊とする無宗派の単立寺院とのこと。日本において仏教に宗派が生まれる前からの寺院ということで、無宗派であり天台宗、浄土宗などの社寺がつらなっているとのこと。間口は約24m、奥行き約54m、高さ約26mという国内有数の大規模な木造建築で、上から見ると、T字型の棟の形が鐘を叩く撞木(しゅもく)に似ていることから「撞木造り」と呼ばれています。現在の本堂はは宝永四年(1707年)の再建で、江戸時代中期を代表する仏教建築として国宝に指定されているそう。

あんまり事前に調べて行く性分ではないので、行って凄さを知ってから調べます。やはり木造建築の技術は素晴しいものがありますね。



さて、ひととおり善光寺参りをすませましたが、実は私には善光寺に来たならみておきたいものがありました。境内横の公演に建つ、信濃美術館の東山魁夷館です。

IMG_6635.jpg

小規模な美術館建築の傑作として知られた建物。東山魁夷は以前唐招提寺の襖絵が完成した記念の展覧会に母親と行った覚えがあり、母親も興味がありそうでしたので幸い、見学となりました。

IMG_6637.jpg

設計は谷口吉生。世界的にはニューヨーク近代美術館MOMA新館の設計者として知られ、日本では葛西臨海水族園や酒田の土門拳記念館などで知られた人。モダンな設計ながらエッセンスには和のテイストを色濃く感じる端正な建物を設計する人。

IMG_6639.jpg

学生時代に発表された酒田の土門拳記念館は雑誌の図面をみて、かなり衝撃を受けました。コンクリートの建物なのに動線設計には桂離宮のようなつぎつぎと変化が訪れる巧みなもの。角をまがるごとに驚きをさそう視線、空間の変化があり、来場者を飽きさせません。すぐに訪問し、じつはエントランスを流れる水の音が誘いになった設計に築き感嘆したものです。土門拳記念館が出来たのが1983年。この東山魁夷館も1990年ということで、24年も経ってはじめて足を踏み入れることになりました。

IMG_6619.jpg

やはり端正な空間というのが率直な印象。土門拳記念館よりも空間の変化は少なめですが、よりシャープで洗練された空間でした。桂離宮的雁行配置もあり、モダンな設計ですが、やはり和のエッセンスが込められているのがわかります。

IMG_6625.jpg

休日にもかかわらず、人も少なく、見学する側としては理想的。東山魁夷の別の意味で端正な絵と建物が響き合うように感じられました。

IMG_6631.jpg

1時間ほどのんびり見学して、時間はお昼近くなってきました。のんびり歩きながら駐車場に戻ります。



もちろん、お腹もいい具合に減ってきています。いつもだと諏訪の山猫亭で新蕎麦などをいただくのが常ですが、諏訪まではここから1時間ほど高速に乗らなくてはなりません。折角なので先程ゲットした「信州めん麺メン」なる本を紐解き、長野近辺で上手そうな蕎麦屋を探します。すると、インターへ行く途上にいい雰囲気の店が見つかりました。

(つづく)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

時計ロンドン太鼓連打交響曲102番交響曲99番軍隊交響曲95番交響曲93番交響曲98番交響曲97番驚愕奇跡ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:37フルート三重奏曲古楽器LPオーボエ協奏曲ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:48ディヴェルティメント弦楽三重奏曲皇帝ひばりピアノ協奏曲XVIII:3ピアノソナタXVI:20ストラヴィンスキーシェーンベルクミューザ川崎東京芸術劇場マーラーチェロ協奏曲東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:46ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:318人のへぼ仕立屋に違いないタリスモンテヴェルディパレストリーナアレグリ東京オペラシティバード天地創造すみだトリフォニーホールライヴ録音ピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ヒストリカル交響曲1番告別美人奏者ピアノソナタXVI:39四季交響曲70番交響曲12番迂闊者アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲SACDスコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルトベートーヴェンモーツァルトピアノソナタXVI:38哲学者交響曲67番交響曲80番ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1リヒャルト・シュトラウス騎士弦楽四重奏曲Op.74交響曲17番ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲42番交響曲4番無人島ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲86番交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:10リュートピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲79番交響曲78番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌カノンモテットオフェトリウムスタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲18番交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生ピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲107番交響曲62番交響曲108番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲2番交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
8位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ