ハイティンク/クリーヴランド管 交響曲86番1976年ライヴ(ハイドン)

最近ディスクユニオンで手に入れたCD-R。

Hitink86_1976.jpg

ベルナルド・ハイティンク(Bernard Haitink)指揮のクリーヴランド管弦楽団(Cleveland Orchestra)の演奏で、ハイドンの交響曲86番、マーラーの交響曲9番!の2曲を収めたCD-R、ハイドンの収録は1976年2月27日、クリーヴランド管の本拠地、セヴェランスホールでのライヴとありますが、裏面では何と2月11日とあります。どちらが本当かわかりません。レーベルははじめて手にする米Don Industrialeとしゃれた名前のCD-Rレーベル。

ハイティンクはハイドンの録音をほとんど残していませんが、おそらく専属契約だったPHILIPSではネヴィル・マリナーとコリン・ディヴィスの録音が大量にあり、レパートリーが重なっていたからでしょう。ただし、コンサートのライヴを記録したCD-Rはいろいろリリースされており、コンサートではハイドンをよく取りあげていた可能性があります。当ブログでも見かける度に手に入れたり借りたりしてレビューしています。

2011/07/21 : ハイドン–交響曲 : ベルナルド・ハイティンク/ベルリンフィルの95番ライヴ
2011/06/28 : ハイドン–交響曲 : ハイティンク/ドレスデン・シュターツカペレの86番ライヴ!
2011/05/12 : ハイドン–交響曲 : ベルナルド・ハイティンク/ウィーンフィルの時計ライヴ

これまで、取りあげた演奏は1989年が最も古く、あとは2000年代に入ってからのもの。今日取り上げる86番は1976年でしかもアメリカのオケということで、ハイティンクの若々しい指揮振りが聴かれるかどうかといったところがポイントでしょう。

以前の記事でもハイティンクの略歴などにふれていなかったため、少し調べてみましょう。

1929年、オランダ、アムステルダム生まれの指揮者。アムステルダム音楽院で学び、最初はヴァイオリニストとしてオーケストラに加わっていたが、1954年から55年にかけてフェルディナント・ライトナーに師事し指揮を学んだそう。デビューは1954年、オランダ放送組合管弦楽団(現オランダ放送フィル)のコンサートで、1955年には副指揮者、1957年には首席指揮者となりました。そして、その後長年つれそうことになるアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の指揮をはじめてまかされたのがジュリーニの代役として1956年のこと。その後1959年にエドゥアルト・ファン・ベイヌムの急死により、名門アムステルダム・コンセルトヘボウの第1指揮者に名をつらね、1961年には首席指揮者となりました。このときハイティンク32歳ということで異例の大抜擢でしょう。コンセルトヘボウとは1988年まで、その後1967年から79年までロンドンフィルの首席指揮者、1978年から88年までグラインドボーン音楽祭の音楽監督、1987年から2002年までロイヤル・オペラ・ハウスの音楽監督など著名なポストを歴任しました。2006年からはシカゴ交響楽団の首席指揮者を務めています。

このアルバムの演奏当時はアムステルダム・コンセルトヘボウ管の首席指揮者時代。一方オケのクリーヴランド管は黄金期を築いたセルが1970年に亡くなり、1972年からはマゼール時代に入り、第二の繁栄期でした。アメリカでも指折りのオケに実力派ハイティンクが客演した期待のコンサートということでしょう。

Hob.I:86 / Symphony No.86 [D] (1786)
録音はそこそこ鮮明ですが、時代なりの粗さもあります。テープヒスノイズがちょっと目立ちますでしょうか。会場の物音も程よく聴こえる臨場感を感じる録音。冒頭からハイティンクらしい筋骨隆々とした演奏。音楽の骨格をきっちり描くハイティンクならでは引き締まった音楽。オケの隅々までハイティンクのコントロールが行き届いて、音のキレは抜群。弦楽器陣のボウイングが全員きれいにそろって、統率が行き届いています。音量を上げると引き締まったリズムの刻みが痛快。巨木から鋭い鉈で彫像が一気に掘り出される瞬間を見るよう。背筋がピンと伸びる緊張感が漲ります。鉈を次々に打ち込み、彫像があらわになります。見事すぎる1楽章。50歳を前にした全盛期のハイティンクの覇気がスピーカーから伝わってきます。
つづくラルゴは緊張感を保ちながら、引き締まった音楽が続きます。ゆったりとした雰囲気はなく、一音一音に緊張感が漲ります。音量をかなり緻密にコントロールして、ダイナミクスは抑えながら、それでもなぜか彫りの深い険しい表情をつくっていきます。テンポは落としているのに、ゆったりとした音楽とは対極にある緊張感。
楽章間の咳払いと調弦のようすが、会場の緊張感をつたえます。
メヌエットもハイティンクらしい、純音楽的なもの。よく鍛えられたオケが楔を打つように音を刻んでいきます。この響きの純度の高さこそがハイティンクのもとめる音楽の骨格なんでしょう。
やはりクライマックスはフィナーレにありました。これまでの演奏も筋骨隆々としたものでしたが、フィナーレは力感が2段上がり、水際立った迫力で音塊が飛んできます。徐々にドライブがかかり、荒々しいほどのエネルギーが噴出。ハイティンクはここでも冷静沈着にオケをコントロールして、オケが乱れることもありません。クライマックスに向けて、オケは恐ろしいばかりの覚醒したようなキレを聴かせます。最後はまだ力感を増す余地があったかと驚くほどエネルギーが集中。恍惚とするほどのクライマックス。ブラヴォー!

やはりハイティンクはオケを鳴らすツボを押さえていますね。華やかさはないのですが、聴くものをグイグイと引き込む迫力ある響きを巧みに造っていきます。特にこの86番はハイティンクも得意としていたのでしょう、ハイティンクの芸風がビシッと決まる曲です。以前取りあげたドレスデン・シュターツカペレとの2004年のライヴもよかったんですが、このクリーヴランド管との76年のライヴはそれを上回る純粋な力感が楽しめます。いやいや、こうゆう86番を聴いてしまうと、古楽器や最近のオケは力感では太刀打ちできませんね。もちろん評価は[+++++]です。

ハイティンクには「悲しみ」のライヴもあるようなので、気長に探してみたいと思います。

なお、このアルバムの後半以降はマーラーの9番。これもまた鬼気迫るスゴイ演奏です。アルバムのメインはマーラーですよね、普通(笑)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲86番 ライヴ録音 CD-R

コメントの投稿

非公開コメント

ハイティンク の 『 天地創造 』の放送

  今日は。!
 たまたま、ハイティンク 繋がりなのですが、明日( 22日 水曜日 )の、夜 七時半 から、NHK―FM で、ハイティンク 指揮 『 天地創造 』が、放送されるそうです。
 既に、御存知でいらっしゃいましたなら、御許し下さい。

Re: ハイティンク の 『 天地創造 』の放送

SOSさん、コメントありがとうございます。
な、なんという情報。昔はFM放送が貴重な情報源で、FM fanなる雑誌まで買っていましたが、FM放送から遠ざかって、今はドライブで気が向いた時にJ-waveを流し聴きする程度になってしまいました。慌ててFM放送を聴く手段を探したところiPhoneで「らじる★らじる」というNHKのアプリがあることがわかりました、、、が問題は明日の夜は仕事で飲み。なんとか録音する手段はないかと調べています。どちらにしても最新のハイティンクの天地創造が聴けるとは驚きです。なんとか聴きたいものですね。

No title

こんばんは

ハイティンクの86番、クリーヴランドO、と聞いてしまうと、じっとしていられませんね(笑)
ライブ録音が複数あるだけに、ハイティンクも86番好きなんでしょうね。

Re: No title

michaelさん、コメントありがとうございます。
まさにそのとおり。ディスクユニオンの店頭でみつけたときには、ちょっと過呼吸になりました(笑)
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

古楽器ラメンタチオーネアレルヤ交響曲3番交響曲79番チェロ協奏曲1番オックスフォード驚愕交響曲88番交響曲19番交響曲58番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲80番交響曲全集交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲12番交響曲11番交響曲10番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4バードタリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ