【新着】リチャード・エガー/AAMの「受難」(ハイドン)

今日は新着アルバム。

EgarrAAM.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

リチャード・エガー(Richard Egarr)指揮のエンシェント室内管弦楽団(Academy of Ancient Music)の演奏で、ヘンデルのオラトリオ「サウル」からシンフォニア、F.X.リヒターのグランド・シンフォニー第7番、シュターミッツのシンフォニア第4番、モーツァルトの交響曲第1番、そしてハイドンの交響曲第49番「受難」の5曲を収めたアルバム。収録は2011年9月21日から23日、ロンドンの聖ユダ・オン・ザ・ヒル教会(St Jude-on-the-Hill)でのセッション録音。レーベルはAAMとオケの自主世作レーベル。

エンシェント室内管弦楽団AAMといえば、ハイドンに造詣の深い皆様は良くご存知のとおり、クリストファー・ホグウッドと組んで古楽器演奏の草創期を代表するオケ。今回調べてみると、設立は1973年、やはりホグウッドが18世紀から19世紀の音楽を当時の楽器で演奏するために創設したオーケストラ。L'OISEAU-LYREレーベルからリリースされたモーツァルトやハイドン、バロック期の繊細、典雅な録音の数々は多くの人が耳にしたと思います。ホグウッドの監督のもと、1996年からはオーボエ奏者のポール・グッドウィンが副指揮者、ヴァイオリン奏者のアンドルー・マンゼが副音楽監督となっていたそうですが、この時期の録音が少ないため、日本ではホグウッドのイメージが強いでしょう。2006年からはこのアルバムの指揮を担当するリチャード・エガーが音楽監督に就任し、ホグウッドは名誉音楽監督になっているとのこと。

リチャード・エガーはイギリス生まれの鍵盤楽器奏者、指揮者。鍵盤楽器はハープシコード、フォルテピアノ、現代ピアノとなんでもこなします。少年合唱から音楽を学び始め、ヨーク・ミンスター、マンチェスター、ケンブリッジなど各所で学び、古楽はグスタフ・レオンハルトに師事しました。上で紹介したように2006年にホグウッドの創設したエンシェント室内管弦楽団の音楽監督に就任しています。それまで、ハイドン&ヘンデル・ソサイアティー、ターフェル・ムジークなどにも客演し、また現代オケもいろいろ振っているそう。

今日取り上げるアルバムのタイトルは「交響曲の誕生(Birth of the Symphony)」。ヘンデルのシンフォニアに聴かれる交響曲の萌芽から、徐々に交響曲の形式が定まり、ハイドンの名交響曲「受難」で締めるという構成。聴いていると、まさに時代の大きな流れを俯瞰しているように感じる見事な企画。ハイドンに至るまでのエガーのコントロールは、まさに自然なソノリティが美しい古楽器オーケストラの演奏。ホグウッドやピノックなどによって開拓されてきた古楽器の演奏は、現代楽器のアンチテーゼたる、古楽器らしい響きを意図的に演出した演奏だったと気づかされました。そうと感じるほどに、このエガーの演奏は自然。ここに至って古楽器演奏は、時代のパースペクティブに素直に位置づけられる自然さを獲得したかのように感じる説得力があります。

ハイドンの直前に置かれたモーツァルトの1番(K.16)が想像を絶する素晴らしさ。ホグウッド盤、ピノック盤でも印象に残りましたが、古楽器ながら実に自然にフレーズが進み、音の重なりが織りなす感興が噴出。落ち着いたエガーの棒から生気が迸り出るよう。音量を上げて聴くと、まさに交響曲と言う形式がすぐ後の時代に高みに昇りつめるのを予感させるような迫力。堂々とした響きから音楽の力が伝わります。今まで聴いたモーツァルトの1番ではダントツの出来。モーツァルトの爽やかなメロディーに酔いしれます。

Hob.I:49 / Symphony No.49 "La passione" 「受難」 [f] (before 1768)
冒頭から感動的な響きが沁みます。実にしっとりとした序奏。ゆっくりゆっくりと朝日が昇るようすを眺めるようなさわやかな気分にさせられる入り。これ以上自然な表情をつくるのは難しいと思わせる完成度。描かれるメロディーラインとその間に全神経が集中。小規模なオケなのに、凄い厚みと迫力が宿っています。オケの鳴らしどころをわきまえた素晴しいデュナーミクのコントロール。現代楽器のような色濃い表情ながら、時折ハッとするようなノンヴィブラートのヴァイオリンの旋律の爽やかさにこの演奏が古楽器であることに気づかされます。
続く2楽章のアレグロ・ディ・モルトは、古楽器のキレと、押し寄せる現代楽器並みの迫力が両立して、聴くものを凛とさせる素晴しい攻め。本当の意味で楽器の区別を無用にするような説得力。この名旋律あふれる曲の真髄をとらえた迫真の演奏。手に汗握るとはこのことです。エガーの実に巧みなコントロールにオケが鮮やかに反応し、瞬時に畳み掛ける変化を聴かせます。
メヌエットは、シュトルム・ウント・ドラング期独特のほの暗い情感の濃さを落ち着いて描いていきます。柔らかな木管楽器群にとろけるようなホルンの音色が重なり、メロディーに潜む色を滲ませていきます。良く出汁の効いた吸い物をいただくような至福の心境。メロディーと響きが五感をフルに刺激しながら、超リラックス。分析的過ぎない録音もグッドです。
フィナーレに入ると、わずかにレガートを効かせるなどをしながら変化をつけますが、聴き所は図太いエネルギーを巧みにコントロールするアクセルワーク。速いパッセージをこなしながらめくるめくスペクタクルな演出。自然な力感に自然な感興、そして曲の素晴しさを堪能できるダイナミックさもあわせもつ演奏。このアルバムの締めに相応しい完璧な演奏でした。

古楽器演奏の礎を築いたエンシェント室内管の新たな時代を切り開くような素晴しい演奏。交響曲の誕生と題されたこのアルバムの企画も冴えており、演奏も文句なし。古楽器か現代楽器かというような議論を無意味にさせるような本質的な魅力をもつ演奏というのが偽らざるところ。真実はわかりませんが、ハイドンの時代から現代の演奏に至るまでの演奏スタイルの変遷の中には、現代に構築された、さも古楽器然とした演奏ではなく、このエガーのような自然な力感と音楽を演奏する悦びに満ちたダイナミックな演奏があったのではないかと思います。一聴すると才気に溢れる個性的な演奏ではありませんが、実に音楽的に練られた良い演奏。激、気に入りました。新世代の古楽器演奏として、ギィ・ヴァン・ワースとレザグレマンの演奏とともに要注目の演奏でしょう。評価はもちろん[+++++]です。

ここまで書けば、ハイドン好きな皆さんは素通りできませんね(笑)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 受難 古楽器

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ヒストリカル交響曲21番マリア・テレジアピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:52クラヴィコード古楽器豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島哲学者ラメンタチオーネチェロ協奏曲LP驚愕Blu-rayライヴ録音チェロ協奏曲1番モーツァルト交響曲86番東京オペラシティ十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲9番交響曲11番交響曲10番交響曲12番太鼓連打ロンドン交響曲4番交響曲2番交響曲15番交響曲18番交響曲1番交響曲37番ひばりSACD弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲99番交響曲102番時計軍隊交響曲97番交響曲93番奇跡交響曲95番交響曲98番ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:36フルート三重奏曲オーボエ協奏曲ドニぜッティロッシーニライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ミューザ川崎シェーンベルクストラヴィンスキーマーラー東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26モンテヴェルディアレグリバードタリスパレストリーナすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6告別美人奏者ピアノソナタXVI:39四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーベートーヴェンシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲67番交響曲80番ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲35番交響曲46番協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲弦楽四重奏曲Op.64日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士弦楽四重奏曲Op.74交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲42番ベルリンフィル交響曲19番ホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番王妃トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲79番交響曲81番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードオフェトリウムドイツ国歌モテットカノンスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生ピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲108番変わらぬまこと交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ