キリル・コンドラシン/北ドイツ放送響の「軍隊」ライヴ(ハイドン)

しばらく仕事が忙しく更新が滞っておりました。今日はCD-R。

Kondrashin100.jpg

キリル・コンドラシン(Kyrill Kondrashin)指揮の北ドイツ放送交響楽団(North German Radio Symphony Orchestra)の演奏で、ハイドンの交響曲100番「軍隊」、ヒンデミットの「気高い幻想」組曲、マーラーの交響曲1番「巨人」の3曲を収めた2枚組のCD-R。ハイドンの収録は1981年1月26日のライヴ。収録会場の表記はありません。レーベルはCD-Rでは良く取りあげるEn Larmes。

コンドラシンがハイドンを振っているとは知りませんでした。コンドラシンといえばロシア音楽を得意としており、聴いたことがあるのはシェエラザードくらい。ハイドンはともかく、モーツァルトやベートーヴェンまでふくめて、独墺系の音楽を振るイメージがありませんでしたので、このCD-Rをディスクユニオン店頭で発見したときには意外なという印象と、それでもコンドラシンの軍隊ならば、キリリと引き締まったタイトな響きが聴かれるだろうという期待もありました。

キリル・コンドラシンは1914年にロシアのモスクワ生まれの指揮者。家族はオーケストラの団員一家で、モスクワ音楽院で学び、1931年にはモスクワの青年劇場にて指揮をはじめ、1938年から42年までレニングラード歌劇場で研鑽を積み、1943年から56年までボリショイ劇場の常任指揮者として活躍しました。1958年に開催された第1回チャイコフスキーコンクールにて1等を獲ったヴァン・クライバーンの伴奏を担当し、コンクール後クライバーンとともにアメリカを演奏旅行し、冷戦後はじめてアメリカを訪問した指揮者となったそう。コンクールで演奏したラフマニノフの3番とチャイコフスキーのコンチェルトを演奏、録音。ミリオンセラーとなり世界的に知られるようになりました。1960年からはモスクワ・フィルの音楽監督となり、1975年まで務める間にショスタコーヴィチの交響曲4番、13番を初演しました。1978年にアムステルダムコンセルトヘボウに客演中、オランダに亡命し、コンセルトヘボウの常任客演指揮者に就任したそう。今日取り上げる演奏はまさに、その直後の1981年の録音です。ちなみにコンドラシンが亡くなったのはこの演奏の2ヶ月後の1981年3月、おそらくこのアルバムに収録されているマーラーの交響曲1番の演奏後、ホテルに戻ったあと心臓発作にて亡くなっています。ということで、このアルバムはコンドラシンの最晩年の貴重な録音ということになります。ハイドンも気になりますが、最後の録音たるマーラーも気になりますね。

Hob.I:100 / Symphony No.100 "Military" 「軍隊」 [G] (1793/4)
録音は悪くありません。81年相応といったところでしょうか。鮮明さはほどほどですが、低音から沸き上がる迫力はかなりのもの。オケが鳴り響く余韻も悪くありません。冒頭から落ち着いた表情ながら適度に粗さをともなったダイナミックかつ推進力ある演奏に引き込まれます。図太い響きを惜しげもなく披露。アクセルを吹かすと心地よくエンジンが吹き上がる様子が快感。さざ波のような軍隊独特のヴァイオリンパートのワクワク感が絶妙。表現巧者ぶりが伝わります。意外に表情に細かい変化をつけて実に豊かな音楽を造っていきます。想像したほどロシアっぽくない巧みな演奏。
続く2楽章アレグレットは、1楽章の勢いを保ったまま、すんなり入ります。予想通りアクセルに応じたオケの爆発が心地よく、淡々と爆発していきます。テンポが一貫しているので、ダイナミクスの変化に意識が集中します。気づいてみるとなかなかよく考えたアプローチ。この楽章では爆発は適度におさめて、コントロールの巧みさを保っています。
メヌエットに入ると、明るさと優雅さを感じさせながらも力感はかなりのもので、フィナーレに意識が向くように促しているよう。徐々にインテンポで斬り込むようになり、テンションも上がってきます。筋肉が温まって、黒光りしてきているよう。
フィナーレは居合いのような間とキレが交錯。すべてがコンドラシンのイメージ通りに進んでいるように、完璧にコントロールされています。オケのキレは最高。沸き上がるティンパニ、キレまくるヴァイオリン、地響きのようなグランカッサ。最後は怒濤の迫力で終わります。ライヴですが楽章間の雑音や拍手はカットされています。

非常にタイトな魅力に溢れた軍隊でした。コンドラシンはオケをギリギリと引き締め、引き締まった響きをつくる才能に溢れた人である事がいまさらながらわかりました。肝心のCDの2枚目に収められた巨人も素晴しい演奏。私は巨人もアバドのカミソリのようなキレ味が味わえるシカゴ響とのLPが刷り込み盤ですが、このコンドラシンの演奏は亡くなる日の演奏とは思えない瑞々しくフレッシュな感覚が支配した演奏。響きが立っているというか、緊張感が張りつめていると言うか、まったく緩むところがない素晴しい演奏。鮮度の高い響きにたいする天性の感覚をもっていたのでしょう。もしかしたらアバド盤より良いかもしれません。コンドラシンという人の音楽の真髄に触れた気がします。軍隊の評価は、やはり[+++++]をつけない訳にはいかないでしょう。

さて、今日は月末、、、

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 軍隊 ライヴ録音

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

ピアノソナタXVI:48マーラー東京芸術劇場ミューザ川崎チェロ協奏曲東京文化会館交響曲102番ロンドン軍隊古楽器時計フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op,20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀ひばり弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:468人のへぼ仕立屋に違いないピアノソナタXVI:37バードアレグリタリスパレストリーナモンテヴェルディ東京オペラシティ天地創造すみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ライヴ録音ストラヴィンスキーアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6交響曲1番告別交響曲97番ヒストリカルピアノソナタXVI:39美人奏者四季交響曲12番迂闊者交響曲70番太鼓連打ピアノ協奏曲XVIII:3アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲SACDスコットランド歌曲ディヴェルティメントヴェルナーガスマンモーツァルトシューベルトベートーヴェンLPピアノソナタXVI:38交響曲80番哲学者交響曲67番ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲51番交響曲35番協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲DVDピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナード皇帝ピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:36ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1リヒャルト・シュトラウス弦楽四重奏曲Op.74騎士弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:27ピアノソナタXVI:1シベリウス武満徹交響曲4番無人島交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲86番交響曲87番フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:29驚愕ピアノソナタXVI:10リュートピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲81番交響曲79番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードオフェトリウムモテットカノンドイツ国歌スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルクラヴィコードアダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35交響曲84番パリセットベルクブーレーズ交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲オーボエ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲18番交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタXVI:47bis音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番シェーンベルクリストピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:8ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番変わらぬまこと交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ