ヘルマン・バウマンのホルン三重奏曲(ハイドン)

今日はこのアルバム。懐かしいPHILIPSのアルバムです。

BaumannGQ.jpg
amazon

ヘルマン・バウマン(Hermann Baumann)のホルン、ゲヴァントハウス四重奏団(Gewandhaus-Quartett)の演奏で、モーツァルトのピアノ四重奏曲KV.407、ハイドンのホルン、ヴァイオリン、チェロのためのディヴェルティメントIV:5、ミヒャエル・ハイドンがモーツァルトのホルン協奏曲3番の2楽章を編曲したロマンス、ベートーヴェンの六重奏曲Op.81b、アントン・ライヒャのホルンと弦楽四重奏のための五重奏曲Op.106の5曲を収めたアルバム。収録は1992年1月、ライプツィヒのポール・ゲルハルト教会でのセッション録音。レーベルは今は亡きPHILIPSレーベル。

このアルバムは例によって、こちらの所有盤リストにないアルバムのうち、これぞという名演盤を貸していただく湖国JHさんから送り込まれた刺客(笑) 名手へルマン・バウマンによる難曲IV:5ということで、興味津々です。ヘルマン・バウマンの演奏は以前にホルン協奏曲を集めたアルバムを取りあげています。

2010/10/16 : ハイドン–協奏曲 : ヘルマン・バウマンのホルン協奏曲集

バウマンについては一度も略歴などを紹介していませんので、簡単に触れておきましょう。

ヘルマン・バウマンは1934年、ドイツのハンブルクに生まれたホルン奏者。なんと17歳まではジャズドラムと歌手の勉強をしていたそう。17歳でヴュルツブルク音楽学校に入り、以来12年に渡ってドルトムンドフィル、シュツットガルト放送響などで首席ホルン奏者を務めました。1964年にミュンヘンで開催されたARD国際コンクールで優勝し、その後はソロ活動などに転向。多くのレコーディング、コンサート等で活躍しています。教育者としてはエッセンのフォークワン音楽学校で30年に渡ってホルンを教えています。

バウマンのホルンは難しいホルンを軽々と安定感抜群に吹き抜いていく素晴しいテクニックが特徴。あまりに軽々と正確に吹くので、ホルンが簡単な楽器に思えてくるほど。

曲のIV:5にはそれほど多くの録音がある訳ではないんですが、これまでに2枚のアルバムを取りあげています。

2013/03/23 : ハイドン–室内楽曲 : アベッグ・トリオ20年ぶりのピアノ三重奏曲集
2012/07/15 : ハイドン–室内楽曲 : ライプツィヒ放送響ホルン四重奏団によるホルン三重奏曲など

難曲だけにテクニックの見せ所ということでしょう。えも言われぬ楽興にすいこまれそうな曲です。

Hob.IV:5 Divertimento à tre [flat] (1767)
ヴァイオリンはカール・スズケ(Karl Suske)、チェロはイェルンヤコブ・ティム(Jürnjakob Timm)。今回、これまでレビューで取りあげた2枚のアルバムをあらためて聴き直してみましたが、ホルンの安定度はバウマンの方が俄然上ですね。PHILIPS全盛期の空気感を感じる素晴しい録音。教会の空間の中に、ホルンと2本の弦楽器が鮮明に定位します。まったく溜めのない見事なリズムで吹いていくバウマン。そしてスズケのヴァイオリンと、ティムのチェロもしっかりとした存在感で、こちらも安定度抜群。リズムのキレも素晴しいものです。スズケのヴァイオリンは落ち着き払って、冷静沈着。なによりバウマンのホルンのあっけらかんと感じるほどのびのびとした旋律が圧倒的。この演奏だけ聴いている方は単純な曲だと思うでしょうが、他のアルバムを聴くと、この曲の難しさに気づくでしょう。テクニックはそれほど素晴しいものがあります。7分少々の短い曲ですが、ホルンのテクニックと室内楽の喜びに溢れた名曲でしょう。聴いているうちに圧倒的なバウマンのホルンに打ちのめされるよう。まるで簡単な練習曲でも弾くような軽さ。何気にスズケのヴァイオリンの音色の美しさにもうっとり。最後までホルンの超絶テクニックに圧倒される演奏。本当に凄いテクニックはテクニックを感じさせない自然さにあるのだと教えられるような演奏。これぞ神業と言うべきでしょう。

他の曲も同様、バウマンが軽々と吹くホルンの絶妙な音色に酔いしれる曲。やはり他の奏者とはレベルが違うと再認識した次第。素晴しい録音、素晴しい演奏、そして素晴しいアルバム企画と三拍子そろったPHILPS全盛期の名盤ということでしょう。PHILIPSにはこうした何気ないアルバムも宝石のような仕上がりのものが多く、全盛期はモーツァルトのアルバムを中心にずいぶん集めたものです。このアルバム、ハイドンの名曲IV:5のベスト盤です。評価は[+++++]に間違いなしです。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ホルン三重奏曲

コメントの投稿

非公開コメント

中古を注文しました。

カール・ズスケが加わってる、と言われたら、これは欲しいですね。他の曲も興味が湧きます。良いですね、こういうアルバム。

Re: 中古を注文しました。

戎棋夷説さん、コメントありがとうございます。
昔のPHILIPSには、こうゆう何気ない曲を集めて名手が録音する余裕がありましたね。えんじ色の横のラインが誇らしげです。録音も良く楽しめると思います。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

ピアノソナタXVI:48マーラー東京芸術劇場ミューザ川崎チェロ協奏曲東京文化会館交響曲102番ロンドン軍隊古楽器時計フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op,20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀ひばり弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:468人のへぼ仕立屋に違いないピアノソナタXVI:37バードアレグリタリスパレストリーナモンテヴェルディ東京オペラシティ天地創造すみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ライヴ録音ストラヴィンスキーアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6交響曲1番告別交響曲97番ヒストリカルピアノソナタXVI:39美人奏者四季交響曲12番迂闊者交響曲70番太鼓連打ピアノ協奏曲XVIII:3アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲SACDスコットランド歌曲ディヴェルティメントヴェルナーガスマンモーツァルトシューベルトベートーヴェンLPピアノソナタXVI:38交響曲80番哲学者交響曲67番ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲51番交響曲35番協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲DVDピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナード皇帝ピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:36ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1リヒャルト・シュトラウス弦楽四重奏曲Op.74騎士弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:27ピアノソナタXVI:1シベリウス武満徹交響曲4番無人島交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲86番交響曲87番フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:29驚愕ピアノソナタXVI:10リュートピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲81番交響曲79番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードオフェトリウムモテットカノンドイツ国歌スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルクラヴィコードアダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35交響曲84番パリセットベルクブーレーズ交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲オーボエ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲18番交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタXVI:47bis音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番シェーンベルクリストピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:8ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番変わらぬまこと交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
158位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ