ブダペスト室内響のヴァイオリン協奏曲、ピアノ協奏曲、迂闊者(ハイドン)

東京は天気予報通り昨夜から大雪。朝起きた時には5cmくらい積もっているだけだったんですが、夕方には2〜30cmになってます。久しぶりの大雪に、自宅でのんびりしております。

BudapestCO.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

イムレ・ローマン(Imre Rohmann)指揮のブダペスト室内交響楽団(Budapest Chamber Symphony)の演奏で、ハイドンのヴァイオリン協奏曲(Hob.VIIIa:3)、ピアノ協奏曲(XVIII:11)、交響曲60番「迂闊者」の3曲を収めたアルバム。ヴァイオリン独奏はクリストーフ・バラーティ(Kristóf Baráti)、ピアノ独奏は指揮のイムレ・ローマンです。収録は2007年9月、ハンガリアン・ラジオの22スタジオでのセッション録音。レーベルはハンガリーのBMC。

このアルバムは現役盤ですが、まだコレクションにないのを見越して湖国JHさんから貸していただいたもの。アルバムタイトルは「ヨゼフ・ハイドン2009年アニヴァーサリーアルバム」とあり、ハイドン没後200年の2009年にリリースされたものでしょう。レーベルのBMCは先日ヴェーグの凱旋公演ライヴというすばらしいアルバムが記憶に新しいところ。ハイドンの地元ハンガリーのレーベルですので、この記念アルバム素晴しく気合いの入った造り。音楽を聴く前から迫力を感じます。

2013/09/15 : ハイドン–交響曲 : ヴェーグ/カメラータ・アカデミカのブダペストライヴ

アルバムジャケットもヴェーグ盤同様凝った造りです。

指揮者でピアノ独奏を担当するイムレ・ローマンですが、以前に同じくハイドンのピアノ協奏曲(XVIII:11)のソロを担当したアルバムを一度取りあげています。

2013/06/24 : ハイドン–協奏曲 : イムレ・ローマン/ザルツブルク・モーツァルト・アンサンブルのピアノ協奏曲など

今日取り上げる演奏が2007年の録音、上の以前取りあげたアルバムは2003年の録音と、あまり間を置かずに2回録音しています。以前のアルバムはOVPP(One Voice Per Part)によるスッキリとした響きが特徴でした。イムレ・ローマンについては前記事をご参照ください。

ヴァイオリン協奏曲でヴァイオリンを弾くクリストーフ・バラーティは、1979年ブダペスト生まれのヴァイオリニスト。子供のころはヴェネズエラで過ごし、8歳のころヴェネズエラのマラカイボ交響楽団と演奏したとのこと。ヴァイオリンは母親から学びはじめ、その後カラカス、しそてブダペストのフランツ・リスト音楽アカデミーで学びました。1996年に開催されたジャック・ティボー・コンクールでストラディバディウス・ソサイアティのエドゥアルド・ウルフソン教授に見いだされ、以降はハンガリー及びヨーロッパで活躍しているそうです。

ハイドンの地元ハンガリーのレーベルによるハイドン没後200年を記念する特別なアルバム。その出来はどうでしょうか。

Hob.VIIa:3 / Violin Concerto "Merker Konzert" 「メルク協奏曲」 [A] (c.1765/70)
超鮮明な録音。スタジオでの録音らしい鮮明さ。残響も思ったほど少ない訳ではありません。この曲としてはテンポは遅めでしょう。オケはかなりシャープに伴奏を刻み、バラーティのヴァイオリンは切れ込み鋭いこちらもシャープなもの。ヴァイオリンの低音の分厚い響きと、浸透力の高い高音の澄み渡った響きがストラディヴァリウスらしいですね。ローマンのコントロールが優先しているのか、曲の流れよりも骨格をシャープに表現することを優先したような分析的な演奏スタイル。ただバラーティのヴァイオリンの美音によって響きの美しさも聴き所になっています。良く聴くとバラーティのヴァイオリンの響きの多彩さはかなりのもの。オケがどちらかというと辛口の表現なのに対し、ヴァイオリンは艶やかで色っぽさをもったものが、かえって緊張感を生んでいるよう。カデンツァはバラーティ自身のもので、ストラディヴァリウスの艶やかな美音を思う存分聴かせるもの。
続くアダージョに入ってもオケのテンションはあまりゆるまず、辛口のまま進みます。音量はソロが特に大きい訳ではないのですが、演奏のテンションでヴァイオリンがかなり前に打ってきています。
フィナーレはオケのキレが戻り、かなり分析的な表現も聴かせます。空気感を感じるほどキレのある少し長い伴奏にヴァイオリンソロが加わります。ヴァイオリンはもはや麻薬的に美音を轟かせ、現代音楽のようなエクスタシーを感じさせるほど。ハイドンのヴァイオリン協奏曲としてかなり個性的な演奏ですが、ちょうどクレーメルとアーノンクールによるモーツァルトのヴァイオリン協奏曲の演奏と似た立ち位置の演奏といえば伝わりますでしょうか。音楽表情は一貫してシャープなんですが、音楽の流れもそこそこ良く、個性的な名演奏です。

Hob.XVIII:11 / Concerto per il clavicembalo(l'fortepiano) [D] (1784)
こちらも録音は超鮮明。テイストは同じ印象ながら、ヴァイオリン協奏曲よりも自然な流れに修正してきました。ローマンのピアノはやはり分析的な思考が現れて、クリアそのもの。タッチも鮮明で一音一音が光り輝いています。このスタイルが伝統的な演奏の印象をはぎ取り、現代風のイメージを構成しているようですね。音楽の流れは前曲同様特に悪いところはなく、まるでジャズのセッションのようにスリリング。驚くのが1楽章のカデンツァ。これはローマンのものであるとのことですが、かなり音数の多い、しかも現代風のカデンツァ。聴き慣れたこの曲が、実に新鮮に聴こえます。
2楽章は予想通りしなやかな表情が加わり、ローマンのピアノも主旋律をクッキリと強調してキリリとメリハリの効いた音楽をつくってゆきます。音楽が華やかで、現代風の涼やかさも加わり、非常に新鮮な響き。
フィナーレは予想通りオケがキレキレ。テンポが急くことはなく、鋭い響きで落ち着いた進行。どこまでもクリアでシャープな響きを徹底しようとするローマンの意図が伝わります。最後までキレ味は最高。

Hob.I:60 / Symphony No.60 "Il disrratto" 「迂闊者」 [C] (before 1774)
前2曲を聴いて、どうして迂闊者をこのアルバムにもってきたのか、何となくわかりました。イムレ・ローマンのコントロールするオーケストラのキレ味抜群の響きに最も合いそうなのがこの迂闊者であろうと想像がつきます。
この曲はシュトルム・ウント・ドラング期直後の1774年にエステルハーザで、ジャン・フランソワ・ルニャール作の「迂闊者」という戯曲を上演した際の劇付随音楽(XXX:3)と幕間音楽を交響曲に仕立てたもの。まさに劇中音楽のような劇的な音楽で、ハイドンの交響曲中唯一の6楽章構成の曲。作曲当時はハイドンのユーモア溢れる曲想が人気を集めたとのこと。
予想通り冒頭から鮮度の高いオケの響き炸裂。ローマンのキレ味鋭いコントロールがもっとも合った曲。機知に富んだ旋律をスリリングに奏で、しかも鋭い響きが錠に流される事なくアーティスティックに響き渡り、この交響曲の面白さを際立たせています。アーノンクールより響き自体にこだわらず、音楽的な変化の面白さも表現しきっているあたりは流石なところ。協奏曲ではかなりタイトに攻め込んでいましたが、この曲のメヌエットでは、穏やかな表情もきちんとこなして、楽章間のメリハリを効かせています。交響曲では楽章間の変化や間の取り方が曲の締まりに大きく影響することを踏まえて、表現の幅を一段と大きく取っているようです。
普通の交響曲のような前半4楽章とこの曲の聴き所の5楽章ののアダージョと6楽章のフィナーレの描き分けも見事。5楽章は可憐なヴァイオリンソロを引き立てる静けさ表現、そして6楽章はまさにオペラの一場面のようなユーモラスな情景描写。有名なチューニングの場面はかなり抑えた表現でハッとさせられます。最後は純音楽的な透明感ある響きでどんちゃん騒ぎをまとめるような上手い捌きで終えます。

イムレ・ローマン指揮のブダペスト室内交響楽団の演奏による、ハイドン没後200年を記念したアルバム。ハンガリーのオーケストラの素晴しい響きを思い知らせるような素晴しい出来でした。2009年にはハイドンのアニヴァーサリーに合わせて多くのアルバムがリリースされましたが、このアルバムはその中でもきらりと光る存在でしょう。イムレ・ローマンのキリリと引き締まった個性的な解釈によって、ハイドンの2つの協奏曲と迂闊者というユニークな交響曲が新鮮な姿で蘇るような演奏でした。評価は3曲とも[+++++]とします。このアルバム、録音も秀逸でハイドンの名曲を最上の響きで楽しめる名盤でしょう。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ヴァイオリン協奏曲 ピアノ協奏曲XVIII:11 迂闊者

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ブルックナーマーラーサントリーホールヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉LP交響曲97番告別交響曲90番交響曲18番アレルヤ交響曲99番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番交響曲86番ラメンタチオーネモーツァルトヴァイオリン協奏曲ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:32ベートーヴェン驚愕哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹SACDライヴ録音チェロ協奏曲交響曲80番交響曲81番交響曲19番交響曲全集古楽器交響曲21番マリア・テレジアピアノソナタXVI:20クラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲10番交響曲12番交響曲9番交響曲11番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:4天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:7ドニぜッティライヒャオーボエ協奏曲ロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ストラヴィンスキーミューザ川崎シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26タリスモンテヴェルディアレグリバードパレストリーナすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:39美人奏者四季迂闊者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番協奏交響曲DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノ三重奏曲日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードカノンドイツ国歌モテットオフェトリウムスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番変わらぬまこと交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
9位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ