ポール・トルトゥリエのチェロ協奏曲集(ハイドン)

3月最初のアルバムはチェロ協奏曲のコレクションの穴だったトルトゥリエ盤。ようやくマランツの臨時システムの音にも慣れてきました。

Tortelier.jpg
amazon

ポール・トルトゥリエ(Paul Tortelier)のチェロ、イェルク・フェルバー(Jörg Faerber)指揮のヴュルテンベルク室内管弦楽団(Würtemberg Chamber Orchestra)の演奏で、ハイドンのチェロ協奏曲2番、1番の2曲を収めたアルバム。収録は1981年7月6日から8日にかけて、ドイツのシュツットガルトの北の街、ハイルブロン(Heilbron)の聖十字架教会でのセッション録音。

このアルバムは国内盤。ディスクユニオンで仕入れました。トルトゥリエは有名なチェリストですが、ハイドンのチェロ協奏曲のアルバムが手元にない事は、このアルバムを店頭で見かけて、所有盤リストを確認するまで気づいておりませんでした。

ポール・トルトゥリエは1914年、パリに生まれたフランスのチェリスト。パリ音楽院で学び、1930年に1等で卒業。卒業後すぐにパリでリサイタルデビュー。その後パリ音楽院作曲家で再び学び1935年に卒業。すぐにモンテカルロ歌劇場管弦楽団の首席チェロ奏者となり、1937年からはボストン交響楽団、1939年からはパリ音楽院管弦楽団の首席チェロ奏者を歴任しました。1947年からはソリストとして活動を開始し、ビーチャム指揮のロイヤルフィルとの共演でイギリスにデビュー。リヒャルト・シュトラウスの「ドン・キホーテ」をEMIに録音し、これがデビュー盤となりました。1950年以降はカザルスが開催していたプラド音楽祭に毎年出演するなど奏者として活躍。1957年からはパリ音楽院のチェロ科の教授に就任。1956年からはイスラエルフィルを振って指揮者としての活動も開始し、コンセール・ラムルー管弦楽団、イギリス室内管弦楽団などに客演したとのこと。1971年からはパリを離れ、ドイツ、エッセンのフォルクヴァンク音楽院の教授に就任。亡くなったのは1990年、76歳ということです。素晴しいテクニックを持ちながら、それに頼ることなく、内省的に彫りの深い音楽を奏でたチェリストとして知られた人でした。

指揮を担当するイェルク・フェルバーは手元にもいろいろアルバムがあり、有名なところではアルゲリッチがDGに入れたピアノ協奏曲の伴奏を担当しています。1929年、シュツットガルト生まれの指揮者。シュツットガルトで作曲と指揮を学び、ハイルブロン歌劇場、シュツットガルト・オペレッタ音楽祭の音楽監督などを歴任し、1960年、このアルバムのオケであるヴュルテンベルク室内管弦楽団を創設、音楽監督として活躍しています。

Hob.VIIb:2 / Cello Concerto No.2 [D] (1783)
なぜか2番が先に収録されていますが、この曲の出来の良さを最初に聴いてほしいということでしょうか。オケはゆったりと序奏を奏でていきますが、豊かなニュアンスを帯びながらも手堅い仕上がり。トルトゥリエのチェロはリズムに素直に反応しながらキリリとあわせていきますが、最初から練りのある独特の詩情を帯びています。こちらもニュアンスは豊かで、引きずるような独特の弓さばきが奏者の円熟を物語ります。トルトゥリエはこの録音当時67歳くらい。いい意味で枯れた表情もあり、独特の香り高い音楽になっています。高音域の音程が妙に上がりきらないのがまたいい雰囲気を醸し出します。奏者の心情は淀みなく、弓さばきにはちょっと引っかかりがあって、それが味わいになっているよう。オケは一貫したサポートで音楽に張りを与えています。この伴奏とトルトゥリエのしなやかなソロの組み合わせがこの演奏の魅力になっています。両者の心情がピタリと合っています。カデンツァはしんみり語っていくような深い情感を帯びた長いもの。これぞトルトゥリエの真骨頂。色彩感豊かなオケが迎えに出て素晴しい1楽章を結びます。
続くアダージョは、オケが実にしなやかにトルトゥリエを引き立てる訳に徹し、トルトゥリエもそれに応えるように、穏やかながら味わい深いチェロの美音を轟かせます。フルニエほど個性的なボウイングではなく、オーソドックスな弓さばきながらフランス人らしい、華やかなニュアンスと老練さで濃い音楽を造っていきます。カデンツァは天上の平原に吹く微風のような優しさ。トルトゥリエのチェロの素晴しさを思い知らされます。
フィナーレもしなやかな表情が続きます。独特の回想シーンのような音楽をじっくりと奏で、トルトゥリエのチェロとフェルバーのコントロールするオケが渾然一体となって音楽を造っていきます。奏者の力みは皆無で、全奏者の意識が一つにまとまり、ハイドンの書いたメロディーラインをなぞっていきます。落ち着き払ったなかに豊かなニュアンスが漂う大人の音楽。フィナーレのカデンツァはちょっと現代風に踏み込んだもの。美しいハイドンの音楽に最後に緊張をもたらしました。良く聴くとホルンや木管陣の美しい音色も素晴しい響きをつくっています。いやいや、これは名演奏です。

Hob.VIIb:1 / Cello Concerto No.1 [C] (1765-7)
つづいてハ長調。鮮度の高さで聴かせる演奏が多い中、こちらは冒頭から燻し銀の響きで、いきなり熟れた音楽から入ります。やはり堅実かつ鮮明なオーケストラの響きに耳を奪われます。鮮明といっても音の感触のみで、音楽は実にしなやか。おそらくフェルバーの意識は、各パートを豊かに響かせながらも、メロディーラインの肌触りの良さを聴かせたいというところにあるように感じます。トルトゥリエのチェロは相変わらずリズムに乗りながらも、色濃いニュアンスを残していきます。1番をフレッシュに響かせるのではなく、2番と同時代の熟れた音楽として聴かせようとしているようです。音楽は意図通りに響き、進むにつれて、美しい響きに引き込まれていきます。1番独特の華やかさが、艶っぽさに変わり、熟れた芳香を感じる仕上がり。やはりカデンツァはトルトゥリエの名人芸に圧倒されます。
アダージョはトルトゥリエのチェロの穏やかに枯れた美音が美しいオケの響きと溶け合う絶妙な楽章。音楽が魂に昇華したような素晴しく深い表現。穏やかな心境から光明が見えました。ソロからカデンツァへの自然な入り。カデンツァが特別なものではなく、ソロからの一貫した流れで聴かせるという奇跡的な瞬間。
フィナーレは、曲の最後に相応しいフォーマルな印象。最後にキリリと引き締まった表情に戻し、音楽にメリハリをつけるあたり、流石の構成です。寄せては返す波のような表現の部分は、ひとつひとつの波の音楽が独立しているようなキレの良さ。トルトゥリエのチェロの冴え渡る弓さばき。

トルトゥリエはバッハの無伴奏を聴いていいなと思っていた人ですが、ハイドンがここまで素晴しいとは予想していませんでした。鳴きの美しさで聴かせる演奏は多いんですが、トルトゥリエのチェロはカッチリとリズムに乗りながらもそこここに味わい深い表現があり、しかも全体の音楽の構成が実に深く、個性的な演奏。チェロと言う楽器の奥行きの深さを垣間みた感じです。伴奏のフェルバー/ヴュルテンベルク管も万全。完璧なサポートでトルトゥリエを引き立てます。名盤目白押しのチェロ協奏曲ですが、また一枚、素晴しいアルバムに出会いました。評価はもちろん[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : チェロ協奏曲

コメントの投稿

非公開コメント

ハイドン の演奏会

  今日は。!
 トルトゥリエ とは、直接、関係がないのですが、来る、三月 22日( 土 )の 午後 2時から、東京オペラ・シティ コンサート・ホール で、ユベール・スダーン 指揮 による、オール ハイドン プログラム の演奏会があります。 
 曲目は、交響曲 第一番・第104番 と、ピアノ協奏曲 二曲 です。
 ハイドン の曲が、一曲入れられていることはあっても、オール ハイドン プログラム は、日本では珍しい、と思います。
 それから、ハイドン 繫がり( ? ) で言いますと、何と、同じ日の、同じ時刻から、紀尾井ホール
で、神戸市室内合奏団 と、神戸市混声合唱団 による、ミヒャエル・ハイドン の曲などの演奏会があります。
 曲目は、ミヒャエル・ハイドン の 交響曲 第25番( かつて、モーツァルト の 交響曲 第37番 と言われていたもの )と、彼の レクイエム、それに、モーツァルト の曲です。
 先づは、お知らせ迄。
 もし、もう既に、御存知の情報でしたら、御許し下さい。

Re: ハイドン の演奏会

SOSさん、貴重な情報ありがとうございます。
この日は歌舞伎のチケット取ってあったんですが、嫁さんの友人に譲って、行くことにしました。都響を聴いたのはおそらく30年以上前。ユベール・スダーンもはじめて聴く人なので楽しみです。
普段注意深くコンサート情報をチェックしている方ではありませんので、こうゆう情報は助かります。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ブルックナーマーラーサントリーホールヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉LP交響曲97番告別交響曲90番交響曲18番アレルヤ交響曲99番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番交響曲86番ラメンタチオーネモーツァルトヴァイオリン協奏曲ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:32ベートーヴェン驚愕哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹SACDライヴ録音チェロ協奏曲交響曲80番交響曲81番交響曲19番交響曲全集古楽器交響曲21番マリア・テレジアピアノソナタXVI:20クラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲10番交響曲12番交響曲9番交響曲11番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:4天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:7ドニぜッティライヒャオーボエ協奏曲ロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ストラヴィンスキーミューザ川崎シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26タリスモンテヴェルディアレグリバードパレストリーナすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:39美人奏者四季迂闊者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番協奏交響曲DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノ三重奏曲日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードカノンドイツ国歌モテットオフェトリウムスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番変わらぬまこと交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
9位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ