ダヴィド・ゲリンガス/エミール・クラインのバリトン二重奏曲集(ハイドン)

今日はかなり渋めのマイナー盤。これ以上渋い盤はあり得ないほど(笑)

GeringasKreinDuo.jpg
amazon

ダヴィド・ゲリンガス(David Geringas)、エミール・クライン(Emil Klein)のチェロによる、ロッシーニの2台のチェロのためのデュエット、ハイドンのバリトンニ重奏曲4曲(Hob.X:11、XII:4、XII:1、XII:3+5)の5曲を収めたアルバム。収録はベルリンの20kmほど北にあるオラニエンブルク(Oranienburg)にある北方教会でのセッション録音。

こちらのアルバムも湖国JHさんに貸していただいているもの。チェロの名手、ゲリンガスとクラインの2人がデュエットでバリトン用の2重奏曲を弾いたもの。実は湖国JHさんには以前にもバリトン二重奏曲のアルバムを貸していただいています。

2013/05/03 : ハイドン–室内楽曲 : イジー・ホシェク、ドミニカ・ホシュコヴァーによるバリトン二重奏曲集

このアルバム、実にいい演奏だったのは上の記事を読んでいただければわかると思います。チェコのチェリスト親子による息の合ったデュエットでした。ということで、その後注文して今は我がCDラックに鎮座しております。こうした激マイナーなアルバムは非常に貴重なもの。

今回のアルバムは、チェリストとしてはずっと格上のゲリンガスと、その弟子、エミール・クラインによるデュエットということで、更なる名演が期待できます。

ゲリンガスの情報はこれまでの記事をご覧ください。

2013/11/14 : ハイドン–室内楽曲 : ゲリンガス・バリトン・トリオのバリトン三重奏曲集(ハイドン)
2013/09/14 : ハイドン–協奏曲 : ダヴィド・ゲリンガス/チェコフィルのチェロ協奏曲集

そして、エミール・クラインの演奏もいくつか取りあげています。

2013/05/04 : ハイドン–管弦楽曲 : エミール・クライン/ハンブルク・ソロイスツの「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」
2012/06/19 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : エミール・クライン/ハンブルク・ソロイスツのディヴェルティメント集

このアルバムを聴く前に、イジー・ホシェク、ドミニカ・ホシュコヴァー盤を取り出し、聴き直してみましたが、親子2人のチェロの掛け合いが実にいい具合の演奏。チェロの音の安定感はほどほどながら、演奏から滲み出る素朴な良さで聴かせる演奏でした。それに対し今日取り上げるアルバムは、教会の録音らしく、豊かな残響のなかに盤石の安定感のチェロが伸びやかに、かつ爽快に掛け合う見事なもの。2人のチェロの分離はホシェク盤の方が良いので、掛け合いの様子はホシェク盤のほうがよくわかりますが、演奏はやはりゲリンガス盤でしょう。

これらのバリトン曲の作曲はハイドンがエステルハージ家の楽長に就任した直後のもの。ゲリンガスは自身でバリトンも弾きますが、クラインがバリトンが弾けるかどうかわかりません。バリトンの不可思議な音色の魅力も捨て難いのですが、チェロ2台で弾くほうが、メロディーラインがよくわかるかもしれませんね。以下曲ごとに簡単にレビューを。

冒頭にはロッシーニのチェロ二重奏曲が置かれていますが、オペラの一場面の音楽のような優雅な展開は流石ロッシーニ。ゲリンガスとクラインものびのびとした演奏でテクニックを披露。特にチェロの胴鳴り美しさに圧倒される演奏。このあと冷静に古典に戻る、不思議な曲順。個人的にはハイドンの後にロッシーニが良いと思うのですが、、、

Hob.X:11 : Bryton Duet [D] (c.1766-69)
ホシェク盤では二人のチェロの音色の違いがよくわかったんですが、このアルバムでは二人の音色と演奏が良くそろってどちらがどちらかわかりません。豊かな残響の中にチェロが交互にメロディーを奏でていきますが、脳内ではなぜかバリトンの摩訶不思議な音が鳴り響きます。この曲に仕込まれたスイッチが脳のバリトン中枢を刺激しているということでしょうか(笑) テンポは軽快。リズムのキレも良く、交互にメロディーを渡し合う様子は実に微笑ましいもの。ハイドンが仕えたニコラウス候が愛好したバリトンをニコラウス侯と弾いたのでしょうか。モデラート - メヌエット - フィナーレの3楽章構成。軽やかなメヌエットにフィナーレの最後の充実した盛り上がりは流石名手たち。

Hob.XII:4 : Bryton Duet [G] (c.1766-69)
この曲が唯一自筆譜が残っている曲。ホシェク盤でも最も構成が見事と感じた曲。モデラート - アレグロ - メヌエットの3楽章構成。最初のモデラートが主題と2つの変奏による構成で、ハイドンならでは素朴な展開を2人の名手が楽しんでいるような演奏。チェロの低音域の豊かな響きが実にいい雰囲気。つづくアレグロも非常に変わったもの。ピチカートでバリトンのような響きを加えながらの演奏。曲によって構成がいろいろ変わり、聴く側の予想が追いつかないほど。この曲も3楽章の中間部で急に短調に転調します。短い曲でも飽きさせない素晴しい筆。

Hob.XII:1 : Bryton Duet [A] (c.1766-69)
アダージョ・カンタービレ - アレグロ・モルト - メヌエットの3楽章構成。チェロがどんどんバリトンの響きに近くなって行きます。1楽章の深い呼吸のメロディーはさすがゲリンガスとクライン。このゆったりした楽章の音が漂うような雰囲気こそ、バリトンの音色を想起させるのでしょうね。2,3楽章のコミカルなメロディーラインも奏者が微笑みながら弾いているのがわかるような演奏

Hob.XII:3+5 / Bryton Duet [D] (c.1766-69)
ホシェク盤には含まれていなかった曲。アダージョ - メヌエット - フィナーレの3楽章構成。アダージョは主題と3つの変奏。冒頭しばらくのところでちょっと少女のような声が聴こえるような気がします。演奏は相変わらず余裕たっぷりの素晴しいもの。弾むメヌエットに、フィナーレはちょっと想像だにしなかったメロディー。ちょっとジプシー風でしょうか。

ダヴィド・ゲリンガスとエミール・クラインというチェロの大御所2人がロッシーニとハイドンのデュエットを演奏したアルバム。演奏は極度にリラックスして、まさに演奏を楽しんでいるのがつたわるような素晴しいもの。ハイドンについては以前聴いたホシェク盤も素晴しかったんですが、こちらのほうが技術的にも表現も上でしょう。ただ、ホシェク盤には技術では表せない素朴な良さもあります。両盤ともにこれらの曲を録音する必然を感じる素晴しいプロダクションといっていいでしょう。ハイドンマニアの方は、手に入れるべき価値のあるアルバムです。評価は[+++++]です、もちろん。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : バリトン二重奏曲

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ベートーヴェン紀尾井ホールショスタコーヴィチストラヴィンスキードビュッシーラヴェルピアノ三重奏曲ミューザ川崎オーボエ協奏曲LP協奏交響曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:39マーラーブルックナーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉告別交響曲90番交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡アレルヤひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネ交響曲86番モーツァルトヴァイオリン協奏曲驚愕哲学者ニコライミサミサブレヴィス小オルガンミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹ライヴ録音SACDチェロ協奏曲交響曲19番交響曲81番古楽器交響曲80番交響曲全集交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲9番交響曲11番交響曲10番交響曲12番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲2番交響曲4番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:35ドニぜッティライヒャロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31パレストリーナタリスモンテヴェルディアレグリバードすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードオフェトリウムドイツ国歌カノンモテット弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲107番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
138位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
14位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ