【番外】関西・四国・中国大紀行(その1)

前記事で予告のとおり、旅に出ております(笑) 今回ははじめての旅先執筆。

そもそも今回の旅は、いつもの嫁さん、母親、私の3人の旅ではありません。加えて母親の弟(叔父)、妹(叔母)をあわせて5人の旅。つまり母親3兄弟のための旅行です。ちょっと前から、叔母の発案で、亡くなった祖母の故郷、出雲に行ってみたいということで、旅行の企画がもちあがったもの。出雲だけだったら飛行機でいく手もありますが、母親の兄弟ということで皆さん今では立派な高齢者(笑)。見た目はまだまだしゃっきりしていますが、長旅は疲れます。そして皆さんどうせ行くならいろいろ寄ろうということで、2ヶ月ほど前からこの企画が始まり、いろいろ協議を重ねた結果、何と6泊7日の大旅行となりました。5人での移動ということで大型のレンタカーを借りての大旅行です。

実は以前、土日1,000円で高速道路乗り放題という民主党時代の政策がありましたが、その頃出雲まで車で旅したことがあり、なんとなく行ける自信はありました。その時は初日は渋滞も予想されたため、朝4時に家を出て、大阪あたりまで来たところで結構行けることがわかり、車中から島根県江津市の有福温泉を予約し、約12時間ほぼ運転しっぱなしで浜田の手前まで運転しての旅行。そこから4泊かけて東京まで温泉旅行というかなり大胆な計画。私たち夫婦のみだったので、いつも通りほぼ無計画にあちこちの共同浴場巡りをしながらの気楽な旅でしたので、それなりに楽しむことができました。

ところが、今回は母親3兄弟の引率ということで、責任重大! 普段は行く先を含めてあんまり計画を立てずに適当に旅するのですが、高齢者を無計画に引き回すわけにも行かず、かなり事前にネットを駆使して情報を集め、慎重に旅程を考えての旅行。さながら修学旅行の担当旅行代理店のような心境であります。旅行に行くのにバスの手配を忘れた担当者の恐怖感が手に取るようにわかり、その手配漏れの起こす悲劇も事前にあった出来事で全国的に知られてしまっております(笑)ので、レンタカーの手配も何度も確認しました。

ということで土曜夜、レンタカーを予定通り借り、日曜早朝に世田谷、新宿にそれぞれ住む叔父、叔母をピックアップして、いざ大旅行に出発です。

(業務連絡)今回の旅の予定に今のところダム見学は入っておりません(爆笑)

レンタカーは長旅ゆえ、8人乗りのアルファード。普段はイタリアっぽい(庶民的なの意)小型車に乗っております故、巨大な車体を操るのに少々慣れが必要でしたが、流石は大型車。高速ではゆったりした挙動で、運転も楽で長距離ドライブもそれほど疲れませんね。

早朝6時にピックアップを終え新宿を出発して、初台南から首都高に乗り、大橋のグルグル目の回るようなジャンクションを経て首都高3号線経由で東名高速に乗ります。途中中井パーキングエリア、浜松サービスエリアで休憩。天気は良好、日曜日でしたが、都心も首都高も東名もどこも渋滞せず、まったく停滞せずに浜松までつきました。途中新東名を使いましたが、道の造りがよく、道路も広いため運転が楽ですね。東名と合流したあとは道路の継ぎ目がでこぼこして、かなり老朽化している印象。やはり新しい道のほうが快適です。

IMG_7982.jpg

いちおう先の旅程を考えると、2時間に一度くらいは休まないと、疲れもたまってしまいますので、無理せず安全第一で運転。写真は楽器の街浜松らしいオブジェ。

浜松からは、伊勢湾岸道に入り、名古屋港の大きな橋、揖斐川にかかる橋など絶景スポットを通ります。この旅で唯一渋滞情報がでてはっとしましたが、ナガシマスパーランドの出口渋滞で、そこで降りない私たちは、出口渋滞の車を横目にスイスイ。そして伊勢に向かう東名阪道に入り、途中東京人には妙に新鮮に響く、四日市、鈴鹿、亀山、甲賀などの各地を通ります。途中土山サービスエリアでまた休憩すると、ここは甲賀。どうしても物陰に忍者がいるような気がしますが、皆さん現代人になりすましているせいか、こちらからは気配を察することはできません(笑)

そして再び新名神に乗り、信楽、草津、瀬田、南郷などの地名を楽しみながら、今回の旅の第一目的地である宇治に到着。宇治東インターを降り、宇治市内に入ると、何やら観光地の雰囲気満点。景色が古都です。宇治川にかかる橋あたりからみると、観光客でごった返しています。宇治市内に入ったのはお昼前。車も多く、事前に調べておいた昼食スポットも1時間待ちということで、しかたなく車を停めるところを探しますが、流石に日曜の観光地だけあって、どこの駐車場も満車。はて、どうしたものかと行き来していると、たまたま1台出庫した直後の駐車場に車を止めることができました。

IMG_7983.jpg

そして訪れたのがこちら。宇治といえば平等院。平等院といえば鳳凰堂。というか十円玉ですね(笑) 平等院には大学時代に来たことがありますが、おそらく30年以上前。当時の記憶は曖昧ですが、平等院のまわりがこれほど観光地化していなかった気もします。平等院の入り口前はお土産屋さん、お茶屋さんなどで多くの人でごった返していました。

IMG_7985.jpg

大学時代にはいちおう建築史を学んでいましたので、この平安時代からの優美な建物のフォルムのすばらしさは、一見の価値ありということで旅程に組みこみました。母親三兄弟も初めての訪問でうれしそう。鳳凰堂の裏側が修理工事中でしたが、正面からの優美な姿はそのままでした。内部の拝観は2時間待ちとのことであきらめましたが、多くの人が池の前で記念写真を撮っていました。鏡のような池に映る平等院の写真はこちらをご覧ください。

世界遺産 平等院

今は世界遺産になっているんですね。平安時代の後期、永承7年(1052年)の創建。日本の寺院としては珍しく壮麗なつくり。左右の翼廊は純粋に外観を整えるためのもので、こうした形式のお堂はあまり例がないですね。庭園は浄土式庭園で池の中に中島があり、橋が架かっていますが、それを渡ると極楽浄土に行けるとの構図。いやいや、旅の最初に極楽浄土とは縁起がいいのかわかりません(笑)

IMG_7987.jpg

鳳凰堂を一周すると、裏側には昔はなかった鳳翔館という近代的な建物があり、中には鳳凰堂の名のもととなった鳳凰や、木造雲中供養菩薩像が展示されています。この雲中供養菩薩像は鳳凰堂の中央に安置されている阿弥陀如来のまわりの長押の上に52体が配されているもので、全体国宝。調べたところ内27体が楽器を演奏した姿で、まさに当時の音楽がながれてくるようなえも言われぬ雰囲気のある彫刻。これはすばらしいですね。この雲中供養菩薩などを含めて平等院ことについてはWikipediaにかなり詳しい記述がありますのでご参考まで。

Wikipedia:平等院

さて、かなりのピーカンな日差しのなか鳳凰堂巡りを満喫したため、先ほど1時間待ちだった昼食スポットに戻ってみます。

IMG_7992.jpg

食べログ:中村藤吉本店

IMG_7993.jpg

お昼前に立ち寄ったときは長蛇の列で、1時間待ちとのことでしたが、平等院を回ってきたので、お昼時をすぎていましたので、ほどなく入ることができました。ここは甘味処ということですが、茶そばも食べられるということでセレクト。人気店故予約はできませんでしたが、なかなか雰囲気のあるお店。

IMG_7996.jpg

食べログの評価はこのあたりでは一番。お店の中はお土産売り場などがあり多くの昼食待ちの人であふれていました。

IMG_8003.jpg

いただいたのは茶そばに、茶そばと甘く煮たアゲや梅干しをあしらったもの。さすがにお茶の香りは良く、宇治ならではのメニューですね。おなかが空いていたのでなおさらおいしくいただけました。

IMG_8005.jpg

全体に雰囲気のあるいいお店なんですが、ランチョンマットも麻でお店の名前がさりげなく入れられたもの。古くからやっているお店でしょうが、若い店員さんも多く、いろいろ工夫しているようですね。

IMG_8007.jpg

そして茶そばだけでは済みませんでした。私は大人なので冷やし抹茶。程よい甘さが加えられており、なかなかいい感じ。

IMG_8008.jpg

そして、嫁さんを含めての残りの4人は、名物らしい抹茶ゼリー。大きな竹筒に抹茶ゼリーとアイス、あずきなどが山盛り。ちなみに茶そばより確実にヴォリュームがあります。 今夜の旅館の食事を考慮すると、この選択には少々無理がありました、、、(笑)

IMG_8011.jpg

まあ、母親は名残惜しそうに完食はあきらめてました。お昼までの激走の疲れがとれたので、再び車に戻って先に進みます。



店の駐車場から、今度は宇治西インターに向かい、京滋バイパスに乗ります。大山崎、茨木、尼崎とまたまた新鮮な地名をおさらいしながら、明石大橋を目指します。神戸あたりの景色を楽しみながら、明石大橋の巨大な橋脚が見えると、車内がどよめきます。いよいよ本州を離れます。

IMG_8013.jpg

明石大橋の手前が長いトンネルで、視界が開けたとたん巨大な橋脚が正面にいきなり出現する展開もいいです。平等院の雅な雰囲気もいいですが、こうした巨大構造物も見応えがありますね(笑)

天気は快晴。明石大橋から眺める景色は絶景でした。あっという間に渡り終え、最初のインターで降りて、明石大橋の淡路島側の根元の下にある道の駅あわじに立ち寄ります。

IMG_8012.jpg

真近で見る橋脚は迫力がありますね。そして、なんと橋を吊るロープのカットモデルがおいてありました。このロープの束で橋を吊っているわけです。いやいやすごいの一言。ちょっと休んで、本日の宿に向かいます。

初日は洲本温泉に泊まります。

その2へ)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

ダム企画なし、、、(;一_一)

おはようございます~

親しみのある地名がドンドン出てきています~(笑)
私が運転交代要員で途中参加したいほどです(^_-)-☆
くれぐれもお気をつけて楽しい旅を過ごされますように!!!

Re: ダム企画なし、、、(;一_一)

sifareさん、旅している間に連続ツッコミありがとうございます。
今後の旅程の検討にあたり、ダムのプライオリティを上げます(笑) こちらも関西以西は滅多に来ないので非常に新鮮です。今日はしまなみ街道です!

淡路の玉ねぎ(^-^)

こんにちは~

楽しい今日のランチは少し少なめでしたでしょうかw
今日はお天気持ち直しているようですが、暑さ対策万全にして楽しんでくださいね。

しまなみ街道をサイクリングで走りたいです!←無理~~

旅をお楽しみのところ一顧客にまでのお心配り、恐縮です(・_・;)

こちらのスーパーでは淡路からくる玉ねぎはメインですよ。美味しく調理にも使っています!
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ブルックナーマーラーサントリーホールヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉LP交響曲97番告別交響曲90番交響曲18番アレルヤ交響曲99番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番交響曲86番ラメンタチオーネモーツァルトヴァイオリン協奏曲ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:32ベートーヴェン驚愕哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹SACDライヴ録音チェロ協奏曲交響曲80番交響曲81番交響曲19番交響曲全集古楽器交響曲21番マリア・テレジアピアノソナタXVI:20クラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲10番交響曲12番交響曲9番交響曲11番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:4天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:7ドニぜッティライヒャオーボエ協奏曲ロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ストラヴィンスキーミューザ川崎シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26タリスモンテヴェルディアレグリバードパレストリーナすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:39美人奏者四季迂闊者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番協奏交響曲DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノ三重奏曲日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードカノンドイツ国歌モテットオフェトリウムスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番変わらぬまこと交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
9位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ