【新着】ドロテー・ミールズの歌曲集

実に久しぶりのレビュー。先月末から約1ヶ月、関西への旅行をきっかけに旅行記にかまけて、レビュー記事をアップしておりませんでした。純粋にハイドンファンの皆様には大変ご無沙汰をしておりました。しばらくはハイドンのレビューに集中したいと思います。

さて、今日は最近手に入れたアルバムから、お気に入りの一枚を取りあげたいと思います。

Mields.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

ドロテー・ミールズ(Dorothee Mields)のソプラノ、レサミ・ド・フィリッペ(Les Amis de Philippe)の伴奏による、ハイドンの英語カンツォネッタ集から6曲、スコットランド歌曲集から12曲のあわせて18曲を収めたアルバム。収録は2013年2月18日から21日にかけて、ドイツ,ブレーメンの放送ホールでのセッション録音。レーベルはマイナーな曲を網羅的に録音している独cpo。

ドロテー・ミールズは1971年、ドイツのエッセン近郊の街、ゲルゼンキルヒェン生まれのソプラノ。バロック及び現代音楽をレパートリーとしているそうです。子供のころピアノとヴァイオリンを習い、歌をエッセンで習うとその後、いくつもの合唱団で経験を積み、ブレーメン芸術大学で声楽を学ぶようになります。大学では17世紀、18世紀の音楽に対する興味が増し、ハリー・ファン・デル・カンプ等に師事、卒業後はシュツットガルトでユリア・ハマリについて声楽を学びました。その後は古楽、現代音楽のコンサートで経験を積み、レパートリーはモンテヴェルディからブーレーズまでとかなり広く、手元のアルバムではヘンゲルブロックの天地創造でエヴァを歌っていました。

伴奏のレサミ・ド・フィリッペは、ヴァイオリン、ヴィオラ、フォルテピアノの3人から成る団体。メンバーは下記のとおり。

ヴァイオリン:エヴァ・サロネン(Eva Salonen)
チェロ:グレゴール・アンソニー(Gregor Anthony)
フォルテピアノ:ルドガー・レミー(Ludger Rémy)

この歌曲集、好きなハイドンの歌曲集ということで、注文を入れておりましたが、到着して聴いてみると、清透なドロテー・ミールズのソプラノの美しさのみならず、しっとりとした伴奏の美しさ、特に遅いテンポの曲に宿る静けさのようなものの表現の美しさにぐっときました。ハイドンが最晩年に手がけたスコットランド民謡への伴奏づけという仕事の面白さが手に取るようにわかる、実に見事な演奏。ちょっと旅ボケしていた私の、ハイドンの音楽の素晴しさを感じる脳の中枢のスイッチを入れ直してくれるような癒し系のアルバムです。

18曲もの曲が収められているので、曲ごとに簡単にメモを残しておきましょう。

Hob.XXVIa:32 / 6 Original Canzonettas 2 No.2 "The Wanderer" 「さすらい人」 [g] (1795)
カンツォネッタ集からの曲はフォルテピアノのみの伴奏。ルドガー・レミーのフォルテピアノは歌曲の伴奏ということを踏まえた雄弁すぎないサポート。清らかで良く延びるドロテー・ミールズのソプラノに対し、訥々と語りかけるようなタッチで寄り添います。切々としたほの暗い表情の美しさ際立つ曲。

Hob.XXVIa:41 / "The Spirit's Song" 「精霊の歌」 [f] (c.1795)
名曲ですが、時折消え入るような伴奏の表現の幅の大きさが素晴しく、これまでの演奏の中でも、曲の劇性が際立って、特に静けさの表現が秀逸。歌曲における伴奏の重要さを再認識。しっとりとしているのに、素晴しい立体感を感じます。

Hob.XXVIa:34 / 6 Original Canzonettas 2 No.4 "She never told her love" 「彼女は決して愛を語らなかった」 [A sharp] (1795)
つづく名曲。この曲も入りの伴奏から、グッと惹き付けられます。ミールズの歌はそれに応えるように、しっとりと艶やかで、一貫して清楚。発音もドイツ人とは思えない自然さ。ここまでの3曲が英語カンツォネッタ集からの曲。

Hob.XXXIa:9 - JHW XXXII/1 No.9 / "The waefu' heart"
ここからはスコットランド歌曲。伴奏にヴァイオリンとチェロが加わりますが、フォルテピアノの雄弁さがヴァイオリンとチェロにも乗り移っているような、見事なしっとり感。スコットランド歌曲集といえば、Brilliant Classicsからリリースされているアイゼンシュタット・トリオの全集が決定盤ではありますが、キレのいいカッチリとした伴奏の魅力で聴かせるもの。こちらはそれにたいし陰りのようなものを実に旨く表現していて、スコットランド歌曲集の別の魅力を引き立てます。

Hob.XXXIa:2 - JHW XXXII/1 No.2 / "John Anderson" (Robert Burns)
徐々に、ミールズの歌と、レサミ・ド・フィリッペの伴奏の醸し出すえも言われぬ世界に魅力に引き込まれます。

Hob.XXXIa:1 - JHW XXXII/1 No.1 / "Mary's dream" (Alexander Lowe)
感極まったのがこの曲。以前聴いたスーザン・ハミルトン盤もすばらしかったのですが、再びノックアウト。スコットランドの魂に触れるような素晴しい曲。美しすぎるメロディー。スコットランドの鉛のような空の魅力をたっぷり含んだ名曲。ハイドンのつけた伴奏はこの曲の美しさを余すところ無く伝えます。

Hob.XXXIa:246 - JHW XXXII/3 No.230 / "The boatman" (Allan Ramsay)
前曲の余韻を昇華するように、さらりと明るい歌が脳の別の中枢を刺激。歌っている歌手、伴奏を担当する演奏者自身が微笑みながら演奏を楽しんでるようすが手に取るように伝わる素朴な音楽。音楽の楽しみの真髄はこうした素朴な音楽にあるのだとハイドンが微笑んでいるよう。

Hob.XXXIa:235 - JHW XXXII/3 No.257 / "Langolee" (John Tait)
聴き進むごとに、どっぷりとスコットランド歌曲の魅力に浸かっていきます。ドロテー・ミールズの豊かな表情づけの魅力を堪能。ヴァイオリンとチェロはくだけた表現で、ミールズの素朴な魅力をさらにもり立てます。

Hob.XXXIa:173 - JHW XXXII/3 No.181 / "Sensibility" (Robert Burns)
ミールズの高音の素朴な伸びの美しさが際立ちます。録音は最新のものですので、適度に控え目な残響のなかにしっかりと奏者が浮かびあがり、実体感溢れる安定したもの。

Hob.XXVIa:42 / "O tuneful Voice" 「おお美しい声よ」 [E flat] (c.1795)
つづく3曲は再び英語カンツォネッタ集から。伴奏もフォルテピアノのみに戻ります。民謡から歌曲に戻ったことを印象づけるフォーマルな雰囲気に変わり、歌もタイトな表情に変わります。高音の音階の美しさを真摯に表現して、コントロール力を印象づけます。

Hob.XXVIa:27 / 6 Original Canzonettas 1 No.3 "A Pastoral Song" 「牧歌」 [A] (1794)
伴奏がシンプルになったことで、ミールズの歌に集中。あまりヴィブラートをかけないのびのびとした歌唱で、声の透明感が強調されますが、しなやかさが欠ける場合も多いものですが、ミールズの声質はもともとやわらかさをもっており、じつにしっとりと響きます。

Hob.XXVIa:30 / 6 Original Canzonettas 1 No.6 "Fidelity" 「誠実」 [f] (1794)
間に挟まれた3曲のカンツォネッタ集からの曲はいずれもフォーマルな佇まいをもつ曲。アルバムの中間において、変化をつけるという趣旨でしょう。なかなかいい発想です。

Hob.XXXIa:91 - JHW XXXII/1 No.91 / "Jockie and Sandy" (Robert Burns)
やはり、このアルバムの主役はスコットランド歌曲集。ヴァイオリン、チェロ、フォルテピアノの伴奏の饒舌さは素晴しいもの者があります。1分少しの曲なのに雰囲気を変えるインパクトをもっています。

Hob.XXXIa:3 - JHW XXXII/1 No.3 / "I love my love in secret" (Robert Burns)
語るような歌い口に伴奏もくだけて応じ、じつに楽しげな演奏。

Hob.XXXIa:13bis - JHW XXXII/3 No.214 / "Gramachree" (Said to have been written in Bedlam by a Negro)
終盤の名曲。再びスコットランドの魂にふれるような郷愁溢れるメロディーにぐっときます。繰り返し以降のすこし力を抜いた歌のはかない美しさは秀逸。伴奏は明らかに曲のメリハリを意識して、かなり弱音を緻密にコントロールしています。

Hob.XXXIa:168 - JHW XXXII/3 No.161 / "Auld Robin Gray"
そうとう考えた選曲なんでしょう。アルバムの終盤の曲にふさわしい、名残惜しさと機転を感じさせる曲。途中での短調への転調のキレ。そして静けさに徐々に包まれるような気配。

Hob.XXXIa:134 - JHW XXXII/2 No.134 / "What can a young lassie do" (Robert Burns)
そして、ヘザー・ハニーのような独特の芳香を放つ曲。

Hob.XXXIa:252 - JHW XXXII/3 No.232 / "Jenny's bawbee" (Alexander Boswell)
最後はコケティッシュなドロテー・ミールズの表現の幅の広さを印象づけます。ヴァイオリンは音程を狂わせるほどの演出で、このアルバムが皆を楽しませるための音楽であることを気づかせます。なかなか粋な演出です。

いやいや、このアルバム奥が深い。歌曲のアルバムは歌手の特徴がわかってしまうと、その個性をずっと引きずる単調さをはらむリスクがありますが、このアルバムでは、曲を変え、表現を変えて、ハイドンの歌曲の面白さと、ドロテー・ミールズの表現力を存分に楽しめる構成になっています。スコットランド歌曲集の面白さが際立ち、特にマリーの夢は名唱。伴奏もテクニックではなく味わいで聴かせる秀逸なもの。ハイドンの歌曲の入門盤としてもオススメです。評価は全曲[+++++]とします。

目の前には未聴盤の山。しばらくがんばります!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : スコットランド歌曲 英語カンツォネッタ集 古楽器

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎オーボエ協奏曲LP協奏交響曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールベートーヴェンスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:48マーラーブルックナーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲97番告別交響曲90番交響曲18番交響曲99番奇跡アレルヤひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ラメンタチオーネヴァイオリン協奏曲驚愕哲学者ミサブレヴィスニコライミサ小オルガンミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:52SACD武満徹ライヴ録音チェロ協奏曲交響曲19番交響曲81番古楽器交響曲全集交響曲80番マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-ray東京オペラシティチェロ協奏曲1番交響曲11番交響曲10番交響曲9番交響曲12番太鼓連打ロンドン交響曲4番交響曲15番交響曲2番交響曲37番交響曲1番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:3天地創造ディヴェルティメント東京芸術劇場リヒャルト・シュトラウス交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31タリスパレストリーナアレグリバードモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季交響曲70番迂闊者ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス時の移ろい交響曲42番ベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードオフェトリウムドイツ国歌モテットカノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bis音楽時計曲ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲62番交響曲108番交響曲107番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
106位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ