【新着】ウェルナー・ギュラのスコットランド歌曲集(ハイドン)

歌曲のアルバムが続きます。テノールによるスコットランド歌曲集。

WernerGura.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

ウェルナー・ギュラ(Werner Güra)のテノール、クリストフ・ベルナー(Chirstoph Berner)のフォルテピアノ、ジュリア・シュレーダー(Julia Schröder)のヴァイオリン、ロエル・ディールティエンス(Roel Dieltiens)のチェロによる、ハイドンのスコットランド歌曲集から13曲とピアノ三重奏曲(Hob.XV:27)のあわせて14曲を収めたアルバム。収録は2012年3月、ドイツ南部のノイマルクトにあるライトシュターデル文化センターでのセッション録音。レーベルは名門仏harmonia mundi。

歌手のウェルナー・ギュラはジャケット写真を見る限り、いい感じのおじさん。調べてみると、1964年ドイツのミュンヘン生まれとの事。同世代です(笑)。手元のアルバムでは、ルネ・ヤーコプスの四季、アーノンクールの四季の新盤でルーカスを歌っている他、アーノンクールの「騎士オルランド」にも登場しています。ザルツブルク・モーツァルテウムで学んだ後、バーゼル、アムステルダムでクルト・ヴィドマー、テオ・アダムらに師事しました。フランクフルト歌劇場、バーゼル歌劇場に客演したのち、1994年から99年までドレスデンのゼンパー・オーパーで主にモーツァルト、ロッシーニ歌いとして活躍、1998年以降はベルリン国立歌劇場に客演しています。録音ではルネ・ヤーコプスやアーノンクールの他、フィリップ・ヘレヴェッヘなどのアルバムにも登場し、主に古楽系のアーティストとの共演が多いようですね。ソロをちゃんと聴くのははじめての人。

フォルテピアノのクリストフ・ベルナーはウィーン生まれの若手。弾いているのはCollard & Collardのフォルテピアノ。ヴァイオリンのジュリア・シュレーダーは1978年南ドイツのシュトラウビング生まれ。チェロのロエル・ディールティエンスは1957年ベルギーに生まれのベテラン。聴く限り皆かなりのテクニシャンです。

なぜかこのところスコットランド歌曲集のアルバムないろいろリリースされています。一つ前のレビューで取りあげたドロテー・ミールズのアルバムでもソプラノによる素晴しいスコットランド歌曲が聴かれました。このウェルナー・ギュラの歌うアルバムもそれに負けず劣らず魅力的。もちろん、スコットランド歌曲集にはBrilliant Classicsの全集という燦然と輝く名盤がありますが、この素朴なメロディーにハイドンが創意を凝らしてピアノトリオの伴奏をつけた膨大な曲集には、様々な演奏が光を当てて多様な美しさを演出する価値があります。

このギュラ盤はフォルテピアノと古楽器による伴奏ですが、Collard & Collardの響きはフォルテピアノといってもかなり現代ピアノに近い響きのもので、古楽器らしい雅な魅力ではなく、古楽器を感じさせるオーセンティックな音色による、精緻な躍動感と多彩なデュナーミクのコントロールを感じさせるもの。ギュラの声も豊かな響きで堂々としながら、この素朴な歌曲のデリケートなニュアンスを実に良く汲んだもの。ときおり見せるくだけた表情も表現の幅を感じさせ、歌うことを心から楽しんでいるように聴こえます。

収録曲は下記のとおり。独特なのが、1曲含まれているピアノトリオが、1楽章ずつ細切れにされ、スコットランド歌曲の間にはさまれていること。当時はこうした形で演奏されたということなのでしょうか。そして、曲を登録していて気づいたのですが、このアルバムに収録された13曲のスコットランド歌曲のうち、実に6曲がBrilliant Classicsの全集の一番最初にリリースされた第1巻に含まれる曲。私がスコットランド歌曲集の魅力に取り憑かれたのもBrilliant Classicsの第1巻があまりに素晴しかったからで、それこそ擦り切れるほど聴いたアルバムです。

ということで、このアルバム、名門harmonia mundiが、新興勢力であるBrilliant Classicsの後塵を拝することになってしまったスコットランド歌曲集という分野での起死回生の刺客という位置づけかもしれません。重なる曲の出来を聴けといわれているような気分になります。そういった視点でも面白い企画ということが出来るでしょう。

主だった曲のみコメントをつけます。

Hob.XXXIa:31bis - JHW XXXII/3 No.152 / "The lea-rig" 「リー・リグ」 (Robert Burns)
いきなりスコットランドの空気につつまれるよう。Brilliant Classicsの第1巻に含まれる曲。フォルテピアノはかなりリズムに抑揚をつけて、爽やかながら豊かな表情をリード。晴朗さで聴かせるBrilliant Classics盤とはアプローチが異なり、精緻な録音と相俟って彫りの深い音楽が流れます。

Hob.XXXIa:143bis - JHW XXXII/3 No.254 / "Morag" 「モラグ」 (Robert Burns)
重くたれ込める鉛色の雲の無限の階調を詩情深く歌うような曲。陰る表情の余韻の美しさが際立ちます。フォルテピアノの音色の美しさが印象的。この曲もBrilliant Classicsの第1巻に含まれる曲。

Hob.XXXIa:229 - JHW XXXII/3 No.213 / "Sleep'st thou, or wak'st thou" "Deil tak' the wars" 「眠っているの、それとも起きているの?」 (Robert Burns)
同様第1巻に含まれています。ホーボーケン番号がBrilliant Classics盤と合いません。ここではBrilliant Classicsの番号で記載しています。

Hob.XXXIa:227 - JHW XXXII/3 No.229 / "O wise and valiant Willy" "Rattling roaring Willy" 「おおかしこき勇敢なウィリー」 (Anne Grant)

この間にピアノトリオの1楽章が挟まりますが、まとめて最後に記載します。

Hob.XXXIa:11bis - JHW XXXII/3 No.166 / "Twas at the hour of dark midnight" "Barbara Allan" 「それは暗い真夜中のことだった」 (Sir Gilbert Elliot of Minto)
ピアノトリオの快活な響きからさっと切り替え、しっとりと沈んだ表情の曲。叙情的になりすぎることなく、キレ味の鋭い沈み方。ヴァイオリンとチェロがフォルテピアノのテンポに寄り添うように音を重ねていきます。ギュラの歌唱は余裕があり、フレーズごとの表情をかなりくっきりとつけて、曲の流れをしっかりとコントロールし、歌手と伴奏の音楽が見事に呼応しています。こうゆう遅い曲を表情豊かに演奏するのはかなりの腕と見ました。

Hob.XXXIa:252 - JHW XXXII/3 No.232 / "Jenny's bawbee" 「ジェニーのボービー」 (Alexander Boswell)

Hob.XXXIa:1bis - JHW XXXII/3 No.201 / "Mary's dream" 「メリーの夢」 (Alexander Lowe)
お気に入りの曲。この曲はBrilliant Classics盤には2つのバージョンが収めらていますが、ドロテー・ミールズ盤とは違うホーボーケン番号のもの。曲の詳細はわかりませんが、この郷愁あふれる曲をギュラは凛々しくも朗々と歌い上げていきます。男声による歌も悪くありません。

このあとピアノトリオのアンダンテ。

Hob.XXXIa:219bis - JHW XXXII/3 No.186 / "The night her silent sable wore" "She rose, and let me in" 「夜に喪服を着て」
Brilliant Classics盤の第1巻の2曲目に収められた名曲。擦り切れるほど聴いた曲。ハイドン・トリオ・アイゼンシュタットよりもすこし冷静な演奏。凛々しさが心に刺さるよう。響きの良いホールに余韻が広がる様が手に取るようにわかる素晴しい録音。

Hob.XXXIa:153 - JHW XXXII/3 No.159 / "William and Margaret" 「ウィリアムとマーガレット」 (David Mallet)
Brilliant Classicsの第1巻に含まれる曲。ほの暗い曲を、ざらついた音色のヴァイオリンのあえてくだけたボウイングがさらに表情を濃くして独特の雰囲気をつくります。

Hob.XXXIa:178bis - JHW XXXII/5 No.422 / "Bessy Bell and Mary Gary" 「ベッシー・ベルとメリー・グレイ」 (Allan Ramsay)

Hob.XXXIa:4bis - JHW XXXII/3 No.216 / "There was a lass" "Willie was a wanton wag" 「とある小娘」 (Robert Burns)
Brilliant Classicsの第1巻に含まれる曲はこの曲でおわり。

Hob.XXXIa:175 - JHW XXXII/3 No.245 / "Highland Air. The lone vale" 「孤立した谷」 (The Hon. Andrew Erskine of Kellie)
タイトルからハイランドのシングルモルトをいただきたくなるような曲。ちょうどハイランドモルトのように、強烈な個性のアイラと甘みのスペイサイドとは異なる、クラインリーシュのような気高い香りを感じるような曲。

Hob.XXXIa:194 - JHW XXXII/3 No.236 / "My Love she's but a lassie yet" 「好きなあの娘はまだ小娘」 (Robert Burns, Hector Macnail)
最後はギュラのくだけた表現で聴かせる曲。

Hob.XV:27 / Piano Trio (Nr.43/op.75-1) [C] (1796)
3つの楽章が歌曲の間にバラバラに収められているのですが、今はCD時代ゆえまとめて1曲として聴く事ができます。ちなみにこのピアノトリオの演奏も爽やかさを保ちながら曲の起伏をきっちり表現した名演奏。これだけでも伴奏の3人の素晴らしい腕がわかります。

ウェルナー・ギュラの歌うハイドンが伴奏をつけたスコットランド歌曲集。これまたすばらしい出来でした。響きの良いホールでのびのびと演奏する様子が鮮明な録音で録られています。ギュラははじめてちゃんと聴きましたが、表現に余裕があり、歌詞とメロディーを完全にコントロールしています。伴奏の3人も伴奏にしておくにはもったいないほどの腕前。やはり老舗レーベルのプロダクションと唸る出来映えです。スコットランド家曲のアルバムは良いアルバムがいろいろありますが、このアルバムも歌曲好きの人には絶対のオススメ盤ですね。評価はご想像のとおり、全曲[+++++]としました。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : スコットランド歌曲 古楽器

コメントの投稿

非公開コメント

楽しみです!

おはようございます~

このアルバム取りよせに時間がかかっています(・_・;)でもますます楽しみになってきました!先日のミールズの盤は発売を知らなかったので次回購入時の一つに加えたいと思っています。有難うございました!

p.s. 願いがかなって三徳山から三朝温泉GoGo tour実現しそうです(笑)

Re: 楽しみです!

sifareさん、いつもコメントありがとうございます。
ギュラ盤、いいですよ〜。素朴な歌こそ、歌手の力量をあぶり出してしまうものですが、実に余裕たっぷりの歌い回し。着いたらゆっくりと楽しんでください。

三朝温泉行きもご計画とのこと。こちらも楽しんできてください!
共同浴場の株湯、素朴な風情で染み渡るような柔らかいお湯が素晴らしいです。旅館もいいですが、共同浴場も素晴らしいです。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

古楽器ラメンタチオーネアレルヤ交響曲3番交響曲79番チェロ協奏曲1番オックスフォード驚愕交響曲88番交響曲19番交響曲58番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲80番交響曲全集交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲12番交響曲11番交響曲10番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4バードタリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ