【新着】トーマス・ファイ/ハイデルベルク響のの98番、太鼓連打(ハイドン)

トーマス・ファイの交響曲全集、久々の新盤です。

Fey98_103.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

トーマス・ファイ(Thomas Fey)指揮のハイデルベルク交響楽団(Heidelberger Sinfoniker)の演奏で、ハイドンの交響曲98番、103番「太鼓連打」の2曲を収めたアルバム。収録は2013年9月5日、6日、10月21日、22日、ドイツのハイデルベルク近郊にあるドッセンハイムのマルティン・ルター・ハウスでのセッション録音。レーベルはいつもどおりhänssler CLASSIC。

ご存知のとおり、ファイの交響曲集はリリースされる度にかなりの枚数とりあげています。

2013/12/01 : ハイドン–交響曲 : 【新着】トーマス・ファイの交響曲99番,軍隊(ハイドン)
2013/04/12 : ハイドン–交響曲 : 【新着】トーマス・ファイ/ハイデルベルク響のラメンタチオーネ他
2012/11/20 : ハイドン–交響曲 : 【新着】トーマス・ファイ/ハイデルベルク交響楽団の交響曲1番他、爆速!
2012/07/08 : ハイドン–交響曲 : トーマス・ファイ/ハイデルベルク交響楽団の90番、オックスフォード
2012/06/11 : ハイドン–交響曲 : トーマス・ファイ/ハイデルベルグ交響楽団のマリア・テレジア、56番
2012/05/03 : ハイドン–交響曲 : トーマス・ファイ/シュリアバッハ室内管の「時の移ろい」「告別」
2011/07/06 : ハイドン–交響曲 : 【新着】トーマス・ファイの「帝国」、54番
2010/12/26 : ハイドン–協奏曲 : 【新着】トーマス・ファイのホルン協奏曲、ホルン信号
2010/08/01 : ハイドン–交響曲 : トーマス・ファイの69番、86番、87番

全集も半ばを越え、このアルバムで22枚目。私は当初、ファイのかなり外連味のある演奏に抵抗がありましたが、聴き進むうちに、これもハイドンの醍醐味ということで、耳が馴れて、ファイの外連を楽しめるようになりました。これまでの演奏の中ではアーノンクールに近いものですが、アーノンクールが形式的に聴こえるほどに、曲ごとに変幻自在の演奏を聴かせ、聴くものを飽きさせません。そして今回は太鼓連打に98番と、ファイがどのような演奏をしてくるか興味津々といったところでしょう。

前置きはほどほどにして、早速レビューに入りましょう。

Hob.I:98 / Symphony No.98 [B flat] (1792)
ファイのこのシリーズ、不思議と一枚一枚録音会場が異なり、このアルバムも最近のレビューではNo.15のアルバムで使ったマルティン・ルター・ハウスでの録音。かなり響きを抑えた直接音重視の録音で、迫力重視。ヴォリュームを上げると間近にオケが定位するかなり鮮明な録音。98番の冒頭のゴリゴリした展開、まさにオケによってゴリゴリ鳴らされていきます。奏者の演奏は若干粗く、冒頭は音程が若干不安定なところもあるスリリングな演奏。ただしこれはファイの確信犯的演出かもしれません。曲が進むにつれて、徐々にフォーカスが合ってきて、起伏に富んだハイドンの旋律をファイのえぐるような露骨な響きで構成していきます。灰汁の濃いリズムと短く切った金管による縁取りが効いて、旋律は迫力十分。
続くアダージョは過度にさらりとしたテイストで入ります。曲の構造を浮かび上がらせようとしているのか、サラサラとしたテイストながら徐々に起伏がクッキリさせ、迫力を増して行きます。途中で音量をぐっと落として静寂を巧く使った演出。ハイドンの書いたメロディーの巧みな設計が引き立ちます。
メヌエットは一層さらりとしたテイスト。もちろんそれなりの迫力で、なかなかスペクタクルな演奏なんですが、もうひとキレ欲しいと思うの私だけしょうか? そして間をおかずフィナーレに突入。ザクザクとオケを鳴らして、聴き慣れた旋律ですがファイ流に迫力と新鮮味を加えて進めます。オケの鳴らし方がいつもの閃きを感じさせるかといえば、若干一本調子に聴こえなくもありません。曲に対するアプローチにいつものキレがちょっと欠けているでしょうか。誰が聴いてもファイの演奏とはすぐにわかる特徴をもっていますが、ここでももうひとキレ欲しいと思わせてしまいます。最後のクライマックスへの盛り上げ方は流石。ハイドンが仕組んだ最後のフォルテピアノによるメロディーの演出も上手いんですが、フォルテピアノだけが近くに定位する不思議な録音。最後にビシッと締まりますが、ファイにはもう一段のキレっぷりを期待してしまうのが正直なところです。

Hob.I:103 / Symphony No.103 "Mit dem Paukenwirbel" 「太鼓連打」 [E flat] (1795)
続いて太鼓連打。もちろんオーソドックスな遠雷タイプの太鼓ではありませんが、それほど変化に富んだ太鼓でもありません。意外に穏やかにきました。こちらの曲は冒頭から緊張感が支配する演奏。厳かさと前衛的な感じが拮抗する序奏。主題に入るとエネルギーが満ちて、覇気が迸る演奏。ファイの面目躍如。聴き慣れたメロディーですが、ファイによる斬新なメリハリで曲に生気が漲ります。1楽章の終わりの太鼓はなんと普通の遠雷タイプ。オケも乗っているのか1楽章は素晴しい充実ぶり。
2楽章は前曲同様さらりとした練らない入り。徐々にリズムがクッキリと浮かび上がり、木管によるテーマもかなり浮き立たせてクッキリとしたわかりやすい演奏。途中から副旋律を目立たせて今度はメロディーの絡みあうようすを強調するよう。このへんの細かい演出はファイならではでしょう。テンポや強弱などもずいぶん動かしていくので、こちらも集中力が途切れません。なかなか聴かせますね。展開部の怒濤の迫力と静寂の対比を繰り返して終盤に至るところは聴き応え十分。
前曲とは異なりメヌエットもキレてます。オケに力が漲り、フレーズのひとつひとつが弾みます。アクセントとレガートを巧みに使い分けて旋律を立体的に浮かび上がらせていきます。中間部のユーモラスな旋律もちょっと普通では思いつかない変わった演出。
フィナーレは敢えてレガートを効かせた抑えた入り。爆発を際立たせようということでしょうか。主題に入るとコラールのような荘厳さを思わせる演奏。この抑えた表現からぐぐぐっと沸き上がってくるようなオケの迫力は痛快。このフィナーレはまさにファイならではのユニークな演出。これは聴いていただかなくてはわかりませんね。擦るようにように奏でられる弦のモチーフのなかからオケの大音量が沸き上がってくる快感。独特の表情の効果抜群。最後は期待通り灰汁の強いクライマックスにもちこんで盛り上げます。

さてさて、毎度楽しみにしているファイのハイドンの交響曲シリーズですが、今回のアルバムは98番に太鼓連打という玄人好みの選曲。特に太鼓連打はファイがどう来るか特に楽しみにしていた曲です。アルバムのジャケット写真は譜面を見ながらヘッドフォンで録音をチェックしているようなファイの姿が写っていますが、その表情には若干迷いもありそうな印象。このアルバム、98番は1楽章こそ抜群のメリハリで入ったものの、以降にいつものファイの閃きが聴かれず、若干迷いを含んでいるよう。まさに98番のテイクを聴いている写真ではと邪推しています。一方太鼓連打はファイの面目躍如。冒頭の太鼓をどう鳴らすかというような野次馬的聴衆の感心を見事に裏切り、曲自体をファイにしかできない演出で聴かせてくるあたり、流石と言わざるを得ません。評価は98番を[++++]、太鼓連打は[+++++]とします。

シリーズを追いかけている方、今回ももちろん買いです(笑)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 交響曲98番 太鼓連打

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

ピアノソナタXVI:48マーラー東京芸術劇場ミューザ川崎チェロ協奏曲東京文化会館交響曲102番ロンドン軍隊古楽器時計フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op,20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀ひばり弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:468人のへぼ仕立屋に違いないピアノソナタXVI:37バードアレグリタリスパレストリーナモンテヴェルディ東京オペラシティ天地創造すみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ライヴ録音ストラヴィンスキーアンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6交響曲1番告別交響曲97番ヒストリカルピアノソナタXVI:39美人奏者四季交響曲12番迂闊者交響曲70番太鼓連打ピアノ協奏曲XVIII:3アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲SACDスコットランド歌曲ディヴェルティメントヴェルナーガスマンモーツァルトシューベルトベートーヴェンLPピアノソナタXVI:38交響曲80番哲学者交響曲67番ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲51番交響曲35番協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲DVDピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナード皇帝ピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:36ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1リヒャルト・シュトラウス弦楽四重奏曲Op.74騎士弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:27ピアノソナタXVI:1シベリウス武満徹交響曲4番無人島交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲86番交響曲87番フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:29驚愕ピアノソナタXVI:10リュートピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲81番交響曲79番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードオフェトリウムモテットカノンドイツ国歌スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルクラヴィコードアダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35交響曲84番パリセットベルクブーレーズ交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲オーボエ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲18番交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタXVI:47bis音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番シェーンベルクリストピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:8ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番変わらぬまこと交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
133位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ