【番外】信州温泉紀行-1

日曜日は久々に温泉に。都合で母親は同行しないことになったので、久々に嫁さんと2人で気晴らしに温泉巡りにでかけました。旅行記事は5月末に四国や出雲などに出かけた【番外】関西・四国・中国大紀行以来。当ブログはハイドンのブログにもかかわらず一ヶ月もの間、旅行記事にかまけておりましたので、その後何となくハイドンのレビューに集中していたという次第。個人のブログゆえ、特に義務は無いのですが、少なからず記事を読んで突っ込んでいただけるコアな読者の方もあり、ハメをはずすのはたまにとの自律的なルールとしているわけです。

ごたごたと御託を並べましたが、要はしばらくぶりに気晴らしに温泉に行ったということです(笑)



この日は8月31日。いつも通り早朝に起きて渋滞情報を確かめると、渋滞は一切なし。世の中のご家庭はお子さんの夏休みの宿題の仕上げやら、明日からの新学期のことなどに奔走しているということか、はたまた、あまり芳しくない天気予報でお出かけを見合わせているかと想像しながら行き先を検討します。いつも通り、行き先は特に決めずに朝5時台に出発です。

海沿いの天気予報が良かったので混むだろうと踏んで、まずは自宅近くの調布インターから中央高速に乗ります。走っている間iPhoneで確認しても、渋滞情報はなし。ということで、いつも渋滞しやすい関越方面に行こうということになり、八王子ジャンクションから圏央道経由で関越自動車道へ進みます。

雨混じりとの予報にもかかわらず、天気はさほど悪くなく、時折晴れ間がのぞくほど。寄居PAでちょっと休んで、そろそろ行き先を検討。この調子ならぐんぐん行けそうですので、越後湯沢の山の湯といつも立ち寄る岩原スキー場横のイタリアンピットーレ、東御のヴィラデストとそのまわりの温泉など選択肢は藤岡ジャンクションで関越直進か、上信越道へ左折かというところでしたが、選択は上信越道。ヴィラデストに電話して空きがあれば行こうということで、上信越道に入ります。佐久平あたりで行き先を検討しようかと思いましたが、しばらくぶりに戸倉上山田の奇怪な習慣のある国民温泉もいいね~などと話しながら、佐久平は通過。

IMG_9109.jpg

そして次の東部湯の丸PAで休憩して、行き先を検討することに。

IMG_9110.jpg

PAに咲くムクゲの花が夏らしい風情。八重ですね。

IMG_9112.jpg

あたりの観光案内マップもしげしげとみて、距離感をつかみます。そして毎年買っている長野の地元情報満載のガイドのとら別冊の「信州温泉」最新号を購入し、行き先を思案。この時まだ朝8:00くらいですね。「信州温泉」でいろいろな温泉情報を見ていると、東部湯ノ丸あたりの温泉はみな朝10:00から。ただ、1軒だけ朝7:00から開いているところを発見。しかも未踏。これは行かなくてはとのことで、まずは行き先決定です(笑)

東部湯ノ丸で降りて、車で10分くらいのところにある日帰り温泉。

IMG_9114.jpg

布引観音温泉です。この温泉のすぐそばに布引観音とよばれる釈尊寺というお寺があり、その昔布引観音が牛に化けて強欲な婆さんを善光寺に連れて行き改悛させた、「牛にひかれて善光寺」の伝説が残っています。またあとで気づいたのですが、近くには以前に行ったことがある、JAが経営する「あぐりの湯こもろ」もありますが、なんとなくアプローチが違ったせいか、まったく未踏の地を訪れたような新鮮な感覚です。

IMG_9119.jpg

温泉の入口の横には先程と似たムクゲの花が。

IMG_9121.jpg

まだ9時前ですが、出てくるお客さんもちらほらで、駐車場には何台もの車が停まっています。入口の看板もかなり年季が入っていい雰囲気です。建物は古いですがきれいに掃除されていていい感じ。入る前からいい温泉のオーラが出ています。

IMG_9117.jpg

入口で親切そうなおばさんに入浴料2人分800円を払って入ると、男風呂は先程ちょうどお客さんがでたところで貸し切り状態。すかさずパチリ。どうでしょう、鄙びた温泉のオーラが出まくっているでしょう?

IMG_9118.jpg

iPhoneを少し下にむけてもう一枚。ガイドのとらには47度と書いてあったので期待して入ると、結構温め。40度くらいでしょうか。ナトリウム塩化物泉ということで、わずかに褐色がかったとろりとしたお湯。じっくりつかってしばらくしていると、奥にもう一つ浴槽があるではありませんか。行ってみると、こちらは水風呂。これはいい。お湯と水風呂を何度か往復して体を初期化。途中から何人かのお客さんが入ってきますが、みなさん黙ってお湯に浸かって沈思黙考。ゆったりと時間が流れます。静かなひととき。まずは1湯目でドライブの疲れが吹き飛びました。

上がって、嫁さんを待つ間、駐車場の石に腰掛けて初秋の信州の風を楽しみます。のどかな景色をぼおっと眺めながら休憩。いやいや至福ですな。

時刻はようやく9時半を廻ったところ。昼食はここからそう遠くないヴィラデストへ行こうと思っていましたが、予約の電話は10時からということで、まだ間があります。そこで、もう一風呂入ろうということになり、ふたたびガイドのとらをし解してと眺めると、少し南下したところに布施温泉という温泉があり、10時オープンということで、そこを2番目の目的地にしました。

車に乗り込み、ナビに布施温泉をセットして出発。

するとすぐに先程ふれたあぐりの湯こもろの横を通り、以前に来た記憶につながりました。アプローチが異なると、全く違う場所のように感じますね。土地勘はある方なんですが、それでもナビ頼りだとだんだん勘が鈍くなってしまいます。山道をしばらく進むと「布施温泉入口」なる信号があり、もう少しです。

そしてちょっと坂を登ると布施温泉の建物が見え、駐車場に入ります。

IMG_9124.jpg

駐車場に入った途端、ビビッと電気が走ります。「ん、ここは来た事あるかもしれない」。嫁さんも「なんか見覚えある」。そうです。来た事ありました。おぼろげな記憶よりもブログの記録。慌ててiPhoneで過去の記事を検索すると、ありました!

2011/08/29 : 旅行・温泉巡り : 【番外】信州上田温泉紀行-1

なんと、2011年とわずか3年前のしかも同じ時期に来ていました(笑) 老化が進んでいますね。3年前に来た温泉もハッキリ覚えていないとは。

IMG_9122.jpg

建物入口の看板を以前と同様パチリ。あとから以前の記事を読むと、笑えます。なんと早朝に東京を出て、朝早くからやっている温泉を探し、2湯目に布施温泉に来るまでの流れ、まったく同じです。しかも前回もガイドのとらを見て温泉を決定。今回も10時少し前に布施温泉のオープンを待つところまで全く一緒。人間の行動パターンが進歩していないというか、不動の原理にもとづいているというか、全く同じなのに驚きます。これでブログを書いていなければ、それにも気づかないという滑稽な状況になるところでした。

IMG_9123.jpg

営業時間とロケーションから選んだ布施温泉ですが、こちらも先程の布引観音温泉同様ナトリウム塩化物泉。入ってみると、こちらはかなり塩素臭があります。お湯自体は似た傾向ながら先程の布引観音温泉の方がやわらかな肌触り。露天にはジャグジー、内風呂にはサウナと水風呂があり、設備はこちらの方が近代的です。露天をしばらく楽しんだあと、内風呂と水風呂を往復。ここの水風呂はすり切り水が張られ、入るとこぼれ、出るとすり切りから減った分だけ自動的に蛇口から水が注がれる仕組み。常連さんは一度ざぶんと入ってすぐ上がり、新しい水が注がれたところで再度ザブンと入るというテクニックを披露。ノウハウがあるものです(笑)

上がると地元野菜などが売られていたので肉厚のピーマンなどを購入。これも温泉巡りの楽しみの一つです。

さて、時刻は10時を過ぎていますので、昼の食事をどこでするかと考えましたが、前回訪問時、まさに布施温泉からヴィラデストに向かっています。まったく同じ行動をとるというのも何なので、しばしどうしようかと考えましたが、この先の春日温泉にうまい蕎麦屋があるとの情報もありましたので、そちらを目指すことに。昼は11:30からと言う事で時間に十分余裕があります。

春日温泉は布施温泉よりもさらに南に進んだ八ヶ岳の北山麓にある温泉。こちらも前回「ゆざわ荘」というところに入ってますが、今回目指す蕎麦屋さんの存在には気づいていませんでした。
車を走らせ、開店30分ほど前の11:00ころ蕎麦屋さんの前につくと、人気も車もありません。このど田舎でここがやっていないとかなり遠くまで移動しなくてはなりません。仕方なく電話番号を調べて電話をしてみると、今日は11:30から営業するとのこと。名前を告げて予約します。

開店までの間、少し先まで走って、たわわに実った稲や近くのお社などを散策です。

IMG_9128.jpg

春日温泉の近くの農道の脇には佐久市教育委員会の看板が。横に道祖神が3体あり、これは「春日百番観音石仏群」とのことで佐久市指定の有形文化財ということです。

IMG_9127.jpg

番号を振られた石仏3体。いつからここにおかれているのでしょうか。

IMG_9129.jpg

脇には田を潤す小川が流れ、水田の稲はたわわに実りつつあります。

IMG_9132.jpg

水田を眺めながら、蕎麦屋さんの方に戻ると、お蕎麦屋さんのすぐそばに古い社が。ここは調べたところ春日根神(ねのかみ)社というところで、国常立命(くにとこたちのみこと)祀ってある神社。

IMG_9135.jpg

境内はかなり荒れていたんではいますが、立派な石垣の上には拝殿が見えます。ムササビによるものか、妻面には穴があいていて、かなり年季が入っていますが、妻の屋根の中央に下がる彫り物、懸魚(げぎょ)の彫りの深い立体感が気になります。

IMG_9137.jpg

そして額板には「根神(ねのかみ)大権現」とあり、修験道の影響が考えられるとのこと。

IMG_9133.jpg

そして、拝殿の脇にはかつて大木であったであろう欅の朽ち果てた幹に丁寧に屋根をかけられたものが。同じ根から奥に映えている幹はまだ元気ですね。なんとなく歴史を感じるお社でした。

お蕎麦屋さん開店を待つ間の散策でしたが、開店時間である11:30すこし前にお蕎麦屋さんに戻ってみると、なんと駐車場には沢山の車と、敷地内には大勢の人! 上に紹介したとおり、まわりは「ど」がつく田舎。30分前まで誰もいませんでしたが、突如人が集まっていてビックリ。はてさて、蕎麦にありつけるのでしょうか、、、

つづく、、、(笑)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

古楽器ラメンタチオーネアレルヤ交響曲3番交響曲79番チェロ協奏曲1番オックスフォード驚愕交響曲88番交響曲19番交響曲58番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲80番交響曲全集交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲12番交響曲11番交響曲10番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4バードタリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ