ヨセフ・スークのヴァイオリン協奏曲VIIa:4(ハイドン)

今日はいままで取り上げていない奏者の演奏です。

JosephSuk.jpg
amazon(mp3)

ヨセフ・スーク(Josef Suk)のヴァイオリン、ヨセフ・ヴラフ(Josef Vlach)指揮のスーク室内管弦楽団(Suk Chamber Orchestra)の演奏で、ハイドンのヴァイオリン協奏曲(Hob.VIIa:4)、ヴァンハルのヴァイオリン協奏曲ト長調の2曲を収めたアルバム。収録はプラハの芸術の家で、期日はPマークが1985年とだけ記載されています。レーベルはSUPRAPHONのDENONによる国内盤。

ヨセフ・スークは日本でも良く知られたヴァイオリニストですが、これまで当ブログでもスークの演奏は取りあげたことがありませんでした。先日ディスクユニオン店頭でこのアルバムを見つけ、ようやくスークのハイドンに出会うことができました。例によって略歴を紹介しておきましょう。

1929年チェコに生まれたヴァイオリニストで、祖父は同名の作曲家でヴァイオリニストのヨセフ・スク、そしてそのスクは作曲家ドヴォルザークの娘婿とのことで、血統賞付きの音楽一家の生まれ。1945年からプラハ音楽院で学び、ボヘミア・ヴァイオリン楽派の重鎮だったヤロスラフ・コチアン(Jaroslav Kocian)にヴァイオリンを師事します。コチアンにはスークが7歳のころから師事しはじめ、スークのヴァイオリンの美点である高貴な音の響かせ方を学びます。プラハ音楽院を卒業後はプラハ舞台芸術アカデミーで学びますが、不運なことに政治的理由から中退を余儀なくされてしまいます。1950年から1952年までプラハ四重奏団の第1ヴァイオリンとして活動し、その後1953年から55年までプラハ国立劇場管弦楽団のコンサートマスターを務めます。
スークの名が知られるようになったのは1954年11月のプラハでのリサイタルが成功を収めたためで、その直後にジョージ・セルがスークをクリーヴランド管弦楽団と共演するためにアメリカに呼び、翌1958年にはドイツ、オランダ、ルーマニア、ベルギー、フランスなどで演奏するようになりました。1960年、「Campocelice侯爵」と呼ばれるストラディヴァリウスを貸与され、スークの美音は決定的な魅力を持つようになります。
室内楽ではプラハ四重奏団の他、1951年に祖父の名前をとって、友人のヤン・パネンカとヨセフ・フッフロとスーク三重奏団を結成し、チェコ国内にとどまらず国際的に活躍しました。またスメタナ四重奏団とはスークがヴィオラを弾いてモーツァルトの弦楽五重奏曲などを共演しています。亡くなったのは2011年のことで、晩年は前立腺がんの闘病生活を送っていたとのことです。

このアルバムを聴いて驚いたのはやはりスークの力強く高貴な美音。今これだけの音を出せる人はそういませんね。セルが呼び寄せたくなった気持ちがわかります。

Hob.VIIa:4 / Violin Concerto [G] (c.1765/70)
録音は少し古さを感じさせますが、ほどほど鮮明。デッドな会場での録音のようですが響きに潤いはあります。ゆったりとはじまるオケの序奏。オケは広がりのある音で、それとは別にクッキリとセンターに定位するスークのヴァイオリン。一緒に演奏しているのに別空間のようなちょっと不自然な感じがあります。オケの響きは豊穣。スークは最初からいきなり美音を轟かせます。完全にスークのヴァイオリンにフォーカスを合わせた録音。オケもスークもゆったりと落ち着いたテンポで演奏していきますが、艶かしい輝きを帯びたスークの美音が異様な迫力を感じさせ、ちょっと身を乗り出して聴きます。最近のスタイリッシュな演奏と比べるといささか古風ですが、そうしたスタイルを越えた音の力を感じさせる演奏です。
アダージョに入るとスークのヴァイオリンの定位がオケと溶け合うように変わります。古いタイプの演奏ゆえ、過度に感傷的になることなく、引き締まりながらの癒し。スークは1楽章ほど目立つ事はなく、オケに寄り添うように美音を控えめに轟かせます。徐々に音量を上げていくとスークのヴァイオリンの浸透力のある音色の威力に惚れ惚れします。ゆったりとしたままカデンツァに入ると、まさに孤高の響き。高音の消え入る美しさと豊かな胴鳴りが尋常ならざる洗練を聴かせます。
意外に良かったのがフィナーレ。オケのキビキビとしたキレの良い演奏とスークの抜群のプレゼンスで素晴しい迫力。聴き所は鬩ぎ合うフィナーレでした。

このあとに収められたヴァンハルのヴァイオリン協奏曲でもスークの美音、特に高音のキレのよいボウイングの魅力炸裂です。

名ヴァイオリニスト、ヨセフ・スークによるハイドンのヴァイオリン協奏曲は有無をも言わせぬスークの美音に圧倒される名演奏でした。ハイドンのヴァイオリン協奏曲としてはいささかクラシカルなアプローチではありますが、この演奏の説得力に比べればさしたる問題ではありません。ジャケットに写るスークの真剣な姿が目に浮かぶような気品に溢れた演奏です。ヴァイオリン協奏曲は名演盤が多いのですが、このスーク盤も心にぐさりと刺さる演奏です。評価は[+++++]をつけます。

残念ながら、このアルバムも入手が難しそうですね。このアルバムは復刻のし甲斐があろうというもの。DENONかTOWER RECORDSで復刻のプロジェクトに乗らないでしょうか??

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ヴァイオリン協奏曲

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

時計ロンドン太鼓連打交響曲102番交響曲99番軍隊交響曲95番交響曲93番交響曲98番交響曲97番驚愕奇跡ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:37フルート三重奏曲古楽器LPオーボエ協奏曲ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:48ディヴェルティメント弦楽三重奏曲皇帝ひばりピアノ協奏曲XVIII:3ピアノソナタXVI:20ストラヴィンスキーシェーンベルクミューザ川崎東京芸術劇場マーラーチェロ協奏曲東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:46ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:318人のへぼ仕立屋に違いないタリスモンテヴェルディパレストリーナアレグリ東京オペラシティバード天地創造すみだトリフォニーホールライヴ録音ピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6アンダンテと変奏曲XVII:6ヒストリカル交響曲1番告別美人奏者ピアノソナタXVI:39四季交響曲70番交響曲12番迂闊者アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲SACDスコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルトベートーヴェンモーツァルトピアノソナタXVI:38哲学者交響曲67番交響曲80番ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1リヒャルト・シュトラウス騎士弦楽四重奏曲Op.74交響曲17番ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹時の移ろい交響曲42番交響曲4番無人島ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲86番交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:10リュートピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲79番交響曲78番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌カノンモテットオフェトリウムスタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲18番交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生ピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲107番交響曲62番交響曲108番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲2番交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
110位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
8位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ