ミロスラフ・ケイマル/チェコフィルのトランペット協奏曲(ハイドン)

ここ数記事、チェコものが続いておりましたが、手元の未登録盤にチェコものがありましたので続けて取りあげます。

Keimar.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

ミロスラフ・ケイマル(Miroslav Kejmar)のトランペット。ペトル・シュクヴォル(Petr Škvor)指揮のチェコフィルハーモニー室内管弦楽団の演奏によるハイドンのトランペット協奏曲、ミヒャエル・ハイドンの小トランペット協奏曲、レオポルド・モーツァルトのトランペット協奏曲、ヨハン・ヘルテルのトランペット協奏曲2番の4曲を収めたアルバム。収録は1987年9月4日から12月1日にかけて、プラハの芸術家の家でのセッション録音。レーベルはSPURAPHONですが日本コロムビアによる国内盤。

トランペットのミロスラフ・ケイマルは1941年生まれのチェコのトランペット奏者。ネットにはあまり情報がありませんが、どうやら元チェコフィルの首席トランペット奏者のようです。もともとリベレツの軍隊付属音楽学校でトランペットを学び、5年間軍隊の任務に着いたあと、1971年までプラハ音楽院、プラハ音楽アカデミーで本格的に音楽を学びました、1970年からはチェコフィルの団員となり、国際的に活躍するようになり、名が知られるようになったそう。チェコフィルのトランペット奏者として、マーラーの交響曲3番の3楽章のソロでヴァーツラフ・ノイマンを感激させたとライナーノーツにあります。
このアルバムで指揮をとる、ペテル・シュクヴォルは1948年生まれのヴァイオリニスト、指揮者。こちらもネットに情報がありませんが、チェコフィルとのアルバムでヴァイオリニストとしてソロを担当するアルバムがいくつかあることから、チェコフィルのヴァイオリン奏者だった人でしょう。チェコ語のサイトを調べると1993年に亡くなっているようです。
そしてオケもチェコフィルではなくチェコフィルハーモニー室内管ということで、チェコフィルの団員による室内管弦楽団でしょう。

国内盤ということで日本語の解説がついているのですが、奏者についてはケイマルの情報がわずかに書かれているのみ。折角の名演奏なので、もう少し奏者の情報があるといいですね。私は奏者がどんな環境で学び、どんな人生を送ってきたかということに非常に興味があります。残念ながらチェコ語は読めませんので、こうしたローカルな奏者について紹介するのは限界がありますね。

ということで、当ブログで取りあげたのも、ひとえにその演奏が素晴しいからに他なりません。演奏について虚心坦懐にレビューする事に致しましょう。

Hob.VIIe:1 / Concerto per il clarino [E flat] (1796)
深く燻したような伴奏のオケの音色。活気と覇気に満ちあふれているのに響きは実にしっくりときます。冒頭からオケの素晴しい響きに圧倒されます。ケイマルのトランペットはメロディーがくっきりと浮かび上がるはっきりとした音色。ただし録音のバランスはオケの迫力優先なので、冷静なケイマルのトランペットソロがオケの迫力に飲み込まれそう。ケイマルは終始おちついたコントロールでトランペットを操りますが、吹き上がるところでの浸透力があり、オケに負けてはいません。オケは指揮のシュクヴォルが煽っているのかかなりのインテンポで攻めて来ますが、ケイマルが冷静にやり過ごす感じ。1楽章の終盤、ケイマルもオケに触発されるように盛り上がり、カデンツァでは見事に滑らかなトランペット捌きを聴かせ、転がるように音階を操り、ようやくソリストここにありとの存在感を示します。
アンダンテでは、オケがしっとりと沈み、今度はトランペットの引き立て役にまわります。この辺の切り替えは見事。ケイマルは今度は主役とばかり、朗々と美しいメロディーを吹いていきます。フレージングはオーソドックスですが、よく情感が乗った美しい音楽。ハイドンのトランペット協奏曲の魅力でもある、楽器の響きの真髄に触れるような滑らかなメロディーを無心に奏でていきます。小細工は不要、自然に沸き上がる情感。
予想通りフィナーレはオケが再び主導権を握り、鮮やかな響を聴かせながらソロを迎えます。ケイマルはフレーズの終わりをキリリと引き締め、かなりメリハリをつけた演奏。このへんはオケの熟練奏者の燻し銀のテクニックというところでしょうか。こうした緩急が音楽に変化を与え、短いフィナーレを聴き応えあるものにしています。ここぞと言うときのトランペットの輝きは見事。シカゴ響のアドルフ・ハーセスが全編にわたる輝きを聴かせたのとは異なり、要所要所でキリリと引き締める味のあるトランペットですね。いや、見事。

この後につづく3曲もオケが実に上手い。しっとりとした伴奏にケイマルが応じる素晴しい音楽。ミヒャエル・ハイドンの小トランペット協奏曲では、突き抜けるように上昇する高音が鳥肌もの。レオポルド・モーツァルトの典雅な音楽もしっとりと濡れたような表情にうっとり。あまり聴かないヨハン・ヘルテルのトランペット協奏曲も古典の均衡を保ついい曲です。

このアルバム、一聴するとオーソドックスな演奏に聴こえますが、良く聴くとレビューしたように実に味わい深い演奏。トランペット協奏曲は名盤が多いですが、その中にあってもこの味わい深さはかなりのもの。トランペットも素晴しいのですが、特にオケの燻し銀の響きがこの演奏の価値を高めています。このアルバム、奏者も指揮者も未知の人でしたが、この素晴しさに触れて、世界は広いと実感。まだまだ未知の名盤が潜んでいるのでしょうか。幸いまだ手に入るようですので、広くオススメできますね。もちろん評価は[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : トランペット協奏曲

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ブルックナーマーラーサントリーホールヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉LP交響曲97番告別交響曲90番交響曲18番アレルヤ交響曲99番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番交響曲86番ラメンタチオーネモーツァルトヴァイオリン協奏曲ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:32ベートーヴェン驚愕哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹SACDライヴ録音チェロ協奏曲交響曲80番交響曲81番交響曲19番交響曲全集古楽器交響曲21番マリア・テレジアピアノソナタXVI:20クラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲10番交響曲12番交響曲9番交響曲11番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:4天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:7ドニぜッティライヒャオーボエ協奏曲ロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ストラヴィンスキーミューザ川崎シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26タリスモンテヴェルディアレグリバードパレストリーナすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:39美人奏者四季迂闊者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番協奏交響曲DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノ三重奏曲日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードカノンドイツ国歌モテットオフェトリウムスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番変わらぬまこと交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
9位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ