ケイト・ディリンガムのチェロ協奏曲集(ハイドン)

今日はチェロ協奏曲。

Dillingham.jpg
HMV ONLINEicon / amazon

ケイト・ディリンガム(Kate Dillingham)のチェロ、ウラティスラフ・ブラコフ(Vladislav Bulakhov)指揮のモスクワ室内管弦楽団「四季」の演奏でハイドンのチェロ協奏曲1番、2番を収めたアルバム。収録は1999年11月17日から20日にかけて、モスクワ音楽院の大ホールでのセッション録音。レーベルは米Connoisseur Society。

淡色のいい雰囲気のジャケット。美人チェリストのアルバムということで、いつものように湖国JHさんから送り込まれた課題盤。何はともあれ、まずはチェロのケイト・ディリンガムのことを調べてみます。ネットを検索すると彼女のサイトがありました。

Kate Dillingham - Home Page

彼女のサイトには、ジャケットの絵画調の写真とは異なる清楚な姿の写真が載せられており、まさに美人チェリストという言葉がしっくりくる人。ただ、その路線でアルバムを造っていないところは好感がもてます。

ケイト・ディリンガムはアメリカ人チェリストですが、デビューは1998年ロシアで。このアルバムでも共演しているモスクワ室内管弦楽団「四季」のソリストとして招かれてのこと。この年、ペテルスブルグフィルとも共演しています。もともとアメリカニュージャージー州のラトガース大学でレオナルド・グリーンハウスに師事し、デビューアルバムはバッハ、シューマン、ブロッホ、ラヴェルの小品集。ロシアの現代音楽の曲も数多く演奏し、ロシアでのデビューの後はモスクワ音楽院のマリア・チャイコフスカヤに師事し、同氏のドイツのマスタークラスを卒業しています。今日取り上げるハイドンの協奏曲集はウラティスラフ・ブラコフとモスクワ室内管弦楽団「四季」とのデビュー以来の親交によって生まれたものということです。

経歴は地味ではありますが、その演奏はなかなかのものでした。

Hob.VIIb:1 / Cello Concerto No.1 [C] (1765-7)
まずは1番から。オケの伴奏は手慣れたもの。テンポ良くハ長調の晴朗な序奏が鳴り響きますが、草書体のようにしなやかな伴奏。冒頭からテンポ良くチェロが入ります。チェロも草書体のようなしなやかな入り。最初からチェロがよく鳴り、ボウイングも鳴きを聴かせる演歌調。といってもくどいような演奏ではなくしっとりとしなやかさを感じさせるもの。もう少し鮮度重視の演奏かと想像していましたがさにあらず。糸を引くようにメロディーをつなぎ、低音をふくよかに鳴らす、最近流行の古楽風の演奏とは対極にあるような演奏。燻したような独特の表情が、音楽の成熟を表しているよう。まるで老成した奏者の演奏のような感じ。カデンツァもそうした力の抜けたボウイングで聴かせるもの。晩年のアラウのピアノのような澄みきった音楽に近づこうとしているのでしょうか。2番ではなく、1番からこの枯れ具合。渋いです。
アダージョは、予想通りぐっとテンポを落として、三途の川のこちら岸で最後に散歩するような風情。フレーズのひとつひとつを慈しむような演奏。美人チェリストの演奏として売り出すような雰囲気ではなく、まさに老成した音楽。楽器も良いのかチェロも実に深い響きを聴かせ、チェロ全体に響きが伝わり魂に触れるような音。ジャケット写真がコントラストを落とした淡いモノクロ調に仕上げている意図がなんとなくわかりました。奏者の霊が弾くような浮世離れした音楽です。カデンツァでは再び澄みきり、暗黒の淵とこの世の境を音楽にしたよう。
アダージョの尋常でない澄みきりかたがフィナーレのオケの鮮度を引き立てます。分厚く熟成したオケの響きにのって、チェロが今度は活き活きと弾む音楽を生み出します。ところどころにしっとりとアクセントを効かせ、しなやかなのに弾む音楽を創っていきます。速いフレーズはキレの良さではなくしなやかさで聴かせる芸風。独特のフレージングが心地良さを生んでいますね。最後までディリンガムのチェロに釘付け。

晴朗な1番が実に味わい深い演奏だったので、2番はさらに深みを聴かせてくれると期待。

Hob.VIIb:2 / Cello Concerto No.2 [D] (1783)
意外にサラッとした序奏。テンポも意外に速く、こちらの想像とはずいぶん違った演奏にちょっと驚きます。かなりインテンポで煽るオケ。チェロはどう入るのでしょうか。何と早めの序奏のテンポを切り、普通のテンポに戻して入ります。オケの推進圧力に抗するように落ち着いたチェロ。なんとなくテンポの駆け引きをしながらの演奏。これは面白い。演奏の燻し加減は前曲同様、両者ともに負けていませんが、堂々と自分のテンポで弾き進めるディリンガムに対し、オケがテンポを握るところではテンポを微妙に上げてきます。根負けしたのか中盤以降、オケもじっくりしたテンポに落ち着いてチェロに寄り添うようになり、音楽が落ち着きますが、もう少しオケに戦ってほしかったという心情になるのが不思議なもの(笑) 長大な1楽章は徐々に響きではなく音楽が枯れて、淡々とした進行になり、心情の起伏で聴かせます。終盤カデンツァ直前にちょっとテンポが噛み合ない瞬間がありますが、すぐにチェロが音楽を建て直し、孤高のソロで音楽を引き締めます。展開が実に面白い。
アダージョは予想通り、ゆったりと歌うチェロの鳴きが見事。ソロとオケも噛み合って、至福の境地。そしてフィナーレもいい余韻を引き継いで、ゆったりとした演奏が続きます。アダージョもフィナーレも起伏を抑えて淡々と演奏することで、枯淡の境地をうまく表現しています。最後はビシッと引き締めて終わります。

美人チェリスト、ケイト・ディリンガムのチェロ協奏曲集は非常に個性的な演奏でした。世の中にはいろいろンな才能を持つ人がいると感心しきり。メロディーを自分のものにして音楽をつくっていく能力は素晴しいものがあります。しかも時流に流されず、自分自身の音楽をしっかりと持っているよう。このハイドンの協奏曲は1999年の録音ですが、デビュー直後の録音としてはかなり枯れたものと驚きます。年を重ねて音楽がより深くなると思うと、将来が楽しみな人ですね。日本ではあまり知られていない人だと思いますが、要注目です。評価は素晴しい完成度の1番を[+++++]、スリリングなやり取りが興味深い2番は[++++]としておきます。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : チェロ協奏曲

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ごぶさたしております。
チェロ協奏曲は、ロストロ(ポーヴィチ)の刷り込み効果が強く、
なかなか他の音盤に手が伸びません。
当盤、「個性的な演奏」のご評価にちょっと食指が動きますねー!
ところで、オフの話ですが来春からかなりお近づきになります。
詳細は、あとで直メででもお知らせします(*^_^*)。

Re: No title

だまてらさん、コメントありがとうございます!

ロストロポーヴィッチにデュ・プレなど、チェロ協奏曲は名盤がひしめいていますのでムリもありません。特に1番はかなりの名演ですので、ロストロポーヴィッチがお好きならストライクかもしれません。最近では珍しい濃い演奏です。

メールお待ちしています(笑)
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

美人奏者ピアノソナタXVI:39四季迂闊者交響曲12番古楽器交響曲70番ライヴ録音天地創造太鼓連打東京芸術劇場マーラーピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:11アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:7SACDバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ディヴェルティメントヴェルナーガスマンベートーヴェンシューベルトモーツァルト東京オペラシティLPピアノソナタXVI:38ヒストリカルピアノソナタXVI:31アンダンテと変奏曲XVII:6哲学者ラメンタチオーネ交響曲80番交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲46番交響曲51番協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲DVDピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:52ファンタジアXVII:4交響曲47番ピアノソナタXVI:48十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20アリエッタと12の変奏XVII:3サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76皇帝ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50五度ラルゴ交響曲1番ピアノ三重奏曲ひばり日の出弦楽四重奏曲Op.64チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:36ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.1リヒャルト・シュトラウス軍隊騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:27弦楽四重奏曲Op.103シベリウス武満徹交響曲4番時の移ろい無人島交響曲42番ベルリンフィルホルン信号交響曲19番告別弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54交響曲86番王妃交響曲87番弦楽四重奏曲Op.9フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:29驚愕時計ロンドンピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲79番交響曲81番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードカノンモテットオフェトリウムドイツ国歌ピアノソナタXVI:37スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35交響曲84番パリセットベルクブーレーズピアノソナタXVI:6交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲オーボエ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲97番交響曲18番交響曲34番交響曲77番ストラヴィンスキー温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタXVI:47bis音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番シェーンベルクリストピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:8ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場8人のへぼ仕立て屋に違いない弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD剃刀ドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲107番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
181位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
13位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ