カルドゥッチ四重奏団の弦楽四重奏曲集(ハイドン)

10月最初のアルバムはこちら。

CarducciQ.jpg
amazon

カルドゥッチ四重奏団(Carducci Quartet)の演奏で、ハイドンの弦楽四重奏曲Op.50のNo.6「蛙」、Op.20のNo.4、Op.76のNo.2「五度」の3曲を収めたアルバム。収録は2006年、ロンドンの南、レオナルド・スタンレーの聖スウィザン教会(St. Swithun's Church)でのセッション録音。レーベルはクァルテットの自主制作だと思われるCarducci Classics。

演奏者もレーベルもはじめて聴くもの。よほど詳しい方しか聴いたことがないのではということで、お察しのとおり、湖国JHさんから貸していただいているもの。ジャケット写真を見ると、若手の美男美女の組み合わせのクァルテットです。調べてみると彼らのウェブサイトがありました。

Carducci String Quartet

かなりアーティスティックなつくりで、コンテンツも充実しています。

メンバーはもともとイギリスとアイルランドの音楽学校の卒業生で、卒業後、アマデウス、チンギリアン、タカーチ四重奏団などのメンバーのもとで学び、近年では7つ以上の著名な国際コンクールに入賞するなど、ヨーロッパの若手のクァルテットでは知られた存在とのこと。コンサートツアーは、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、ベルギー、スコットランド、ハンガリー、イタリアなどヨーロッパはもちろん、日本にも来ているようです。もともとイタリアのトスカーナ州の地中海岸に近いカスタニェート・カルドゥッチ(Castagneto Carducci)で開催されているカスタニェート・カルドゥッチ音楽祭で度々演奏しており、その街の名から市長の祝福を得てクァルテットの名前をとったということです。メンバーは下記のとおり。

第1ヴァイオリン:マシュー・デントン(Matthew Denton)
第2ヴァイオリン:ミカエレ・フレミング(Michelle Fleming)
ヴィオラ:エオイン・シュミット=マーティン(Eoin Schmidt-Martin)
チェロ:エマ・デントン(Emma Denton)

日本では今ひとつ知られた存在では無いと思いますが、実力はすばらしいものがあります。このアルバム、CDプレイヤーにかけたとたん、豊かな音楽が部屋に溢れ出してきました。弦楽四重奏としては理想的な響き。生の弦楽器が響きの良いホールので演奏しているような素晴しい響きを堪能できるアルバムです。流石に湖国JHさん、送り込んでくる玉が違います(笑)

Hob.III:49 / String Quartet Op.50 No.6 "Frosch" 「蛙」 [D] (1787)
一音目からなんと豊穣な響きでしょう。教会らしい豊かな残響をともなっていますが、鮮明さは保った理想的な録音。流石このクァルテットのためのレーベルといっていいでしょう。4人の息がピタリと合って、音色もボウイングもピシッと合った完璧なハーモニー。流麗さと適度な躍動感に音楽自体が活き活きと踊ります。1楽章から身をの出して聴き入る素晴しいアンサンブル。光のあたっている部分とその影の濃淡まで豊かな階調で描いていき、グラデーションの豊かなモノクロームの写真のような芸術性を感じます。
つづくボコ・アダージョは陰りの音楽。抑えた表情の中にも1楽章同様豊かな濃淡があり、静けさを基調としながらも、揺れ動く表情の面白さをじっくり堪能できます。そして光がさっと射して明るさを取り戻すメヌエット。軽妙なタッチを楽しむかのように弾みます。
フィナーレは蛙の鳴き声を思わせるバリオラージュ奏法による不思議な響きがユニークな曲。軽いタッチは続き、コミカルな表情をじつにうまく表現して、この曲の面白さを浮かび上がらせます。曲の構造をしっかり踏まえて演奏を巧みにコントロールする音楽性をもちあわせていますね。

Hob.III:34 / String Quartet Op.20 No.4 [D] (1772)
続いて、すこし遡って太陽四重奏曲からNo.4。冒頭の響きが蛙のフィナーレの韻を踏むような和音に感じるのは私だけでしょうか。この曲でもアンサンブルは見事。エッジが立った精緻さというよりはハーモニーが深く共鳴している感じ。このアンサンブルのしなやかさがこのクァルテットの特徴でしょう。4人の音楽が深いレベルで響きあっているのが良くわかります。奏者の呼吸が音楽の起伏をつくり、息づかいのしなやかさが音楽を流麗にしています。2曲目にして、このクァルテットの音楽にすっかり魅了されました。
2楽章では切々たる表情をつくりながらも自然さを残し、それぞれの奏者が代わる代わる音楽を引き継ぎ、糸を紡ぐようにメロディーを重ねていきます。とりわけチェロの存在感が印象的。さっぱりとしながらも楽器をよく鳴らして孤高の表情を焼き付けます。この曲の白眉のような素晴しい演奏。クッキリとしたメヌエットを経て、フィナーレはヴァイオリンの音階の軽快感、自在なテンポの変化をコミカルに聴かせ、最後まで軽さを失わない秀演でした。

Hob.III:76 / String Quartet Op.76 No.2 "Quintenquartetett" 「五度」 [d] (1797)
最後はこれも名曲「五度」。予想通り適度にしなやかな入り。鋼のような響きを聴かせる演奏もありますが、しっとりとハーモニーを聴かせていく玄人好みの演奏。一貫して自然さを失わず、落ち着いて音楽の起伏を表現していくあたりは実に見事。この曲をこれだけしなやかに聴かせる演奏はあまり覚えがありません。音楽の安定感はチェロのリズムの刻みの自然な正確さにあるような気がします。若手にもかかわらずこの音楽の豊かな安定感は流石。万全のハイドン。
アンダンテはピチカートの伴奏が入りますが、不思議と余韻の長いピチカートがゆったり感を醸し出します。ヴァイオリンは低音から高音まで行き来しながらメロディーラインを浮かび上がらせます。この曲で最も特徴的なメヌエットはほどほどの切れ込みかたでザクザクとメロディーを刻み、あくまでも自然に楽章間を移っていきます。フィナーレも力が入りすぎることなく、適度な力感で攻め込み、バランスの良い盛り上がりを聴かせます。この全体の流れを見越しての冷静な視点の存在がこのクァルテットの一番の美点でしょう。最後はハイドンらしく、余裕を残しながら、コミカルな変化を楽しむように終わります。

いやいや、このアルバム、気に入りました。若手らしからぬ成熟した音楽が流れます。しかも強音やキレで聴かせるのではなく、自然な佇まいやフレージングで聴かせるなど、かなり音楽性に自信がないとできないスタイルでの演奏です。録音も良く弦楽四重奏の楽しみが詰まったアルバム。評価はもちろん全曲[+++++]をつけます。選曲も良く、多くの人に聴いていただきたい名盤です。手に入るうちにどうぞ!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.50 弦楽四重奏曲Op.20 弦楽四重奏曲Op.76 五度

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なかなかマニアックなアルバムですが、選曲を見るだけで
「タダモノデハ無イ」感が漂ってきますね!
ウェブサイトを見たら、ショスタコ(ーヴィチ)の全曲にも取り組んでいる
うえ、本日10月11日は英国サウサンプトンにおいてエマ・ジョンソン
との共演でモーツァルトのクラリネット五重奏曲ライブ&レコーディング
じゃないですか!(でも、他のプログラムは何?)
晴海トリトンスクエア(カルテット・ウィークエンド)あたりでの来日公演
に期待したいものです。

Re: No title

だまてらさん、いつもコメントありがとうございます。

コメントの返信もれでおそくなってスミマセン。カルドゥッチ四重奏団は私もはじめて聴く団体でしたが、かなりの実力の持ち主。やはり生で聴く機会がほしいものですね。録音で味わえるこの響きを是非実演でと思うのは私もそうです。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

美人奏者ピアノソナタXVI:39四季迂闊者交響曲12番古楽器交響曲70番ライヴ録音天地創造太鼓連打東京芸術劇場マーラーピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:11アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:7SACDバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ディヴェルティメントヴェルナーガスマンベートーヴェンシューベルトモーツァルト東京オペラシティLPピアノソナタXVI:38ヒストリカルピアノソナタXVI:31アンダンテと変奏曲XVII:6哲学者ラメンタチオーネ交響曲80番交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲46番交響曲51番協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲DVDピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:52ファンタジアXVII:4交響曲47番ピアノソナタXVI:48十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20アリエッタと12の変奏XVII:3サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76皇帝ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50五度ラルゴ交響曲1番ピアノ三重奏曲ひばり日の出弦楽四重奏曲Op.64チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:36ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.1リヒャルト・シュトラウス軍隊騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:27弦楽四重奏曲Op.103シベリウス武満徹交響曲4番時の移ろい無人島交響曲42番ベルリンフィルホルン信号交響曲19番告別弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54交響曲86番王妃交響曲87番弦楽四重奏曲Op.9フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:29驚愕時計ロンドンピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲79番交響曲81番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードカノンモテットオフェトリウムドイツ国歌ピアノソナタXVI:37スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35交響曲84番パリセットベルクブーレーズピアノソナタXVI:6交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲オーボエ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲97番交響曲18番交響曲34番交響曲77番ストラヴィンスキー温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタXVI:47bis音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番シェーンベルクリストピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:8ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場8人のへぼ仕立て屋に違いない弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD剃刀ドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲107番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
181位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
13位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ