マイゼン/セベスティアン/オステルタークによるフルート三重奏曲集(ハイドン)

台風が去って、空は澄み、気分も落ち着いてきました。秋の夜長にぴったりの静謐な室内楽を楽しみます。

PaulMeisen.jpg
HMV ONLINEicon(別装丁盤) / amazon / TOWER RECORDS

パウル・マイゼン(Paul Meisen)のフルート、エルネ・セベスティアン(Ernö Sebestyén)のヴァイオリン、マルティン・オステルターク(Martin Ostertag)のチェロによるハイドンのフルート三重奏曲6曲(Hob.IV:6、IV:7、IV:8、IV:9、IV:10、IV:11)を収めたアルバム。収録は1990年2月、3月、独ニュルンベルク近郊のノイマルクトのライトシュタッデル(Reitschtadel)でのセッション録音。レーベルは独mDG GOLD。

このアルバムもいつも渋めの名演奏を貸していただく湖国JHさんから借りているもの。奏者もアルバムもその存在を知らなかったもので、いつもながら実に渋いところを突かれてしまいます。早速奏者について調べてみます。

フルートのパウル・マイゼンはハンブルク生まれで、ハンブルク、デトモルト、チューリッヒで音楽を学び、1952年から1972年の間、カールスルーエ、ミュンヘン国立劇場、ハンブルク州立フィルなどで首席フルート奏者を務めた人。以降は教職に就き、デトモルト音楽アカデミー、ミュンヘン州立音楽アカデミーなどにおいて教授職をつとめています。
ヴァイオリンのエルネ・セベスティアンはブダペスト生まれ。23歳でハンガリー国立歌劇場管弦楽団のコンサータマスターに抜擢され、1968年には同じくブダペストのフランツ・リスト音楽アカデミーの教授になります。1970年にはハンガリー放送交響楽団のコンサートマスター、1971年にはベルリンドイツオペラのコンサートマスター、そして1980年にはバイエルン放送響のコンサートマスターとなるなど、有名オケのコンサートマスターを歴任した人です。1988年からはミュンヘン州立音楽アカデミーの教授職にあります。
チェロのマルティン・オステルタークはスイスのバーゼルのすぐ脇のドイツのレラハ(Lörrach)に生まれ、カールスルーエ、パリ、デトモルトなどでチェロを学びました。1967年にウィーン国際コンクールで優勝し、1968年にはデュッセルドルフ交響楽団、1971年にベルリン・アマティ・アンサンブル、1972年にはベルリンドイツオペラ、1974年にはバーデンバーデンのSWF交響楽団の首席チェリストを歴任しています。1980年からはカールスルーエの州立音楽アカデミーの教授となっています。

3人とも有名オケの首席を務め、教職についているということで、そのテクニックは確かなものがあるはず。略歴をしらべていてほくそ笑んでしまいましたが、演奏はまさにこうした奏者の経歴が頷けるもの。正確なテクニックで純粋に音楽を演奏することに集中しているような流れ。特にオケの奏者を歴任してきたメンバーらしく、正確無比な演奏という感じです。このフルート三重奏にはクイケン兄弟によるこれまたストイックな名盤があり、その対向盤という位置付けでしょう。

Hob.IV:6 / Op.38-1 Trio für Violine (oder Flöte), Violine und Violincello Nr.1 [D] (1784)
鮮明な録音に鮮明なアンサンブルの響き。実際のアンサンブルよりもすこし楽器が大きめに定位する録音。禁欲的な印象すらある、鋼のような冷徹さを感じさせる正確さ。フルートという楽器の優美な音色の魅力ではなく、グイグイ攻めてくる演奏。短い1楽章のアダージョから鮮烈なアレグロに入り、メヌエットで終わるという3楽章構成の曲。フルートの演奏を楽しむというよりは完全に勝負に来ています。彫りが深い峻厳な表情にゾクッときます。大学教授3人のアンサンブルということで妙に納得できる演奏。

Hob.IV:7 / Op.38-2 Trio für Violine (oder Flöte), Violine und Violincello Nr.2 [G] (1784)
勝負は続いてます(笑) それぞれのパートがそれぞれくっきりとメリハリがついて、アンサンブルも絶妙な精度。まるで一人が楽器を変えて多重録音で演奏しているような音楽性まで完璧に揃った演奏。最初は無機的にすら聴こえたんですが、この演奏の抜群の精度に徐々にやられてます。アレグロ-アダージョ-フィナーレという普通の構成。ハイドンのこの手の曲集は曲ごとに巧みに曲想が変化していくのにいつも唸らされます。この曲でもアダージョの翳りとフィナーレの躍動感の対比が見事。

Hob.IV:8 / Op.38-3 Trio für Violine (oder Flöte), Violine und Violincello Nr.3 [C] (1784)
アレグロ・モデラート-ポコ・アダージョ-フィナーレという構成。3曲目に至り、演奏の安定感というか盤石さは素晴らしいものがあり、少しは隙を見せて欲しいと思うくらい。1楽章のチェロのコミカルな寄り添いが微笑ましいですね。ただ演奏には教則本の演奏見本のような完璧さがあり、逆にもう少しユーモラスでもいいと思わせなくもありません。2楽章に入り曲自体は素朴な美しさが際立ちますが、演奏は相変わらずキリリと引き締まったもの。フィナーレでは再びチェロが活躍。

Hob.IV:9 / Op.38-4 Trio für Violine (oder Flöte), Violine und Violincello Nr.4 [G] (1784)
4曲目はバリトントリオで聴き覚えのある旋律。妙に神秘的な余韻が漂う不思議な曲。アダージョ-スケルツァンド-フィナーレという構成。バリトンの優雅な響きの印象があるので、この演奏はそれに比べると足早な印象がつきまといます。ただアンサンブルの精度は前曲までと同様、引き締まって精度が青光りするほど。

Hob.IV:10 / Op.38-5 Trio für Violine (oder Flöte), Violine und Violincello Nr.5 [A] (1784)
なんとなくこの曲が一番心に響きます。アンダンテーアダージョ-メヌエットという構成。入りのしっとりとした曲調がフルートの響きの美しさを際立たせているよう。篠笛のような幽玄さを感じさせるフルートの響きの魅力を存分に楽しめます。マイぜンのフルートはパユの気配まで優美にしてしまうようなしなやかな演奏とは異なり、このような優美な曲でさえもキリリとひきしまった印象を残すもの。残す詩情の種類が異なります。もちろんテクニックは十分。誰に聴かせてもツッコミどころがないような正確さと正当さを感じさせる演奏。続く短いアダージョもフルートの独壇場。最後の楽章もフルートの音色が曲を彩ります。

Hob.IV:11 / Op.38-6 Trio für Violine (oder Flöte), Violine und Violincello Nr.6 [F] (1784)
最後はアレグロ・モデラート-アダージョ-ヴィヴァーチェという構成。最後まで切れ味鋭いフレージングは保たれましたが、最後にちょっと面白い拍子が耳に残ります。ここにきてようやく砕けた感じがと言いたいところですが、砕けたとまではいかず、規律はきちんと保ちます。ただし、続くアダージョでは初めてじっくりと沈みこみ、間をじっくりととった踏み込んだ表現。これはこの6曲の曲集の最後だということでの踏み込みのよう。ハイドンの楽譜の指示か、はたまた奏者の表現なのでしょうか。最後のヴィヴァーチェもジブシー風な響きでちょいと華やいだ印象を残します。

ドイツの腕利き奏者で教授まで務めた3人によるフルート三重奏曲集。書いた通り最初は踏み込みがちょっと足りない演奏のようにも聴こえましたが、アンサンブルの精度はキレキレで、テクニックは素晴らしいものがあります。弦楽四重奏では険しくタイトな演奏もよく聴きますが、フルートを交えた曲では逆に珍しいスタイルだと思います。最後まで聴き終えると、6曲セットでの演奏としての表現を考えての演奏だという印象を得ました。何度か聴いているうちにこの演奏の魅力も楽しめるようになり、奏者の意図もなんとなくつたわりました。評価は[+++++]をつけました。

いつもながら湖国JHさんの送り込まれるアルバムには感服です。次なる使者の予告もあり、ちょっと期待です(笑)

(私信)
こちらもそろそろ返送します!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : フルート三重奏曲

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ブルックナーマーラーサントリーホールヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉LP交響曲97番告別交響曲90番交響曲18番アレルヤ交響曲99番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番交響曲86番ラメンタチオーネモーツァルトヴァイオリン協奏曲ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:32ベートーヴェン驚愕哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹SACDライヴ録音チェロ協奏曲交響曲80番交響曲81番交響曲19番交響曲全集古楽器交響曲21番マリア・テレジアピアノソナタXVI:20クラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり無人島騎士オルランドBlu-rayチェロ協奏曲1番東京オペラシティ交響曲10番交響曲12番交響曲9番交響曲11番太鼓連打ロンドン交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:4天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:7ドニぜッティライヒャオーボエ協奏曲ロッシーニピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ストラヴィンスキーミューザ川崎シェーンベルク東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.9弦楽四重奏曲Op.17剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26タリスモンテヴェルディアレグリバードパレストリーナすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:39美人奏者四季迂闊者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番協奏交響曲DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3ラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノ三重奏曲日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードカノンドイツ国歌モテットオフェトリウムスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番変わらぬまこと交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
9位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ