【新着】アレクサンドル・タローのピアノ協奏曲(ハイドン)

今日は新着アルバム。ちょっと驚く演奏。

Tharaud.jpg
HMV ONLINEicon / amazon / TOWER RECORDS

アレクサンドル・タロー(Alexandre Tharaud)のピアノ、ベルナール・ラバディ(Bernard Labadie)指揮のレ・ヴィオロン・ドゥ・ロワ(Les Violons du Roy)の演奏で、モーツァルトのピアノ協奏曲9番「ジュノム」、コンサートロンド(K.386)、レチタティーヴォとアリア「どうしてあなたを忘れられよう」 (K.505)、ハイドンのピアノ協奏曲(Hob.XVIII:11)の4曲を収めたアルバム。収録は2013年8月11日から15日にかけて、カナダのケベック州、ケベックシティーの北東のセントローレンス川沿いの宿泊施設、ドメーヌ・フォゲット(Domaine Forget)でのセッション録音。レーベルはERATO。

アレクサンドル・タローは初めて聴く人。調べてみると、最近かなり活躍している人のようです。1968年生まれのフランス人ピアニスト。パリ国立高等音楽院で学び、1989年ARDミュンヘン国際音楽コンクールで第2位となって以来国際的なに活躍しています。harmonia mundi、ERATO、NAXOSなどにかなりの録音があり、人気のほどが窺えます。普段ハイドンばかり聴いていますので、世情に疎いので知らなかったということでしょう(笑)

さて、このアルバム、前半にモーツァルトが3曲置かれているので、ジュノムから聴いてみると、最新の鮮明な録音で捉えられたキレのいいオケに、キラキラと輝くピアノが魅力的な演奏。ただ、リズムが意外に重く、テンポを自在に揺らして表現意欲は感じるのですが、もうひとキレ欲しいというのが正直なところ。新鮮な響きを意図している割にはオーソドックスにまとめてきました。ジュノムは名演が多いので、新鮮さだけでは、我々の耳をうならせるには十分ではありません。続くコンサートロンドに入ると、オケもピアノも一皮剥けたように表現の幅が広がります。実にしなやかにモーツァルトの曲を転がしていきます。ジュノムを聴き始めたときにはこのアルバムをレビューに取り上げるのを躊躇しましたが、少し持ち直した感じ。ということで、歌曲を飛ばしてハイドンの協奏曲にを聴き始めますが、、、 これはどうしたことでしょう!

Hob.XVIII:11 / Concerto per il clavicembalo(l'fortepiano) [D] (1784)
冒頭から快速テンポで、しかも恐ろしいまでにオケがキレてます。素晴らしい推進力! このアルバムでなぜハイドンを冒頭にもって来なかったのかが疑問に感じるほどインパクトのある入り。モーツァルトとは別格の演奏です。オケのエネルギーに煽られるようにタローのピアノも生気がみなぎり、軽いタッチの音階も鬼気迫る感じ。速い部分とスロットルをもどす部分の対比をかなり明確につけていくのはモーツァルトと同様ですが、明らかにこちらの方がキレてます。しなやかに完成度高く構成する演奏とは全く異なり、推進力とキレの塊が噴出するような演奏。これまでこのタイプの演奏はいくつかありましたが、最も成功している例でしょう。カデンツァは現代風というよりは過去へのオマージュのような独特のもの。キレたオケが迎えに来て1楽章を終えます。
2楽章は固かったジュノムとは異なり、オケもピアノもしなやかで、そこここに閃きがちりばめられた秀演。ピアノの右手の輝きとさっぱりとキレの良いフレージングが実に心地よい音楽をつくっていきます。終盤ホールのせいかピアノの低音と低音弦がじつに豊かに鳴る音程があります。大波のように迫ってくる独特の響き。カデンツァを含めてこれまでに聴いたことのない独特の世界観。かなり個性的な演奏です。
期待のフィナーレは1楽章以上にオケもピアノもオケもキレて、ちょっとキレ過ぎなほど。なぜかどこかを叩く音が加わり、パーカッション的効果を生んでいます。キレたジャズの演奏を聴くような陶酔感。途中不協和音が混じるところでも山下洋輔が鍵盤を肘で叩くような音がします(笑) やりたい放題のキレっぷりですが、不思議と嫌味な感じはしません。驚いたのはカデンツァにトルコ行進曲のフレーズが登場、いやいや、これはすごい。最後はカミソリのようなキレを聴かせて終わります。

いやいや、これは驚きの演奏。最初に置かれたジュノム。おそらくこれは前座としてあえて置かれたのでしょう。ハイドンの協奏曲のこのキレっぷりに比べると、失敗としか言えないオーソドックスさ。このアルバムの構成はこれはこれで見事。このアルバムを買った人をどう驚かせようか苦心の跡が見えます(笑) ハイドンの曲は構成が緻密なだけに、中途半端に表現意欲を加えると、わざとらしくてイマイチなことが多いのですが、ここまで吹っ切れていると逆に新鮮です。私は気に入りました。このアレクサンドル・タローという人のアルバム、皆こうなのでしょうか、気になります(笑) 評価はもちろん[+++++]を進呈です。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノ協奏曲XVIII:11

コメントの投稿

非公開コメント

太郎。

タローはスカルラッティを一枚持っていて、いつでも聞けるように、机の近くに置いてあるお気に入りです。流麗というタイプではなく、スカルラッティらしさを感じさせる決め手の一音一音をピシッと強めに際立たせてくれます。奇矯な演奏とは思ってませんでした。でもハイドン、やってくれてるようですね。彼はハスキルのスカルラッティが好きでよく聞いていた、なんて記事を読んだ記憶があります。

Re: 太郎。

戎棋夷説さん、こんばんは。
タローの演奏を聴いて、これはスカルラッティもいけるのではないかと思い、リリースされたアルバムにスカルラッテイがあるではありませんか。スドビンの時もなんとなく思いましたが、このキレ方はスカルラッティと相性がいいと思います。これは手に入れなくてはいけませんね。ハイドンの未聴版の山に囲まれていて、なかなかスカルラッティまで手が出せていませんが、興味はあります。

スドビンもタローも、スカルラッティ素晴らしいですよ。

ハイドンが素晴らしい人は、大体スカルラッティも外れません。

逆は必ずしも上手くいかないんですけどね。

それだけハイドンは難しいみたいです。

Re: タイトルなし

小鳥遊司さん、こんばんは。

>ハイドンが素晴らしい人は、大体スカルラッティも外れません。
この法則を体感できるほどスカルラッティを聴いていないんですが、そうだろうと思うところはあります。ハイドンの表現に優れた人はスカルラッティの演奏においてもツボを押さえているということでしょう。モーツァルトもそうですが、単に音数が多いとか技巧を要求するとかではないところに音楽の本質があるということですね。
ハイドン以外の広がりも必要ですね〜(笑)

小鳥遊司さま、

> ハイドンが素晴らしい人は、大体スカルラッティも外れません

この法則を知ってるのは私だけかと思ってました、、、。
(リヒテルのスカルラッティとか、聴きたかったなあ)

> 逆は必ずしも上手くいかないんですけどね。

逆もまあ、いけるかな、と私はみておりました。

Re: 小鳥遊司さま、

戎棋夷説さん、小鳥遊司さん、お世話になります。
「ハイドンが素晴らしい人はスカルラッティも素晴らしい」という説、以前から戎棋夷説さんが唱えておられましたが、小鳥遊司さんも同様の見解、これで普遍的な法則としてハイドンファンの皆様には定着することでしょう。
ちなみに、逆については普遍法則となるかどうか、、、
当方、ハイドンはともかく、なにぶんにもスカルラッティに関して、聴いたことがある演奏数があまりにも少なく、この法則の検証には役不足です(笑)
他の読者諸氏のご意見があれば宜しくお願いいたします。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

ライヴ録音ピアノ協奏曲XVIII:11ストラヴィンスキー東京オペラシティマーラー弦楽四重奏曲Op.9古楽器アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:68人のへぼ仕立て屋に違いない交響曲97番告別交響曲1番ヒストリカルピアノソナタXVI:39美人奏者四季交響曲70番迂闊者交響曲12番天地創造太鼓連打東京芸術劇場ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:3アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4SACDバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーディヴェルティメントシューベルトモーツァルトベートーヴェンピアノソナタXVI:38LPピアノソナタXVI:31交響曲80番交響曲67番哲学者ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲51番交響曲35番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52ピアノソナタXVI:49ファンタジアXVII:4交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:20アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国皇帝弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ひばりチェロ協奏曲ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:32ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1軍隊リヒャルト・シュトラウス騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:27ピアノソナタXVI:1弦楽四重奏曲Op.103シベリウス武満徹交響曲4番交響曲42番時の移ろい無人島ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲87番交響曲86番フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンリュートピアノソナタXVI:10ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲81番交響曲79番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌カノンモテットオフェトリウムピアノソナタXVI:37スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲オーボエ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲34番交響曲18番交響曲77番温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:8ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサ新橋演舞場交響曲10番交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD剃刀ドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
172位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ