マッジーニ四重奏団のOp.77、Op.103(ハイドン)

マイナー盤を巡る旅は続きます。こちらも湖国JHさんから送り込まれたアルバム。

MagginiQ.jpg
amazon

マッジーニ四重奏団(The Maggini Quartet)の演奏で、ハイドンの弦楽四重奏曲Op.77のNo.1、No.2、Op.103の3曲を収めたアルバム。収録はPマークが1996年とだけ記載されています。レーベルははじめて見る英CLAUDIO RECORDS。

なにやら妖気漂うジャケットが気になります。ライナーノーツによれば、これはロンドンのテイト・ギャラリー蔵のサー・ジョシュア・レイノルズの1787年作の天使の頭部という絵とのこと。

マッジーニ四重奏団は、1988年に結成されたイギリスのクァルテット。クァルテットの名前は16世紀のイタリアのヴァイオリン製作者、ジョヴァンニ・パオロ・マッジーニに由来するそうです。イギリス音楽を得意としているようで、NAXOSからかなりの枚数のアルバムがリリースされています。ハイドンのアルバムは1996年の録音ということで、比較的早い時期の録音ということになります。調べてみると、このアルバムの他にハイドンのOP.33から3曲を録音しているようで、そのアルバムが彼らのディスコグラフィで一番古い録音のようです。これらのハイドンのアルバムの収録後、イギリス音楽の録音を重ねたという流れのようで、このアルバムの演奏は彼らの原点たる演奏といってもいいかもしれません。

このアルバム演奏当時のメンバーは下記のとおり。

第1ヴァイオリン:ローレンス・ジャクソン(Laurence Jackson)
第2ヴァイオリン:デイヴィッド・エンジェル(David Angel)
ヴィオラ:マーティン・ウートラム(Martin Outram)
チェロ:ミハウ・カズノフスキ(Michal Kaznowski)

ウェブサイトがみつかりましたので紹介しておきましょう。第1ヴァイオリンはすでに変わっていますね。

Maggini Quartet

さて、ちょっと不思議なジャケットが気になるマッジーニ四重奏団のハイドンの弦楽四重奏曲集。しかも最晩年に作曲された3曲ということで、出来はいかなるものでしょうか。

Hob.III:81 / String Quartet Op.77 No.1 [G] (1799)
快活な出だし。アンサンブルは適度に粗いものの音楽に一体感があり、悪くありません。録音はヴァイオリンの響きをうまく捉えて、多少デッド気味ながら木質系の弦の音色が美しいもの。ローレンス・ジャクソンのヴァイオリンはちょっと震えるような音色で、流麗とはいきませんが、不思議と印象に残る味のあるヴァイオリン。4人が対等に鬩ぎ合うアンサンブル。4人ともキレがいいので、アンサンブルは非常に緊密。音色の上ではチェロもかなりいい味出してます。味のある音色の演奏ですが、聴き所はタイトに攻め込むところ。まさに手に汗握るもの。意外にダイナミックレンジの広い演奏。
アダージョでは4人の呼吸をピタリと合わせながら、かなりメリハリをつけます。深淵とか、枯淡という言葉は似合わず、斧で手荒く彫り込んだ木彫のような風情。険しいわけでもなく、木肌のぬくもりも感じられる独特の表情。独特ながら音楽は確信に満ちて淀みなく、潔く流れていきます。クァルテットの演奏スタイルが鮮明なのは流石なところ。
メヌエットはキリリと鋭くグイグイ力強い音楽がが心地よい演奏。フレーズ毎のコントラストもかなり鮮明。演奏によってはくどく感じるリスクもありますが、潔さが勝っていい感じ。フィナーレも同様、タイトに攻め込みつづけてハイドンのフィナーレの複雑に絡み合うメロディーを解剖図を見るようなクッキリさで描いていきます。時折音程がふらつくところもありますが、それもいい意味で臨場感として聴かせてしまいます。1曲目から踏み込んだテンションの高い演奏。

Hob.III:82 / String Quartet Op.77 No.2 [F] (1799)
録音セッションが違うのか、音色に若干燻らしたような風味が加わります。すこし中域の柔らか味が加わり自然な響きになります。前曲のクッキリ明快な演奏スタイルに近いのですが、すこし余裕を感じるのが不思議なところ。やはり4人のアンサンブルはピタリと息が合って、音色に粗さはあるものの精度は見事です。聴き進めると前曲以上に曲の構成感にこだわり、テンポの変化とコントラストをはっきりとつけてきます。1楽章の最後はかなりテンポを落としてメリハリをつけます。
つづくメヌエットではチェロの素朴な音色がいい効果をあげています。鋭いヴァイオリンに対してチェロが柔らかくサポートしてタイトになりすぎないようにしています。
アンダンテに入ると雰囲気をガラリと変え、木質系の弦楽器の素朴な音色を楽しめと言っているような朴訥な演奏。変奏が加わり響きにタイトさが垣間見えるようになる部分もありますが、基本的にチェロの柔らかな音色に支配された幸せな音楽が流れ、ようやく終盤にクッキリとした響きが帰ってきます。
フィナーレはさざめくような気配をうまく表現しながら、クッキリとメロディーラインを描き、晴れ晴れとした表情が心地よい音楽をつくっていきます。ヴァイオリンはこの曲で一番の流麗さ。もともとテンションの高い表現でしたが、堂々とした風格が加わり曲が締まります。音色や演奏スタイルの変化を楽しめる玄人好みの演奏といっていいでしょう。

Hob.III:83 / String Quartet Op.103 [d] (before 1803)
ハイドン最後のクァルテットは気負いなくさらりサラサラした入り。リズムも練ることはなく、あっさりとした表情。必然的に4人の織りなす響きの綾に耳が集中します。適度に粗い音色がアンサンブルの面白さを際立たせているよう。中盤から持ち味であるクリアなテンションで音楽を膨らませてゆき、欲はないのに振幅の大きい音楽を作っていきます。適度に悟ったような晩年のハイドンの心境を感じさせながらも、音量を極端に抑えたところをもうけてクッキリコントラストをつけて曲の深みを表現しています。
最後のメヌエットは絶筆の楽章ですが、ハイドンに残された創意のエネルギーが消えゆくような絶妙な心情を感じさせる演奏。覇気に満ちた響きと、回想するような過去への憧憬、そして印象的な間をちりばめます。オルガンを思わせる重厚な響き、クリアなヴァイオリンの響き、絶妙なスロットルコントロールなどを織り交ぜ、複雑ながら深く心に残る音楽に仕立ててきました。表現意欲の塊のような演奏ですが、不思議にくどくなく、素直に聴くことができました。

イギリスの作曲家の演奏では知られたクァルテットだと想像されますが、ハイドンの弦楽四重奏曲の演奏は知る人ぞ知る、つまり知らない人は知らない存在であるマッジーニ四重奏団の奏でるハイドンの最後の3つのクァルテット。聴き込んでみると、実に深い音楽が流れます。洗練された演奏でも、流麗でも、精緻でもありませんが、かっちりと存在感のある響きを基調とした、表現意欲に富んだ演奏でした。これはいろいろな演奏を聴きこんだ、クァルテット好きの玄人向けの演奏でしょう。私は非常に気に入りました。彼らの音楽に対する真剣な姿勢が心を打つ演奏です。評価はやはり[+++++]を進呈すべきでしょう。

手元にないOp.33のアルバム、発注しました。到着が楽しみです。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.77 弦楽四重奏曲Op.103

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:14LPライヴ録音ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:5ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:3天地創造東京オペラシティヒストリカルディヴェルティメント古楽器東京芸術劇場リヒャルト・シュトラウス弦楽四重奏曲Op.54ロンドン軍隊交響曲102番太鼓連打交響曲99番時計交響曲97番奇跡交響曲93番交響曲95番驚愕交響曲98番ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:7フルート三重奏曲オーボエ協奏曲ライヒャロッシーニドニぜッティピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ひばりピアノ協奏曲XVIII:3ストラヴィンスキーシェーンベルクミューザ川崎マーラーチェロ協奏曲東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.20弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:268人のへぼ仕立屋に違いないピアノソナタXVI:31モンテヴェルディアレグリパレストリーナタリスバードすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6交響曲1番告別ピアノソナタXVI:39美人奏者四季交響曲70番迂闊者交響曲12番ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4SACDバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーベートーヴェンモーツァルトシューベルトピアノソナタXVI:38哲学者交響曲80番ラメンタチオーネ交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲51番交響曲35番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:23アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノ三重奏曲弦楽四重奏曲Op.64日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33騎士弦楽四重奏曲Op.74交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス武満徹無人島時の移ろい交響曲42番交響曲4番ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55王妃交響曲86番交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29リュートピアノソナタXVI:10ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番交響曲78番交響曲81番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌モテットカノンオフェトリウムスタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルクラヴィコードアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルクブーレーズ交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲18番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生ピアノソナタXVI:47bis音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲10番交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番変わらぬまこと交響曲107番交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲2番交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
105位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
6位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ