【新着】クラウディオ・アバド/モーツァルト管の協奏交響曲(ハイドン)

リリースが待ち遠しかったアルバムです。

AbbadoSC.jpg
HMV ONLINEicon / TOWER RECORDS

クラウディオ・アバド(Claudio Abbado)指揮のモーツァルト管弦楽団(Orchestra Mozart)の演奏で、モーツァルトのオーボエ協奏曲(K.314)とハイドンの協奏交響曲の2曲を収めたアルバム。収録は2013年3月20日から25日に行われたマドリードのオーディトリオ・デ・サラゴサとオーディトリオ・ナショナル・デ・ムジカのコンサートのライヴ。レーベルはアバドの録音ははじめてのリリースだと思われるスイスのclavesです。

今年の1月に亡くなってしまったアバド。昨年ルツェルン祝祭管との来日公演のチケットをとってあったんですが、体調不良のため中止になり、そのままステージに上がることなく亡くなってしまったことは以前記事にしております。晩年のアバドのマーラーは澄み切った心境が神々しいまでに昇華した素晴らしさでしたので、是非生で聴きたかったのですが、それもかないませんでした。

2014/01/21 : 徒然 : 【追悼】クラウディオ・アバド逝く
2013/09/12 : コンサートレポート : アバド/ルツェルン祝祭管来日中止
2013/05/18 : ハイドン–交響曲 : クラウディオ・アバドの98番、軍隊
2012/04/30 : ハイドン–協奏曲 : アドルフ・ハーセス/アバド/シカゴ響のトランペット協奏曲
2010/02/11 : ハイドン–交響曲 : アバドの「奇跡」

そのアバド、90年代にはハイドンの交響曲などを若手を集めたヨーロッパ室内管と録音しており、屈託なく切れ味鋭い演奏を聴かせていました。これらの録音は私のお気に入りのアルバムでもあります。最近まとめて再リリースされましたので、入手もしやすい状態です。

そのアバドが昨年、やはり自身で若手を集めて結成したモーツァルト管弦楽団と演奏したモーツァルトとハイドン。モーツァルトの方は、最近DGからライヴを中心にアルバムがいろいろリリースされていましがが、もはやアバドのハイドンが聴けるとは思っていなかっただけに、このアルバムがリリースされるという情報を知った時には驚きに近いものがありました。やはりアバドはハイドンの純粋無垢な音楽を忘れていませんでした。

オケのモーツァルト管弦楽団はアバドが2004年に設立したオケ。本拠地はイタリア、ボローニャ。団員は18歳から26歳に限られるとのことで、アバドがヨーロッパやベネズエラなどから優秀な若手奏者を集めて結成されたとのこと。このアルバムでのソリストは下記のとおり。

オーボエ:ルーカス・マシアス・ナバロ(Lucas Macías Navarro)
ヴァイオリン:グリゴリー・アース(Gregory Ahss)
チェロ:コンスタンチン・プフィッツ(Konstantin Pfiz)
ファゴット:ギョーム・サンタナ(Guilhaume Santana)

モーツァルトのオーボエ協奏曲のソロも兼ねるオーボエのルーカス・マシアス・ナバロはモーツァルト管の首席オーボエ奏者で、ヨーロッパ室内管弦楽団、ローマ聖チェチーリア国立音楽院管、マーラー・チェンバー・オーケストラ、ルツェルン祝祭管弦楽団、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席オーボエ奏者として活躍している人。そのほかの3名もマーラー室内管の首席奏者を務める実力派ということで、ソリストはアバドの薫陶を受けた若手といういところでしょう。

1曲目に置かれたモーツァルト、いきなり天真爛漫にゆったりと鳴るオケの響きの響きに惹きつけられます。晩年のアバド特有の力の抜けた表現。この澄み切った心境こそが音楽の真髄だと言わんばかり。若手奏者の演奏にも関わらず、表面的な表現意欲は皆無で、純粋無垢で爽やかな演奏。にこやかに見守るアバドの姿が目に浮かびます。音響処理が巧みでライヴとは思えない仕上がりですが、個人的には咳払いや拍手は残して、千載一遇のライヴの臨場感を味わいたかったところです。

Hob.I:105 / Sinfonia Concertante 協奏交響曲 [B] (No.105) (1792)
お目当てのハイドン。前曲のモーツァルトよりもオケの響きが柔らかく残響も自然。冒頭のオケの伴奏の天真爛漫さといったら例えようのないほど。音楽を演奏する喜びに満ちたオーラに満ち溢れています。ソリストはまさにオケに支えられて遊びまわるよう。オケの響きの柔らかさと自然さがこれほどまでとは思いませんでした。テンポは存分にゆったりとして、オケとソロの絡み合う面白さを落ち着いて楽しめます。アバドが晩年にたどり着いた澄み切った世界というところでしょうか。1986年の旧録音も良かったんですが、こちらは余裕がさらに増して、技巧や表現を超えた平安さを感じるレベル。ソリストも安心してアバドの棒にまかせて演奏している感じ。カデンツァでもソリストはアンサンブル重視。最後はオケが迎えに来てまとめる、幸せな気分になる演奏です。
アンダンテでもテンポはかなり落として、丁寧に丁寧にフレーズを描いていく姿勢は変わらず。ハイドンが4人の奏者を据えて協奏曲を描いた情景が想像できるような、楽しげなソロとオケのやりとり。ソロの各楽器のしっとりとした演奏が沁みます。4人の息がピタリと合って音楽に命が宿ります。
この曲の総決算的曲想のフィナーレですが、じっくりと落ち着いての入りから、徐々に躍動感と推進力を得ていくオーケストラの表情の変化が見事。軽々と吹き上がる機敏さがあるのですが、落ち着いた表情は崩さず、ゆったりと鳴り響きます。この自然なというか泰然とした表情のコントロールは奇跡的。よく聴くとソロもオケも隅々までアバド好みにコントロールされている緻密な演奏ですが、それにも増して自然で雄大な流れを感じさせます。オケとソロのバランス、ゆったりと分厚く響くオケ、ソロの自然な表情。すべてが完全に一体化した素晴らしい演奏と言っていいでしょう。

アバドが晩年にたどり着いた境地を象徴するような素晴らしいハイドンでした。ちょっと言葉になりません。音楽は表現を超え、自然な境地が心に残る演奏。録音を通してさえこの純粋無垢な音楽がつたわります。当日ライブを聴いた聴衆にはさらに多くのものが伝わったことでしょう。アバド自身が若手奏者を集めて音楽の真髄を伝えながら自らも楽しんでいた様子が伝わります。このハイドン、技術や表現を超えたところにある音楽自体が聴こえてくる絶品です。この曲を書いたハイドンの心がそのまま音楽になったような素晴らしい演奏でした。評価はもちろん[+++++]とします。多くの人に聴いていただきたい素晴らしいハイドンです。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 協奏交響曲 ライヴ録音

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは
当盤、こちらもポチったところです。
モーツァルトOで聴ける唯一のハイドンでしょうか、アバド最晩年に近い録音ですね、届く
のが楽しみです。

Re: No title

michaelさん、コメントありがとうございます。
アバドのハイドン、今後未発表のライヴなどがリリースされるということもあまり期待できそうにありませんので、これは貴重な録音となりそうですね。是非お楽しみください!
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

古楽器ラメンタチオーネアレルヤ交響曲3番交響曲79番チェロ協奏曲1番オックスフォード驚愕交響曲88番交響曲19番交響曲58番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲80番交響曲全集交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲12番交響曲11番交響曲10番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4バードタリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ