ペーター・ダム/ヘルムート・コッホのホルン協奏曲VIId:4(ハイドン)

今日は珍しいアルバム。

KockDammHr4.jpg
amazon

ヘルムート・コッホ(Helmut Koch)指揮のベルリン室内管弦楽団(Berlin Chamber Orchestra)の演奏でベルギーの作曲家アンドレ=エルネスト=モデスト・グレトリのバレエ組曲「共和主義者ロジエール(La Rosière républicaine)」、シュターミツのチェロ協奏曲、テレマンの2本のオーボエ、2本のホルンのための協奏曲、伝ハイドン作(ミヒャエル・ハイドン作?)のホルン協奏曲(Hob.VIId:4)、レオポルド・モーツァルトのトランペットと2本のホルンのための協奏曲の5曲を収めたアルバム。収録年、場所などの記載はありませんが、ヘルムート・コッホは1975年に亡くなっており、このアルバムのオケであるベルリン室内管の音楽監督であったのが1970年までとのことで、収録は1970年以前と想像できます。レーベルは独PILZ。

このアルバムはお察しのとおり、いつも私の所有盤リストにないアルバムを送り込まれてくる湖国JHさんからの課題曲。特にホルンものを偏愛されており、今回はホルン系のアルバムをいろいろお借りしております。今日はその中からの1枚。

アルバムを手にとってみるとジャケットには"East German Revolution BERLIN CHAMBER ORCHESTRA"と誇らしげなタイトルが付けられており、「東独の革命的存在、ベルリン室内管弦楽団」とでも訳せば良いのでしょうか。あまりに気になるタイトルゆえ、早速聴いてみると、ヘルムート・コッホ指揮のベルリン室内管の名演奏集に偽りなし。どの曲もしっとりとした響きの魅力と力感が絶妙なバランス。この中に収められた伝ハイドンのホルン協奏曲もこれまた味わい深い名演ということで、ハイドンの真作ではありませんが、純粋に楽しめる演奏として取り上げました。

ヘルムート・コッホの演奏は過去に4回取り上げています。コッホの略歴などは天地創造新盤の記事を御覧ください。

2012/07/03 : ハイドン–協奏曲 : ウィリー・クルッグ、ヘルムート・コッホ/ベルリン室内管のトランペット協奏曲
2011/12/11 : ハイドン–声楽曲 : ヘルムート・コッホ/ベルリン放送響のネルソンミサ
2011/07/31 : ハイドン–オラトリオ : 【新着】ヘルムート・コッホの天地創造旧盤
2011/07/26 : ハイドン–オラトリオ : ヘルムート・コッホの天地創造新盤

ホルン協奏曲でホルンを吹いているペーター・ダムについても一度取り上げています。ダムの略歴などは下の記事をご参照ください。

2013/11/18 : ハイドン–協奏曲 : ペーター・ダムのホルン協奏曲(ハイドン)

さて、肝心のホルン協奏曲のレビューをしておきましょう。

Hob.VIId:4 / Concerto per il corno [D] (1781) by Michael Haydn?
ちょっと古びた録音ですが、燻らしたような響きがむしろいい味。オケの響きは実に艶やか。落ち着いた伴奏が実にいい雰囲気。ホルンの入りも実に落ち着いたもの。ゆったりと響くオケに合わせて、ホルンは意外に正確なリズムを刻みながら合わせてきます。ホルンのテクニック的には難しくない曲でしょうから、落ち着いて美音を響かせることに集中しているよう。この作為のない演奏こそ曲の面白さが引き立つというもの。シンプルなメロディーながら中盤以降、ちょっと難しそうな音階を事も無げに、しかも注意深く吹いていきます。カデンツァではまろやかなホルン独特の音色の面白さが際立ちます。コッホのコントロールするオケの艶やかさが印象的。
ぐっと沈んだ短調のアダージョ。ここでもオケのしっとりとした音色が素晴らしいです。ハープシコードもゆったりと伴奏を刻むことで癒しのような伴奏となり滔々と流れる音楽にうっとり。こうした深い呼吸のフレージングがはまって曲の美しさがいっそう強調されます。旧東独の堅実な演奏の魅力炸裂です。ハイドンの作かどうかの真贋など気にならなくなる演奏の深み。指揮者と奏者の完璧な信頼感に裏付けられた演奏と言っていいでしょう。このアダージョは見事。
アダージョの暗い淵のような曲調から、さっと陽の光が射したような明るい表情に変わります。テンポはゆったりしたままですが、音楽の表情の変化の鮮やかさが見事。ゆったりしてはいても推進力と躍動感もかなりあり、表情のコントロールの巧みさに驚きます。ダムのホルンもしっとりとした音色を保ちながら、表情の変化の面白さを十分意識してメロディーを刻んでいきます。最後のカデンツァも落ち着いた演奏で締めました。

先に書いたように、ハイドンの作かどうかなど全く気にならず、このホルン協奏曲の演奏じっくりと楽しめる名演奏といっていいでしょう。現代の演奏は音楽の美しさを純粋にこれだけ引き出すことを忘れてしまっているかもしれません。古典派の曲に仕組まれた美しさと癒しをここまで引き出す音楽性は並ではありません。ヘルムート・コッホしかり、ペーター・ダムもしかりです。これはこれで素晴らしい演奏と言っていいでしょう。評価は[+++++]です! 幸いamazonでは安く手に入りますので、是非、この癒しに満ちた演奏に触れてみてください。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ホルン協奏曲

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

交響曲12番迂闊者古楽器交響曲70番ライヴ録音天地創造太鼓連打東京芸術劇場マーラーピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:11アコーディオンバリトン三重奏曲SACDスコットランド歌曲ヴェルナーディヴェルティメントガスマンシューベルト東京オペラシティベートーヴェンモーツァルトヒストリカルピアノソナタXVI:38ピアノソナタXVI:31アンダンテと変奏曲XVII:6LP交響曲80番ラメンタチオーネ交響曲67番哲学者ピアノソナタXVI:24美人奏者交響曲51番交響曲46番交響曲35番協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲DVDファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:52交響曲47番ピアノソナタXVI:48十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:20アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76皇帝ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度四季交響曲1番ピアノ三重奏曲弦楽四重奏曲Op.64ひばり日の出チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:32ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.33軍隊リヒャルト・シュトラウス騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:27ピアノソナタXVI:1弦楽四重奏曲Op.103シベリウス武満徹時の移ろい交響曲4番交響曲42番無人島ベルリンフィル交響曲19番ホルン信号告別弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54交響曲87番王妃交響曲86番弦楽四重奏曲Op.9フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:29驚愕時計ロンドンリュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番交響曲78番交響曲81番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードカノンオフェトリウムモテットドイツ国歌ピアノソナタXVI:37スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35交響曲84番パリセットベルクブーレーズピアノソナタXVI:6交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番オーボエ協奏曲リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲97番交響曲77番交響曲18番交響曲34番ストラヴィンスキー温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノ小品ピアノソナタXVI:11音楽時計曲ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番シェーンベルクリストピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:12変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場8人のへぼ仕立て屋に違いない弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサ新橋演舞場交響曲10番交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD剃刀ドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲108番交響曲107番変わらぬまこと交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ