パスカル四重奏団の「五度」(ハイドン)

本日はなんとなく古い演奏を聴きたくなって取り出したアルバム。

PascalQ.jpg

パスカル四重奏団(Quatuor Pascal)の演奏による、バッハのフーガの技法よりコントラプンクトゥスNo.1、ハイドンの弦楽四重奏曲Op.76のNo.2「五度」、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第3番Op.18-3、同じくベートーヴェンの弦楽四重奏のための大フーガOp.133の4曲を収めたアルバム。ハイドンの収録は1948年。レーベルは原盤はEMIですが、今日取り上げるアルバムは新星堂が復刻している「フランスの弦楽四重奏団ー名演の遺産1928-1956」というシリーズの第17巻。

このアルバムはしばらく前にディスクユニオンで発見したもの。調べてみると2000年に新星堂がフランスの弦楽四重奏団というシリーズで全20枚にわたってリリースされたなかの1枚。このシリーズの存在は知ってはいましたが、手に入れるのははじめてのこと。ライナーノーツには弦楽四重奏に詳しい幸松肇さんによる「フランスに於ける弦楽四重奏小史」と題された記事が添えられており、近代弦楽四重奏の発展におけるフランス系の弦楽四重奏団の役割などが詳しく書かれた貴重なもの。

ライナーノーツによれば、パスカル四重奏団は、ヴィオラ奏者のレオン・パスカルがマルセイユで1941年に設立したクァルテット。当初パスカル四重奏団と名乗っていたものの、その後フランス国立放送管弦楽団に所属して、1944年からR.D.F弦楽四重奏団、1945年からはO.R.T.F.弦楽四重奏団という名称となったということですが一般には当初のパスカル四重奏団という名で知られていたとのこと。レオン・パスカルは1899年、モンペリエ生まれのヴィオラ奏者。1919年から自身を含む3兄弟によるパスカル四重奏団として活動し、その後マルセル・シャイー四重奏団、カルヴェ四重奏団などで活動。1941年、ヴァイオリンのジャック・デュモンに呼びかけパスカル四重奏団を結成し、1960年まで活動を続けました。メンバーは下記のとおり。

第1ヴァイオリン:ジャック・デュモン(Jacques Dumont)
第2ヴァイオリン:モーリス・クリュー(Maurice Crut)
ヴィオラ:レオン・パスカル(Léon Pascal)
チェロ:ロベール・サル(Robert Salles)

解説によれば、第1ヴァイオリンのジャック・デュモンの軽快極まるボウイングに対比される重量豊かなボウイングの妙味、即興的フレージングなど、悪魔的ともいえるほどの魅力が潜んでいることが特徴とのこと。いやいや悪魔的とまで書かれてはその演奏に興味をそそられるところです。

Hob.III:76 / String Quartet Op.76 No.2 "Quintenquartetett" 「五度」 [d] (1797)
バッハの小曲のまさに悪魔的な演奏に続いてハイドンの名曲「五度」。SP原盤ということで心地よい針音に乗ってアンサンブルが聴きなれた五度のメロディーを奏でていきます。アンサンブルの精度はそれなりですが、冒頭からかなりせめぎ合う緊密なやりとり。速めのリズムに乗って、第1ヴァイオリンのジャック・デュモンはかなり自在な弓使い。1948年の録音というのが信じがたい鮮明さでかなり踏み込んだ演奏。しなやかではありますが、各奏者がクッキリとメロディーにメリハリをつけながら、アンサンブルとしてもかなりの緊張感を孕みながら、音を重ねていきます。カペー四重奏団のような古き良きスタイルとは異なり、演奏スタイルは古さを感じさせません。速めのテンポでグイグイ攻めていくからでしょうか。
2楽章もテンポは速めでサクサクと進めますが、メロディは妙に色っぽく、速さからすると十二分に表情は豊か。こうした演奏スタイルは現代ではほとんど聴かれなくなってしまっています。この濃いニュアンスこそフランスのクァルテットの真骨頂でしょうか。
メヌエットは逆に直裁さを表現しようということか、ボウイングも素直で堂々としたもの。楽章間の対比がかなり明確に表現されています。そしてフィナーレは再び速いテンポながら濃いめの表情に戻ります。タッチの軽やかさで聴かせる部分のキレはなかなかのもの。そして濃いめの表情との対比は言うなれば悪魔的。モーツァルトのデモーニッシュさとは異なり、天才肌のジャック・デュモンの妙技の冴えを評しての言葉ということでしょう。

いまから60年以上前に録音されたハイドンの五度。鮮明な録音で聴く現代のクァルテットとは異なり、精緻さは求められない代わりに表現の濃さこそが聴きどころとされた時代の貴重な録音です。この演奏、数多の演奏のなかから60年以上の歳月を超えて聴き継がれる理由のある演奏でしょう。ポルタメントを効かせた古き良き時代のハイドンとは異なり、このクァルテッットにしか奏でられない艶やかかつキレの良い妙技を尽くした音楽を聴くことができます。偉大な個性を聴くと言う意味で聴きつづけられるべき演奏でしょう。評価は[++++]とします。やはりクァルテットを聴きこんだベテラン向けの演奏です。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.76 五度

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

美人奏者ピアノソナタXVI:39四季迂闊者交響曲12番古楽器交響曲70番ライヴ録音天地創造太鼓連打東京芸術劇場マーラーピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:11アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:7SACDバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ディヴェルティメントヴェルナーガスマンベートーヴェンシューベルトモーツァルト東京オペラシティLPピアノソナタXVI:38ヒストリカルピアノソナタXVI:31アンダンテと変奏曲XVII:6哲学者ラメンタチオーネ交響曲80番交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲46番交響曲51番協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲DVDピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:52ファンタジアXVII:4交響曲47番ピアノソナタXVI:48十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20アリエッタと12の変奏XVII:3サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76皇帝ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50五度ラルゴ交響曲1番ピアノ三重奏曲ひばり日の出弦楽四重奏曲Op.64チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:36ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.1リヒャルト・シュトラウス軍隊騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:27弦楽四重奏曲Op.103シベリウス武満徹交響曲4番時の移ろい無人島交響曲42番ベルリンフィルホルン信号交響曲19番告別弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54交響曲86番王妃交響曲87番弦楽四重奏曲Op.9フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:29驚愕時計ロンドンピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲79番交響曲81番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードカノンモテットオフェトリウムドイツ国歌ピアノソナタXVI:37スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35交響曲84番パリセットベルクブーレーズピアノソナタXVI:6交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲オーボエ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲97番交響曲18番交響曲34番交響曲77番ストラヴィンスキー温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタXVI:47bis音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番シェーンベルクリストピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:8ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場8人のへぼ仕立て屋に違いない弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD剃刀ドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲107番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
181位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
13位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ