エルヴェ・ジュランのホルン協奏曲など(ハイドン)

本日はホルンもの。

HerveJoulain.jpg
amazon

ホルンのエルヴェ・ジュラン(Hervé Joulain)が様々な演奏家を招いて、ハイドンのホルン三重奏曲(Hob.IV:5)、ホルン協奏曲(VIId:2)ほか合わせて8曲を収めたアルバム。ホルン三重奏曲のヴァイオリンはジャン・ジャック・カントロフ(Jean-Jacques Kantorow)、チェロはロラン・ピドゥー(Roland Pidoux)、ホルン協奏曲はフィリップ・ヘレヴェッヘ(Philippe Herreweghe)指揮のフランス放送フィルハーモニー管弦楽団(Orchestre Philharmonique de Radio-France)の演奏。収録は1994年の3月から5月にかけて、パリのフランス放送103スタジオでのセッション録音。レーベルは仏ARION。

アルバムの企画はジュランが有名奏者を招いて様々なホルンの難曲を弾くというリサイタルのような仕立て。ハイドンの2曲の他はシニガリア、モーツァルト、リヒャルト・シュトラウス、ケックラン、フランツ・シュトラウス、グリエールのホルンが活躍する曲。

エルヴェ・ジュランは1966年ボルドーの北にあるサン=ロマン=レ=メル(Saint-Romans-lès-Melle)生まれのホルン奏者。1987年に20歳の若さでマルク・ヤノフスキ時代のフランス放送フィルの首席ホルン奏者に就任したとのことで早くから才能が開花。10年後にはシャルル・デュトワ時代のフランス国立管の首席ホルン奏者に、そしてその後マゼール率いる、イタリアパルマのトスカニーニフィルの首席奏者となっています。オーケストラでのみではなく、パリ・バスティーユ吹奏八重奏団のメンバーとして多数の録音があり、またソリスト、室内楽でも活躍しているとのことで、共演者はバーンスタイン、メータ、バレンボイム、ブーレーズ、マゼール、ジュリーニ、ムーティ、小澤征爾など一流どころが並んでいます。

私自身ホルン奏者に詳しいわけではありませんので、ジュランのアルバムを聴くのは初めてのこと。しかもハイドンのホルンの難曲、ホルン三重奏曲でカントロフ、ホルン協奏曲ではヘレヴェッヘとの共演ということで興味津々ですね。遅ればせながらこのアルバムも湖国JHさんに借りているものです。いつもながらマイナーではありますが、実に興味深い演奏を送り込んでこられます。

Hob.IV:5 Divertimento à tre [flat] (1767)
聴きなれたシンプルな曲。ジュランのホルンは軽快。バウマンのように磨きぬかれた正確な安定感という感じではなく、さらりと爽快な印象。リズム感は抜群で、音に力があります。音階のキレも素晴らしいですね。録音のバランスは自然なままなのでしょうが、ホルンの音量が勝る感じ。スタジオでの収録ですが適度に残響もあり、部屋に響く感じが程よく加わって、小ホールでの録音のような印象。カントロフのヴァイオリンは軽々としたタッチで、曲の軽さをよく表現しています。アンサンブルの制度は抜群。最後のカデンツァのような部分でホルンが法螺貝のごときテクニックで聴かせる音階のジャンプが見事。

Hob.VIId:3 / Concerto per il corno [D] (1762)
こちらも速めのテンポでの軽快な入り。ヘレヴェッヘは古楽器のイメージがありますがフランス放送フィルは現代楽器オケ。ヴィブラートは抑え気味で響きに透明感があります。ジュランのホルンは前曲そのまま軽快そのもの。変に緻密な感じがなく、適度に開放感があっていい感じ。オケも同じテイストで、楽天的な軽快さ。イキイキとした表情は流石ヘレヴェッヘ。こちらも録音はそこそこいいのですが、ホルンのソロとオケが一体となって聴こえ、協奏曲としてはもう少しオケを引いて録ったほうたソロが引き立ちますね。1楽章のカデンツァはジュランの自然ながらさりげない軽さとホルンの音色の存在感を感じさせる見事なもの。
聴きどころのアダージョ。ヘレヴェッヘはゆったりとしながらも、適度な規律を感じさせる流石のサポート。ジュランは爽やかさたもちながら、徐々に音程とテンポを落とし、ホルンの絶妙な音色を紡ぎ出していきます。ジャケットの姿通り爽やかなイケメンキャラを崩しません。何度聴いてもゾクゾクするホルンの低音の唸るような音色。ハイドンの楽器の音色の魅力を踏まえた音楽の素晴らしさに打たれるところ。カデンツァは短いながら深々としたホルンの音色の魅力を際立たせます。
フィナーレでもヘレヴェッヘは素晴らしい安定感でオケをコントロール。軽さと節度を保ちながらイキイキとした表情を作っていきます。ジュランは一貫して爽やか。フランス人らしい華やかさも持っているので実に上品な演奏。よく聴くと音階の切れ目のアクセントが効いているのでこの活気が感じられることがわかります。最後のカデンツァでのホルンの高音と低音のコントラストをうまくつけて聴かせています。実に爽やかな演奏でした。

フランスのホルン奏者エルヴェ・ジュランのホルンによるハイドンの名曲2曲。ジュランのホルンはやはりフランスらしい華やかな爽やかさを基調としたもので、ハイドンの名曲に独墺系の演奏とは異なる華やかな余韻が感じられる名演でした。共演するカントロフのヴァイオリンやヘレヴェッヘ/フランス放送フィルのサポートも万全。ジュランのこだわらない自然な妙技が楽しめるいいアルバムでした。ハイドンの2曲の評価は[+++++]とします。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ホルン三重奏曲 ホルン協奏曲

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103古楽器ピアノソナタXVI:378人のへぼ仕立屋に違いないファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:46アレグリモンテヴェルディ東京オペラシティパレストリーナバードタリスすみだトリフォニーホール天地創造ライヴ録音ピアノ協奏曲XVIII:11マーラーストラヴィンスキー弦楽四重奏曲Op.9アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:48告別ヒストリカル交響曲1番交響曲97番ピアノソナタXVI:39美人奏者四季交響曲12番迂闊者交響曲70番東京芸術劇場太鼓連打ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:3バリトン三重奏曲SACDスコットランド歌曲ディヴェルティメントヴェルナーガスマンモーツァルトシューベルトベートーヴェンLPピアノソナタXVI:38哲学者ラメンタチオーネ交響曲80番交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20アリエッタと12の変奏XVII:3サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌ皇帝弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出ひばり弦楽四重奏曲Op.64チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33リヒャルト・シュトラウス軍隊騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:27ピアノソナタXVI:1シベリウス武満徹交響曲4番無人島交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲87番交響曲86番フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンリュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲78番交響曲79番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌モテットオフェトリウムカノンスタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番オーボエ協奏曲リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲34番交響曲18番交響曲77番温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD剃刀ドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲62番変わらぬまこと交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ