【番外】勝沼ワイナリー紀行

東京の桜は先週が見頃。そこここの桜が咲き誇り、お花見スポットは大勢の人で賑わっていましたが、今週末には散り始めてしまいました。毎年のことながら一瞬の儚い出来事だと思い返すばかりです。

土曜日は甥っ子たちが遊びにきて入学祝いの食事をしたり、甥っ子たちにせがまれて実に久々にバドミントンをしたりと賑やかな1日を送りました。ということで日曜日はゆっくりブログでも書こうかと思っていた矢先、当ブログにもコメントをいただく山梨在住のMKさんのブログに今週末、山梨の桃の花が見頃との情報を発見して、これは見逃す手はないとのことで、山梨にいってみることにしました。

日曜は東京は朝からあいにくの雨。ちょっと前まではドライブの日は早起きして、渋滞の波の前に高速を走るという作戦でしたが、最近はお昼近くに渋滞の波の後に出かけるという戦法も有効だということがわかり、遅く出るというパターンが続いています。日曜日も後者の戦法ということで家を出たのが11時ちょうどくらい。雨の予報に行楽目当ての皆さんは外出を控えているようで、渋滞もなく中央高速はスイスイ流れていました。いつものように1時間くらい走ったところでトイレ休憩。この日はお目当て勝沼のちょっと手前の初狩パーキングエリアで車を停めます。

IMG_1515_20150406220656f5f.jpg

パーキングエリアの小型車エリアが空いていなかったので、奥の大型車駐車スペースまで行って車を停めます。すぐ横には周りの山の名が記された展望マップがあり、しげしげと眺めると正面の稜線の山は知らぬ山ばかり。この日はどんよりと雲がかかっていましたが、晴れていれば中央の山の右側に富士山が顔をだすようです。ふと横を見ると、献花台と書かれた小屋がありました。

IMG_1516_20150406220657394.jpg

近づいてみると、これは以前にこの先の笹子トンネルの天井板が崩落した事故の献花台であることがわかりました。実は私もこの事故のちょっと前に笹子トンネルを通って温泉に行っていたので、事故のニュースの時には他人事と思えないほどびっくりしたものです。調べてみると事故があったのは2012年12月2日のことでした。ちょっと時間が経つとだんだん記憶が薄れてきてしまうものですね。

さて、休憩も済んで出発。程なく問題の笹子トンネルを抜けるとあっという間に勝沼インターです。その間周りの山にちょこちょこと満開の桜が顔を出しています。東京より1週間遅れくらいでしょうから、今が見頃というところでしょう。時刻はお昼を少し回ったところなので、インターを出たところで食べログアプリで近くのレストランを検索。すると出てきたのがこちら。

IMG_1524.jpg

原茂ワイン | 原茂園

勝沼の中央、インターから車で5分ほどのところにある原茂ワインにあるカフェレストラン、カーサ・ダ・ノーマが非常に評判がよいということで、行ってみます。原茂ワインは名前は知っていましたが、訪問するのははじめて。ついてみると看板といい佇まいといい、なかなかいい感じ。駐車場に車を停め、看板を目当てに入り口から入ると右手がワインショップの建物。

IMG_1522.jpg

この建物の2階のテラスからお客さんの声が聞こえてきますので、ここがカフェでしょう。ワインショップに入ると、レストランの順番を待つお客さんが一組、そしてファミレスのように名前を書くボードが置いてあり、それに記入して順番を待ちます。

IMG_1533_201504062207506c0.jpg

1階はワインショップとカフェレストランのスペースで、暖炉に火がくべてありました。この日も曇りながらちょっと肌寒かったので暖炉の前の椅子にかけて順番を待ちます。炎の揺らめきを眺めながらしばしのんびり。

IMG_1528_20150407001841ca0.jpg

待っている間に庭に出てみると、まずは気になるのが庭中に枝が張り巡らされている葡萄の大木。入り口横に大木の幹があり、そこから伸びる枝が中庭全体に伸びています。葉や実がつく頃にはこの中庭の風情も一変していることでしょうが、今は逆に枝ぶりだけが目について、これもこれでアーティスティック。一体何年たつとこのように枝が巡るのでしょうか。

IMG_1529.jpg

そして奥の方には番犬くんが繋がれています。恐る恐る近寄ってみますが、まったく動じずまぶただけ動かしてこちらをチラ見するだけで、こちらに反応する気配がありません。お客さん慣れしているというより、かなり不精な犬なのでしょう(笑)

IMG_1523_20150406220702255.jpg

そして中庭のそこここに水仙の花が咲いています。こちらは葡萄の樹の根元に咲くオレンジの花弁のもの。

IMG_1521.jpg

こちらは黄色い花弁のもの。こうして近くに色の違う水仙があるのもなかなか風情があります。ほどなく順番がきて呼ばれます。1階から古民家の急な階段を上ると2階がカフェレストランです。

IMG_1534.jpg

席に着くとお姉さんがメニューを見せながら料理やワインの説明をしてくれます。食事はパンの気まぐれブランチとカレーの2種のよう。もちろんワイナリーですのでドライバー以外はワイン目当て。カレーではワインの風味が消えかねないということで3人ともおすすめの「パンの気まぐれブランチ」を注文。注文はレジにて先払い。

IMG_1536.jpg

飲み物はもちろんワイン。甲州のシュールリーと赤の甲斐ノワール、ドライバー用の葡萄ジュースを注文。流石にワイナリーゆえ葡萄ジュースも濃厚で旨いですね。

IMG_1541_20150406220748317.jpg

パンの気まぐれブランチはワンプレートで出てきますが、かなりのヴォリューム。野菜中心でソーセージとポタージュが付きます。中でも軽く炙って塩を振っただけの舞茸がいい香りを放っています。ブランチプレートだけで3人ともお腹いっぱい。ワインもこの雰囲気で飲むのは旨いに決まってます。ベランダからは勝沼の山並みが望め、また隣にあるお寺の満開の桜が目に入ります。

食事を終え、母親にはちょっとキツイ急な階段を下りて1階のワインショップで赤白1本づつお土産にいただきました。

IMG_1543.jpg

外に出ると先ほどの番犬くん、位置は変わってますが、まぶただけ動かしてこちらをチラ見するだけなのは変わらず。なかなかの存在感です。

原茂ワイン、初めての訪問でしたが、食事も美味しくのんびりさせていただきました。

さて、気になるのは隣のお寺。地図でみると泉勝院(センショウイン)という曹洞宗のお寺。原茂ワインの駐車場のすぐ横ですが、手入れの行き届いた桜の巨木が目を引きます。

IMG_1545.jpg

さすがにお寺だけあって桜も枝ぶりがいい。しかも今が満開ということで、ワイナリーの付加価値をあげるくらいの素晴らしさ。垂れ下がる枝の花に見とれます。

IMG_1546.jpg

桜の樹の下には気になる風情のお地蔵さんがいくつかあります。

IMG_1547.jpg

素朴なフォルムにこちらも微笑ましくなります。

IMG_1550.jpg

本堂の前にはしだれ桜もあり、こちらもそろそろ満開。しだれ桜は独特の可憐なピンク色で実に華やか。曇り空でしたがまわりがパッと明るくなったようです。

IMG_1552.jpg

そしてその横のレンギョウ。まさに春の花が咲き乱れる境内です。ただし、もっとすごいのがこちら。

IMG_1551_20150406221351089.jpg

境内に2本立つ松の木。長年にわたる植木屋さんの丹精の結果でしょうか、一流の盆栽が実物大になったよな見事な枝ぶりの松の木が2本。あまりの見事さに度肝を抜かれるとはこのこと。駐車場に車を停めたまま、しばらくお寺の花と木々をたのしませてもらいました。



さて、せっかく勝沼まで来たので、もう一つくらいワイナリーに行ってみようということで、数あるワイナリーから選んだのがこちら。

IMG_1555.jpg

原茂ワインから車で10分ほどのところにある勝沼醸造。

勝沼醸造株式会社

こちらは自宅近くの酒屋、籠屋の店頭で一押しとなっているワイナリー。この看板同様のちょっと気になるタッチのラベルが印象的なワイナリーです。カーナビに勝沼醸造をせっとして、ナビの指示通り来てみると、この看板ですぐわかりました。

IMG_1556.jpg

看板同様、ワイナリーは非常に洗練され、お客さんをもてなそうとする心が見えるような造り。木造の建物に入るとすぐにワインショップがありますが、傍には綺麗に設えられた倉庫があり、ワインを貯蔵する樽が積まれています。

IMG_1559.jpg

この雰囲気、いいですね。あたりを見回っていると、ショップの店員さんが声をかけてくれました。いろいろ試飲できるようなので、せっかくということで先ほど原茂ワインで一杯いただいている嫁さんが試飲。ドライバーに気を使ってくれて、ぶどうジュースも出してくれました。勧められるままに試飲して、やはり甲州を使った白が旨いということでお土産に白を2本仕入れました。

IMG_1580.jpg

こちらが御坂甲州樽熟2011。

IMG_1581_20150407233610270.jpg

そしてこちらが大和甲州2013。・どちらもあまり東京では見かけないもの。普段買うものよりちょいと値段が張りますが、今月は結婚記念日でもあり、妙に気が大きくなってます(笑) どちらも開けるのが楽しみなワインです。

IMG_1557.jpg

いろいろ親切にしてもらって、帰り際に先ほどの樽が置かれた倉庫の2階にオーナーの好みで集められたリーデルのワイングラスコレクションがあると聞き、上がってみます。ワインの作り手がグラスに興味があるのは頷けます。たかがグラスですが、ワインに仕込まれた香りをできるだけ理想的に味わってほしいとの思いも感じられる展示でした。

IMG_1553_20150406221354672.jpg

ワイナリーを出て、ふと道路をみると、マンホールの蓋が葡萄柄! さすが勝沼ということでしょう。



ワイナリーを2つ巡り、レストランで美味しい食事も堪能しましたので、そろそろ温泉という流れになってきました。このあたりだとぶどうの丘の天空の湯や、ほったらかし温泉などが射程距離ですが、どちらもわりと最近行っています。ということで選んだのはこちら。

IMG_1563.jpg

山梨の湯:草津温泉

草津温泉という名の温泉銭湯(笑)。甲府市内です。わざわざ勝沼から甲府まで行ったのは、途中花盛りと聞いていた甲府盆地の桃の花を眺めながらドライブがてらにというのと、この草津温泉、初めて行ったのは30年ほど前で、良いお湯とわかっていたからです。

ここを初めて訪れたのは学生時代、南アルプス北岳に登った帰り。北岳登山の入り口広河原から友人共々タクシーでの帰りがけ、タクシーの運ちゃんの勧めで寄ったのがきっかけ。登山でヘトヘトになった体に温泉は効きます。熱めのお湯で甲府特有のモール泉掛け流し。もちろんそのあとは居酒屋に直行で登山と温泉で絞った体に再びビールを満たして幸せになったものです。
以来何度かここにきていますが、久しぶりの訪問。相変わらず掃除が行き届いていて清潔。そしてお湯も最高でした。

IMG_1561.jpg

高音湯の温度計をみると45度あたり。適温です。すぐ隣に水風呂、しかもこちらも地下水掛け流しで、いい具合に冷たい。この高音湯と水風呂を何度も往復しているうちに昇天。いやいや素晴らしい。ドライブの疲れも吹き飛びました。ここは狭いながらも露天風呂もあり、天国のような温泉銭湯です。勝沼からわざわわやってきた甲斐があるというものです。

温泉を上がって母親と嫁さんの上がってくるのを待つ間、雨上がりの中のんびりさせてもらいました。いやいやうちの近くにもこんな温泉があればと思うことしきり。

時刻は17:00近くということで、そろそろ帰途につく時間。渋滞情報をみるといつも通り中央高速は小仏トンネル前で10キロほどの渋滞。ほどよく流れることを期待して甲府昭和インターから高速に乗りますが、走っているうちに渋滞は解消に向かい、ほとんど滞ることなくすんなり帰れました。これも東京が雨だったから出かける人が少なかったということでしょう。勝沼、甲府ではそれほど降られることなく、ぱらついた程度でワイナリーや花を楽しむことができました。肝心のピンクに染まる桃畑の写真は撮り損ねました。そちらはMKさんのブログでお楽しみください!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ご紹介ありがとうございます

私のブログまで紹介していただき、ありがとうございます。
当地も今週は菜種梅雨でしょうか、毎日雨模様が続いております。
お陰で桃の花を愛でようにも動きがとれない有り様。
桃の花も気温が低いため、もう暫く楽しめそうです。
農家の方も摘花作業が遅れていると思います。
それどころか、今朝など気温も低く雪の心配間でする始末。
雨が上がり、お日様が顔を見せないことには、桃の花どころか結実の方を心配しなくてはなりません。
まあ、例年同じような事がありますので大丈夫と思います。
次のご来県もよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。

Re: ご紹介ありがとうございます

MKさん、コメントありがとうございます。
今日は東京も冷たい雨。多摩西部では雪が降っていたようです。これで桃や桜も楽しめる日が長くなればいいですね。東京での生活を考えると山梨は夢の国のようです。花あり、温泉あり、自然あり、ワインありと言うことなし。東京からも道が空いていれば小一時間で行けるのもいいですね。

また、寄らせていただきますので、宜しくお願いいたします。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:39サントリーホールブルックナーマーラーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉LP交響曲97番告別交響曲90番交響曲18番アレルヤ奇跡交響曲99番弦楽四重奏曲Op.64ひばりフルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネ交響曲86番モーツァルトヴァイオリン協奏曲ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ベートーヴェン驚愕哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹SACDライヴ録音チェロ協奏曲古楽器交響曲19番交響曲81番交響曲全集交響曲80番マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードピアノソナタXVI:20豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティチェロ協奏曲1番交響曲9番交響曲10番交響曲11番交響曲12番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲2番交響曲4番交響曲37番交響曲1番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメント東京芸術劇場リヒャルト・シュトラウス交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:35ロッシーニドニぜッティライヒャオーボエ協奏曲ピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ミューザ川崎ストラヴィンスキーシェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31タリスバードモンテヴェルディパレストリーナアレグリすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲46番交響曲51番協奏交響曲DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士弦楽四重奏曲Op.74交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードカノンオフェトリウムモテットドイツ国歌スタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番変わらぬまこと交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ