【新着】ロジャー・ノリントン/チューリッヒ室内管のパリ交響曲集(ハイドン)

気になっていたアルバムが到着。

NorringtonParis.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV ONLINEicon

サー・ロジャー・ノリントン(Sir Roger Norrington)指揮のチューリヒ室内管弦楽団(Zurich Chamber Orchestra)の演奏で、ハイドンのパリ交響曲集を収めた3枚組のアルバム。収録は2013年6月26日、7月9日から10日チューリッヒのZKO-hausでのセッション録音。ZKOはオケの略称で、ホールでもありリハーサルもできる多用途スタジオといったところでしょうか。レーベルはSONY CLASSICAL。

ノリントンは気になる指揮者。最近N響にも客演しているので、日本での知名度も上がってきているでしょう。映像で見るノリントンは作曲者が音符に吹き込んだメッセージとは全く関係なくノンヴィブラートのピュアな響きで音楽を自在に操るのを楽しむような実にユニークな指揮ぶり。このアプローチはハイドンにこそ好適だと思っているのですが、これまでリリースされている交響曲のアルバムは、そのノリントンの自在な魅力が捉えられているかというと、案外そうでもありません。古くはEMIによるザロモンセット後半の6曲、そしてHässler CLASSICによるザロモンセットのライブなどがありますが、いずれもちょっと条件が良くなく、ノリントン節を堪能するというところまでいってません。むしろ良かったのは天地創造と四季。

2014/10/22 : ハイドン–管弦楽曲 : ノリントン/カメラータ・ザルツブルクの十字架上のキリストの最後の七つの言葉(ハイドン)
2010/06/26 : ハイドン–オラトリオ : ノリントンの四季、到着
2010/06/20 : ハイドン–オラトリオ : ノリントンの天地創造
2010/03/18 : ハイドン–交響曲 : ノリントンの新旧交響曲集

そして直近に聴いた「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」も良かったですね。ということで今日取り上げるアルバムは最近のノリントンの良さをうまく表せているかどうかがポイントですね。

このアルバム、HMV ONLINEなどではその録音の良さなどに評判が集中してきましたが、これはいい。これまでのノリントンによる交響曲のどの録音よりもノリントンの良さがうまく録られています。じっくり落ち着いた入り。そしてオケが実に良く鳴って、弱音から強音への吹き上がりも見事。そしてノリントンらしい突然レガートになったり、意表をつくアクセントを仕込んだりという変化。最近はファイなどによる斬新な演奏の影響もあり、自在な表現へのアレルギーもあまり感じなくなりつつあります。そして前評判どおり録音は鮮明。ノリントンによる変幻自在な響きを良く捉えてスタジオらしい空間にタイトに満ちる小編成オケの魅力を存分に感じさせるもの。今日到着したばかりですが、すぐに3枚とも聴き終えました。演奏は作曲順で87番から。各曲のポイントをさらっておきましょう。

Hob.I:87 Symphony No.87 [A] (1785)
1曲目からキレ味鋭いオケの魅力に圧倒されます。推進力あふれる曲ですが、意外に冷静にオケをコントロールしていきます。この曲の素晴らしい集中力を聴き名演を確信。2楽章の実に落ち着いた演出、そしてメヌエットもじっくりとした語り口。この落ち着きはかなり確信犯的なもの。そしてこの曲一番の聴きどころであるフィナーレの躍動感、胸のすくようなクレッシェンド。そして時折りレガートをしっかりと効かせる表現上のアクセントが効果的。

Hob.I:85 Symphony No.85 "La Reine" 「王妃」 [B flat] (1785?)
本来しっとりとした入りですが、流石ノリントン、十分に現代的な響きにまとめてきます。聴き進むうちにノリントンの創意に釘付けになります。ちょっと踏み込んだ表現ばかりだと聴き疲れしてしまいますが、このアルバムそうした状況にはならず、曲本来の響きに対するちょっとした表現の工夫というレベルでバランス感覚を保っているのが素晴らしいところ。2楽章はかなり足早やにまとめますが、そのまとめ方が絶妙。このあたりがノリントンの素晴らしいところ。そしてゆったりとしたメヌエットでリズムの面白さを存分に際立たせ、フィナーレでは再び足早に進める魅力を再現。

Hob.I:83 Symphony No.83 "La Poule" 「雌鶏」 [C] (1785)
クセのある曲ですが、もうノリントン節にやられていますので、実に心地良く響きます。聴きなれたメロディーですが実に新鮮に響きます。そして通常癒しに満ちた音楽としてメロディーの自然な美しさで聴かせるアンダンテは、そうした表現を月並みだと言わんばかりの小気味好いさっぱりと表現。そして、メヌエットは逆に自然に響かせ、音楽の起伏を逆転させようとでもしているかのような工夫。フィナーレまで完璧にコントロールされたオケの秩序に惚れ惚れとします。

Hob.I:84 Symphony No.84 [E flat] (1786)
ピュアトーンの純粋な響きが脳にダイレクトに伝わります。ハイドンはこのように響くlことを想像していたのでしょうか? 響きの変化だけでも十分に刺激的。あえてオーソドックスな展開とすることで響きの純粋さが際立ちます。この曲の素晴らしさを再認識した次第。ちょっとデフォルメされたアクセントが心地よく耳に刺さります。2楽章のアンダンテは曲の霊が乗り移っているがごときコントロール。このアルバムの中でも深い洞察に痺れる箇所。そしてメヌエットではオケの残響を楽しむようにオケを鳴らしていきます。フィナーレまで落ち着いた表現を保ちます。この曲のベストと言いたいほどの素晴らしい出来。

Hob.I:86 Symphony No.86 [D] (1786)
一番楽しみにしていた曲ですが、期待以上に素晴らしい演奏。この曲のリズムともに響きの陶酔に至るようなところが、ノリントン流の味付けで絶品に仕上がっています。特にオケの精度と鳴りの良さは出色。オーソドックスな演奏も良いものがたくさんありますが、このノリントン流の変化球も悪くありません。オケを自在に操るノリントンのほくそ笑むようすが見えてくるよう。アバドの奇跡の切れ味鋭いオケの反応を上回るような俊敏なオケに聴き惚れます。あまりに鮮やかな吹き上がりにアドレナリン噴出。いやこれは素晴らしい。そして深く沈むラルゴ。明るさを取り戻すようなメヌエット。フィナーレはオケがキレキレ。いやいや見事の一言。

Hob.I:82 Symphony No.82 "L'Ours" 「熊」 [C] (1786)
最後の熊、1楽章は素晴らしい迫力で入ります。熊に襲い掛かられるような迫力。しかも力で押されるばかりではなく現代風にアーティスティック。続くアレグレットはさっぱりと足早なパターン。それでも曲の本質をえぐるような迫力を帯びているのが流石なところ。そしてメヌエットで再びじっくりとした演出。フィナーレは恐ろしい気配のようなものを感じさせつつ最後はオケの妙技を印象付けて終わります。私はこの演奏を熊のベスト盤に推します。

到着したばかりのアルバムですが、あまりに面白くて一気に3枚を通して聴きました。ノリントンの才気とチューリッヒ室内管の精緻な演奏が融合した素晴らしいハイドン。パリ交響曲集の演奏としてもおすすめできる素晴らしいアルバムです。ようやくノリントンのハイドンの面白さを存分に楽しめるアルバムに出会ったということでしょう。評価は全曲[+++++]を進呈です。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : パリセット 雌鶏 王妃

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Daisyさん こんにちは。
Youtubeに、ノリントンによるパリセツトがアップされているので、それを何曲か視聴して
ますが、このCDの録音はその時のものですかね。Youtubeのパリセットは、ちょっと耳につくノイズが入ってしまっていますが、ノリントン節全開なのがよくわかります。ノリントンについては、他の交響曲も多数、そして天地創造、四季、トビアの帰還の映像もアップされていますね。

Re: No title

Haydn2009さん、こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。ちなみに普段からあまりYouTubeをチェックしていないのですが、ノリントンのYouTubeをいくつか聴いてみました。下のリンクは86番の演奏。

https://www.youtube.com/watch?v=ht-jTqLfZWo

今回取り上げたアルバムとは異なりオケはCamerata Salzburgで、映像から想像するにだいぶ前のものかと思いますが、演奏はライヴの興奮の渦にたたきこまれるような素晴らしい高揚感噴出のものでビックリしました。こういう演奏のライブを是非リリースしてもらいたいものですね。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:39サントリーホールブルックナーマーラーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉LP交響曲97番告別交響曲90番交響曲18番アレルヤ奇跡交響曲99番弦楽四重奏曲Op.64ひばりフルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネ交響曲86番モーツァルトヴァイオリン協奏曲ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ベートーヴェン驚愕哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹SACDライヴ録音チェロ協奏曲古楽器交響曲19番交響曲81番交響曲全集交響曲80番マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードピアノソナタXVI:20豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティチェロ協奏曲1番交響曲9番交響曲10番交響曲11番交響曲12番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲2番交響曲4番交響曲37番交響曲1番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメント東京芸術劇場リヒャルト・シュトラウス交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:35ロッシーニドニぜッティライヒャオーボエ協奏曲ピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ミューザ川崎ストラヴィンスキーシェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31タリスバードモンテヴェルディパレストリーナアレグリすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲46番交響曲51番協奏交響曲DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士弦楽四重奏曲Op.74交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードカノンオフェトリウムモテットドイツ国歌スタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番変わらぬまこと交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ