【新着】フランソワ・ルルーのリラ協奏曲、オーボエ協奏曲(ハイドン)

まだまだ新着アルバムが続きます。

FrancoisLeleux.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV ONLINEicon

フランソワ・ルルー(François Leleux)のオーボエと指揮、ミュンヘン室内管弦楽団(Münchener Kammerorchester)の演奏で、 フンメルの序奏、主題と変奏(Op.102)、ハイドンのリラ協奏曲2曲(Hob.VIIh:4、VIIh:2)と伝ハイドンのオーボエ協奏曲の4曲を収めたアルバム。収録は2014年2月8日から10日にかけて、ミュンヘンのバイエルン放送第1スタジオでのセッション録音。レーベルはSONY CLASSICAL。

このところSONY CLASSICALより続々とハイドンの新録音がリリースされています。このアルバムもそのうちの1枚。オーボエ奏者のフランソワ・ルルーを看板にしたアルバムですが、不思議なのは彼よりネームバリューのありそうなエマニュエル・パユがフルート奏者として参加しているのに、まったく写真が露出していないこと。レーベル間の大人の事情によってこうなっているのでしょうか(笑)

フランソワ・ルルーはジャケット写真では貫禄ある姿に写っていますが、意外に若く、1971年、フランス北部のベルギー国境の街、クロワ(Croix)生まれのオーボエ奏者。パリ国立高等音楽舞踏学校でオーボエの名手、ピエール・ピエルロらに師事、18歳でパリオペラ座管弦楽団の主席オーボエ奏者となります。トゥーロン国際コンクール、ミュンヘン国際音楽コンクールで1位となり、1992年から2004年までバイエルン放送交響楽団の主席奏者を務め、現在はヨーロッパ室内感のソロ・オーボエ奏者とのこと。教育者としてはミュンヘン音楽演劇大学の教授として活躍しているとのこと。日本では東京都響、新日本フィル、大阪フィルなどと共演しているということでご存知の方もあるでしょう。

そのルルーが、ハイドンとその後任となったフンメルの曲を収めたアルバムということで、アルバムタイトルは「エステルハージ家の協奏曲」ということで、ハイドン、フンメルが仕えたエステルハージ家を軸にしたアルバム。

最初に置かれたフンメルの序奏、主題と変奏Op.102はもともと4手のピアノために1822年に書かれた曲を2年後にオーボエと管弦楽のために書き直されたものとのこと。劇的に始まりシューベルトのような穏やかなメロディーの美しさが特徴の曲。ルルーの表情豊かなオーボエによってフンメルのメロディーメーカーの才が浮かび上がります。流石にルルーのアルバムだけあって、オーボエの魅力が際立ちます。音階のデリケートな表現と鮮やかなキレが見事。

ハイドンのリラ・オルガニザータ協奏曲のリラ・オルガニザータはルルーのオーボエと、パユのフルートによって奏でられます。これまで取り上げたリラ・オルガニザータ協奏曲の演奏をリンクしておきましょう。

2012/01/11 : ハイドン–協奏曲 : シュツットガルト・ソロイスツのリラ・オルガニザータ協奏曲、オルガン協奏曲
2011/09/02 : ハイドン–協奏曲 : 【新着】ウォルフガング・シュルツによるリラ・オルガニザータ協奏曲
2011/04/29 : ハイドン–交響曲 : ブリュッヘン/モーツァルテウムのリラ・オルガニザータ協奏曲、84番

Hob.VIIh:4 Concerti per la lira organizzata [F] (No.2) (1786)
アレグロ、アンダンテ、フィナーレの3楽章構成。アレグロは手回しオルガンのようなおもちゃっぽい響き炸裂。オーボエとフルートのソロは神がかり的な精度でリラ・オルガニザータの音色を再現。ハイドンによるユーモラスなメロディーが次々と湧き出してくる快感に酔いしれます。ソロとオケの一体感。そして転調しながら陶酔の彼方へ。アンダンテはしっとりと落ち着いた演奏。中間部の静けささえ感じる瞬間が秀逸。そしてコミカルさが際立つフィナーレへ。フレーズ毎にテンポや表情を巧みに変化させながらこの曲の面白さを存分に表現しようとういうことでしょう。先日取り上げたノリントンのパリセットと同様鮮明な録音が演奏の面白さを引き立てます。

Hob.VIIh:2 Concerti per la lira organizzata [G] (No.3) (1786)
ヴィヴァーチェ・アッサイ、アダージョ・マ・ノン・トロッポ、ロンドの3楽章構成。いつもながらハイドンの同時期に作曲された曲の変化の巧みさに唸ります。リラ・オルガニザータの音色の面白さを推進力に昇華させて聴かせようということでしょうか。オケのノリノリの推進力とオーボエとフルートによるユーモラスな音色の対比の妙。ゾクゾクするような臨場感。音楽の持つ多彩な面白さを感じないわけにいきません。2楽章はざらついたオケの響きとリズムの溜めが意表をつきます。よく聴くとフルートのパユの音色の美しさを感じるのですが、意識的にか、裏方にまわってオーボエのルルーを引き立てるのに徹しています。結果的にルルーの美音が際立ちます。3楽章は意外にあっさりとした表情ですが、それによって音楽自体の面白さが浮かびあがります。ところどころに挟まれたオーボエの修飾音のキレのよさにハッとさせられます。

Concerto per il oboe [C] (Hob.VIIg.C1)
最後は伝ハイドン作のオーボエ協奏曲。最近何枚かアルバムを取り上げています。古典的な均整のとれた曲ゆえ、ハイドン作ということで長らく認識されてきた曲です。この演奏でもオケのキレの良さが印象的。小編成ながら、ゴリっとしたオケの低音の迫力を存分に活かした演奏が痛快。リラ・オルガニザータ協奏曲が曲をうまく生かした変化に富んだ演奏だったのに対し、こちらはややオーソドックスな入り。ただしオーボエもオケもキレキレで実に面白い。鮮やかに吹き上がるオケ、余裕たっぷりに間をとって入るオーボエの粋なソロ、そして物憂い翳りを感じさせるオーボエの表情の変化。ルルーの自在な指揮とソロの魅力に釘付けです。非常にレベルの高い演奏。古典的な曲の垢がはがされ鮮やかな姿が蘇ります。1楽章最後のカデンツァではオーボエの宇宙への交信的信号音のような音を聴かせてビックリさせます。
アンダンテはオーボエの美音の独壇場。オーボエの名手といえばホリガーが有名ですがホリガーが天上に昇るような透明感を感じさせるのに対し、ルルーのオーボエは豊かな音色と濃いめの起伏が特徴という感じでしょうか。このアンダンテでもオーボエの美音を色濃く感じさせる演奏で圧倒。
3楽章はオーボエのソロと吹き上がるオケの対比を変幻自在に繰り返し、陶酔感へ誘います。音階の滑らかさとキレに圧倒されます。やはりルルーのテクニックに釘付け。最後はゴリっと締まって終わります。

はじめて聴くフランソワ・ルルーによるハイドンのオーボエが主役の曲3曲を収めたアルバム。いかつい姿をジャケットに晒すだけあって、ルルーのテクニック、音色は素晴らしいものがあります。リラ・オルガニザータ協奏曲のコミカルな魅力、そして伝ハイドンのオーボエ協奏曲の力感漲る演奏も見事。ソリストしてもオケのコントローラーとしての指揮者としても見事な手腕でした。ハイドン(伝ハイドンを含む)の3曲はいずれも[+++++]としておきます。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : リラ・オルガニザータ協奏曲 オーボエ協奏曲

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

古楽器ラメンタチオーネアレルヤ交響曲3番交響曲79番チェロ協奏曲1番オックスフォード驚愕交響曲88番交響曲19番交響曲58番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲80番交響曲全集交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲12番交響曲11番交響曲10番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4バードタリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
152位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ