マリア・クリーゲルのチェロ協奏曲集(ハイドン)

コレクションの穴だったアルバムです。

MariaKliegel.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV ONLINE

マリア・クリーゲル(Maria Kliegel)のチェロ、ヘルムート・ミュラー=ブリュール(Helmut Müller-Brühl)指揮のケルン室内管弦楽団(Cologne Chamber Orchestra)の演奏で、ハイドンのチェロ協奏曲2番、ハイドンの作とされたチェロ協奏曲(Hob.VIIb:4)、ハイドンのチェロ協奏曲1番の3曲を収めたアルバム。収録は2000年5月22日から25日にかけて、ケルンのドイツ放送の放送ホールでのセッション録音。レーベルは廉価盤中興の祖、NAXOS。

このアルバム、リリースは2001年とかなり前のものですが、なぜか手元になかったもの。NAXOSのハイドンのアルバムは交響曲、弦楽四重奏曲、ピアノソナタなど逐一リリースされる度に集めていたのですが、このアルバムはなぜか見逃していました。最近それに気づいて注文していたもの。

指揮のヘルムート・ミュラー=ブリュールはハイドン好きな方ならご存知でしょう。NAXOSのハイドンの交響曲全集リリースの中期以降8枚のアルバムを手兵ケルン室内管と担当している他、協奏曲の伴奏も何枚か担当し、NAXOSのハイドン録音の中核指揮者といった存在です。キレのよい響きをベースとした手堅い演奏をする人です。当ブログでもNAXOSの交響曲から1枚と、1966年録音のシャルランレコードの1枚をレビューしています。略歴などは交響曲72番の記事の方をご覧ください。

2012/03/22 : ハイドン–交響曲 : ヘルムート・ミュラー=ブリュール/ケルン室内管の13番、36番、協奏交響曲
2011/10/05 : ハイドン–交響曲 : ヘルムート・ミュラー=ブリュール/ケルン室内管弦楽団の交響曲72番等

今日取り上げるアルバムの目玉はなんといってもチェロのマリア・クリーゲルでしょう。アルバムの帯によるとクリーゲルもNAXOSの中核アーティストとのこと。ネットで検索してみると、NAXOSではバッハのチェロソナタ、ベートーヴェンのチェロソナタ、ピアノトリオ、ドヴォルザークのチェロ協奏曲のほか、現代音楽までかなりのレパートリーを担当していることがわかりました。彼女も名実ともにNAXOSの看板アーティストと言っていいでしょう。

マリア・クリーゲルは1952年ドイツのヘッセン州ディレンブルク生まれのチェリスト。アメリカインディアナ大学で名手ヤーノシュ・シュタルケルに師事。1981年にロストロポーヴィチ国際コンクールでグランプリ輝き、その後ロストロポーヴィチの指揮でアメリカ、フランスでコンサートツアーを行ったとのことです。楽器はフランスのモーリス・ジャンドロンが使っていたストラディバリウス「エクス・ジャンドロン」を使っているいうことです。

NAXOSの録音は廉価盤にもかかわらず質の高い録音が多いのですが、中には廉価盤という但し書きをなしにしても、素晴らしいレベルの演奏があります。ハイドンの交響曲ではニコラス・ウォードのしっとりとした名演が記憶に残るところですが、このマリア・クリーゲルのチェロ協奏曲もそのレベルです。実に素晴らしい演奏にうっとり。

Hob.VIIb:2 Cello Concerto No.2 [D] (1783)
冒頭は2番。ミュラー=ブリュールの操るケルン室内管はいつも通りオーソドックスな折り目正しい響き。序奏から癒しに満ちたしなやかな響きに聞き惚れます。マリア・クリーゲルのチェロは冒頭から燻し銀。落ち着き払ってゆったりとメロディーを奏でていきますが、ハイドンの書いたこの曲のメロディーに潜む枯淡の気配のようなものを踏まえて、実に味わい深いフレージング。いきなり巨匠の風格を感じさせます。ミュラー=ブリュールの完璧なサポートによりそって自在にチェロを操り、天上の音楽のごとき癒し。シュタルケルから灰汁の強さを除いたような風格もあり、なにものにも影響されない独自性もあります。爽やかさ、味わい深さが凄みさえ感じさせるレベル。フレーズをひとつひとつ味わい深く丁寧に重ねていきながら、ゆったりと音楽を織り上げていく快感を味わえます。素晴らしいのがカデンツァ。静寂の中にエクス・ジャンドロンの美音が響きわたり、クリーゲルの至芸を堪能できます。放送ホールでの録音にしては残響は豊かで、チェロの録音としては理想的。チェロの美音にアドレナリン噴出しっぱなし。見事。
アダージョはクリーゲルのチェロの独壇場。ゆったりと奏でられる音楽。ハイドンの書いた美しいメロディーの髄を置いていくように切々と弾いていくクリーゲル。クリーゲルの孤高の表現をあえてゆったりとオーソドックスに支えるミューラー=ブリュールの完璧なコンビネーション。1楽章と表現は変わらず一貫した音楽。
フィナーレに入ると若干テンポを上げ、ほのかに活気を感じさせますが、究極のしなやかさは保たれ、達人の草書のようなクリーゲルの筆の見事さに聴き惚れます。この楽章独特の郷愁を感じさせる曲想が一層際立ち、時折り聴かせる高音の枯れたような美音にドキッとさせられます。最後はチェロとオケがとろけるように一体となって終わります。いやいや、ここまで見事なチェロを聴かせるとは思いませんでした。

Hob.VIIb:4 Cello Concerto [D] (previously attributed to Haydn)
現在ではハイドンの作品ではないと確定している曲。手元には他に2種の録音がありますが、ハイドンの時代の空気のようなものを感じる音楽。ミュラー=ブリュールの折り目正しい伴奏によってこの曲の面白さはかなり伝わります。クリーゲルは前曲とは異なり、かなり気さくな演奏。メロディーをしっかりとトレースしながら演奏を楽しむよう。

Hob.VIIb:1 Cello Concerto No.1 [C] (1765-7)
そして1番。相変わらず安定感抜群のミュラー=ブリュールの伴奏を聴きながら2番は曲想の真髄を捉えた燻し銀の演奏でしたが、この晴朗な1番ではクリーゲルがどう来るか興味津々。クリーゲルは出だしから今度は少々インテンポでハツラツさを感じさせる入り。曲想を踏まえてスタイルを変えてきました。音色の美しさと力のぬけたボウイングは健在。徐々に表現の幅が広がり、すぐにクリーゲルのチェロの魅力に惹きつけられます。ここでもミュラー=ブリュールの伴奏は完璧。控えめながら折り目正しく、色彩感も保ち、クリーゲルのソロを支えることに徹します。中盤以降の美しいメロディーの演出は2番では感じなかった軽快さも加わり、まさに桜の花の香りを乗せたそよ風のよう。高音の磨き抜かれた音色の美しさは鳥肌が立つほど。1楽章のカデンツァに至り、もはやこの世のものとは思えない自在なチェロの美音に包まれ、至福の極致。参りました。これほど美しいチェロの音色には滅多にお目にかかれません。
アダージョではぐっとテンポを落として沈みます。2番での表現とは異なり、ここはかなりの変化。晴朗な曲想から一転、三途の河の向こう側のような世界。チェロのゆったりとゆったりと深い音色が心に響きます。かなり遅めのテンポがこの曲の新たな魅力を際立たせます。表現を含めてこれほど深く沈み込むこの楽章は聴いたことがありません。
そして再び、快活なフィナーレ。夕立のあとの青空のように晴朗さが際立ちます。この変化をさらりと聴かせるミュラー=ブリュールも見事。時折踏み込んでチェロを震わせる音色を織り交ぜながら軽やかにメロディーをこなすクリーゲル。この楽章ではボウイングのキレの良さを印象付けます。ただし並みのチェロ奏者とは一線を画す味わい深い音色をもっているので、ただキレが良いだけではなく、音楽としてのキレの良さを感じさせるレベル。最後はぐっとためて曲を終えます。

NAXOSの看板チェリスト、マリア・クリーゲルと同じく看板指揮者ヘルムート・ミュラー=ブリュールによるハイドンのチェロ協奏曲集。そのレッテルから想像される演奏とは全く異なり、このアルバム、ハイドンのチェロ協奏曲のベスト盤といってもいい素晴らしい出来です。ハイドンのチェロ協奏曲には名盤が多く、有名なところではデュプレ、ロストロポーヴィチ、ゲリンガスなど巨匠と呼ばれるチェリストの名演、最近ではアルトシュテットやマリー=エリザベート・へッカーなどの名演がひしめいています。このマリア・クリーゲル盤、それらの名演と比べても劣るどころかそれらを凌ぐ素晴らしいものです。ハイドンのチェロ協奏曲の現代楽器による演奏として、ファーストチョイスとしておすすめしてもいいくらい。オーソドックスながら1番、2番ともに踏み込んだ表現で、曲の魅力を余すところなく伝える素晴らしいアルバムです。これまで聴いたNAXOSのハイドンの演奏では間違いなくベスト。評価も[+++++]以外につけようがありません。未聴の方、是非。

これは月末がたいへんですね。今月は本当に素晴らしい演奏が続きます。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : チェロ協奏曲

コメントの投稿

非公開コメント

No title

マリア・クリーゲルは、デビュー当初たぶん二十代なかばでテレフンケンに録音していた頃から、注目のチェリストでした。(ストラヴィンスキーの「イタリア組曲」・・・プルチネルラの編曲版、など)このハイドンも自由闊達な奏きぶりが光ります。
ナクソスでは、ショスタコの協奏曲などロシア物も手広く出していてこちらも見事ですが、特有の泥臭さを求めるむきには、ちょっと物足りない・・・かな?(しかしこれは無い物ねだり、無理難題ですね!)

Re: No title

だまてらさん、ふたたびコメントありがとうございます。
マリア・クリーゲル、これほどの腕前とは全く知りませんでした。まだまだ発掘の余地はありますね。どうしてメジャーレーベルが見過ごしているのか、理由がわかりません。確かにショスタコーヴィチの灰汁の強さまで求めるのはとは思いますが、この円熟の弓使いは見事です。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

古楽器ラメンタチオーネアレルヤ交響曲3番交響曲79番チェロ協奏曲1番オックスフォード驚愕交響曲88番交響曲19番交響曲58番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲80番交響曲全集交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲12番交響曲11番交響曲10番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4バードタリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
13位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ