【新着】驚愕! フェリックス・クリーサーのホルン協奏曲(ハイドン)

新着アルバムが続きます。BERLIN Classics、東西ドイツ統合後もなかなかいいアルバムを出し続けています。

Klieser.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV ONLINE

フェリックス・クリーサー(Felix Klieser)のホルン、ルーベン・ガザリアン(Ruben Gazarian)指揮のハイルブロン・ヴュルテンベルク室内管弦楽団(Württembergisches Kammerorchester Heilbronn)の演奏で、ハイドンのホルン協奏曲(Hob.VIId:3)、伝ハイドンのホルン協奏曲(Hob.VIId:4)、ミヒャエル・ハイドンのホルン協奏曲、モーツァルトのホルン協奏曲(KV 370b/371)の4曲を収めたアルバム。収録は、2014年11月24日から26日、2015年1月26日、シュツットガルト北方のハイルブロン郊外のオフェナウ(Offenau)にある製塩文化フォーラム(Kulturforum Saline)でのセッション録音。レーベルは旧東独の雄、BERLIN Classics。

一見して若いホルン奏者のフェリックス・クリーサー。まずは聴いてみるかとCDプレイヤーにかけてみると、非常に滑らかなホルンが心地よい素晴らしい演奏。それではブログに取り上げようかと思い立って、奏者のことを調べ始めてビックリ! なんとフェリっクス・クリーサー、生まれつき両腕がない人というではありませんか! あらためてアルバムをしげしげと見てみると、クリーザーがホルンを吹いている写真が何枚か載せられていますが、よく見るとホルンのバルブを操作しているのは足の指ではありませんか。器具でホルンを支えているので椅子に腰掛けてホルンを構える位置は普通の人とさして変わりません。ただしよく見ると左足をホルンのバルブの位置まで振り上げた足で操作しています。このあたりのことは映像で見ていただくのが一番。

話題の動画:両腕のないホルン奏者 フェリックス・クリーザーの素晴らしい演奏【プロも驚き!】

脚を起用に使ってホルンを乗せる器具を組み立てるところから、実際にホルンを演奏するところまで、あまりに見事な脚さばきに驚きます。そして何より素晴らしいのがその音色の滑らかさ。普通の人でもホルンという楽器を滑らかに演奏するのは大変難しいことは当ブログの読者の方ならもとよりご存知のことでしょう。

調べてみるとフェリックス・クリーサーは1991年、ドイツのゲッチンゲン(Göttingen)生まれのホルン奏者。生まれつき両腕がありませんでしたが、4歳でホルンに興味を持ち、5歳からレッスンを受け始め、左足でバルブを操作することを習得します。またホルンからソフトで暗い音を手をかざさずに鳴らすことを習得します。その後ゲッチンゲン音楽学校、ハノーファー音楽演劇大学で学び、ベルリンフィルの首席ホルン奏者だっマルクス・マスクニッティ(Markus Maskuniitty)、ペーター・ダムらに師事。国立ユースオーケストラのホルン奏者となります。すでにBERLIN Classicsからアルバムをリリースしており、昨年秋にはエコークラシック賞を受賞するなど、すでに広く知られた存在のようです。

今日取り上げるアルバムですが、ことさら両腕のないホルン奏者とはアルバムをちょっと見ただけではわかりません。要はそうしたハンディはまったく関係なく勝負できる演奏ということです。

Hob.VIId:3 Concerto per il corno [D] (1762)
最新の録音の鮮明で自然な響きが心地よい序奏。ハープシコードの繊細な響きが加わりオケが典雅に響きます。ホルンはハンディを感じさせるどころかのびのびと朗らかな音色の魅力がいきなり噴出。実に滑らかな音色に引き込まれます。特に高音の柔らかい音色は秀逸。オケのキビキビとした表情とホルンのおおらかな音色のコントラストが絶妙。この曲独特のホルンの低音の持続音も難なくこなします。カデンツァに入るとホルンの妙技を披露。ホルンの膨らみのある優雅な音色を生かした素直なカデンツァ。1楽章からあまりに見事な演奏にアドレナリン噴出。
ホルンの音色の特色を生かしたアダージョ。出だしのオケもガザリアンのコントロールが行き届いて繊細な響きが絶妙。クリーサーのホルンは優雅そのもの。音程が下がるスリリングな部分も危なげなく低音に移ります。脚でホルンをコントロールしているのではなく、まさに心でコントロールしているような演奏。驚くのがこの楽章のカデンツァ。なんとゆったりとした美しい音色。普通はテクニックを見せつけるのですが、このカデンツァは無欲の美しさのようなものが宿る宝石のような輝き。
フィナーレのオケの序奏は変わらず典雅。いい意味で軽さが表現され、そよ風のような爽やかさがあります。そしてクリーサーのホルンもオケに乗ってなめらかに音階をこなしていきます。カデンツァは曲の締めくくりにふさわしい、ホルンの音程の幅広さと響きの余韻の美しさを存分に表現したもの。最後まで安定感抜群の演奏でこの曲の面白さをうまく演出した演奏でした。

Hob.VIId:4 Concerto per il corno [D] (1781) by Michael Haydn?
そして、今となってはハイドンの作ではないとみなされるホルン協奏曲2番。リズミカルに始まり、前曲よりもより曲を掌握しているように感じほど音程のジャンプやリズムがしっくりはまってます。おそらくこの曲の方が演奏が難しそうですが、クリーサーの(脚の)指づかいも一層なめらか。惚れ惚れするような音階のキレ。長大なカデンツァに自信が漲っています。あえてこの曲をアルバムに入れた理由がなんとなくわかります。
叙情的な曲調が印象的なアダージョではオケが程よく翳り、ホルンも程よく鳴きます。ハープシコードが妙に沁みる響き。さらりと翳りを表現するセンスもなかなかです。フィナーレは爽快な躍動感で一気に聴かせます。オケを含めてこの曲をさらりとまとめる手腕は見事の一言。

続くミヒャエル・ハイドンのホルン協奏曲、モーツァルトの珍しいKV 370b/371もゆったりとした見事な演奏で楽しめます。前者の朗々としたカデンツァ、絶品です。

このアルバム、両手のないホルン奏者の演奏という断りは一切不要。そんなことは一切関係なく、第一級の演奏として広く皆さんに聴いていただくべき名演奏です。音楽は虚心坦懐。作為のない純粋な奏者の心情がストレートに伝わってきます。音楽にはオリンピックとパラリンピックの違いはありません。身体能力に差こそあれ、心や感受性には差はありません。このフェリックス・クリーサーの見事な演奏を聴くと、私たちもまだまだ努力しなくてはいけないことがたくさんあると考えさせられます。もちろん2曲とも評価は[+++++]とします。

それにしてもこのアルバム、ジャケット写るクリーサーの控えめに微笑む姿に彼の姿勢が表れていていいですね。なんとなく応援したくなるアーティストです。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ホルン協奏曲

コメントの投稿

非公開コメント

聴かせていただきました!

こんにちは、Daisyさん。
Skunjpです。こちらでは初めてコメントさせていただきます。
さっそくフェリックス・クリーザー、聴かせていただきました!

仰るとおり、とても滑らかな音ですね。映像も見ましたが、左足を使って軽々とホルンを吹く姿に驚きました。

聴いているうちに、通常とは違う感覚になりました。
ホルンといえば、ある部分、ブリブリと勇壮に吹き鳴らされ、私達を狩りに連れ出してくれるような趣があります。
でもクリーザーはかなり違いますね。決して無理強いせずにソフトです。そして非常に音楽的。

ハイドンの例の低音も、決して力ずくではない、まるでメロウなトロンボーンのよう。

屈強なホルン奏者がガッシリとホルンを押さえ込み、強い圧力をかけて鳴らすのではないクリーザーのハンディゆえの長所でしょうか。
まるで、中空に浮かんだホルンが、自身で鳴りたいように自然に鳴っている感じ?そこにクリーザーがそっと唇を添えています。

しかし、両腕のない4歳の子供がホルンに興味を持ち、それを否定せず実現させてしまうご両親って何て素晴らしいんでしょうか!幸せな気持ちになりました。
 
…良いものを聴かせていただきました。

Re: 聴かせていただきました!

Skunjpさん、コメントありがとうございます。

このアルバム、冒頭のハイドンが一番音が柔らかですね。おっしゃる通り、低音はメロウなトロンボーンのようにしなやか。ハイドンではリズムがすこし重い気もしますが、その後の曲ではキレが増し、しなやかで軽やかな素晴らしいホルンの音階を聴くことができますね。この軽やかさはハンディを逆に活かしたものと気づきました。
ある程度成長してからのことならば本人の努力も大きいと思いますが、4歳の子供がホルンに興味をもったことから将来の名ホルン奏者が生まれるのは親の存在があってこそだと思います。ハンディや逆境など乗り越えられるものとの信念が才能を育てたのでしょうね。

ハイドンにはホルンが活躍する素晴らしい曲が沢山あります。Hob.IV:5などもクリーサーのホルンで聴いてみたいですね。今後の録音が楽しみです。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:39サントリーホールブルックナーマーラーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉LP交響曲97番告別交響曲90番交響曲18番アレルヤ奇跡交響曲99番弦楽四重奏曲Op.64ひばりフルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネ交響曲86番モーツァルトヴァイオリン協奏曲ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ベートーヴェン驚愕哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹SACDライヴ録音チェロ協奏曲古楽器交響曲19番交響曲81番交響曲全集交響曲80番マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードピアノソナタXVI:20豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティチェロ協奏曲1番交響曲9番交響曲10番交響曲11番交響曲12番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲2番交響曲4番交響曲37番交響曲1番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメント東京芸術劇場リヒャルト・シュトラウス交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:35ロッシーニドニぜッティライヒャオーボエ協奏曲ピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ミューザ川崎ストラヴィンスキーシェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31タリスバードモンテヴェルディパレストリーナアレグリすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲46番交響曲51番協奏交響曲DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士弦楽四重奏曲Op.74交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードカノンオフェトリウムモテットドイツ国歌スタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番変わらぬまこと交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ