園田高弘のピアノソナタ集(ハイドン)

暑いですね。まあ、夏は暑いものですが、仕事からの帰り道を歩くだけで汗かいちゃいます。

ちょっと間があきましたが今日は珍しいアルバム。

TakahiroSonoda.jpg
TOWER RECORDS / amazon

園田高弘(Takahiro Sonoda)によるハイドンのピアノソナタ5曲(Hob.XVI:35、XVI:27、XVI:37、XVI:36、XVI:34)、モーツァルトのピアノソナタ5曲(K.545、K.547a、K.332、K.283、K.331)、ベートーヴェンのピアノソナタ5曲(Op.49-1、Op.49-2、Op.79、Op.14-1、Op.14-2)を収めた3枚組のアルバム。収録は1991年から1994年にかけて静岡の磐田郡竜洋町にある竜洋なぎの木会館いさだホールでのセッション録音。レーベルは日本の芸術教育企画という会社のEVICA。

園田高弘さんが亡くなったのは割と最近のことと思っていましたが、調べたところ2004年。もう10年以上になるのですね。日経新聞に連載していた私の履歴書でフルトヴェングラーのライヴに接した感動とカラヤンの比較を通してつづられた音楽感を興味深く読んだのを覚えています。ベートーヴェンやバッハの印象が強い人でしたが、先日このアルバムを見つけて、ハイドンの録音が残っているとはじめて気づいた次第。このアルバムをリリースしている芸術教育企画という会社のウェブサイトに園田さんの情報がありますのでリンクしておきましょう。

園田高弘

1928年東京中野生まれ。幼少時からピアニストだった父清秀の教育を受け、その後ブゾーニ門下のロシア人ピアニストレオ・シロタに師事。東京音楽学校(今の藝大)に進み、卒業直後の1948年には日本交響楽団(今のN響)の定期演奏会でデビュー。その後渡欧してフランスでマルグリット・ロンの教えを受けました。1954年には初来日したカラヤンの振るN響とベートーヴェンのピアノ協奏曲4番を演奏しています。このあとカラヤンからの推薦で再び渡欧、ベルリンに居をかまえベルリン芸術大学のヘルムート・ロロフに師事するとともにフランスやイタリアで演奏会を開き、1959年にはベルリンフィルの定期演奏会にベートーヴェンの皇帝でデビュー、その後ベルリンフィルとも共演を重ね、チェリビダッケ/ミラノ・スカラ座管、ブロムシュテット/ドレスデン・シュターツカペレなどと共演。今から考えても目もくらむような活躍。ヨーロッパでは「日本のギーゼキング」と称されたそう。1970年代からは日本での活動を増やし、教育者や多くのコンクールの審査員としても活躍しました。今日取り上げるアルバムをリリースしている芸術教育企画は園田高弘自身が立ち上げた会社なんですね。

今回このアルバムを取り上げるにあたって知った「日本のギーゼキング」との呼称、このアルバムのハイドンの演奏を聴くと実に的を射た呼称であることがわかります。淡々と演奏しながら揺るぎない構築感と滲み出る音楽性。音楽に対する確かな視野に基づく一貫した演奏は素晴らしいものです。同種の演奏では名盤の誉れ高いオルベルツに近いものがありますね。

Hob.XVI:35 Piano Sonata No.48 [C] (c.1780)
ピアノはヤマハCFIIIS。落ち着き払って淡々としながらもキラメキ感のある入り。適度なホールの残響。ピアノの録音としては理想的なもの。淡々としながらもタッチにしなやかさがあり、そこから燻し銀の味わいがにじみ出てきます。リズムは揺るぎなく安定しているのでメロディーがちょうど良い具合に浮かび上がり、ハイドンの機知の面白さを知り尽くした人がさりげなく表現するウィットのようなものが自然に伝わります。曲をどう演奏しようかという迷いのようなものは微塵もなく、ただただハイドンの楽譜に謙虚に従うよう。この曲だけが視野にあるわけではなく、園田高弘のハイドンという作曲家に対する確かな視点が音楽に揺るぎない説得力を与えているよう。先の園田高弘のサイトにあるディスコグラフィの解説では、このアルバムはピアノ学習者のための模範的演奏として企画されたとのことで、この演奏の意図がなんとなくわかりましたが、この表現、純粋に鑑賞者たる私にとっても、ハイドンのピアノソナタの演奏としても図抜けたインパクトを持つ演奏です。アダージョの落ち着きながらも輝かしい右手のタッチのキラメキ。フィナーレの端正さも印象的。1曲目から見事な仕上がり。

Hob.XVI:27 Piano Sonata No.42 [G] (1776 or before)
あまりの安定感に曲を聴いているのではなく、連綿と連なる叙事詩を聴いているような意識になります。自然なのに意識が覚醒するような刺激に満ちた演奏。よく聴くとタッチの微妙な変化を含んでいて、淡々としているのに豊穣な響き。完全に引き込まれます。テンポも実に自然に動かしてフィナーレを飾ります。

Hob.XVI:37 Piano Sonata No.50 [D] (c.1780)
聴きなれたメロディーの入りですが、一音一音が変化に富んでいて、まるで新しい曲を聴くような新鮮な気持ちになります。演奏によっては単調にも聴こえるのですが、見違えるような豊かさ。それでいてくっきりとした表情は優れたバランス感覚の賜物。特に劇的な曲想の2楽章の凛とした表情が素晴らしいですね。奏者の一貫した姿勢の強さと曲に潜むエネルギーのぶつかり合い。鳥肌がたつような緊張感。リヒテルの力感からくる強靭さではなく、気高さのようなものを感じます。そしてフィナーレのリズムを浮き立たせた入り。さりげない表現ですが深いですね。

Hob.XVI:36 Piano Sonata No.49 [c sharp] (before 1780)
この曲も印象的な曲想の曲。短調による険しい入りですが、いきなり気高い迫力に圧倒されます。力任せではなくピアノが美しく響くレンジいっぱいを使ったコントロールされた力感、というか力感を感じさせる魔法のタッチのようなものでしょう。続くスケルツァンドではちりばめられた音符の響きの余韻の目が詰まっていて織物のような美しさ。そして最後のメヌエットのしっとりとした落ち着いた表情の美しさ。

Hob.XVI:34 Piano Sonata No.53 [e] (c.1782)
ブレンデルの演奏で刷り込まれた曲ですが、ブレンデルの分厚い左手の迫力ある響きをベースとした躍動感に対して、園田高弘の演奏は一音一音の研ぎ澄まされた響きと音楽の強靭さで聴かせる演奏。わたしはこちらの方が好み。ブレンデルの演奏の完成度を超える印象を与えてくれました。独特の中低域の硬質な響きをもつヤマハのピアノの響きを活かしたアダージョ。そして独特の快活さをもった終楽章。しっかりとリズムを踏みしめるように進めながらもメロディーは輝き、翳り、弾みます。

園田高弘のハイドンははじめて聴きますが、これほどまでに素晴らしいとは思っていませんでした。淡々と弾いているように見えて実に多彩。そして深い音楽。ハイドンのピアノソナタの演奏の中でも指折りのものというのは間違いありません。どの曲も一貫したスタンスで演奏され、どの曲も微塵の揺るぎもない緊密な演奏。完璧です。ピアノ学習者がこの演奏を聴くことは相当な刺激になると思いますが、この演奏に近づくには相当な鍛錬がいることでしょう。もちろん全曲[+++++]とします。

モーツァルトも基本的に同じスタンスの演奏ですが、モーツァルトの方は今少しの軽さを求めたくなってしまいます。もともと得意としているベートーヴェンのすばらしさについては私が語れるものではありませんね。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノソナタXVI:35 ピアノソナタXVI:27 ピアノソナタXVI:37 ピアノソナタXVI:36 ピアノソナタXVI:34

コメントの投稿

非公開コメント

そんな録音があったのですか!

日本の教育者のハイドン録音では、豊増昇先生にも、同様の趣旨の素晴らしい録音があるので、園田先生のも是非聴いてみなくてはいけないですね。

Re: タイトルなし

小鳥遊さん、コメントありがとうございます。
豊増昇さんにもハイドンの録音があるのですね。調べてみると園田高弘と同様レオ・シロタ門下とのこと。ハイドンのソナタを入れたLPがリリースされているようですので、手に入れてみなければなりませんね。貴重な情報ありがとうございます!
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

美人奏者ピアノソナタXVI:39四季迂闊者交響曲12番古楽器交響曲70番ライヴ録音天地創造太鼓連打東京芸術劇場マーラーピアノ協奏曲XVIII:4ピアノ協奏曲XVIII:11アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:7SACDバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ディヴェルティメントヴェルナーガスマンベートーヴェンシューベルトモーツァルト東京オペラシティLPピアノソナタXVI:38ヒストリカルピアノソナタXVI:31アンダンテと変奏曲XVII:6哲学者ラメンタチオーネ交響曲80番交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲46番交響曲51番協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲DVDピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:52ファンタジアXVII:4交響曲47番ピアノソナタXVI:48十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20アリエッタと12の変奏XVII:3サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76皇帝ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50五度ラルゴ交響曲1番ピアノ三重奏曲ひばり日の出弦楽四重奏曲Op.64チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:36ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.1リヒャルト・シュトラウス軍隊騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:27弦楽四重奏曲Op.103シベリウス武満徹交響曲4番時の移ろい無人島交響曲42番ベルリンフィルホルン信号交響曲19番告別弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54交響曲86番王妃交響曲87番弦楽四重奏曲Op.9フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:29驚愕時計ロンドンピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲79番交響曲81番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードカノンモテットオフェトリウムドイツ国歌ピアノソナタXVI:37スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35交響曲84番パリセットベルクブーレーズピアノソナタXVI:6交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲オーボエ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲97番交響曲18番交響曲34番交響曲77番ストラヴィンスキー温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタXVI:47bis音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番シェーンベルクリストピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実マリア・テレジアバリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:8ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場8人のへぼ仕立て屋に違いない弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD剃刀ドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲107番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
8位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ