【番外】夏の東北温泉紀行(その2)

(つづき) その1

日光宇都宮道路で激しい雨とヒョウに打たれたのが嘘のように晴れ渡る空。東北自動車道那須インターを降りると、道路には雨が降った跡がありますのでこちらも少なからず雨が降ったことはわかります。那須街道をスイスイ進んで一軒茶屋の交差点をすぎると宿はもうすぐ。

今市の酒蔵を訪ねる予定を荒天でキャンセルしましたので、1泊目の宿には早めに到着しました。この日泊まった宿はこちら。

栃木県 那須高原 旅館 | ぬくもりに心なごむ湯宿 星のあかり

いつもどおり嫁さんがじゃらんの評判などから選んだ宿。那須湯本温泉の少し手前を森の中に入ったところにある宿で、すぐ隣は那須の御用邸です。宿について4名4泊分の大荷物を降ろしてチェックイン。

IMG_2890.jpg

部屋には露天風呂がついていました。夕食まで時間があるということで、私たち夫婦と叔母はすぐそばにあるこちらに出かけました。

IMG_2894.jpg
那須温泉 鹿の湯 | 千三百年続く静寂と癒しの湯

ここ鹿の湯は那須湯本温泉の象徴のような湯。48度の高温のお湯が名物です。これまでにも何度か来ていますが、那須に来てこのお湯に入らない手はありません。初訪の叔母も興味深々。

男風呂は41度から48度まで6つの浴槽があり好きな温度の湯に浸かることができます。ちょっと掛け湯をして41度の浴槽で体をならします。そして46度の浴槽に向かいます。時刻は日曜の5時過ぎ。お客さんも少なくのんびりできます。46度の浴槽に数分浸かって上がり、窓から吹き込む涼風を楽しみ、そしてお目当ての48度のお湯へ。48度のお湯には何かあるといけないからか、いつも板が一枚浮かべられており、つかまることができるようになっています。お湯の注ぎ口からは高温のお湯が絶えずトロトロと注がれています。人が入っていないときはこの注がれるお湯で、水面あたりが熱いのがわかっていますので、ちょっとかき混ぜてお湯をなじませます。かき混ぜるのに入れが手がビリビリと熱さを感じます。いつもどおり脚からするりとお湯に入り、ゆっくりと体を沈めます。動くと熱いのですが、静止していると不思議と熱さを感じません。しばらく浸かって極楽浄土に近づいたところで上がります。上がるときが熱いんですね(笑) さっと上がるのコツです。お湯の縁で再び涼風を楽しみます。この時間が一番気持ちよい。そして48度の湯に浸かること3度。身も心も清められました。今回も素晴らしいお湯でした。

IMG_2899_20150809094252765.jpg

上がって、嫁さんたちが上がってくるのを待つ間、渡り廊下で風を浴びながらポカリスエットを飲んで水分補給。程なく嫁さんたちと合流して宿に戻りました。初訪の叔母も満足したよう。女湯は46度までのようですね。



さて宿に戻ると、母親は部屋付きの露天風呂を楽しんだよう。程なく夕食の時間となり、宿自慢の豪華な夕食となります。

IMG_2905_20150809105501e1e.jpg

食前酒に前菜。湯葉やずんだなど近くの名物を少しづつあしらったもの。量はちょうどいいです(笑)

IMG_2912_20150809105503b80.jpg

鱧のお吸い物。じゅんさいと星の形に抜いた金箔が入っています。

IMG_2913_2015080910550490b.jpg

お酒は4人いますので4合瓶を頼みました。栃木の名酒鳳凰美田です。以前居酒屋で飲んで美味しかったので数ある栃木の酒リストからセレクト。独特の風味の良さがあり、食事が進みます。

IMG_2914.jpg

お造りは中禅寺湖のマスに湯葉、タコなどとこちらも地元産にこだわったもの。マスはサーモンほど脂が強くなく、すっきりしたいい味。このあとに野菜のジュレ仕立てやかぼちゃのグラタンなども出てきて、結構お腹に効いてきました(笑)

IMG_2919.jpg

ようやく母親と叔母お目当て栃木和牛の溶岩焼きに到達。熱した溶岩で焼きますが、肉の脂が結構落ちます。このあとシャコの酢の物、ご飯に赤出汁などが出てきて最後はデザート。

IMG_2923.jpg

マスカットにマンゴのプリンなど。もちろんお酒もまわって満腹。一同この度の最初の日のミッション終了です。



一晩ぐっすり休んで、朝は大浴場でさっぱり。早めの時間に頼んでおいた朝食です。

IMG_2924.jpg

最近は旅館食も朝飯は豪華。

IMG_2931_20150809131852f9e.jpg

火をともす皿が2皿。こちらはその場で苦汁と豆乳を温めて豆腐にするというもの。我々世代にはナイスな一皿。

IMG_2933.jpg

こちらは、なんと朝からすき焼きでした(笑)。昨夜もお腹一杯でしたので、こちらはちょっとトゥーマッチ(笑) でも私は平らげました。旅行中体重が増えそうな予感(笑)

食事を終えて荷造りをして、さあ2日目の旅に出発です。この日も外は灼熱。那須高原でも直射日光のあたるところはジリジリ。車も触れないほど熱くなってます。



天気が良いということで、近くで眺めがいいスポットといえばこちら。

IMG_2935.jpg
那須ロープウェイ(公式ホムページ)

那須湯本温泉からすこし登ったところにある大丸温泉のちょい先にある那須ロープウェイです。那須連峰の主峰茶臼岳の七合目にある山麓駅から九合目の山頂駅までの高低差約300mをつなぐロープウェイ。山麓駅の下の駐車場に車を停め杖をついた母親が歩き出すと警備の方から今一度車に乗るよう促され、案内されるままに上がっていくと山麓駅のすぐ脇のゲート内に車を停めさせてもらうことができました。これなら階段を昇らなくて済みます。

山麓駅で切符を買っている間に、待っていたロープウェイが出発。このロープウェイ、ケーブルカーと同様2台のゴンドラが交互に行き来するタイプ。ちょっと待って、10:40発のゴンドラに乗ります。100人以上が乗れる大型のゴンドラです。このゴンドラの車掌さんのアナウンスが最高。お決まりの周りの景観の案内もさりげなく面白い情報を織り交ぜテンポのいい名調子。そして頂上駅では、ゴンドラのドアが開くときに「はい、朝から皆さんのために22度にエアコンかけときましたので涼しいですよ~」との掛け声とともにドアが開いて、涼風が吹き込むと皆さん「お~! 涼しい!」と呼応。ゴンドラ一杯に乗った人でゴンドラ内も暑かったせいか、この涼風に一気に癒されます。傑作だったのがそのあと。車掌さんは駅に吊るしてある温度計を指差し確認。そのあとそっと覗いてみると、22度ぴたり。こうしたきめ細かい配慮が旅を楽しくさせてくれます。

IMG_2939_201508091601387ea.jpg

山頂駅の標高は1684m。眼下は那須と福島県白河あたりの高原が広がっています。このとき天気は良かったんですが、我々が訪れる前日夕方は、晴れから急変して豪雨に500円玉大のヒョウが降ったそう。我々が日光宇都宮道路でヒョウに打たれている時間帯だったのでしょうか。とりあえず山の天気は急変しやすいので、山頂駅では天候の急変に備えたアナウンスがされていました。

上をみると茶臼岳のいただきがそれほど遠くなく見えるではありませんか。母親に行ってみるか?と聞くと、「無理!」と即答。ということで母親は山頂駅のベンチで涼風を楽しんでいることにして、我々3人はすこし登ってみることに。周りにはこのあたりの登山道を登るために本格装備の方もいる中、軽装、サンダル履きですので、散歩を楽しむ程度に登ってみることにしました。ゆっくりと10分ほど登ったところにある道標。

IMG_2942_20150809160140af9.jpg

道が整備されていますので、ここまではそれほどきつくありませんが、山頂駅に残した母親も心配ですのでここで引き返して下ることにします。

IMG_2945.jpg

足元をみると止まったトンボが歩いても飛びません。卵でも産まれたら厄介ですので、振り払って飛んで行ってもらいました。しばしミニ登山を楽しんで、再びロープウェイで下山。下りのロープウェイも先ほどと同じ車掌さん。満員に近いお客さんがのりこんで、結構な混雑度合いでしたが、「ロープウェイが混んでるわけではありません。皆さんが窓際に集まろうとするので混んでいるように感じるだけです」と再び名調子。これでゴンドラ内が笑顔に包まれました。叔母も関心しきり。母親は「なんとかポリスみたいね~」とこちらもまんざらでもないようす。

IMG_2950_20150809160143b0e.jpg

山麓駅も気温が高いわけではありませんが、涼しい山頂駅から降りてきたので暑く感じるわけです。駐車場はアスファルトの照り返しで熱気ムンムン。車もアチチ。ということで、そそくさと車を冷やして乗り込み次へ向かいます。この時点でお昼近い時間でしたが、昨夜と今朝の旅館食でまだ一同空腹感はありません。ということで、那須高原に別れを告げ、この日の宿をとってある会津に向かうことに。

(つづく)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:39サントリーホールブルックナーマーラーヒストリカル十字架上のキリストの最後の七つの言葉LP交響曲97番告別交響曲90番交響曲18番アレルヤ奇跡交響曲99番弦楽四重奏曲Op.64ひばりフルート三重奏曲悲しみ交響曲102番ラメンタチオーネ交響曲86番モーツァルトヴァイオリン協奏曲ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:32ベートーヴェン驚愕哲学者小オルガンミサニコライミサミサブレヴィス交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40王妃ピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹SACDライヴ録音チェロ協奏曲古楽器交響曲19番交響曲81番交響曲全集交響曲80番マリア・テレジア交響曲21番クラヴィコードピアノソナタXVI:20豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティチェロ協奏曲1番交響曲9番交響曲10番交響曲11番交響曲12番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲2番交響曲4番交響曲37番交響曲1番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメント東京芸術劇場リヒャルト・シュトラウス交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:35ロッシーニドニぜッティライヒャオーボエ協奏曲ピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ミューザ川崎ストラヴィンスキーシェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31タリスバードモンテヴェルディパレストリーナアレグリすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ヴェルナーガスマンシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲46番交響曲51番協奏交響曲DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1騎士弦楽四重奏曲Op.74交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29リュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集ピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオ交響曲88番オックスフォードカノンオフェトリウムモテットドイツ国歌スタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難交響曲84番パリセットベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番変わらぬまこと交響曲62番交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
122位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ