【番外】夏の東北温泉紀行(その4)

(つづき) その1

会津若松東山温泉の向瀧での一夜。銘酒「美酒佳肴」を随分いただいたので、すっと眠ることができました。朝は昨日2度入った高温のきつねの湯ではなく、大浴場のさるの湯に行ってみます。広さはきつねの湯よりだいぶゆとりもありますし、洗い場もちゃんとシャワーなどがある近代的(笑)なもの。しかし、お湯は万人向けで41、2度というところでしょう。まあ、朝湯にはいいですが、きつねの湯の高温が恋しくなってしまうのは私だけでしょうか。

朝湯から上がり、朝食が運ばれてくるまでの間、ちょっと外に出てみます。

IMG_3031.jpg

玄関を出ると、宿の脇を流れる湯川に陽が差し、キラキラと輝いています。この辺りは盆踊りの飾り付けがされ、古びた温泉街ながら、妙に華やかさもある不思議な気配が漂っていました。

IMG_3029.jpg

向瀧の建物にも提灯が飾られ、お祭り気分。5年前も夏に来たのですが、写真を確認したところ提灯は飾られていませんでした。

IMG_3019.jpg

調べてみると今年は8月13日から16日まで、東山温泉の盆踊りがありますが、なんと「鶴ヶ城天守閣再建50周年記念東山盆踊り」とアニヴァーサリーではありませんか。それで飾り付けも豪華なのでしょうか。

会津観光ナビ:8/13(木)~16(日)東山温泉盆踊り

IMG_3017.jpg

湯川の橋を渡ると提灯が並んでいて、なんとなく懐かしい風情。盆踊りの日には露天が出たりして、温泉街に華やぎがもどってくるのでしょう。なんとなく脳内で盆踊りの賑わいを想像して妙に懐かしい気分にふたたび襲われます。

IMG_3011.jpg

古びた温泉街は各地にいろいろありますが、なんとなくこの景色がふたたび向瀧に泊まろうと思い立った原点。陽も昇りこの日も暑くなってきましたが、夏の田舎の温泉の風情は妙に心を爽やかにするものですね。

IMG_3008.jpg

さて、のんびり宿の周りを散歩しているうちに朝食の時間が近くなってきましたので、部屋に戻ります。部屋食なので、番頭さんが頃合いをみて布団を上げにきてくれますが、向瀧のいいのは布団をあげるのも接客だといわんばかりに、番頭さんがいろいろ話しながらきれいに布団を片付けてくれるところ。昨夜の料理のことや、この日の天気のことなど、いろいろ気遣ってくれます。程なく中居さんが朝食の用意をしてくれます。

IMG_3033.jpg

朝食は実に質素。質素というより我々の好みにぴたり。火を灯すものが2つ。一つは鉄鍋に入れられたなめこの味噌汁。たかが味噌汁ですが、自分で椀によそう一手間がなんとなく嬉しい(笑)

IMG_3038.jpg

もう一つは猪苗代湖の鱒の蒸し物。こちらは那須の宿で中禅寺湖の鱒をいただいたのと同様、地元の鱒料理がメインになっているわけです。味付けといいヴォリュームといい、我々の世代にピタリと合った朝食でした。これは満足。

IMG_3032.jpg

朝食が終わると、荷造りをしてチェックアウト。実は前の晩猪苗代ビールを全種類4本頼んだんですが、結局2本しか飲めなかったのと、鯉の甘煮も4人分は多いということで、2人分を4人で食べて2人分はお土産にしてもらいました。ビールはともかく鯉の甘煮をお土産にするのはこの酷暑の中どうかとおもいましたが、見事に真空パックにしてくれて常温でも持ち帰り可ということで、なんとなく嬉しいサービス。もちろん帰ってからビールも鯉の甘煮も美味しくいただきました。

IMG_3262.jpg

証拠写真1:猪苗代ビール。地ビールらしいコクのある旨味!

IMG_3254.jpg

証拠写真2:鯉の甘煮。これは家でレンジでチンして旅館そのままの味。日本酒が進みます。

IMG_3263.jpg

ちなみにチェックアウト時に妙に目があった「赤べこ」もお土産で連れて帰りました。会津柳津の工芸品ですが、なんとなく表情が可愛い(笑) 一番小さいやつがコミカルなプロポーションで気に入りました。自宅が会津に(笑)

チェックアウト時には宿の皆さんが笑顔で見送っていただきました。ツルツル床とちょっと段差の大きい階段に最後まで母親が難儀して迷惑をかけてしまいましたが、逆に番頭さんや中居さんが申し訳なさそうにしていて、こちらもちょっと恐縮。皆さんこの宿で働くことに愛着があるようで、どなたも心から客人をもてなそうとする気持ちがにじみ出ていて、こちらも心より楽しませてもらいました。

名残惜しい気持ちもありながら、またこの宿に泊まろうという気持ちになる楽しい一泊でした。宿の皆さん、本当に有難うございました。



さて、この週は東北のいく先々ともに灼熱の天気。9時を過ぎて日差しも強くなってきました。この日は昨日寄り損ねた鶴ヶ城や飯盛山など会津若松の名所を巡る予定でしたが、炎天下の街歩きは特に高齢者にはデンジャラス。これまでの旅程で叔母には湯ノ湖の散策や茶臼岳プチ登山などが好評だったことを踏まえて、旅程を変え、猪苗代湖経由で五色沼方面にいこうということになりました。

東山温泉から会津若松市内を抜け、すぐに猪苗代湖に出られると思いきや、一山超える必要がありました。国道49号越後街道に出て東行するとしばらくで猪苗代湖が見えてきます。やはり湖の大きさに車内の一同「大きい!」と感嘆の声。自然は偉大ですね。しばらく湖沿いを進むと駐車スペースがありましたので車を停めてしばし休憩。

IMG_3040.jpg

あとから地図でみると、ここは猪苗代湖の北西端にある長浜湖水浴場の横の駐車場。駐車場はもちろん灼熱でしたが、湖を渡る風はやはり爽やか。なんとなく優雅な気分になります。湖水だけに波はほとんどなく穏やか。

IMG_3041.jpg

反対側をみると、観光地の定番、白鳥型の船が停泊しています。若かりし頃はこのような船はなんとなく観光地の雰囲気を壊すものとして受け入れがたい印象を持っていましたが、最近は逆に観光地らしい風情と妙にしっくりきます。こちらの器が大きくなったのでしょうか(笑) 単に歳をとっただけのような、、、(笑)

ちょっと休憩して出発。しばらく湖沿いを進むと左に逸れ、水田の中の道になります。右側に野口英世記念館などが出現、寄ってみる手もありましたが、脳内にはすでに五色沼パラダイスのイメージが充満していますので、先を急ぐことににしました。湖のほとりを走っているころから会津磐梯山の威容が視野に入っていました。嫁さんがやはりここらで会津磐梯山(民謡)をかけるでしょうとの一声に、車内も一気に盛り上がります。レンタカーなのでiPhoneをつないでApple Musicで会津磐梯山を検索してかけると、予想どおり大いに盛り上がりました。車内も眺望も会津磐梯山。合いの手の歌詞も最高。

「小原庄助さん 何で身上潰した 朝寝朝酒朝湯が大好きで それで身上潰した ハァモットモダーモットモダ」


この歌詞好きです。他人事とは思えません(笑)

IMG_1343.jpg

裏磐梯方面を指す看板で国道49号に別れを告げ、今度は国道115号を北上します。車窓に見える会津磐梯山が徐々に大きくなってきました。車内から嫁さんがパチリ。磐梯山の麓を巻くように走っていくとどんどん山の中に入り、ほどなく五色沼の入り口に到着。ホテル五色荘の方に入って車を止めます。駐車場から人ごみについて売店の方に上がっていくと、いきなり眺望が開けました!

IMG_3042.jpg

ここは五色沼の東端の毘沙門沼というところ。後ろの山は先ほど通ってきた磐梯山。磐梯山を裏側から眺めているということで、確かに裏磐梯です。沼の色の緑が深い。これは期待できます。しかもよく見ると湖面には手漕ぎボートを漕いで遊ぶ人たちがいるではありませんか。

IMG_3045.jpg

見晴らしの良いベンチから下をみると、すぐ下がボート乗り場。あんまりその気はありませんでしたが、ボートの上はさも涼しそうなので、母親に「ボート乗ってみるか?」と尋ねると、まんざらでもない様子。ボート乗り場に降りて行って確かめるとすぐに乗れそうです。ただし、ボートは3人乗りでこちらは4人旅。どうしようかと思っていると叔母は岸で待っているということで、母親と嫁さんを乗せてボートに乗ることにしました。

IMG_3051.jpg

久々のボート漕ぎですが、問題ありませんでした。普段週一回のスポーツクラブでのスイミングで鍛えていますので体力も問題なし。しかもボートは幼少時に父親と多摩川のボートに乗って鍛えられています。われながら見事なオールさばきで他のボートを尻目にスイスイ進みます。

澄んだ湖面に青空、そして磐梯山を眺めながらのボート漕ぎ。楽園ですね。場所によって水の色が変わり、水の中にはニジマスらしき魚影も見えます。

IMG_1354.jpg

毘沙門湖のまわりをグイグイ漕ぎながら進んでいると嫁さんが、私の影から母親が顔をリズミカルに出すので、「チューチュートレイン!」と言いながら笑い転げています。

IMG_3057.jpg

ボート乗り場からかなり奥に進むと水草がまるでモネの絵のように詩的に湖面に浮かびます。おそらくモネの見た景色もこのようなものだったのでしょう。波もなく穏やかな湖面で30分だけでしたが、久々にボート遊びを楽しみました。母親もまさかボートに乗るとは思ってもみなかったとつぶやいてましたので、良い思い出になったことでしょう。景色もそうですが、あのさわやかな風と静けさ、青空の感触は私にとっても貴重なひとときでした。ボートを返して岸に上がって叔母と合流。遠くからみていてもうちのボートの操船技術が他のボートとは段違いだったとニッコリ。みていて面白かったとのことで、こちらも一安心でした。

IMG_1380.jpg

このあと、こんどは散歩好きの叔母といっしょに湖岸を少し歩いてみました。ここ毘沙門沼だけでなく、五色沼を横断する五色沼自然探勝路が整備され、1時間少しのハイキングを楽しむことができます。ちょっと歩くと光の加減か湖の色が変わり、エメラルドグリーンに。

IMG_3062.jpg

いくつかの小さな湖がつながるような部分では錦鯉がしきりこちらに集まってきます。観光客から餌をもらえるのでしょうか。五色沼にはかなりの鯉がおり、お腹にハートマークのついた鯉もいて見ると幸せになるということでした。

IMG_3065.jpg

15分くらい歩いたところで上り坂になるので、引き返すことに。湯ノ湖もそうでしたが、美しい景色をみながらの散策は楽しいものです。それにひなたは暑いですが、木立の中を湖を吹き抜ける風を感じながら歩くのは快適。旅館食の消化にもいいですね。30分くらいの散策でしたが、五色沼の自然を堪能できました。

湖沿いに元来た道をもどって、母親の待つ屋根付きのベンチに戻ると、母親がワナワナしていて、ちょっとびっくり。どうも薬が切れたようで、手元に携帯などもなく、家族も散策に出かけてしまって不安だったようです。慌てて車に薬を取りに走り、飲ませてしばらくのんびりして落ち着きました。時刻はそろそろお昼。お腹が空いてきました。

この辺りで、軽めのお昼ということは、、、 そう、喜多方ラーメンです(笑) 一同脳内にラーメンが充満。桃源郷のような五色沼に別れを告げ、一路喜多方を目指します。

(つづく)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103古楽器ピアノソナタXVI:378人のへぼ仕立屋に違いないファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:46アレグリモンテヴェルディ東京オペラシティパレストリーナバードタリスすみだトリフォニーホール天地創造ライヴ録音ピアノ協奏曲XVIII:11マーラーストラヴィンスキー弦楽四重奏曲Op.9アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:48告別ヒストリカル交響曲1番交響曲97番ピアノソナタXVI:39美人奏者四季交響曲12番迂闊者交響曲70番東京芸術劇場太鼓連打ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:3バリトン三重奏曲SACDスコットランド歌曲ディヴェルティメントヴェルナーガスマンモーツァルトシューベルトベートーヴェンLPピアノソナタXVI:38哲学者ラメンタチオーネ交響曲80番交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20アリエッタと12の変奏XVII:3サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌ皇帝弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出ひばり弦楽四重奏曲Op.64チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33リヒャルト・シュトラウス軍隊騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:27ピアノソナタXVI:1シベリウス武満徹交響曲4番無人島交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲87番交響曲86番フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンリュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲78番交響曲79番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌モテットオフェトリウムカノンスタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番オーボエ協奏曲リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲34番交響曲18番交響曲77番温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD剃刀ドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲62番変わらぬまこと交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ