【番外】夏の東北温泉紀行(その7)

(つづき) その1

この旅3日目の朝、かみのやま温泉の宿を9:00過ぎに出発。この日は仙台泊なので、当初は山形県内で酒蔵見学をしたり、名物の板蕎麦か冷やしラーメンなどをいただき、宮城に移動するというプランでした。しかし、東北に来たにもかかわらず、東京にいるような連日の酷暑。ということで平地での観光よりも涼しいところに行こうということで、予定を変更して少しでも涼しい蔵王に登ってみようということになりました。

ここかみのやま温泉からはすぐに蔵王に登る道に入れます。旅館の前を通る国道458号を北上、県道51号に入ると蔵王高原坊平の看板が見えます。看板の指示通りに右折すると、登りの一本道に入り、なだらかな登り坂をどんどん高度をあげていきます。ほどなく蔵王温泉とエコーラインの分岐を超えて、エコーラインに入ります。そのまま登っていき、猿倉スキー場を過ぎたあたりからカーブの連続。坊平高原を過ぎると一気に眺めがよくなります。冬の厳しい気候で木々がなびいて生えています。これが冬になると樹氷がついてまた違った景色になるのでしょう。ほどなく、リフト乗り場がありましたので車を降りてみます。

IMG_3107.jpg

空は紺碧。もちろん日照りも凄いのですが、ここまでくると気温が下がって下界ほどの暑さを感じません。蔵王まで来た甲斐がありました。リフトに乗ってみようということで乗り場に近づいていくと、8月いっぱいリフトは無料ということです。しばらく前まで火山の状態から入山規制がかかっており、その解除後、観光客の客足が戻るよう無料期間を設けているとのことでした。これはラッキーと高齢者を含む4人でリフトに乗ろうとすると、係の方から「おばあちゃんは、ちょっと危ないから、、、この先車で上まで上がれるからそちらにした方が楽ですよ」とのアドバイス。よく見るとリフトは一人乗りということで、確かに危ないかもしれません。

ということで、再び駐車場に戻り、車で先に進むと、すぐに蔵王ハイラインという有料道路の入り口がありました。前も来ているはずですが、あまり記憶もなく、料金を払って登っていくと蔵王山頂レストハウスにつきます。広い駐車場に止めようとすると、脚の悪い母親のためにレストハウス脇のスペースに誘導してくれました。

IMG_1398 (1)

この日は快晴。駐車場の係の人が、「今日は御釜クッキリ見えますよ」と満面の笑顔で案内してくれた通り、御釜のみならず周りの景色も最高。そして爽やかな風。

IMG_1406.jpg

この日の午前中は母親の薬の効き具合がいまひとつで、脚の動きも悪かったので、レストハウスで車椅子を借りて、レストハウスからすぐのところにある御釜を望む展望台まで車椅子で連れて行きます。車椅子を使うのは初めてのことですが、母親も上り坂を座ったままやり過ごせてよかったようです。

やはり高原の風はいいですね。青い空と緑の御釜、そして遠くに望む東北の山々。しばらくのんびりして、蔵王を後にします。

このあとはもちろんエコーラインを宮城側に降りて行きます。しばらく走って赤い鳥居のある蔵王入り口まで降りて、青根温泉方面に向かい、今度は国道457号で川崎インター方面に向かいます。一般道ですが車がほとんど走っておらず、快適な一本道。スイスイ進んでだいぶ高度が落ちました。途中コンビニに寄りましたが、車のドアを開けたとたん、蔵王とは別世界の灼熱地獄(笑)、危険です(笑)

このあとお昼をそろそろ気にする時間ですが、ちょっとした企みがありました。これまで3泊の旅館のフルコースの夕食、朝食をこなしていますので、ちょっと食傷気味。そこで、この日の昼食はかなりの変化球。もともと山形で板蕎麦などをと考えていましたが、すでに宮城に入っておりますので、宮城のこのあたりの名物ということで選んだのがこちら。

IMG_3112.jpg
食べログ:主婦の店さいち

秋保温泉にある小さなスーパー「主婦の店さいち」。ビジネス誌やテレビでも超有名なお店です。温泉街の小さなスーパーなのにお客さんが押し寄せるお店。有名なのがおはぎとお惣菜。スーパーのスタッフお手製のおはぎがあまりに美味しいので有名になり、おはぎやおそうざいが売上の過半を占める店とのこと。私が仙台在住時の2000年頃もあったのでしょうが、その存在を知らず、秋保には何度も来ていたのに寄ったことがなかったので、この度はじめて寄ることになりました。このさいちですがウェブサイトはないようすでしたので、上のリンクは食べログです。

IMG_3144_20150815115727734.jpg

もちろんお目当てはおはぎです。旅館食に飽きた同乗者におはぎという変化球で対応しようというコンセプト。平日の炎天下のお昼にもかかわらず、駐車場には車がいっぱい。おはぎが売り切れていないか若干そわそわしながらお店に入ると、床にはおはぎコーナーにつならる矢印が(笑) このお店顧客心理を知り尽くしてます(笑) 矢印に導かれるまま奥に入ると、ありました。ゴマにあんこ。それに6個入り、3個入り、2個入り。潤沢な品揃え! 脳内に安堵感と幸福感が満ちてきます(笑) 横にはこちらもお手製のゆべし、背後には夢のような品揃えのお惣菜の数々。そしてお酒売り場には宮城のお酒の数々。こんなに幸福感に満ちたスーパーははじめてです。そして野菜の値段など東京とは別世界。それほど広いお店ではありませんが、ここに皆さんが通われる気持ちがよくわかります。

一同の胃袋の容量と、車内でつまむ都合、この後のもう一球の変化球の予定を考慮して、王道のあんこおはぎ2個入り2パックとくるみゆべしを4通購入。酒もいろいろ見たかったんですが、このあと仙台に入りますので割愛。

さっそく車にもどり、次なる目的地に向かう途中に、おはぎのパックを厳かに開き、一同つまみます。

なんでしょう、この、素朴な味わい。賞味期限はもちろんその日限りということでまったくの素朴な手づくり。たっぷりのあんこにつつまれていますが、程よい甘さ、、、というより甘すぎもせず、かといって物足りなさもない完璧なバランス。車中がおはぎの発する癒しのオーラにつつまれます。これは旨い。単におはぎというなかれ。このおはぎでこのお店が全国に轟き、観光客の心、地元の人の心、ビジネス誌の記者の猜疑心に満ちた心をも鷲掴みにした理由がわかりました。あとからいただいたくるみゆべしも絶品。私も甘党ではありませんが、このおはぎは気にいりました。またこのあたりに寄った際にはいただきたいものです。

車外の暑さも吹き飛び、同乗者もおはぎに舌鼓を打っている間、運転手である私は次なる変化球のため、目的地に向かっておりました。秋保温泉からまた一山超えてやってきたのは、仙台の郊外、定義山というところ。仙台の真の名物は牛タンでも寿司でもなく、定義山の三角揚げです。

IMG_3113.jpg
定義とうふ店

おはぎの幸福感に満たされながらも、おはぎ1個ではさすがにお腹も中途半端な状態。定義山の駐車場に車を停め、目的地の定義とうふ店に近づいていくと、5年前に寄った記憶とちょっと異なります。記憶の中のお店は古びた小さなお店ですが、リニューアルしたのでしょう、立派な建物に変わっていました。そして店頭の粗末なテーブルと丸椅子で食べたような記憶でしたが、屋根付きのテーブルまで用意され、近代化されています。味は変わっていないか心配しながら店内に入り、4人分の名物三角揚げとホロどうふというおぼろどうふをいただきます。なんと三角揚げは120円でホロどうふ100円。

IMG_3115.jpg

三角揚げはその場で揚げていた揚げたて。テーブルには専用の七味と醤油が置かれ、たっぷりの七味と醤油をかけていただきます。もちろん気温はおそらく35度くらいの灼熱。しかし、熱々の三角揚げはサクサク香ばしく、実に旨い。そしてホロどうふも豆の味がじんわりと舌につたわる味わい深いもの。同行者もそれぞれ絶賛。おはぎと豆腐という変化球でこの旅4日目のお昼を終えました。

IMG_1412_20150815123127c5a.jpg

定義とうふ店の壁には仙台の七夕と花火のポスターが貼ってありましたが、この日が七夕前夜の花火の日です。そう、たまたまではありましたが、仙台に泊まる日は花火の日だったんですね。

IMG_3124.jpg

あまりに強い日差しに、母親の体調を考えると、定義山への参拝はちょっと危険です。車で次に向かおうかと母親に問うと、せっかくなので定義如来に参拝するとの返事。朝の蔵王では薬がいまいち効いていませんでしたが、おはぎと三角揚げからパワーを得たのか、炎天下にもかかわらず足取りも軽く、スタスタ歩いていきます。それえはということで、参拝することにしました。

IMG_3127.jpg
定義如来西方寺

定義山は仙台人にとっては、三角揚げを食べに来るところ、カブトムシを捕りに来るところ、芋煮会をしに来るところといったところでしょうか。肝心なお寺は宝永3年(1706年)に開かれた浄土宗のお寺。もともと壇ノ浦の戦いで敗れた平家の家臣肥後守平貞能が阿弥陀如来を携え定義と名乗ってこの地に隠れたことから、この辺りを定義山と呼び、阿弥陀如来も定義如来と呼ばれるようになったということです。正面のお堂は本堂ではなく、貞能公御廟。

IMG_3129.jpg

夏の日中ゆえ境内は静かそのもの。ジリジリと照りつける太陽を避けながら参拝します。

IMG_3132.jpg

貞能公御廟も入口の山門にも、実に彫りの深い彫刻が施されれいますが、調べてみたところこれは仙台の彫師石井寅正という人の手になるものとのこと。暑いなか軒裏を見上げて皆感心しきり。

IMG_3134.jpg

掲示に「東日本大震災の犠牲者の御供養を無償で営んでおります」と書かれており、震災から4年以上が経過してもまだまだ心の傷は癒えるはずもないことを思い知らされます。夏の日差しのなか、なんとなく考えさせられることばです。

定義山に三角揚げを食べにくるのはもう何度目かわかりませんが、とうふを食べにくる度に西方寺にはお参りしています。ちょっと順番が逆な気がしないでもありませんが、お参りする気持ちの純粋さに変わりはありませんので、お許しいただきたいと思います。お賽銭を投げ、ろうそくと線香を供えてこの先の旅の無事を祈って西方寺を後にしました。



触れないほど熱くなった車に乗り込み出発します。時刻は14:00くらい。そろそろ仙台市内に向かってもいい時刻です。もと来た道をもどり、国道48号まで戻ります。実はもう一箇所訪問予定地がありましたが母親の体力もちょっと心配なので、寄るかどうか尋ねると大丈夫な様子。ということで、ほぼ運転手である私のニーズで立ち寄ったのがこちら。

IMG_1420.jpg
ニッカウィスキー宮城峡蒸留所

ニッカの仙台工場ですが、そもそも仕事で仙台に住んでいたころ、仙台市内の三越裏の細い路地裏にあった時浪屋というショットバーでシングルモルトに開眼して以降、シングルモルトはかなり集めて飲みました。以来このニッカ宮城峡蒸留所には何回か通ってウィスキーをいろいろ仕入れて楽しみました。私にとってはウィスキーの聖地。その後東京にもどってからも、サントリーの白州蒸留所、山崎蒸留所、キリンの御殿場蒸留所などいろいろ行ってますが、ここニッカの宮城は最も環境が整ってます。広大な敷地にウィスキーを寝かせておく多数の倉庫が立ち並び実に自然も豊か。久しぶりの訪問にちょっとときめきます。時間の都合と母親の体調も考慮して、見学ツアーには参加せず、売店のみの立ち寄りでしたが、楽しかった。

ドライバーゆえ試飲はできませんが、歴代のモルトの香りを楽しめるコーナーがあり、これが良かった。

もともとサントリーよりもニッカ好きゆえ、力強いニッカのモルトの香りは鼻から脳内に染み渡ります。この宮城醸造所のモルトの1980年代のモルトのブレンド、同じく90年代、2000年代の3種の香りを楽しみましたが、1980年代のモルトの強烈なのに花が咲いたような可憐な香りが図抜けて素晴らしかった。実はこのモルト買うことができるのですが、えらく小さな瓶で1万以上。夢のような素晴らしい香りにかなり揺れ動いたのですが、分不相応ということで、諦め、代わりにお土産にいただいたのがこちら。

IMG_3273.jpg

おそらく、ここでしか売っていない宮城峡の「フルーティ&リッチ」。先ほど香りを楽しんだ1980年代のモルトに際立ったフルーティな香りが乗っていたので選んだもの。これでも普通の瓶より小さめの500mlで結構なお値段ですが、長距離ドライブのご褒美と嫁さんに呪文を唱えてどさくさに紛れて購入。まだ開栓していませんが、開けるのが実に楽しみです。

さあ、これで悔いなく仙台市内に入れます。作並温泉のちょっと手前のニッカから出発し、国道48号を東行。青葉山を抜けるトンネルをくぐると、この旅最後の宿泊地、仙台です。

懐かしい~!

(まだ、つづく)

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

ライヴ録音ピアノ協奏曲XVIII:11ストラヴィンスキー東京オペラシティマーラー弦楽四重奏曲Op.9古楽器アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:68人のへぼ仕立て屋に違いない交響曲97番告別交響曲1番ヒストリカルピアノソナタXVI:39美人奏者四季交響曲70番迂闊者交響曲12番天地創造太鼓連打東京芸術劇場ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:3アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4SACDバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーディヴェルティメントシューベルトモーツァルトベートーヴェンピアノソナタXVI:38LPピアノソナタXVI:31交響曲80番交響曲67番哲学者ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲51番交響曲35番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52ピアノソナタXVI:49ファンタジアXVII:4交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:20アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国皇帝弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ひばりチェロ協奏曲ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:32ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1軍隊リヒャルト・シュトラウス騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:27ピアノソナタXVI:1弦楽四重奏曲Op.103シベリウス武満徹交響曲4番交響曲42番時の移ろい無人島ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲87番交響曲86番フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンリュートピアノソナタXVI:10ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲81番交響曲79番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌カノンモテットオフェトリウムピアノソナタXVI:37スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲オーボエ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲34番交響曲18番交響曲77番温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:8ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサ新橋演舞場交響曲10番交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD剃刀ドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
177位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ