【番外】夏の東北温泉紀行(その9)

(つづき) その1

この旅最後の夜は懐かしいお店をはしごしていい気分。ホテルには大浴場がありましたので、風呂に入って汗を流して休みました。

翌日の朝食はホテルのビュッフェ。フロントと同じフロアにある「バローロ」という名のレストラン。ちょっと名前負けじゃないでしょうか。

IMG_3175_20150816222841d2c.jpg

昨年5月の旅では神戸でオリエンタルホテルに泊まり、優雅な朝食を楽しみましたので、ホテルの朝食は一同馴染んでおります。ここ三井ガーデンホテルの朝食もビジネスホテルとしては悪くありません。イタリアワインの最高峰バローロの名を語るほどではありませんが、ここでバローロを飲む気にはなりませんね(笑) まあ朝食ですからいろいろ取って母親も叔母もまんざらでもなさそうです。遅い時間は混み合うとのことで早めに朝食をとったのでゆったりと食事を楽しむことができました。あとは部屋に帰って荷造りをして出発するだけですが、昨夜飾り付けが終わっていなかった七夕を観に行こうということになり、部屋に戻らず、そのまま外を散歩することに。

IMG_1450_20150816222839f52.jpg

ホテルからちょっと歩くとアーケード。母親も叔母も昨夜行った居酒屋のある仙台駅方面は歩きましたので、今度は東二番丁通りを渡って一番町方面に歩いてみます。こちらのアーケードはマーブルロードおおまち。時刻は朝8:00過ぎということで、私たちは休みですが世の中はウィークデイ。通勤の方々が信号が変わる度に足早に歩いていきます。もちろん七夕飾りは全て飾り終え昨夜とは華やかさが異なります。飾りは商店街のそれぞれの店舗が担当しているのでしょう、この飾りはKALDIのもの。七夕という織姫と彦星の物語の雰囲気とは異なり、現代の七夕は企業の広告宣伝の場でもあるのですね(笑) でも従業員の人がこの準備をする気持ちを考えると、なんとなくお祭り気分も感じられて悪くはありません。

IMG_3185_201508162229202f7.jpg

飾り付けはお店ごとに異なり、力の入れ具合も異なります。いろいろな飾りつけを見て歩くだけでもなんとなく華やかなお祭り気分を味わえます。昨夜10:00過ぎにはなかった飾りが、朝8:00には揃っているということは、本当に深夜作業なのでしょうね。

IMG_3204_20150816232127a2a.jpg

一番町まであるいたところで引き返し、東二番丁通りを再び渡り、今度はクリスロードを仙台駅方面に歩いてみます。心なしかこちらのクリスロード側のほうがそれぞれの飾りが豪華な気がします。こちらはこの商店街の横にあるダイエーの飾り。大規模資本にまかせて力が入っているかというとそうでもありません(笑)

IMG_1457_20150816222835716.jpg

ほとんどの飾りつけが終わっていましたが、こちらはクリスロードでまだ飾りつけが終わっていないところがありました。かえって通行人から注目を浴びています。

IMG_3202_2015081623250378f.jpg

同じく飾りつけ最中のDHC。スタッフがまさに飾りを引き上げようとしていました。

IMG_3196_20150816222921200.jpg

よく見ると、タコの頭にあたるところ、脚にあたるところ、それぞれ趣向をこらしています。脚が千羽鶴でできているものなどあり、これだけの数を集めるには相当な労力が必要だということがわかります。飾りを競う気持ちがわかりますね。

IMG_3201_201508162229239ff.jpg

タコの頭は丸い形ばかりではありません。

IMG_3205_20150816222836c38.jpg

私たちがみたのはごく一部ですが、その中でも一際目を引いたといいうか、多くの人が足をとめて見入っていたのがこちら。脚はすべて千羽鶴です。そして説明書きには七夕の始まる8月6日に広島に原爆が落とされてから70年ということで全国から千羽鶴が送られてきて、それで作った飾りだとのこと。「ノーモアヒロシマ」とのメッセージが刻まれた飾り。鶴1羽1羽に込められてた思いがつたわってくるようですね。

30分ほど歩いたでしょうか。母親の体力も心配なので、そろそろホテルに戻ります。

IMG_3216.jpg

陽が高くなるにつれ、だんだん気温も上がってきました。ホテルに帰って荷造りをして、4泊4人分の大荷物をホテルに台車を借りて車に積み込みます。これだけで汗だく(笑) 4泊目の三井ガーデンホテルも非常に良い宿でした。



さて、あとは帰途につくだけですが、この日も少し予定を入れてありました。仙台まできて松島を見ずに返すのは忍びありません。ということで、ホテルを後にして、最初に私たちが仙台在住時に住んでいたマンションの前を通ったりしながら、松島方面に向かいます。国道45号でしばらく進み、仙台港北インターから三陸自動車道に乗ります。高速に乗ったところで、松島からちょっと先に行けば石巻。思うところあって石巻まで足をのばすことにしました。仙台在住時には松島にも行きましたし、塩釜、石巻、女川、鮎川、金華山、気仙沼、陸前高田などよくドライブに行きました。これらの地域は震災により大きな被害を受けてしまいましたが、震災後このあたりにくるのははじめてのことなので、復興度合いを見ておきたいとの気持ちで足を進めました。高速を石巻河南で降り、向かったのはこちら。

IMG_3219.jpg

石巻の港が一望できる丘の上にある日和山公園です。震災時に多くの人が避難したところでもありますが、ここからみた石巻の映像がなんどもテレビで流れ、津波のあまりの破壊力をまざまざと見せつけられました。高速を降り、石巻駅をすぎてしばらく商店街の中を進み、ナビの指示どおりに細い急坂道を上がっていった先にある公園。ここまでくる間の商店街も、今でこそ瓦礫などは片付いているものの、3階の高さまで津波がきていたとわかるところもあり、なにか普通の心境にはなれません。

IMG_3226.jpg

車を降りるとこの旅一番の暑さ。おそらるアスファルトの照り返しで40度くらいあるでしょう。メラメラと照りつける太陽のなか、テレビで知っている景色が目の前に飛び込んできます。

IMG_3222.jpg

日和山公園から海側を望むと、護岸工事などがそこここで進んでいます。多くの建物が倒壊したでしょう、まだまだ空き地が目立ちます。このあたりは公園として整備が進むそう。

IMG_3227.jpg

そしてちょっと歩いて北上川側をみると、やはりそこここに空き地が目立ちます。4年の月日が経ってもまだまだ津波の傷跡は消え去ることはありません。暑いなかまんじりともせず景色を眺めていると、こんがりと陽に焼けた高齢の男性が来訪者に震災の時の話をしていました。後で聞くとご自身も奥さんと猫が津波に流されたとのこと。暑さを感じる余裕もなくなるほど、聞き耳をたて、当時のことを想像してしまいました。

IMG_3231.jpg

何もなければ青い空と海の恵みに満たされた街なのでしょうが、震災の残した傷の大きさに触れたような気持ちになりました。足をのばして来てよかった。

さて、炎天下長時間の滞在は本当に危険です。ほどなく母親と叔母を車にのせ、再び来た道を帰ります。あとは松島、そして最期の昼食です。ついでに前夜飲んだ日高見がとても美味しかったと叔母がいっていたことから、日高見の蔵元、平孝酒造に寄ろうかと思って探したのですが、見学できるような風情ではなかったので諦め、松島に向かいます。

再び高速に乗って、松島北インターまで進み、松島海岸に出ます。食べログでいろいろ調べると松島に牛タン利休がありましたので、そこを目的地に定めて進みます。お店の前までくると、なにやら長蛇の列。これはいけません。気温は先ほどと変わらず本当に灼熱。待っている間に干物になっちゃいます。ということで、適当な駐車場に停め、入れるところに入ろうということになりました。

ということでこの旅最後のランチスポットはこちら。

IMG_3232.jpg
食べログ:松吟庵

車を停めた駐車場からすぐのところにある玉手箱館というビルの3階にあるお店。灼熱の駐車場からの移動距離が短く、松島の眺めが良さそう、そしてすぐ入れそうという条件で選んだお店。流石に夏の松島は人が多い。駐車場もほとんど満車、海岸沿いの道は観光客だらけ、そしてお土産やさんも人がいっぱいということで、観光地としてはいいことですが、こちらは高齢者連れ。やはりあんまり歩くわけにもいかず、すぐ入れたので、選んだというより運良く入れたといった感じ。

IMG_3234.jpg

注文したのは皆が牛タンとお蕎麦のセット、私が天ぷらとお蕎麦のセット。この旅で仙台に来てから牛タンを食べていませんでしたので頼んだ次第。牛タンならば本当は喜助に行きたかったんですが、この人出と天気、それに帰りの行程を考えると、選択の余地はありませんでした。母親と叔母にはちょっとタンが硬かったでしょうか。それでも冷房の効いた窓際の席で松島を遠くに眺めながらの食事は楽しめました。

このあとお隣のおみやげ屋さんで少々お土産を買い込み、東京への帰途につきます。

外は本当に灼熱。本当に危険ですね。熱くなった車に乗り込み、エアコン全開で冷やします。道路の看板を頼りに松島海岸インターから三陸自動車道に乗り、利府で東北自動車道方面へ。富谷ジャンクションから東北自動車道に入ってあとは南下するだけ。途中何回か休みましたが、栃木県に入ると稲光が見えます。やはり栃木は雷が多いようですね。

事故渋滞でちょっとつかえましたが、ほぼ予定通りに東京に到着。新宿で叔母と叔母を下ろして、夜9時前には無事自宅に到着しました。

荷物を下ろしてレンタカーを予定通り返却。今回の旅を無事終えることができました。

亡くなった叔父の供養を兼ねての母親姉妹の夏の東北旅行。避暑のつもりがこの週は全国的に酷暑。東北も日中の日照りは凄まじいものでした。それゆえ旅程は高原、滝、湖、沼などが中心となりました。やはり東京とは異なり東北の自然は豊か。青い空と綺麗な水の色、爽やかな風、そして最後に震災の爪痕の景色が心に刻まれました。

このメンバーであと何度旅行できるでしょうか。

長らくの番外記事失礼いたしました。次の記事からハイドンのレビューに戻ります。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

残暑お見舞い申し上げます

Daisyさん、こんにちは。

こちらは昨晩も突発的に雨がザーザー降るなどなかなか不穏な天候です。
安定しない暑い気候のこの夏、お身体くれぐれもご自愛ください。

いつもながら楽しい雰囲気溢れる紀行文を有難うございました。
高校の卒業旅行が東北で、会津に初めて行き白虎隊、飯盛山、多分磐梯山にも(?)少しだけ登ったと思うんですが、違う文化に触れることができた楽しい思い出がよみがえってきました。

美味しい食事と素晴らしい景色、楽しい旅を無事に終えられご家族さまも喜んでいらっしゃることでしょうね!

また楽しみにしています~

Re: 残暑お見舞い申し上げます

sifareさん、コメントありがとうございます!

福島はいろいろありましたが、本当に自然が豊かですばらしいところです。特に会津は私も大好きです。高校の修学旅行で行かれたとのこと、関西からだと会津は修学旅行先という場所なのですね。

旅行期間中は猛暑に見舞われ、本当は避暑に出かけたのですが下界はそれどころではありませんでした。雨やら台風やらであちこちで大変なことになっていることもありますので、お気をつけください。

しばらくはハイドンのレビューに励みます(笑)
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

古楽器ラメンタチオーネアレルヤ交響曲3番交響曲79番チェロ協奏曲1番オックスフォード驚愕交響曲88番交響曲19番交響曲58番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲80番交響曲全集交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲12番交響曲11番交響曲10番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4バードタリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ