トリオ・フランツ・ヨゼフのピアノ三重奏曲集(ハイドン)

今日はピアノトリオの名演盤を。

TrioFranzJoseph.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV ONLINEicon

トリオ・フランツ・ヨゼフ(Trio Franz Joseph)の演奏による、ハイドンのピアノ三重奏曲4曲(Hob.XV:27、XV:32、XV:13、XV:25)を収めたアルバム。収録はPマークが1999年とだけ記されています。レーベルはカナダのATMA Classique。

このアルバム、先日ディスクユニオン店頭で見かけて手に入れたもの。未聴盤であるということに加えて見覚えのある赤い縁取りのATMA Classiqueレーベルということで、迷いなく入手。そう、ATMA Classiqueはマルク・デストリュベのヴァイオリン協奏曲集の超名演盤で強烈な印象が残っています。

2013/01/20 : ハイドン–協奏曲 : 超名演盤発見! マルク・デストリュベ/パシフィック・バロック管弦楽団のヴァイオリン協奏曲集

そしてトリオ・フランツ・ヨゼフとのトリオの名前ががこれまた気になります。まさにハイドンの曲を演奏するための団体のようです。調べてみるとその通り、フォルテピアノのミレイユ・ラガセが1997年、モントリオールのマギル大学音楽学部の招きでハイドンのピアノ三重奏曲全曲のコンサートシリーズを行った際に結成されたトリオとのこと。メンバーは下記の通り。

フォルテピアノ:ミレイユ・ラガセ(Mireille Lagacé)
ヴァイオリン:オリヴィエ・ブロ(Oliver Brault)
チェロ:マルセル・サン=シル(Marcel Saint-Cyr)

ミレイユ・ラガセは1935年、モントリオールの近くで生まれたオルガン、フォルテピアノ、ハープシコード奏者。ウィーンでオルガンを学び、ジュネーブ、ミュンヘンで行われた国際オルガンコンクールで入賞、のちにジュネーブのハープシコード国際コンクールでも決勝に残り、ソリスト、室内楽奏者として活躍しました。教育者としての活動にも力を入れ、ボストンやモントリオールでオルガン、ハープシコードを教え、アメリカ、カナダ、ヨーロッパでいくつものマスタークラスを持っていたとのこと。オルガン奏者としてはブクステフーデのオルガン全曲録音を残してるそうです。

Hob.XV:27 Piano Trio (Nr.43/op.75-1) [C] (1796)
このアルバムの最後に納められたジプシー・ロンドと並んで録音の多い有名曲。適度な広がりをもち、残響の美しいサイトでの録音。冒頭から活力に溢れた古楽器のアンサンブル。とりわけ、ミレイユ・ラガセのフォルテピアノのキレが爽快。ヴァイオリンのオリヴィエ・ブロ、チェロのマルセル・サン=シルも一聴してかなりの腕前の持ち主。ただ爽快な演奏なだけでなく、フレーズ一つ一つの起伏がくっきりと浮かびあがり、音楽が実にイキイキと弾みます。テンポを自在にコントロールしてフレーズ毎の描き分けも見事。古楽器の爽やかな響きを生かしながら実に雄弁な演奏。迫力も十分で、この曲に込められたエネルギーをしっかりと描きます。現代楽器の演奏よりダイナミックに感じるほど。
つづくアンダンテも古楽器としては予想外に雄弁。決して力づくではないのにメロディーがくっきりと浮かびあがり、音楽が滔々と流れていく。そしてフィナーレの入りのヴァイオリンの音色の艶やかなこと。どちらかというとじっくり描くフィナーレですが、音楽に色気と深みが加わりえも言われぬ華やかさが伴います。もちろん終盤にかけての迫力も素晴らしいものがあります。

Hob.XV:32 Piano Trio (Nr.31) [G] (before 1794)
ゆったりとリラックスした音楽から入ります。基本的にフレーズを丁寧に描いていくスタイルは変わりませんが、このトリオの特徴は起伏に富んだ表情を自然さを保ちながらつけていくところでしょう。ハイドンが描いたおだやかな曲調を見切って、完全に掌握した上で、華やかになるスパイスをまぶしてことこと煮込んだスープのよう。ピアノトリオの面白さが凝縮しています。
この曲は2楽章構成ですが、この2楽章が実に変化に富んだ曲調な上に、演奏が最高。曲を完全に掌握しているところは変わらず、ハイドンが仕組んだ仕掛けを次々に暴いていくような面白さの連続。筆が走りすぎて、ちょっとやりすぎ感すら漂うこの楽章を、実に見事にアーティスティックな範囲にまとめてきます。この曲がこんなに面白い展開だったと気付かされます。

Hob.XV:13 Piano Trio (Nr.26/op.57-3) [c] (before 1789)
ぐっと時代が遡って、曲想も晴朗。このような変化も難なくこなし、ヴァイオリンが実に美しいメロディーを堂々と描いていきます。メロディーをわかりやすく引き継ぎながら素朴な音楽の魅力をじわりと聴かせます。微妙に変化しながら続いていくフォルテピアノの音階が音楽をリードし、それにヴァイオリンが艶やかな音色で音楽を乗せていきます。なかなかいい選曲眼です。
この曲も2楽章構成。2楽章は推進力と活力を失わずに、独特のメロディーを描いていきます。いろいろ展開するのですが、一気に聴かせ切ってしまう勢いがあり、音楽の流れに身を任せているだけで幸せな気分に浸れます。

Hob.XV:25 Piano Trio (Nr.39/op.73-2) [G] (1795)
最後は有名なジプシー・ロンド。冒頭から今まで聴いてきた演奏とは一味違います。ゆったり目のテンポに合わせてかなりじっくりとした演奏。これが実に自然で心地良い。リズムはかなりくっきりとメリハリをつけながら、ヴァイオリンのオリヴィエ・ブロが磨き抜かれた音色でのびのびと音楽を置いていきます。なんとなくマルク・デストリュベを思わせる雄弁さ。そして速めの演奏に耳が慣れているからか、逆にこのゆったり感が実に新鮮で心地良い。この曲の緊密な構成を改めて認識した次第。
つづくポコ・アダージョは何事もなかったように、いきなり草原に出たような爽やかさに包まれます。やはり一つ一つのフレーズをしっかりと噛み締めるように描いて、この曲のもつしっとり感を十全に描いていきます。
最後のジプシーロンドもしっかりとメロディーを描き、これまで聴いてきた演奏が全て薄味に感じるほど。濃すぎる印象があるわけではなく、メロディーに潜む表情をしっかりと汲み取りきっているだけのよう。なんという説得力。このイメージはヴァイオリンのオリヴィエ・ブロの功績でしょう。あまりに見事な演奏に打たれます。ジプシーロンドの真髄に迫った演奏でした。

いやいや、古楽器によるハイドンのピアノトリオでは、これまでに聴いたことがないほどにしっかりと表情がついた演奏。薄口のお吸い物で和食の旨みを知ったと思っていたのが、料亭の本格的な椀者の深い出汁の旨みで本当の和食の素晴らしさを知った時のような驚きを感じます。なんだかうまく表現できませんが、ハイドンの名を冠した、このトリオ・フランツ・ヨゼフの演奏は、これまでの古楽器によるピアノトリオのなかでは別格の出来。特に最後のジプシーロンドの出来は出色。またまた未知の名演盤に出会った幸福感に包まれました。もちろん評価は4曲とも[+++++]とします。こればかりは聴いていただかなければわかりません。必聴盤です!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ピアノ三重奏曲

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

ヴァイオリン協奏曲ピアノソナタXVI:50ベートーヴェンピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:48驚愕哲学者ニコライミサミサブレヴィス小オルガンミサ交響曲95番ヒストリカル奇跡交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計交響曲99番軍隊ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40王妃モーツァルトピアノソナタXVI:52アンダンテと変奏曲XVII:6武満徹SACDライヴ録音チェロ協奏曲交響曲80番交響曲19番古楽器交響曲81番交響曲全集マリア・テレジア交響曲21番豚の去勢にゃ8人がかりクラヴィコードピアノソナタXVI:20無人島ラメンタチオーネ騎士オルランドLPBlu-ray東京オペラシティ交響曲86番チェロ協奏曲1番十字架上のキリストの最後の七つの言葉交響曲10番交響曲9番交響曲11番交響曲12番ロンドン太鼓連打交響曲4番交響曲15番交響曲2番交響曲37番交響曲1番交響曲18番ひばり弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲102番交響曲97番交響曲98番ピアノソナタXVI:7ピアノソナタXVI:37ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:49フルート三重奏曲オーボエ協奏曲ドニぜッティロッシーニライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3ストラヴィンスキーミューザ川崎シェーンベルクマーラー東京文化会館ホルン協奏曲フルート協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.103弦楽四重奏曲Op.77ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:26タリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディバードすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6告別ピアノソナタXVI:39美人奏者四季迂闊者交響曲70番ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルトピアノソナタXVI:38交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲51番交響曲46番交響曲35番協奏交響曲DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51五度ラルゴピアノ三重奏曲弦楽四重奏曲Op.64日の出ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:10リュートピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲79番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットオフェトリウムカノンドイツ国歌スタバト・マーテル弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ベルクブーレーズ主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲77番交響曲34番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生音楽時計曲ピアノソナタXVI:11ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisカートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47第九読売日響オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CDドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲108番変わらぬまこと交響曲107番交響曲62番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲3番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
12位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ