下野 竜也/読響のチェロ協奏曲、時計(よみうり大手町ホール)

9月16日(水)はチケットを取ってあったコンサートに行ってきました。

以前行った読響のコンサートの時に配られたチラシでハイドンのコンサートがあると知り、会場でのチケット販売で席を取ったもの。

サントリーホールやオペラシティなどで行われるいつものシリーズとは異なり、場所はちょっと小規模なよみうり大手町ホールという新しいホール。読売新聞の新本社ビルの4階5階にあり、調べてみるとオープンは昨年春のようですね。大手町の駅直結でアクセスは便利なホールです。私はこのホールははじめて。

IMG_3520.jpg
読売日本交響楽団:第7回読響アンサンブル・シリーズ

プログラムは次の通り。

ハイドン:王立音楽家協会のための行進曲
ハイドン:チェロ協奏曲 第1番
ハイドン:交響曲 第101番 ニ長調「時計」
指揮:下野 竜也
チェロ:上村 文乃

近年珍しいオールハイドンプログラム。

下野さんの演奏はテレビなどでは何度か見たことがありますが、生で聴くのははじめて。チェロの上村 文乃(かみむらあやの)さんは現在バーゼル音楽院に留学中の若手チェリスト。こちらももちろんはじめて聴く人。



IMG_1482_20150918220716f89.jpg

珍しく開演が19:30からとういことでしたが、開演前の19:00からステージ上で下野さんのトークイベントがあったようです。こちらはいつも通り、カフェでサンドウィッチとワインを楽しんでのんびりしながら開演を待ちました。

開演時間になると、会場の照明が落とされ、なぜかティンパニの岡田さんだけステージに。いつものようにチューニングを終えると、いきなりティンパニだけで演奏が始まります! まるで太鼓連打の最近の演奏のようにアドリブを効かせてティンパニの音が鳴り響く間にオケのメンバーがステージ上に登場。全員揃ったところで1曲目の「王立音楽家協会のための行進曲」の演奏が始まりました。この時点で指揮者は不在。この曲は1792年ハイドン2回目のロンドン渡航の際、王立音楽家協会の年次夕食会に招かれた際に作曲した曲で、同じメロディーてティンパニなどが省かれたウェールズ皇太子のための行進曲という曲もあります。

曲自体はハイドンらしい祝祭感にあふれた行進曲で、それを元気よく演奏している感じですが、リズムがちょっと平板でキレも今ひとつ。指揮者がいないからでしょうか。そうこうするうちに下野さんが大きな旗を掲げて舞台下手から登場し、会場がどよめきます。よく見ると旗には「読売」と書いてあり、読売新聞の社旗でしょうか。旗を掲げながら客席に降り、軍隊の謁見式のように行進しながら前の方を一回りしてステージに戻り、曲の終わりを少し指揮して締めくくるという演出。冒頭からハイドンの曲の根底に潜むユーモアに呼応して、指揮者もユーモアで応えたということなのでしょうが、ちょっとセンスがイマイチ。先ほど触れたように、オケのキレとメリハリが今一つということで、ユーモアにしては代償が大きかったと言わざるを得ません。お客さんの反応はまずまずでしたが、私はちょっと出端をくじかれた印象。

このホールは500名収容という比較的小規模なホール。この日取った座席は左手後方。小さなホールで後方でも音が明瞭とのふれ込みで、残響は少なめ、オケの音がまさに明瞭に聞こえます。1曲目を聴いての印象は、弦楽器の響きがちょっとざらついて聴こえたり、大きな音や肝心のティンパニの音が特定の音域だけぼんつく感じがあり、明瞭とは言ってもオケの演奏にはちょっと難ありといった感じ。それだけ普段よくコンサートに通っているサントリーホールや東京オペラシティの出来が良いということかもしれませんね。

1曲目は短い曲でしたが一旦オケが下がり、ステージ上は続くチェロ協奏曲用のオケの配置に修正され、再びメンバーが戻ります。奏者が減ってかなりの小編成。しかもティンパニが入らないんですね。こうしてステージを視覚的に見て初めてわかることがあります。オケに続いてチェロのブルーのドレスの上村さんと下野さんがステージへ。上下コンビだと今気づきました(笑)

チェロ協奏曲は、序奏からオケがよくコントロールされ、先ほどの行進曲のリズムの平板さはありません。やはり指揮者がきっちりコントロールした方が良いということでしょう。上村さんのチェロは若手らしい意欲的な演奏。要所にかなりのメリハリをつけ、インテンポでグイグイきます。この曲本来の晴朗さよりも、テクニックの冴えを見せようという感じ。音の伸び、テンションはかなりのもので、濃いめの表現。技術的にはかなりのものですが、少々濃い感じです。ライブで聴くと迫力があっていいのですが、録音で聴くとちょっとくどいかもしれませんね。ホールの響きのせいか、はたまた楽器のせいか、音の伸びはいいのですが、響きはちょっとくすみ気味です。また早いパッセージの音階がちょっと曖昧に聴こえますが、フレーズ自体はかっちりエッジが効いていますのでさほど気になりません。下野さんも、上村さんに煽られてか、オケはキレよく推進力があり、好サポートといったところでしょう。このチェロ協奏曲は上村さんの意欲的な演奏にブラヴォーが降り注ぎ、アンコールでバッハの無伴奏チェロソナタ3番のジーグを披露。こちらも要所にアクセントをつけていい意味で強引さもある演奏。バッハの表現は個性的で良かったですが、ハイドンの方は逆にもうすこし抑えて曲の美しさに迫ったほうが良かったかもしれません。何れにせよ、将来が楽しみな人ですね。

休憩を挟んで、この日のメインイベント、時計です。編成が再び大きくなりますが、それでも小さなホールですのでそれほどの人数でもありません。流石にこの曲は、曲の構造をよく見通して、骨格のしっかりした演奏に仕上げてきました。1楽章の構成感はなかなか見事、2楽章のアンダンテも軽快なテンポでの進行、そしてメヌエットは強弱のコントラストをきっちりつけ、フィナーレは最後のクライマックスの凝縮感もなかなかのものでした。金管がところどころ音を外していたほかはオケもまずまずの精度。下野さんのコントロールによくついて行ってました。良かったのはオーボエとファゴット。実にニュアンス豊かで、ソロの部分の響きの美しさは惚れ惚れするほど。そしてティンパニの岡田さんは流石の安定感。小編成のハイドンということで、渾身の一撃は聴かれませんでしたが、キレはいつも通り。逆にフルートが平板で単調な印象を与えてしまっていたのが惜しかったですね。最後は盛大な拍手につつまれましたが、ブラヴォーはなし。

読響は先日聞いたイェンセンやシナイスキー、もちろんスクロヴァチェフスキが振ると、世界の一流オケにも引けをとらない素晴らしいアンサンブルを聴かせますが、この日の下野さんのコントロールは響きの成熟度と音楽のしなやかさという意味で、一流どころとは差があるのは仕方のないところでしょう。普段ハイドンの名演ばかり聞いているからちょっと厳し目になってしまいますが、指揮者のハイドンに対する理解の深さと、オケの技術、そして全員のハイドンに対する謙虚な姿勢が合致した時に聴かれる、至福の瞬間のようなものへの期待を持ってのことということでお許し願いたいと思います。

コンサートの企画自体は、オールハイドンプログラムの上、普段滅多に取り上げられない「王立音楽家協会のための行進曲」など含む意欲的なもので、客席も500名と少ないながらほぼ満員。ハイドンの音楽の普及啓蒙には非常に貢献する取り組みゆえ、こうした機会をまたつくっていただきたいものです。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : よみうり大手町ホール

コメントの投稿

非公開コメント

音楽家も大変だー!?

Daisyさん。こんばんは。
記事を読んで身につまされました。音楽家も大変ですよね。

私もかつて地方オケに身を置き、「楽隊」の辛さを味わいました。
ひげの山本某氏の指揮で演奏会の折、その日ピッコロを担当していた私は突然、「獅子舞をやれ」と言われて、お囃子を吹きました。コントラバスの主席は、突然、ジャズベースを弾けと言われて怒っていました。

まあ、しゃれと割り切って楽しめば良かったのでしょうが、私も若気の至りで…。
結局、この世界は華やかなように見えて、その実、派閥があり、学閥があり、足の引っ張りあいがありと、想像もしていなかったほど大変な世界でありました。そのあげく、あれだけ大好きだった音楽が嫌いになりました。

今はオーケストラを止めて本当に良かったと思います。サラ―リーマンの世界もいろいろありますが、本当に好きな世界(音楽)は別にありますので、割り切ることができます。全くせいせいしたものです。フルートは腰痛と難聴のため止めましたが、今は趣味で合唱指揮をしています。音楽は趣味が一番!

Re: 音楽家も大変だー!?

Skunjpさん、コメントありがとうございます。

コンサートの感想がなんだか複雑な心境を思い起こさせてしまったようでスミマセン。
レビューも、コンサートレポートも、他の人の書いた記事は読まずに、思ったままを書くようにしていますが、下野さんのコンサート。私にはちょっと意外でしたが、好評な反応がほとんどのようです。純粋に演奏としての側面と、今回の演出について、それぞれ楽しんで聴かれた方が多かったのかもしれませんね。

演奏者は一人一人が芸術家でもあり、もしかしたらオーナーや指揮者の指示と、自身の芸術的心情が合わないことも多いこともあるのではないかと想像してますが、それはサラリーマンの世界もそれほど変わらないもの。やはり仕事としてやっている以上、資本の論理、ポジションの論理には抗し難いものでしょう。自身の趣味の世界はこのような論理とは無関係に純粋に楽しむことができます。

ニューイヤーコンサートなどお祭り気分のを高めるために、毎年趣向を凝らした演出がいろいろ用意されています。カルロス・クライバーがボリス・ベッカーの格好でピットに立ったり、当のハイドンも告別交響曲で楽員を一人づつ退場させてニコラウス侯に楽員の長期間労働への配慮を求めたりしたことが知られています。こうした演出は、誰が、誰のためにやっているか、そして見ているひとが楽しめるかということがポイントでしょう。私もこうした演出自体は嫌いではありませんが、今回の下野さんの演出、オーナーたる新聞社の旗(読響の旗かもしれませんが、、、)というのがいまいち楽しめなかったというだけです。これが下野さんの発案だったら、ちょっと媚びている感じですし、主催者側の発案なら指揮者も大変だろうということになっちゃいますね。センスの良い笑は難しいということでしょう。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103古楽器ピアノソナタXVI:378人のへぼ仕立屋に違いないファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:31ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:46アレグリモンテヴェルディ東京オペラシティパレストリーナバードタリスすみだトリフォニーホール天地創造ライヴ録音ピアノ協奏曲XVIII:11マーラーストラヴィンスキー弦楽四重奏曲Op.9アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:6ピアノソナタXVI:48告別ヒストリカル交響曲1番交響曲97番ピアノソナタXVI:39美人奏者四季交響曲12番迂闊者交響曲70番東京芸術劇場太鼓連打ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:3バリトン三重奏曲SACDスコットランド歌曲ディヴェルティメントヴェルナーガスマンモーツァルトシューベルトベートーヴェンLPピアノソナタXVI:38哲学者ラメンタチオーネ交響曲80番交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲35番交響曲51番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:52交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:20アリエッタと12の変奏XVII:3サントリーホール帝国ラ・ロクスラーヌ皇帝弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出ひばり弦楽四重奏曲Op.64チェロ協奏曲ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33リヒャルト・シュトラウス軍隊騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:27ピアノソナタXVI:1シベリウス武満徹交響曲4番無人島交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲87番交響曲86番フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンリュートピアノソナタXVI:10ピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談ナクソスのアリアンナ英語カンツォネッタ集アレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲78番交響曲79番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌モテットオフェトリウムカノンスタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番オーボエ協奏曲リラ・オルガニザータ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲火事交響曲38番リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲34番交響曲18番交響曲77番温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲66番交響曲91番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番交響曲10番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD剃刀ドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲62番変わらぬまこと交響曲108番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
7位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ