フーゴ・ヴォルフ四重奏団によるOp.33、Op.20ライヴ(ハイドン)

コンサートや旅行の記事が続いたので、レビューから少しご無沙汰しておりました。そうこうしているうちにいつも当方の所有盤リストにないアルバムを貸していただく湖国JHさんから、新たに何枚かのアルバムが届きました。そのうちの1枚。

HugoWolfQ.jpg
TOWER RECORDS / amazon / HMV ONLINEicon

フーゴ・ヴォルフ四重奏団(Hugo Wolf Quartett)の演奏による、ハイドンのロシア四重奏曲Op.33のNo.5、太陽四重奏曲Op.20のNo.3、No.4の3曲を収めたアルバム。収録は2009年7月13日、18日、オーストリアのアイゼンシュタットの少し南にあるロッケンハウス(Lockenhaus)の聖ニコライ教会でのライヴ。レーベルはVMS Music Tresure。

このアルバム、実は私も海外に注文を入れていて、それが届く前にこちらが先に届いたので早速レビューです。

アルバムタイトルは”Live in Lockenhaus”というもの。なぜかカナで打つと私のMacは六軒ハウスと妙にリアルな変換(笑)。このライヴはギドン・クレーメルが1981年に創設したロッケンハウス室内楽音楽祭の2009年のライヴということで、この年に没後200年を迎えたハイドンの曲が演奏されたということでしょう。

奏者のフーゴ・ヴォルフ四重奏団は1993年にウィーン音楽大学で設立されたクァルテット。アルバン・ベルク、スメタナ、アマデウス、ラサールらクァルテットの大御所に師事(なんと豪華な!)し、すぐにウィーンフィル特別賞、室内楽ヨーロッパ賞などに輝きました。その後は国際的に演奏活動を繰り広げ、日本のサントリーホールでもコンサートを開いたとのこと。レパートリーは古典から現代音楽まで幅広く、彼らに献呈された現代曲もいろいろあるようです。ウェブサイトがありましたので、リンクしておきましょう。

Welcome | Hugo Wolf Quartet

このアルバムに参加している奏者は次のとおり。

第1ヴァイオリン:セバスチャン・ギュルトラー(Sebastian Gürtler)
第2ヴァイオリン:レジ・ブリンゴルフ(Régis Bringolf)
ヴィオラ:ゲルトルート・ヴァインマイスター(Gertrud Weinmeister)
チェロ:フローリアン・ベルナー(Florian Berner)

Hob.III:41 String Quartet Op.33 No.5 [G] (1781)
教会でのライヴらしい、豊かな残響に包まれた一体感ある音響。ただ鮮明さもほどほどあり、コンサートを楽しんでいるのに近い録音。ライヴですが会場ノイズはほとんと聞こえず、ライヴとしては理想的な録音です。フーゴ・ヴォルフ四重奏団の演奏は鮮度抜群、推進力抜群、4人のまとまりもかなりのレベルということで、冒頭から最上のライヴを客席で楽しむような素晴らしいもの。まるで生きた魚が跳ねるようなバネの強い躍動感と緊張感。ロッケンハウスということでクレーメルの眼鏡にかなう出演者が選ばれているのでしょうか。クレーメルの殺気のようなもととは少し異なりますが、キレ味の鋭さはかなりもの。この音楽祭のレベルの高さが伺えるというものです。1楽章は手に汗握る展開。ハイドンなのにメチャメチャスリリング。音量を上げて聴くとまさにコンサート会場にいるようなリアリティ。
このクァルテットの凄さはつづくラルゴで確信しました。この切々たる音楽の彫りの深い描き方。アーティスティックさを保ちながら、グイグイ迫る迫力、ちょっと遅れて入るチェロのセンスの良さ、抑えた部分の精妙なバランス、どれもこれ以上の演奏はあり得ないほどに完成度が高い。超低音の会場ノイズが入り、ライヴだと気付かされます。
メヌエットは緩急自在。4人の息がピタリと合って見事なテンポのコントロール。クァルテットの表現力の幅の広さを思い知らされます。次々と繰り出されるメロディーの面白さに釘付け。
そしてフィナーレは実に落ち着いた入り。楽譜を読みきっている自信がみなぎる落ち着き。変奏ごとに絶妙な表現のコントロールが加わり、進むごとに至福度が徐々にアップしていく快感。徐々にメロディーが変化する意味がよくわかります。最後はメロディーがカオスのようにからまり終了。1曲目から度肝を抜く素晴らしさ。

Hob.III:33 String Quartet Op.20 No.3 [g] (1772)
太陽四重奏曲の中でも地味な曲を選んできました、なぜこの曲を選んだか演奏を聴くと理由がわかるような気がします。この曲のメロディーに潜むものをすべてが彼らの音楽で置き換えられていると言っていいほどの説得力に冒頭から打たれっぱなし。これほどの確信をもって演奏されたこの曲の演奏を知りません。教会堂に響き渡るハイドンの機知。すべての音符が書かれた理由を知り尽くしているがごとき踏み込み。これ以上つっこむとくどくなるという寸前。というかくどさという印象は一切感じませんがものすごい踏み込みに圧倒される感じ。演奏している教会堂ごとフーゴ・ヴォルフ四重奏団に完全に支配されているよう。
2楽章はメヌエット。この曲自体の演奏の神が乗り移ったかのような推進力はこの楽章でも変わらず。数あるクァルテットのなかでもこの集中は稀に見るほどの見事さ。短調から長調へのさりげない変化も流石。
つづく3楽章のポコ・アダージョは今度は精妙なアンサンブルの魅力を遺憾なく発揮。弱音のバランスもさることながら、ここにきてチェロの雄弁な演奏が光ります。ライヴでの究極の洗練が聴かれます。しなやかにうねる曲想。天上に抜けるような上昇感と静寂に吸い込まれる響き。フィナーレは疾走する感じを実に上手くまとめ、アンサンブルの一体感を見せつけて終了。

Hob.III:34 String Quartet Op.20 No.4 [D] (1772)
このクァルテットの素晴しさを十分に理解しての最後の1曲は、もはや圧倒的と言っていい出来。冒頭のざわめきのような響きからメロディーが浮かび上がり、何度か楔が打たれながら音楽が形作られていく様子はまさにそこで熱い鉄が打たれているようなリアリティ。すべての音符が有機的に絡み、このクァルテットにより再構成されて、イキイキとした音楽として迫ってきます。けっして不自然にはならず、音楽の赴くままを演奏しているように聴こえるのが流石なところ。
1楽章もさることながら、長い2楽章の構成感も見事。音楽が変奏ごとにしっとりと表情を変えながら進み、徐々に装飾を加え、ハイドンの音楽本来の表情が浮かび上がってきます。ここでもチェロが音楽の表情を豊かにしていきます。変奏ごとの音楽の描き分けの見事さはこのクァルテットのすぐれた特徴の一つでしょう。そして短いメヌエットを経てフィナーレへ。フィナーレは鮮明なアンサンブルと推進力のショーケースのような楽章。ただテクニックを誇示する演奏とは異なり、フレーズごとに実にしっかりとした表情がつき、この速い楽章が実にくっきりと表情が浮かび上がるのが流石。最後の曲には湧き上がるような会場のからの拍手が降り注ぐ様子が録られてています。

いやいや、このフーゴ・ヴォルフ四重奏団によるハイドン、超名演です。2日のコンサートの記録を合わせたアルバムですが、真っ赤に燃えたぎる火の玉のようにエネルギッシュな演奏にも拘わらす、ハイドンの曲を演奏するののに不釣り合いなところがある印象はありません。このライヴに立ち会った人はものすごいネネルギーを得て帰ったことでしょう。流石にロッケンハウスのプログラムに組み入れられるだけのことはありますね。このアルバムの演奏、全曲『+++++]としたいと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.20 弦楽四重奏曲Op.33

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

ライヴ録音ピアノ協奏曲XVIII:11ストラヴィンスキー東京オペラシティマーラー弦楽四重奏曲Op.9古楽器アンダンテと変奏曲XVII:6ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:68人のへぼ仕立て屋に違いない交響曲97番告別交響曲1番ヒストリカルピアノソナタXVI:39美人奏者四季交響曲70番迂闊者交響曲12番天地創造太鼓連打東京芸術劇場ピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:3アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:4SACDバリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーディヴェルティメントシューベルトモーツァルトベートーヴェンピアノソナタXVI:38LPピアノソナタXVI:31交響曲80番交響曲67番哲学者ラメンタチオーネピアノソナタXVI:24交響曲46番交響曲51番交響曲35番ヴァイオリン協奏曲協奏交響曲DVDピアノソナタXVI:52ピアノソナタXVI:49ファンタジアXVII:4交響曲47番十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:20アリエッタと12の変奏XVII:3ピアノソナタXVI:40サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国皇帝弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ピアノソナタXVI:50五度ラルゴピアノ三重奏曲日の出弦楽四重奏曲Op.64ひばりチェロ協奏曲ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:32ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.1軍隊リヒャルト・シュトラウス騎士弦楽四重奏曲Op.74弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:27ピアノソナタXVI:1弦楽四重奏曲Op.103シベリウス武満徹交響曲4番交響曲42番時の移ろい無人島ベルリンフィルホルン信号交響曲19番弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54王妃交響曲87番交響曲86番フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンリュートピアノソナタXVI:10ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:9ピアノ協奏曲XVIII:5ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲78番交響曲81番交響曲79番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードドイツ国歌カノンモテットオフェトリウムピアノソナタXVI:37スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番ブーレーズベルク交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアスクエアピアノピアノソナタXVI:41ショスタコーヴィチ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲オーボエ協奏曲悲しみリーム交響曲89番交響曲50番偽作CD-Rトビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10奇跡交響曲34番交響曲18番交響曲77番温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタXVI:47bisピアノ小品音楽時計曲ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:12変奏曲XVII:7ピアノソナタXVI:22オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:8ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番小オルガンミサ大オルガンミサ新橋演舞場交響曲10番交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD剃刀ドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番変わらぬまこと交響曲108番交響曲62番交響曲107番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティ声楽曲カンタータ戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
177位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
10位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ