マッジーニ四重奏団のOp.33(ハイドン)

以前取り上げたアルバムが良かったマッジーニ四重奏団のもう1枚リリースされているハイドンのアルバムを取り上げます。

MaggineSQ2.jpg
TOWER RECORDS / amazon(mp3) / HMV ONLINEicon

マッジーニ四重奏団(Maggini String Quartet)によるハイドンの弦楽四重奏曲Op.33のNo.5、No.1、No.2「冗談」の3曲を収めたアルバム。収録は1990年12月3日から6日にかけて、ノルウェーのオスロの南にある街シー(Ski)のサレン教会堂(Salen Church Hall)でのセッション録音。レーベルはノルウェーのSIMAX。

マッジーニ四重奏団の演奏は以前に取り上げています。演奏者の情報などは前記事をご参照ください。

2014/11/05 : ハイドン–弦楽四重奏曲 : マッジーニ四重奏団のOp.77、Op.103(ハイドン)

以前取り上げたアルバムがおそらく1996年の録音で、クァルテットの設立は1988年、今日取り上げるアルバムが1990年の録音ということで、このアルバムはクァルテットの設立直後の録音ということになります。

Maggini Quartet

オフィシャルサイトのディスコグラフィを見ても、このアルバムが一番古い録音であることがわかります。なおこのアルバムの収録時のメンバーは下記のとおりで、第1ヴァイオリンは以前取り上げたアルバムの時とは異なります。

第1ヴァイオリン:トーマス・ボウズ(Thomas Bowes)
第2ヴァイオリン:デイヴィッド・エンジェル(David Angel)
ヴィオラ:マーティン・ウートラム(Martin Outram)
チェロ:ミハウ・カズノフスキ(Michal Kaznowski)

調べてみるとこのアルバムで第1ヴァイオリンを務めるトーマス・ボウズは1960年生まれのヴァイオリン奏者。トリニティ・カレッジで学び、ロンドンフィル、アカデミー室内管などのヴァイオリン奏者として活躍したのち1988年にこのマッジーニ四重奏団を設立します。1989年からはロンドン・モーツァルト・プレイヤーズのリーダーに就任し、マッジーニ四重奏団からは1992年に離れ、その後はロンドン交響楽団、BBC交響楽団、ロンドン・シンフォニエッタ、フィルハーモニア管などの客演リーダーとして活躍しています。

このクァルテットの原点たるハイドンのロシア四重奏曲。いかがなものでしょうか。

Hob.III:41 String Quartet Op.33 No.5 [G] (1781)
オーソドックスな入りに聴こえますが、よく聴くと第1ヴァイオリンのピンと張り詰めた表情がキリリとした緊張感を生んでいます。他のパートよりも明らかに張りがあり、音量の変化の起伏も大きいですね。エキセントリックに聴こえなくもない、なにかえも言われぬ緊張感があります。フレーズごとに間をたっぷりとって曲想を分解しながら再構成するような趣もあります。演奏によっては楽天的な明るさが支配する曲調の曲ですが、この演奏ではピリッと引き締まった響きが聴きどころになっています。
つづく2楽章はかなり音量を落として、表情もあえて抑え気味ですが、間をたっぷりととることによって滲む詩情が聴きどころ。音量もかなり抑えて、淡々とメロディーを描いていき、ところどころでメロディーをかなり丁寧に分解してじっくり聞かせます。冷静沈着な演出が印象的。
メヌエットでも、フレーズごとにかなり大胆に表情をつけていきますが、不思議とくどいかんじはせず、逆に侘び寂びを感じさせる不思議な雰囲気。
そしてさらっとフィナーレに入ります。メロディーを完全に把握して彼らの音楽にしてしまっているところは流石。楽譜通りに演奏するというより完全に再構成された音楽ですが、あまりに説得力あふれる解釈に不自然さは皆無。フレーズ毎の表情の微妙な変化に耳を奪われます。かなり力を抜いての演奏ながら水も漏らさぬ緊張感に痺れます。1曲目から圧倒的な完成度。

Hob.III:37 String Quartet Op.33 No.1 [b] (1781)
ハイドンのロシア四重奏曲集の天津爛漫なイメージからはずいぶんと異なる印象、それも悪くない印象を引き出した1曲目に続き、うっすらと陰りを感じるNo.1ですが、冒頭からかなり先鋭な緊張感を醸し出します。このクァルテットの聴かせどころを踏まえて聴きますが、その予想を上回るかっちりとした構成感に冒頭から酔います。前曲では巧みな表情にやられたのですが、この曲ではそれに音量の起伏も加わり、圧倒的な迫力を感じます。アーティスティックにデフォルメされた表情にスポットライトがあたり、くっきりと陰影がついて、曲が持つイメージよりもかなり峻厳な印象。しかもトーンの変化のしなやかなさもあって実に豊かなニュアンスが伝わります。
2楽章のスケルツォは畳み掛けるようなインテンポで攻めてきます。聞き手の曹操を上回る緩急のコントロールに圧倒されっぱなし。
そして3楽章のアンダンテでは淡々と落ち着いた表情を取り戻し安堵。こうした穏やかな部分でも実に豊かなニュアンスを感じさせるのが凄いところ。このアルバムがデビューアルバムとは思えない円熟のなせる技。
そしてフィナーレでは才気爆発。各奏者の響きの統一感はほどほどながら音楽的なエネルギーの集中力は素晴らしいものがあります。これぞ弦楽四重奏曲の醍醐味と言わんばかり。第1ヴァイオリンのトーマス・ボウズに煽られて、メンバーも手に汗握るほどの呼応。空間をつんざくような鋭い響きにアンサンブルが続きます。終盤は巧みに表情を変えながら、ここぞ聴かせどころとばかりにもの凄いエネルギーが噴出。

Hob.III:38 String Quartet Op.33 No.2 "The Joke" 「冗談」 [E flat] (1781)
コミカルな表情が特徴の曲ですが、ただコミカルなだけではなく、圧倒的な表現力を聴かせながらの入り。ただものではないのはわかってはいますが、やはりこちらの想像を超えるアーティスティックさ。特にチェロのくっきりとしたアクセントが実に新鮮。各パートそれぞれに聴かせどころを作りながら曲を進めます。この楽章の基調となるリズムを保ちながら千変万化する表情にうっとり。ところどころでしっかりアクセントをつけますが、くどさは感じません。
つづくスケルツォは、これまで同様緩急自在。短い曲ながら華やかさを保ちます。
そしてこのアルバムで一番驚いたのが、3楽章のラルゴ。現代音楽のような静寂を感じさせる極度に抑えた入り。そして楔を打つような慟哭。表現が冴えまくって、曲に新たな魅力を与えるほど。特に抑えた部分の独特の表現は独創的。ハイドンの曲自体に潜む、古典的とは言い難い仕掛けをマッジーニ四重奏団が暴いたと思わせる快心の解釈。鳥肌が立つような表現のキレ。
そしてこの曲の聴かせどころのフィナーレ。前楽章のキレキレの音楽のあとに、いたずら心に満ちたハイドンの軽快な音楽をさらりとこなしてきます。これまでどおり起伏もかなりのものですが、音楽の軽快さをしっかり保ち、そして印象的な終わり方に至るまでに、しっかり間をとってこの曲の面白さを伝えます。見事。

マッジーニ四重奏団のデビューアルバムであるハイドンのロシア四重奏曲から前半3曲を収めたアルバム。いきなり彼らのポテンシャルの高さを真正面から世に問うたような素晴らしい出来。そしてハイドンのロシア四重奏曲の演奏史に新たな価値を加えたと言っても過言ではないレベルの演奏でしょう。思い切り気に入りました。これほど見事な演奏には滅多にお目にかかれません。ハイドンの弦楽四重奏を愛する全ての方に聴いていただきたい素晴らしいアルバムです。もちろん評価は[+++++]以外にはありえません。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.33

コメントの投稿

非公開コメント

演奏家の耳と音楽評論家の耳

Daisyさん。こんばんは。今、東京へ戻る新幹線の車中でヤンドーのピアノソナタを聴きながらこれを書いています。ヤンドー、名演です。

さてマッジーニ四重奏団の作品33、私も聴きました。以前はちょっと変わった演奏ということで片付けていたのですが、今回、Daisyさんの書かれたポイントに注目して良く聴き込むと、非常に味のある演奏であることがわかりました。

仰る通り第一ヴァイオリンがこの団体のカラーを決定付けていますね。ほんのりと軽いポルタメントを効かせたスタイリッシュで粋な表現は、どこかアマデウス四重奏団のノヴォトニーの芸風を彷彿させます。確かに懐の深い良い演奏ですね。

そして、私が以前それほど良いと感じなかったのは、私の目指している音楽の方向とマッジーニ四重奏団の演奏のベクトルが違うことによるのだと気がつきました。私の耳はいわば演奏家の耳で、自分の音楽的指向を尖鋭化させていく中で自分の表現を築き上げていますので、いきおい自分とは方向性の違う演奏に対して不寛容な所があります。

しかしDaisyさんのブログを読み、演奏を聴き直すことを通して、いろいろなタイプのの演奏に自分の耳の方をチューニングして、各々の特長をすくいあげるような聴き方が少し備わってきたような気がします。これは、いわば音楽批評家の耳ですね。ですから楽しめる演奏が増えてきて感謝しています。

さて私は弦楽四重奏大好き人間ですが、個人的に私が次に探求すべきジャンルはピアノ三重奏ではないかと感じています。それほどピアノ三重奏は良い作品が多く、ハイドンの傑作の森ですね。

それで、さっそくトリオ・ホーボケンを注文しました。おまけに私が本命と目しているハイドン・トリオ・アイゼンシュタットのCDが、全集は4万円台でとても買えませんが、バラで安いのは1円とか百数十円で出ていましたので、これも4枚ほどゲット。届くのが楽しみです。

…もうじき東京です!

Re: 演奏家の耳と音楽評論家の耳

Skunjpさん、コメントありがとうございます。

ヤンドー、私も好きな演奏です。NAXOSではコダーイ四重奏団、ニコラス・ウォードと並んで、ハイドンの真髄に迫る素晴らしい演奏を聴かせますね。

さて、演奏家の耳と音楽評論家の耳とのお題、確かに演奏する人には確かな方向性というかコンセプトがなくてはなりませんし、その方向性は聴くことにも大きな影響があるのでしょう。自分だったらこう演奏するという明確なものがあると、脳内にははっきりとした音楽のイメージが描けるのでしょう。演奏する立場ではない方からすると、最初に気に入った演奏の刷り込みと似ているのかもしれませんね。

私の聴き方は、批評家というより愛好家的な聴き方だと思ってます。もとより批評できるほどの立場でもありませんので、気に入った演奏に対する私の気持ちと、その良さを広めたいというところが原点です。さらりと聴いたときになんでもない演奏だと聴こえる演奏でも、よく聴くと実に素晴らしい演奏であることも少なくありません。聴いているうちに演奏者が何を表現したいか徐々に見えてくるという感じでしょうか。この間に自分の聴き方から演奏者の立場での聞き方に変わっているのかもしれませんね。

さてハイドン・トリオ・アイゼンシュタットの全集アルバムが高騰とのこと。私自身は実は全集は苦手です。最後まで集中して聴くことができないので、いろいろな奏者の単発の演奏を楽しむ方が性に合ってます。そのうち中古などで安く手に入れられるのではないでしょうか。

No title

>もとより批評できるほどの立場でもありませんので、気に入った演奏に対する私の気持ちと、その良さを広めたいというところが原点です。


いえいえDaisyさんの耳は、そんじょそこらのいわゆる音楽評論家よりはるかに優れていると思いますよ。だってお勧めのCDにハズレがないですもの。常々敬服しています。ハイドン愛のなせるわざですね(笑)。

ヤンドーもDaisyさんのブログで知りました。今まではNAXOSの「何でも屋」と軽く見ていたのですが、どうしてどうして、非常にキレキレの演奏でしかも品位が高いです。
プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
スクロールできます。

四季迂闊者交響曲70番交響曲12番古楽器ライヴ録音天地創造マーラー太鼓連打東京芸術劇場ピアノ協奏曲XVIII:7アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:3ピアノ協奏曲XVIII:11ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲SACDスコットランド歌曲ガスマンヴェルナーディヴェルティメント東京オペラシティベートーヴェンモーツァルトシューベルトアンダンテと変奏曲XVII:6LPピアノソナタXVI:38ヒストリカルピアノソナタXVI:31ラメンタチオーネ交響曲80番交響曲67番哲学者美人奏者ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番協奏交響曲ヴァイオリン協奏曲DVDファンタジアXVII:4ピアノソナタXVI:52ピアノソナタXVI:49交響曲47番ピアノソナタXVI:48十字架上のキリストの最後の七つの言葉テレジアミサピアノソナタXVI:23ピアノソナタXVI:34ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:21ピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:40アリエッタと12の変奏XVII:3サントリーホールラ・ロクスラーヌ帝国ハイドンのセレナード弦楽四重奏曲Op.76皇帝ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:51ラルゴ五度交響曲1番ピアノ三重奏曲弦楽四重奏曲Op.64日の出ひばりチェロ協奏曲ピアノソナタXVI:44ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:32ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.77軍隊リヒャルト・シュトラウス弦楽四重奏曲Op.74騎士弦楽四重奏曲Op.20交響曲17番ピアノソナタXVI:27ピアノソナタXVI:1弦楽四重奏曲Op.103シベリウス武満徹時の移ろい無人島交響曲42番交響曲4番ベルリンフィル交響曲19番ホルン信号告別弦楽四重奏曲Op.55弦楽四重奏曲Op.54交響曲87番交響曲86番王妃弦楽四重奏曲Op.9フルート三重奏曲トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:25驚愕時計ロンドンリュートピアノソナタXVI:10ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6ピアノ五重奏曲チェチーリアミサラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン東京国際フォーラム雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナアレルヤピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ホルン協奏曲ピアノ協奏曲XVIII:2交響曲81番交響曲79番交響曲78番交響曲99番ロンドン・トリオブルックナー交響曲88番オックスフォードモテットドイツ国歌カノンオフェトリウムピアノソナタXVI:37スタバト・マーテルピアノソナタXVI:42弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールクラヴィコードパッヘルベル弦楽四重奏曲Op.17交響曲102番アダージョXVII:9受難ピアノソナタXVI:35パリセット交響曲84番ベルクブーレーズピアノソナタXVI:6交響曲全集主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノショスタコーヴィチ交響曲57番交響曲68番リラ・オルガニザータ協奏曲オーボエ協奏曲悲しみリーム交響曲50番交響曲89番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタオルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲97番奇跡交響曲34番交響曲77番交響曲18番ストラヴィンスキー温泉フルートソナタ交響曲98番ドイツ舞曲誕生日交響曲90番校長先生交響曲93番ピアノソナタXVI:47bis音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストシェーンベルクピアノソナタXVI:14オーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノピアノソナタXVI:2ヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場マリア・テレジア裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ピアノソナタXVI:8ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャマリアテレジア交響曲56番交響曲27番2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場8人のへぼ仕立て屋に違いない弦楽四重奏曲Op.2皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ小オルガンミサ新橋演舞場交響曲10番交響曲5番サルヴェ・レジーナテ・デウムカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD剃刀ドビュッシー交響曲28番交響曲13番交響曲95番交響曲107番交響曲62番変わらぬまこと交響曲108番ジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲交響曲9番交響曲3番交響曲2番スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中交響曲58番ピアノソナタXVI:30カラヤン弦楽三重奏曲スウェーリンク書籍交響曲65番ニコライミサ交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽Blu-ray狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2016年9月のデータ(2016年9月30日)
登録曲数:1,361曲(前月比+3曲) 登録演奏数:9,608(前月比+87演奏)
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
ハイドンの超厳選名演盤。
AdamFischer97.jpg
沸き上がる興奮(Blog記事

Gloukhova2.jpg
ピアノソナタ新風(Blog記事

RialAria.jpg
恋人のための...(Blog記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック。


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実。
HMVジャパン
HMV ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

クラシックの独自企画・復刻盤は要注目。


おすすめ(音楽以外)




アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
11位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ