アルカン四重奏団のOp.77、Op.103(ハイドン)

室内楽のアルバムが続きますね。

AlcanQ.jpg
amazon(mp3)

アルカン四重奏団(Quatuor Alcan)の演奏で、ハイドンの弦楽四重奏曲Op.77のNo.1、No.2、Op.103の3曲を収めたアルバム。収録は1995年7月、カナダのケベック州ミラベル(Mirabel)にあるサン=トーギュスタン教会(Église Saint-Augustin)でのセッション録音。レーベルはカナダ、モントリオールののANALEKTA fleurs de lys。

このアルバム、ちょっと手に入りにくいものですが、例によっていつも素晴らしいアルバムを貸していただく湖国JHさんから送り込まれたもの。いろいろ集めているつもりですが、全く未知のアルバムはまだまだあるものですね。ということで、いつものように未知のアルバムを聴くときのワクワク感を抱きながらいろいろ調べます。

アルカン四重奏団は1989年に設立されたカナダのクァルテット。カナダではオーフォード四重奏団以来の世界に通用するクァルテットとして知られ、本拠地はケベック州のケベックシティーの北方の街シクティーミー(Chicoutimi)。アルミ製造で知られる同名のアルカン社からの助成金を得て活動しているとのこと。最近ではベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集を録音しており、カナダでは有名な存在ということでしょう。このアルバムの録音当時のメンバーは下記の通り。

第1ヴァイオリン:ブレット・モルツァン(Brett Molzan)
第2ヴァイオリン:ナタリー・カミュ(Nathalie Camus)
ヴィオラ:リュク・ベアシュマン(Luc Beauchemin)
チェロ:デイヴィッド・エリス(David Ellis)

第1ヴァイオリンが現在とは異なりますね。

このアルバムの演奏、ちょっと線が細いのですが、ヴァイオリンの美しい音色を聴いているうちに、昔、オーディオショップで羨望の眼差しで聴いたSpendorの銘スピーカーBC-IIが奏でる弦楽四重奏の高貴で繊細な高音の響きを思い出してちょっと感慨深くなったので取り上げた次第。精緻の限りを尽くした演奏もいいですし、まったりと味わい深い演奏もしかり、そしてこのアルバムのように独特の美しさをにじませる演奏もいいものです。ハイドンの最晩年のクァルテットが実に趣深く響きました。

Hob.III:81 String Quartet Op.77 No.1 [G] (1799)
冒頭からしなやかな第1ヴァイオリンの音色にうっとり。強さは感じないんですが、弦を伸びやかに鳴らす弓裁きが独特の美しさを醸し出しています。教会での録音らしく残響の脚が長い。アンサンブルは厚みよりもしなやかな旋律の表現重視で、なかなかの味わい。終始第1ヴァイオリンがクッキリとした表情をリードして、他のパートはそれを補う役に徹する感じ。気負いも力みもなく、淡々と曲を進めるのは私好み。1楽章は緊張感の適度な感じが心地よい余韻を残します。
つづくアダージョではヴァイオリンの美しさに磨きがかかって、淡々としながらも張り詰めた音色の魅力を等身大に表現。このちょうどいい感じがこのクァルテットの真骨頂でしょうか。必要十分な踏み込みが、ハイドンにちょうどいい感じと言ったらいいでしょうか。徐々に表現の起伏が大きくなってきても安心して聞いていられる安定感と美しいガラス細工のような透明感を保っています。これは録音のバランスがヴァイオリンが一番鮮明で全体に若干高域寄りなこともあってのことでしょう。
ここまで楽章間のバランスも非常によく、テンポ設定も非常に自然。意外にこのあたりはクァルテットの実力が垣間見えるところでもあり、ハイドンの演奏としては隙のないところ。メロディーの描きかたも堂に入ってます。
そしてフィナーレも手堅くまとめてきます。非常にオーソドックスな演奏ながら、上手いなと思わせる瞬間が多々あります。この安定感は見事。一貫した演奏スタイルが堅固に守られています。ハイドンの弦楽四重奏曲の演奏としてはかっちり完璧。箱庭的な美しさもあり、古典期の弦楽四重奏曲の演奏見本のようですね。気に入りました。

Hob.III:82 String Quartet Op.77 No.2 [F] (1799)
晩年の作品だという印象を感じさせず、前曲同様カッチリとしたアンサンブルから入ります。逆にハツラツとした印象を感じなくもありません。安定したテンポ感にクッキリとした表情、そしてバランスの良いアンサンブルが非常に心地よいですね。線は細いものの各パート間のメロディーの受け渡しも鮮やか。アンサンブルの音楽の一貫性に唸ります。
続くリズミカルなメヌエットはこのクァルテットの魅力が最もよく分かる楽章。コミカルな表現とメロディーの切り替え、間の取り方、クッキリとした抑揚によって、曲が小気味好く進みます。中間部の穏やかなメロディーへの変化もさらりとこなし、再びリズミカルな音楽に戻りますが、こうした変化をさらりとこなすあたりに円熟を感じます。
そして、枯れた世界に一転するアンダンテ。このクァルテットにとってハイドンは基本なのでしょう、どの楽章でも抜群の説得力。解釈を変更する必要は微塵もなく、聴き進むうちにこの演奏の説得力の大きさに気づいてきました。じわりとにじみ出る味わい。そして決して情に流されない展開。展開するうちにチェロの音色の美しさにもぐっときます。最後の静けさにもはっとします。
最後のヴィヴァーチェは鮮やかさを取り戻し、音楽がクルクルまわるような面白さを印象づけます。円熟の筆致。適度にキレているのに味わい深い演奏。これまた隙のない演奏に唸ります。

Hob.III:83 String Quartet Op.103 [d] (before 1803)
ハイドン最後のクァルテット。あえて速めのテンポによるさらりとした入りがなんとなく感慨深い印象を残します。この曲のツボをおさえて淡々と進め、最晩年のハイドンの澄み切った心境を表すがごとき達観の演奏。聴き進めるうちにこの演奏の魅力に引き込まれます。もうひとつ楽章を書いたところで作曲の筆を置く心境となったことが信じられないほどに充実した音楽が響きます。ハイドンの心境が乗り移ったかのように演奏に集中力が増します。
絶筆の2楽章にはこのアルバムでもっとも力が入った演奏。ここにクライマックスをもってきていましたか。奏者の気高い心意気がつたわってくるような、バランスを崩さない緊張感。テンポもアンサンブルのバランスもボウイングも適度な範囲を保ちながら、ひしひしとつたわる気合ののようなもの。限られた演奏者にしか到達できない音楽の高みに昇りつめたような気配が漂います。最後のフレーズは作曲家人生の終わりなのに実にさりげなく、楽章の終わりも感じさせないもの。深いですね。

最初に聞いた時には特段踏み込んだ個性を感じるほどの演奏ではありませんでしたが、何度か間をおいてアルバムに耳を通すうちにこのアルバムの演奏の深さにようやく気付いた次第。弦楽器のアンサンブルの音色の多様さ、たった4本の楽器の奏でる音楽の多様さにいつもながら驚きます。そしてハイドンが到達した音楽の高み。特殊な高みではなくわれわれの身近なところにある、手が届きそうな高みなんですが、聴いていくうちに、常人にはつくりえないその高みに畏敬の念を禁じえないものとわかります。アルカン四重奏団の演奏はオーソドックスなアプローチながらそうしたハイドンの高みを実にうまく表現していると思います。室内楽好きな人にはこの良さが沁みるはずですね。評価は[+++++]とします。

湖国JHさん、そろそろ次の指令をお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へ
関連記事

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 弦楽四重奏曲Op.77 弦楽四重奏曲Op.103

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Daisy


Author:Daisy

なぜかハイドン(Franz Joseph Haydn)が特に気に入り膨大な録音をコツコツ集めてレビューしております。好きなものはお酒全般(ワイン、日本酒、モルトなど)、美味しいものを食べること、料理、鄙びた温泉めぐり、歌舞伎見物、スポーツクラブで泳ぐこと(美味しいお酒を呑むため!)などなど。東京在住のごく普通のサラリーマンです。

最新記事
カテゴリ
タグリスト
クリックするとそのタグに関する記事が表示されます。特定の曲に関する記事の表示ができます。

古楽器ラメンタチオーネアレルヤ交響曲3番交響曲79番チェロ協奏曲1番オックスフォード驚愕交響曲88番交響曲19番交響曲58番交響曲27番アンダンテと変奏曲XVII:6ショスタコーヴィチベートーヴェン紀尾井ホールラヴェルストラヴィンスキードビュッシーピアノ三重奏曲ミューザ川崎LP協奏交響曲オーボエ協奏曲日の出ヴァイオリンとヴィオラのためのソナタピアノソナタXVI:40ピアノソナタXVI:32ピアノソナタXVI:49ピアノソナタXVI:50ピアノソナタXVI:20ピアノソナタXVI:29ピアノソナタXVI:38サントリーホールスタバト・マーテルピアノソナタXVI:39ピアノソナタXVI:48ピアノソナタXVI:46ピアノソナタXVI:37ブルックナーマーラー十字架上のキリストの最後の七つの言葉ヒストリカル交響曲90番告別交響曲97番交響曲99番交響曲18番奇跡ひばり弦楽四重奏曲Op.64フルート三重奏曲悲しみ交響曲102番モーツァルト交響曲86番ヴァイオリン協奏曲哲学者小オルガンミサミサブレヴィスニコライミサ交響曲95番交響曲93番弦楽四重奏曲Op.20交響曲78番時計軍隊ピアノソナタXVI:23王妃ピアノソナタXVI:52ライヴ録音SACD武満徹チェロ協奏曲交響曲80番交響曲全集交響曲81番交響曲21番マリア・テレジアクラヴィコード豚の去勢にゃ8人がかり騎士オルランド無人島Blu-ray東京オペラシティ交響曲9番交響曲12番交響曲11番交響曲10番ロンドン太鼓連打交響曲15番交響曲4番交響曲2番交響曲1番交響曲37番弦楽四重奏曲Op.54ピアノソナタXVI:25ピアノソナタXVI:2ピアノソナタXVI:12ピアノソナタXVI:14ピアノソナタXVI:8ピアノソナタXVI:42ピアノソナタXVI:3ピアノソナタXVI:1ピアノソナタXVI:4ピアノソナタXVI:5天地創造ディヴェルティメントリヒャルト・シュトラウス東京芸術劇場交響曲98番ピアノソナタXVI:36ピアノソナタXVI:35ピアノソナタXVI:7ロッシーニドニぜッティライヒャピアノソナタXVI:34弦楽三重奏曲皇帝ピアノ協奏曲XVIII:3シェーンベルク東京文化会館フルート協奏曲ホルン協奏曲弦楽四重奏曲Op.2弦楽四重奏曲Op.17弦楽四重奏曲Op.9剃刀弦楽四重奏曲Op.77弦楽四重奏曲Op.103ピアノソナタXVI:26ピアノソナタXVI:31ファンタジアXVII:4バードタリスアレグリパレストリーナモンテヴェルディすみだトリフォニーホールピアノ協奏曲XVIII:11ピアノソナタXVI:6美人奏者四季迂闊者交響曲70番アコーディオンピアノ協奏曲XVIII:7ピアノ協奏曲XVIII:4バリトン三重奏曲スコットランド歌曲ガスマンヴェルナーシューベルト交響曲67番ピアノソナタXVI:24交響曲35番交響曲51番交響曲46番DVD交響曲47番テレジアミサピアノソナタXVI:28ピアノソナタXVI:21アリエッタと12の変奏XVII:3帝国ラ・ロクスラーヌ弦楽四重奏曲Op.76ハイドンのセレナードピアノソナタXVI:51ラルゴ五度ピアノソナタXVI:44ラウドン将軍弦楽四重奏曲Op.1弦楽四重奏曲Op.33弦楽四重奏曲Op.74騎士交響曲17番ピアノソナタXVI:27シベリウス交響曲42番時の移ろいベルリンフィルホルン信号弦楽四重奏曲Op.55交響曲87番トランペット協奏曲ピアノソナタXVI:10リュートピアノ五重奏曲ピアノとヴァイオリンのための協奏曲XVIII:6チェチーリアミサ東京国際フォーラムラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン雌鶏交響曲39番冗談英語カンツォネッタ集ナクソスのアリアンナピアノ協奏曲XVIII:5ピアノ協奏曲XVIII:9ヴァイオリンソナタバッハ交響曲52番ピアノ協奏曲XVIII:2ロンドン・トリオオフェトリウムモテットドイツ国歌カノン弦楽四重奏曲Op.50よみうり大手町ホールパッヘルベルアダージョXVII:9受難パリセット交響曲84番ブーレーズベルク主題と6つの変奏弦楽四重奏曲Op.71オペラアリアピアノソナタXVI:41スクエアピアノ交響曲68番交響曲57番リラ・オルガニザータ協奏曲リーム交響曲89番交響曲50番CD-R偽作トビアの帰還ホルン三重奏曲薬剤師オルガン協奏曲交響曲38番火事リベラ・メピアノ協奏曲XVIII:10交響曲34番交響曲77番温泉フルートソナタドイツ舞曲誕生日校長先生音楽時計曲ピアノ小品ピアノソナタXVI:47bisピアノソナタXVI:11カートリッジ雅楽プロコフィエフヘンデルサン=サーンス交響曲36番リストオーディオバリトン二重奏曲交響曲75番交響曲91番交響曲66番長岡鉄男歌舞伎おすすめ盤ピアノソナタXVI:47読売日響第九オペラ歌舞伎座スケルツァンド弦楽四重奏曲op.33ザルツブルク音楽祭ピアノソナタXVI:22変奏曲XVII:7オペラ序曲天地創造ミサジャズネルソンミサ弦楽四重奏曲Op.42交響曲76番ピアノソナタXVI:43古楽器風東急文化村ノットゥルノヴェーベルン哲学者の魂、またはオルフェオとエウリディーチェライヴ府中の森芸術劇場裏切られた誠実バリトン五重奏曲ハイドン入門者向け歌曲ピアノソナタXVI:G1ウィーンフィル月の世界交響曲72番建築ファリャ交響曲56番マリアテレジア2つのホルンのための協奏曲展覧会ピアノソナタXVI:19弦楽四重奏曲全集シャンゼリゼ劇場皇帝讃歌交響曲24番大オルガンミサ新橋演舞場交響曲5番テ・デウムサルヴェ・レジーナカッサシオン室内楽曲ピアノソナタXVI:45ベトナム料理国立新美術館高音質CD交響曲28番交響曲13番交響曲108番交響曲107番交響曲62番変わらぬまことジプシー・ロンドチェンバロ四重奏曲スカルラッティカンタータ声楽曲戦時のミサ珍盤ザロモンセットN響ハルモニーミサミサ曲全集NHKホールハインリッヒミサピアノソナタ全集ジュピターレコードマーキュリー管弦楽曲室内楽変奏曲XVII:5交響曲54番交響曲41番ギターピアノソナタXVI:33府中ピアノソナタXVI:30カラヤンスウェーリンク書籍交響曲65番交響曲71番アプラウスピアノソナタXVI:13魂の歌仙台ヤナーチェク現代音楽狩りピアノソナタ

ハイドン所有盤リスト
Joseph Haydn Discography at H. R. A.
所有盤をジャンル別にリスト化しています。基本的に録音年順とし、録音年不明のものは末尾に記載。演奏者名はジャケットなどの表記に合わせています。

2017年7月のデータ(2017年7月31日)
登録曲数:1,361曲 登録演奏数:10,291
月別(表示数指定)
リンク
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
Translation(自動翻訳)
ブログランキング等
当Blogへお越しの際は、下のバナーをクリックの上お仲間のBlogも是非お楽しみください。
クラシック音楽鑑賞の情報満載。
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ

クラシックの膨大なブログランキング。更新もクイック。
人気ブログランキングへ

音楽家、音大生、音楽愛好家のブログランキング。
音楽ブログランキング

このブログの成分解析。キーワードによるブログランキング。
blogram投票ボタン

大家さんFC2のクラシックブログランキング。


おすすめ(音楽)
当ブログが発掘した超名演盤
ViventeR.jpg
衝撃の爆演(記事1 記事2

PetersenQ.jpg
Op.1の超名演(記事

Destrube.jpg
美音の饗宴(記事

書籍もCDも送料1点から無料。配送クイック


クラシックの独自企画・復刻盤は要注目


クラシックのアルバム・日本語解説が一番充実
HMVジャパン
HMV & BOOKS ONLINEでハイドンのアルバムを検索icon
HMV & BOOKS ONLINEでハイドン関係書籍・楽譜を検索 icon

おすすめ(音楽以外)





アクセスランキング(FC2)
[ジャンルランキング]
音楽
167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
13位
アクセスランキングを見る>>
twitter
ブログの更新情報などをつぶやいています。
最新コメント
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ